映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「Hollywood Express」の記事

2019.11.11

Hollywood Express #850◆2019.11.08(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: The Rise of Skywalker (2019) から、オンライン前売りチケットの売り上げが非常によい話題。
◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) 、『ハスラーズ』 Hustlers (2019) 、『ジョジョ・ラビット』 Jojo Rabbit (2019) から、ゴールデングローブ賞ノミネートでのドラマとコメディの線引きは?の話題。→それは賞獲得に有利になる選ぶでしょう。選択権はどっちにある?が問題になりますが。
◆『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) の豪華プレミアを予定していたがカリフォルニアの山火事で中止になった話題。そんなわけでプレミア用ケータリングの食事を寄付したとハリウッドらしいオチになってます。
◆レイチェル・ワイズがエリザベス・テイラーを演じる新作 A Special Relationship 話題。女優全盛時ではなくエイズ撲滅運動にのめり込む時期の話しらしい。
◆製作D・B・ワイズとデヴィッド・ベニオフ監督のインタビューから、手がける予定だった『新たなスターウォーズ』3部作から降りた話題。過密スケジュールが原因となってます。よくある芸術性の違いが原因ではありません。
◆ジェラルド・バトラーのインタビューから、新作アクション The Plane の話題。パイロットが飛行機の乗客を守る話しだそうです。いつもと同じだ。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) から、前作『アナと雪の女王』 Frozen (2013) がヒットした中国市場が続編公開を歓迎してる話題。ハリウッドと中国は上手くやってるのか?→上手くやってるようです。そんな感じ。

◆red carpet
◆ Motherless Brooklyn (2019) のプレミアの風景。エドワード・ノートン、イーサン・サプリー、ググ・ンバータ=ローのインタビューがあります。エドワード・ノートンと混同してる俳優がいます。誰だっけ?→エドワード・バーンズでした。

◆inside look
◆『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) のメイキング。リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィスとナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナのインタビューがあります。
◆ Harriet (2019) のメイキング。シンシア・エリヴォ、ジャネール・モネイ、レスリー・オドム Jr.、カシー・レモンズ監督のインタビューがあります。ジャネール・モネイとアリソン・ジャネイを混同していました。

◆Hollywood gossip
◆『Friday』 Friday (1995) のジョン・ウィザースプーンが急死した話題。アイス・キューブの父親だそうです。RIP

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ドクター・スリープ』 Doctor Sleep (2019) マイク・フラナガン監督、ユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン主演の『シャイニング』 Shining (1980) の続編ホラー大作。成長したダニーがまたシャイニングとホテルで悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
『シャイニング』(1980年)
◆ Midway (2019) ローランド・エメリッヒ監督、エド・スクレイン、パトリック・ウィルソン主演のミッドウェイ海戦の戦争映画大作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦の話しのようです。女優さんはマンディ・ムーア。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。→どうひいき目に見てもリアルには見えない飛行機や船のミニチュアさえ我慢すれば正確な史実やディテール、正確なカット割りに編集の『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(1960年)を見た方がいいと思います。
◆『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) ポール・フェイグ監督、エミリア・クラーク、ヘンリー・ゴールディング主演の歌が入ったロマンティック・コメディ。ラスト・クリスマスの話しのようです。他の女優さんはベテランのエマ・トンプソン、ミシェル・ヨー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。ミシェル・ヨーはまたヘンリー・ゴールディングの母親役なのか?。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Arctic Justice (2019) aka Arctic Dogs アーロン・ウッドリー監督、ジェレミー・レナー、ハイディ・クルムVCの3D CGIアニメ。北極の動物達の話しのようです。AMBI Group/Arctic Justice Movie/Assemblage Entertainment/Entertainment Studios Motion Pictures製作配給。興行収益totalは290万ドル。
◆9位が Motherless Brooklyn (2019) エドワード・ノートン監督主演、ブルース・ウィリス主演の1950年代を舞台にしたフィルム・ノワール。探偵が犯罪組織相手に色々とある話しのようです。女優さんはググ・ンバータ=ロー、チェリー・ジョーンズ。興行収益totalは350万ドル。今週のハイライトシーンのタバコの女優さんはエリカ・スウィーニー。
◆8位が Black and Blue (2019) デオン・テイラー監督、ナオミ・ハリス、マイク・コルター主演の巻き込まれサスペンス。新人警察官が面倒に巻き込まれて警察と犯罪組織の両方から追われる話しのようです。興行収益totalは1550万ドル。
◆7位が Countdown (2019) ジャスティン・デック監督、エリザベス・ライル、アン・ウィンターズ主演の携帯電話ホラー。携帯アプリで自分の寿命が出て無理やり寿命に合わされる話しのようです。これは大変。興行収益totalは1760万ドル。
◆6位が『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) ルーベン・フライシャー監督、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン主演の『ゾンビランド』シリーズ10年ぶりの続編ホラー・コメディ。他の女優さんはロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ドゥイッチ。またゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは5930万ドル。
◆5位が The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督、シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。興行収益totalは8500万ドル。
◆4位が Harriet (2019) カシー・レモンズ監督、シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.、ジャネール・モネイ主演のドラマ。奴隷解放の話しのようです。興行収益totalは1160万ドル。
◆3位が『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。興行収益totalは8520万ドル。
◆2位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは2億9910万ドル。R指定ですが大ヒットしています。
◆1位が『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) ティム・ミラー監督、リンダ・ハミルトン、アールノド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター』シリーズの本物の新作で大作。このシリーズですが3作目以降はなかったとこになってるらしい。色々と大変だ。ターミネーターの話しのようです。他の女優さんはマッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス。興行収益totalは2900万ドル。興行はイマイチなようです。
→何だかこの作品も『3以降のなかったことになるグループ』入りになりそうです。
→長い目で見るとこのシリーズで1番目立ったのはロバート・パトリックのT-1000になりそう。アールノド・シュワルツェネッガーは出過ぎで印象が薄くなったから。

◆ending
◆Gorge Michael's “Freedom” from “Last Christmas (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.11.04

Hollywood Express #849◆2019.11.01(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) から、作品内では協力関係だったマット・デイモンとクリスチャン・ベイルが賞レースではライバル関係になる話題。
◆『ターミネーター2』 Terminator 2: Judgment Day (1991) のリバイバル上映に主演2人 リンダ・ハミルトン、アールノド・シュワルツェネッガーの映像が流れて実は『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) の極秘覆面試写だった話題。これはビックリだったでしょう。SNSに感想をアップするのはいいけどネタバレ厳禁だそうです。そりゃそうだ。
◆『ジョーカー』 Joker (2019) がR指定映画の全世界興行収入の歴代新記録になった話題。おめでとうございます。これまで1位だった『デッドプール』 Deadpool (2016) に主演したライアン・レイノルズがツイッターに祝福のコメントをアップしてます。
◆『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) の全世界興行がイマイチな話題。何しろ超大作なので多少のヒットでは儲けが出ないそうです。
◆フォーカスフィーチャーズがアメリカで配給した作品の中で『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2019) が最もヒットした作品になった話題。おめでとうございます。これまでの1位は『ブロークバック・マウンテン』 Brokeback Mountain (2005) だそうです。
◆ポール・ダノがバットマンの新作 The Batman (2021) で悪役リドラーを担当する話題。バットマン役はロバート・パティンソン。キャットウーマン役はゾーイ・クラヴィッツ。
◆『マリッジ・ストーリー』 Marriage Story (2019) がゴッサムインデペンディント映画賞で3部門にノミネートされた話題。作品賞ノミネートが The Farewell (2019)。Uncut Gems (2019)。The Last Black Man in San Francisco (2019)は作品賞以外の3部門ノミネートだそうです。

◆red carpet
◆ Harriet (2019) のプレミアの風景。シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.、カシー・レモンズ監督のインタビューがあります。

◆inside look
◆ The Current War (2017) のメイキング。キャスティングはトーマス・エジソンがベネディクト・カンバーバッチ、ニコラ・テスラがニコラス・ホルト。ジョージ・ウェスティングハウスがマイケル・シャノンとなってます。エジソンですが実は押しが強くて色々と無茶をやっていたのでごつい感じのマイケル・シャノンの方ががエジソンに合ってると思えます。
◆ Black and Blue (2019) のメイキング。ナオミ・ハリス、デオン・テイラー監督のインタビューがあります。主人公警官のボディカメラ映像が証拠なので警察と犯罪組織の両方から追われる設定の典型的な巻き込まれサスペンスになってます。こういうのは好きだな。

◆Hollywood gossip
◆ジェニファー・ローレンスが結婚式をあげた話題。相手はアートディーラーのクック・マロニー。誰だかわからん。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) ティム・ミラー監督、リンダ・ハミルトン、アールノド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター』シリーズの本物の新作で大作。このシリーズですが3作目以降はなかったとこになってるらしい。色々と大変だ。ターミネーターの話しのようです。他の女優さんはマッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Motherless Brooklyn (2019) エドワード・ノートン監督主演、ブルース・ウィリス主演の1950年代を舞台にしたフィルム・ノワール。犯罪組織相手に色々とある話しのようです。女優さんはググ・バサ=ロー、チェリー・ジョーンズ。ハイライトシーンのタバコの女優さんはエリカ・スウィーニー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Harriet (2019) カシー・レモンズ監督、シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.主演のドラマ。奴隷解放の話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆今週はハロウィンで誰も映画館に行かないので全体的に興行は不調だそうです。
◆10位が Abominable (2019) ジル・カルトン、トッド・ウィルダーマン監督、クロエ・ベネット、テンジング・ノルゲイ・トレイナーVCの3D CGIアニメ。女の子とイエティが仲よくなる話しのようです。Pearl Studio/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは5690万ドル。
◆9位が The Current War (2017) アルフォンソ・ゴメス=レホン監督、ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン主演の実録ドラマ。直流か交流かで色々とやり過ぎた話しのようです。ニコラ・テスラ役は名前が同じなニコラス・ホルト。女優さんはキャサリン・ウォーターストン、タペンス・ミドルトン。興行収益totalは260万ドル。
◆8位が The Lighthouse (2019) ロバード・エガース監督、ロバート・パティンソン、ウィレム・デフォー主演の灯台ホラー。灯台守2人が怪現象に悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは360万ドル。
◆7位が『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) アン・リー監督、ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド主演の風変わりなSFアクション。自分のクローンと戦う話しのようです。興行収益totalは4340万ドル。
◆6位が Black and Blue (2019) デオン・テイラー監督、ナオミ・ハリス、マイク・コルター主演の巻き込まれサスペンス。新人警察官が面倒に巻き込まれて色々とある話しのようです。興行収益totalは830万ドル。
◆5位が Countdown (2019) ジャスティン・デック監督、エリザベス・ライル、アン・ウィンターズ主演の携帯電話ホラー。携帯アプリで自分の寿命が出て無理やり寿命に合わされる話しのようです。これは大変。興行収益totalは880万ドル。
◆4位が『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) ルーベン・フライシャー監督、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン主演の『ゾンビランド』シリーズ10年ぶりの続編ホラー・コメディ。他の女優さんはロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ドゥイッチ。またゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは4410万ドル。
◆3位が The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督、シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。興行収益totalは7310万ドル。ハロウィンなので誰も映画館に来ない成り行きでランクが1つアップしてます。
◆2位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは2億7790万ドル。R指定ですが大ヒットしています。
◆1位が『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。興行収益totalは6620万ドル。2週連続の1位ですがそれでも強欲なスタジオ側の期待値より低い興行だそうです。

◆ending
◆Metallca's “Master of Puppets” from “Zombieland: Double Tap (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



2019.10.28

Hollywood Express #848◆2019.10.25(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆ディズニーランドの人気アトラクションの映画化 Jungle Cruise (2020) の話題。ドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント主演で手堅くコメディにしてあります。ジャウマ・コレット=セラ監督なので出来はよいと思います。
◆ゾーイ・クラヴィッツがDCアメコミアクションの新作 The Batman (2021) でキャットウーマンを演じる話題。ゾーイ・クラヴィッツですがもう『レゴバットマン ザ・ムービー』 The Lego Batman Movie (2017) のVCでキャットウーマンをやってるそうです。
◆女性3人が主役のセクハラ訴訟映画 Bombshell (2019) の話題。ニコール・キッドマン、シャーリーズ・セロン、マーゴット・ロビー主演の豪華キャスト。果たして出来は?
◆ The Addams Family (2019) の興行がよかったので続編制作が決まった話題。
◆スキャンダル専門のタブロイド紙ナショナル・エンクワイアラーのドキュメンタリー Scandalous: The Untold Story of the National Enquirer (2019) の話題。アメリカの東スポだと思えばいいのか?
◆ライアン・レイノルズのインタビューから、ファンタジー・コメディの Imaginary Friends に出演する話題。ジョン・クラシンスキーが監督脚本主演。果たして出来は?
◆『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) から、ハリウッド映画賞のハリウッドブロックバスター賞を授与される話題。要するに興行がよかった賞です。
◆マーティン・スコセッシ監督に続いてフランシス・フォード・コッポラ監督もマーベルアメコミ映画を批判した話題。今回の論争は1950年代末に始まったフランスの映画運動ヌーヴェルヴァーグの頃の論争とは違う感じです。

◆red carpet
◆ Bombshell (2019) のプレミアの風景。シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーのインタビューがあります。

◆inside look
◆『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) のメイキング。アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファーのインタビューがあります。
◆ Jay and Silent Bob Reboot (2019) のメイキング。ケヴィン・スミス監督のインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ジェニファー・アニストンがインスタグラムを始めたらあっという間に大量のフォローが付いて新記録を作った話題。そんなに人気があったのかと感心する。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Black and Blue (2019) デオン・テイラー監督、ナオミ・ハリス、マイク・コルター主演の巻き込まれサスペンス。新人警察官が面倒に巻き込まれて色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Countdown (2019) ジャスティン・デック監督、エリザベス・ライル、アン・ウィンターズ主演の携帯電話ホラー。携帯アプリで自分の寿命が出て無理やり寿命に合わされる話しのようです。これは大変。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ The Current War (2017) アルフォンソ・ゴメス=レホン監督、ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン主演の実録ドラマ。直流か交流かで色々とやり過ぎた話しのようです。ニコラ・テスラ役は名前が同じなニコラス・ホルトでとてもよいキャスティングです。女優さんはキャサリン・ウォーターストン、タペンス・ミドルトン。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは2億960万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆9位が Hustlers (2019) ローリーン・スカファリア監督、ジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の風刺コメディ。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。他の女優さんはリリ・ラインハート、キキ・パーマー。興行収益totalは1億180万ドル。大ヒットで1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆8位が Judy (2019) ルパート・グールド監督、レニー・ゼルウィガー、ジェシー・バックリー主演のジュディ・ガーランドの伝記ドラマ。ステージのどさ回りをしてた晩年のジュディ・ガーランドの話しのようです。興行収益totalは1900万ドル。
◆7位が『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2019) マイケル・エングラー監督、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター主演のTVシリーズの映画版ドラマ。1920年代エドワード朝時代の英国にてクロウリー家と使用人達の話しのようです。女優さんは大勢出てます。興行収益totalは8860万ドル。
◆6位が Abominable (2019) ジル・カルトン、トッド・ウィルダーマン監督、クロエ・ベネット、テンジング・ノルゲイ・トレイナーVCの3D CGIアニメ。女の子とイエティが仲よくなる話しのようです。Pearl Studio/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは5390万ドル。
◆5位が『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) アン・リー監督、ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド主演の風変わりなSFアクション。自分のクローンと戦う話しのようです。興行収益totalは3630万ドル。バイクは赤がホンダで緑がカワサキだと思う。何故かエンジン音は2サイクルエンジン。
◆4位が The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督、シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。興行収益totalは5700万ドル。
◆3位が『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) ルーベン・フライシャー監督、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン主演の『ゾンビランド』シリーズ10年ぶりの続編。他の女優さんはロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ドゥイッチ。またゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2680万ドル。
◆2位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは2億4720万ドル。R指定ですが大ヒットして2億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。興行収益totalは3690万ドル。スタジオ側の期待値より低い興行だそうです。

◆ending
◆Coldplay's “Fix You” from “Abominable (2019)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.10.21

Hollywood Express #847◆2019.10.18(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆サム・メンデス監督の第1次世界大戦を描いた戦争映画大作 1917 (2019) から、ハイライトシーンが見れます。12月公開予定。
◆『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2109) から、ハリウッド映画賞の受賞者の話題。アニメーション賞が『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2109)、他の賞は『ジョジョ・ラビット』 Jojo Rabbit (2019)、『フォードVSフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) 等が受賞してるそうです。『フォードVSフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) ですがやはりハリウッド映画に付き物なクラッシュシーンはあります。
◆トム・ホランドのインタビューから、アメコミで対立していたマーベルとソニー・ピクチャーズの仲を取り持った話題。マジ?
◆マーティン・スコセッシ監督がマーベル作品は映画ではなくテーマパークのアトラクションだと発言した話題。けなしてるわけではないらしい。サミュエル・L・ジャクソンが反論してます。
◆お屋敷子守ホラー The Turning (2020) の予告編が公開された話題。マッケンジー・デイビス主演。原作『ねじの回転』はもう映画化されます。→『回転』 The Innocents (1961) 。
◆ディズニーの新作3D CGIアニメ『2分の1の魔法』 Onward (2020) の話題。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。出来はいつもと同じようです。
◆風変わりな韓国映画『パラサイト 半地下の家族』 Gisaengchung (2019) がアメリカで3館限定公開ですがヒットしてる話題。
◆ベテランミュージカル女優バーナデット・ピータースが功労賞みたいな賞を授与される話題。よくわからん。

◆red carpet
◆『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) のプレミアの風景。ジェシー・アイゼンバーグ、ルーベン・フランシャー監督のインタビューがあります。
『ゾンビランド』(2009年)

◆inside look
◆『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) のメイキング。ウィル・スミス、視覚効果ガイ・ウィリアムズ、アン・リー監督のインタビューがあります。若いウィル・スミスは特殊メイクではなくCGIでやってるそうです。アン・リー監督ですが雇われ仕事なのか?→プロデューサーがジェリー・ブラッカイマーなので間違いなく雇われ仕事だ。
◆ Jexi (2019) のメイキング。アダム・ディヴァイン、アレクサンドラ・シップのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆渋い俳優ロバート・フォスターが亡くなった話題。ロバート・フォスター出演の映画はあまり見てなかった。RIP

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) ルーベン・フライシャー監督、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン主演の『ゾンビランド』シリーズ10年ぶりの続編。他の女優さんはロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ドゥイッチ。またゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) ジェームズ・グレイ監督、ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ主演のSFドラマ。宇宙の彼方の父を探す話しのようです。女優さんはリヴ・タイラー、ルース・ネッガ。興行収益totalは4690万ドル。
◆9位が Jexi (2019) ジョン・ルーカス、スコット・ムーア監督、アダム・ディヴァイン主演、ローズ・バーンVCのSFサスペンス。スマホのAI音声に振り回される話しのようです。興行収益totalは310万ドル。興行は低調なようです。
◆8位が『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは2億700万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆7位が Judy (2019) ルパート・グールド監督、レニー・ゼルウィガー、ジェシー・バックリー主演のジュディ・ガーランドの伝記ドラマ。ステージのどさ回りをしてた晩年のジュディ・ガーランドの話しのようです。興行収益totalは1490万ドル。
◆6位が Hustlers (2019) ローリーン・スカファリア監督、ジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の風刺コメディ。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。他の女優さんはリリ・ラインハート、キキ・パーマー。興行収益totalは9800万ドル。意外とヒットしてます。元ストリッパーが詐欺師をやっつける設定がいいのでしょう。
◆5位が『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2019) マイケル・エングラー監督、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター主演のTVシリーズの映画版ドラマ。1920年代エドワード朝時代の英国にてクロウリー家と使用人達の話しのようです。女優さんは大勢出てます。興行収益totalは8260万ドル。
◆4位が Abominable (2019) ジル・カルトン、トッド・ウィルダーマン監督、クロエ・ベネット、テンジング・ノルゲイ・トレイナーVCの3D CGIアニメ。女の子とイエティが仲よくなる話しのようです。Pearl Studio/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは4780万ドル。
◆3位が『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) アン・リー監督、ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド主演の風変わりなSFアクション。自分のクローンと戦う話しのようです。興行収益totalは2050万ドル。強欲なスタジオ側の期待値よりは低い興行のようです。
◆2位が The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督、シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。興行収益totalは3030万ドル。
◆1位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは1億9350万ドル。R指定ですが大ヒットして1億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Christina Aguilera's “Haunted Heart” from “The Addams Family (2019)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




2019.10.14

Hollywood Express #846◆2019.10.11(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『キングスマン』シリーズ最新作『キングスマン: ファースト・エージェント』 The King's Man (2020) の予告編公開された話題。キングスマンの最初の頃を描く話しだそうです。果たして出来は?
◆トム・ハンクスの新作 News of the World (2020) が2020年12月に決まった話題。元兵士が新聞仕事を指導する教える話しらしい。よくわからん。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) の新しい歌 into the unknown が公開された話題。肝心のサビの部分はどうなんだ?
◆マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長のインタビューから。『スターウォーズ』みたいな作品を作るとのことです。もうこうなると勢いで何をしても上手く行くと思える。
◆サム・メンデス監督の第1次世界大戦を描いた戦争映画大作 1917 (2019) から。ロジャー・ディーキンス撮影監督のインタビュー映像が公開された話題。第1次世界大戦は装備や戦術が大幅に変わって大量の死傷者を出すことになりいつ終わるのかがわからなくなった初めての戦争です。
◆ロブ・リグルがハリウッド映画賞のホストを務める話題。誰だかわからん。
◆マット・デイモンが『アバター』 Avatar (2009) の出演を断って高額ギャラを損した話題。『ボーン』シリーズの撮影でスケジュールが空いてなかったそうです。
◆ガイ・リッチー監督の新作 The Gentlemen (2020) の予告編が公開された話題。何だか基本に返った作風になってます。
◆『シャイニング』 Shining (1980) でジャック・ニコルソンの使っていた斧がオークションに出品された話題。20万ドル以上で落札されたそうです。当時有名なTV番組 The Tonight Show Starring Johnny Carson (1962–1992) の決め文句Hears Johnnyとマジで言ってます。ここは日本語字幕では意訳されています。

◆red carpet
◆監督俳優その他で活躍のタイラー・ペリーがハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに入ったセレモニーの風景。イドリス・エルバ、ケリー・ワシントンのお祝いのスピーチがあります。タイラー・ペリーの感謝のスピーチもあります。

◆inside look
◆『ジョーカー』 Joker (2019) のメイキング。ロバート・デ・ニーロが嫌味なTV司会者を演じています。
◆ Lucy in the Sky (2019) のメイキング。ナタリー・ポートマンとジョン・ハムのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆セクハラ大魔王で良心のないプロデューサー ハービー・ワインスタインの現在の状況報告の話題。相変わらずセクハラは無罪だと主張してるそうです。
→映画プロデューサーに良心がないのは普通なんですが・・・

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) アン・リー監督、ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド主演の風変わりなSFアクション。自分のクローンと戦う話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督
シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Jexi (2019) ジョン・ルーカス、スコット・ムーア監督、アダム・ディヴァイン主演、ローズ・バーンVCのSFサスペンス。スマホのAI音声に振り回される話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Good Boys (2019) ジョン・スタプニッキー監督、ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ主演のR指定子役下ネタコメディ。少年3人がキスを求めて下ネタする話しのようです。興行収益totalは8200万ドル。低予算の割りに大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆9位が War (2019) シッダールタ・アナンド監督、リティク・ローシャン、タイガー・シュロフ主演のボリウッド・アクション大作。要するにアクションする話しのようです。興行収益totalは210万ドル。
◆8位が Rambo: Last Blood (2019) エイドリアン・グランバーグ監督、シルヴェスター・スタローン、パス・ベガ主演の『ランボー』シリーズ最新作で最終作のはず。ランボーの最後の戦いの話しのようです。女優さんはパズ・ベガ、イヴェット・モントリオール。興行収益totalは3980万ドル。まあまあヒットしてるようです。おめでとうございます。
◆7位が『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) ジェームズ・グレイ監督、ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ主演のSFドラマ。宇宙の彼方の父を探す話しのようです。女優さんはリヴ・タイラー、ルース・ネッガ。興行収益totalは4320万ドル。
◆6位が Judy (2019) ルパート・グールド監督、レニー・ゼルウィガー、ジェシー・バックリー主演のジュディ・ガーランドの伝記ドラマ。ステージのどさ回りをしてた晩年のジュディ・ガーランドの話しのようです。興行収益totalは900万ドル。
◆5位が『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは2億210万ドル。2億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆4位が Hustlers (2019) ローリーン・スカファリア監督、ジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の風刺コメディ。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。他の女優さんはリリ・ラインハート、キキ・パーマー。興行収益totalは9140万ドル。
◆3位が『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2019) マイケル・エングラー監督、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター主演のTVシリーズの映画版。1920年代エドワード朝時代の英国にてクロウリー家と使用人達の話しのようです。女優さんは大勢出てます。興行収益totalは7360万ドル。
◆2位が Abominable (2019) ジル・カルトン、トッド・ウィルダーマン監督、クロエ・ベネット、テンジング・ノルゲイ・トレイナーVCの3D CGIアニメ。女の子とイエティが仲よくなる話しのようです。Pearl Studio/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは3770万ドル。
◆1位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは9620万ドル。R指定ですが大ヒットになってます

◆ending
◆Danger Twins' “Girls Gotta” from “Abominable (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



2019.10.07

Hollywood Express #845◆2019.10.04(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) の予告編が公開された話題。12月公開予定。
◆ニコラス・ケイジのインタビューから、新作 Pig (2020) の話題。トリフ探しのブタが誘拐される話しだそうです。何だかわからん。
◆『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2019) は1週目でも55歳以上の客が多いとのこと。お年寄りは公開1週目から劇場に行く元気がないと言われてるらしいがそうでもないという話題。
◆トム・ハンクスのインタビューから、ハリウッド外国人記者協会の生涯功労賞であるセシル・B・デミル賞を授与される話題。
◆DCコミック映画『ジョーカー』 Joker (2019) の劇場公開でコロラド映画館乱射事件の関係者がワーナーに意見した話題。色々と大変だ。何でマーベルコミック映画は大丈夫なんだ?
◆『ジュラシック・パーク』 Jurassic Park (1993)から、新作 Jurassic World 3 (2021) にサム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムが出演する話題。どうせそうなら亡くなっているリチャード・アッテンボローをCGIで出してもいいと思える。
◆『ブラックパンサー』 Black Panther (2018) から、黒人主役作品は海外ではヒットしないことを理由に制作に反対意見があった話題。無事に海外でもヒットしたわけです。
◆『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) から、10月公開の興行予測の話題。前作よりは低めだそうです。

◆red carpet
◆テレンス・ハワードがハリウッドウォークオブフェイムに入ってセレモニーの風景。テレンス・ハワードはB級アクション専門の印象があるので正直言ってもう入れるの?と思えた。アメリカでは人気があるのか。マルコム・D・リー監督、ディーン・モンティエル監督のお祝いのスピーチがあります。テレンス・ハワードの感謝のスピーチもあります。

◆inside look
◆ Abominable (2019) のメイキング。クロエ・ベネット、テンジン・ルノゲイ・トレイナーとアルバート・ツァイのインタビューがあります。
◆『ジョーカー』 Joker (2019) のホアキン・フェニックスがオスカー候補のはず。
◆『ジョジョ・ラビット』 Jojo Rabbit (2019) のタイカ・ワイティティがオスカー候補のはず。
◆マーティン・スコセッシ監督のギャング映画大作『アイリッシュマン』 The Irishman (2019) は11月に限定公開、それからネット配信だそうです。スポンサーがネットフリックスなのでそうなる。
◆ Harriet (2019) のシシンア・エイボはオスカー候補のはず。
◆『マリッジ・ストーリー』 Marriage Story (2019) はアダム・ドライバーとスカーレット・ヨハンソン主演のドラマ。11月に限定公開
◆ A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) のトム・ハンクスは3つめオスカーを狙う。

◆Hollywood gossip
◆デミ・ムーアの自叙伝は少女売春をやったとか元旦那達のブルース・ウィリスやアシュトン・カッチャーをこき下ろしたりと色々とにぎやかになってるそうです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。不幸の連続具合は溝口健二監督の『西鶴一代女』(1952年)並みのようです。この作品の主人公のヒロインも最後は白塗りの夜鷹になってます。
◆ Lucy in the Sky (2019) ノア・ホーリー監督、ナタリー・ポートマン、ジョン・ハム主演のビートルズのミュージカルではなくトンデモなシリアスドラマ。女性宇宙飛行士が何故か犯罪に走る話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『エンド・オブ・ステイツ』 Angel Has Fallen (2019) リック・ローマン・ウォー監督、ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン主演の『エンド・オブ』シリーズ最新作のアクション大作。いつものように大統領を守る話しのようです。女優さんはジェイダ・ピンケット=スミス、パイパー・ペラーボ。興行収益totalは6710万ドル。
◆9位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。『ジャングル大帝レオ』の話しのようです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは5億4000万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆8位が Good Boys (2019) ジョン・スタプニッキー監督、ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ主演のR指定子役下ネタコメディ。少年3人がキスを求めて下ネタする話しのようです。興行収益totalは8040万ドル。低予算の割りに大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆7位が Judy (2019) ルパート・グールド監督、レニー・ゼルウィガー、ジェシー・バックリー主演のジュディ・ガーランドの伝記ドラマ。ステージのどさ回りをしてた晩年のジュディ・ガーランドの話しのようです。興行収益totalは290万ドル。。
◆6位が Rambo: Last Blood (2019) エイドリアン・グランバーグ監督、シルヴェスター・スタローン、パス・ベガ主演の『ランボー』シリーズ最新作で最終作のはず。ランボーの最後の戦いの話しのようです。女優さんはパズ・ベガ、イヴェット・モントリオール。興行収益totalは3310万ドル。
◆5位が『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) ジェームズ・グレイ監督、ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ主演のSFドラマ。宇宙の彼方の父を探す話しのようです。女優さんはリヴ・タイラー、ルース・ネッガ。興行収益totalは3530万ドル。
◆4位が『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは1億9370万ドル。
◆3位が Hustlers (2019) ローリーン・スカファリア監督、ジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の風刺コメディ。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。他の女優さんはリリ・ラインハート、キキ・パーマー。興行収益totalは8050万ドル。
◆2位が『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2019) マイケル・エングラー監督、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター主演のTVシリーズの映画版。1920年代エドワード朝時代の英国にてクロウリー家と使用人達の話しのようです。女優さんは大勢出てます。興行収益totalは5830万ドル。
◆1位が Abominable (2019) ジル・カルトン、トッド・ウィルダーマン監督、クロエ・ベネット、テンジング・ノルゲイ・トレイナーVCの3D CGIアニメ。女の子とイエティが仲よくなる話しのようです。Pearl Studio/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは2060万ドル。

◆ending
◆Lorde's “Royal” from “Hustlers (2019”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




2019.09.30

Hollywood Express #844◆2019.09.27(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『ジュラシック・・・』シリーズからの短編 Battle at Big Rock (2019) が公開された話題。まだこのシリーズの新作が続くそうです。オリジナルキャストのサム・ニールやジェフ・ゴールドブラムも出るらしい。
◆オールスターキャストの謎解きドラマ Knives Out (2019) の予告編が公開された話題。探偵役がダニエル・クレイグでかなりずっこけてるタイプのようです。それはいいけどギャグの演出が滑ると見るに堪えなくなるので結構リスクは多い。
◆マーベルアメコミアクションなのでアカデミー賞とは縁がないアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督がザハリウッドパブリックユニオンからモーションピクチャー云々の賞を授与される話題。
◆エヴァ・デュヴァネイ監督のインタビューから、映画俳優組合からパトロンオブジアーティストアワードを授与される話題。他のアーティストに活躍する機会を与えたのが評価する賞だそうです。
◆同じ賞でマーク・ラファロは慈善事業や人道的活動でアーティストインスピレーションアワードを授与される話題。
◆ブレイク・ライブリーが主演するアクション The Rhythm Section (2020) が完成した話題。ジュード・ロー共演。かなりシリアスな復讐物のようです。
◆現在が舞台の『ミッショ インポッシブル/フォールアウト』 Mission: Impossible - Fallout (2018) と1970年代が舞台の『ROMA/ローマ』 Roma (2018) が、ロケ関係の賞を授与される話題。そんな感じで色々な賞があるようです。

◆red carpet
◆ Downton Abbey (2019) のプレミアの風景。ミシェル・ドッカリー、ローラ・カーマイケル、ハリー・ハッデン=ベイトンのインタビューがあります。

◆inside look
◆『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) のメイキング。月から火星へ更に宇宙の彼方に行く話しのようです。トミー・リー・ジョーンズですが『スペース カウボーイ』 Space Cowboys (2000) と同じに見えてしまいます。ドナルド・サザーランドまで出てるのでますますそんな感じになってます。まあいいけど。プロデューサーのブラッド・ピットはそれはわかっててキャスティングしてるのでしょう。どうせならクリント・イーストウッドも出せばよかったのにと思える。
『スペースカウボーイ』(2000年)
◆ Downton Abbey (2019) のメイキング。ヒュー・ボネビル、ロバート・ジェームズ
=コリアー、ケヴィン・ドイル、エリザベス・マクガヴァン、マイケル・フォックスのインタビューがあります。エリザベス・マクガヴァンはベテランですがまだ女優活動を続けていたのかと思った。

◆Hollywood gossip
◆ Rambo: Last Blood (2019) から、原作者が映画の出来にガッカリした話題。この作品に限ったことではなくハリウッドでは昔から数え切れないほどあることです。『原作と同じなのはタイトル名だけだった』というのがおなじみのフレーズです

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Abominable (2019) ジル・カルトン、トッド・ウィルダーマン監督、クロエ・ベネット、テンジング・ノルゲイ・トレイナーVCの3D CGIアニメ。女の子とイエティが仲よくなる話しのようです。Pearl Studio/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Judy (2019) ルパート・グールド監督、レニー・ゼルウィガー、ジェシー・バックリー主演のジュディ・ガーランドの伝記ドラマ。ステージのどさ回りをしてた晩年のジュディ・ガーランドの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) デヴィッド・リーチ監督、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ主演の『ワイルド・スピード』シリーズスピンオフ最新作。いつものようにアクションする話しのようです。女優さんは、ヴァネッサ・カービー、エイザ・ゴンザレス、ヘレン・ミレン。興行収益totalは1億7060万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆9位が Overcomer (2019) アレックス・ケンドリック監督、アレックス・ケンドリック、シャリ・リグビー主演のキリスト教ドラマ。キリスト教原理主義スポ根の話しのようです。興行収益totalは3150万ドル。低予算なので大ヒットといえるようです。
◆8位が『エンド・オブ・ステイツ』 Angel Has Fallen (2019) リック・ローマン・ウォー監督、ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン主演の『エンド・オブ』シリーズ最新作のアクション大作。いつものように大統領を守る話しのようです。女優さんはジェイダ・ピンケット=スミス、パイパー・ペラーボ。興行収益totalは6460万ドル。
◆7位が Good Boys (2019) ジョン・スタプニッキー監督、ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ主演のR指定子役下ネタコメディ。少年3人が下ネタする話しのようです。興行収益totalは7730万ドル。大ヒットしてるようです。
◆6位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。『ジャングル大帝レオ』の話しのようです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは5億3760万ドル。
◆5位が Hustlers (2019) ローリーン・スカファリア監督、ジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の風刺コメディ。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。他の女優さんはリリ・ラインハート、キキ・パーマー。興行収益totalは6230万ドル。
◆4位が『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは1億7890万ドル。
◆3位が Rambo: Last Blood (2019) エイドリアン・グランバーグ監督、シルヴェスター・スタローン、パス・ベガ主演の『ランボー』シリーズ最新作で最終作のはず。ランボーの最後の戦いの話しのようです。女優さんはパズ・ベガ、イヴェット・モントリオール。興行収益totalは1890万ドル。
◆2位が『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) ジェームズ・グレイ監督、ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ主演のSFドラマ。宇宙の彼方の父を探す話しのようです。女優さんはリヴ・タイラー、ルース・ネッガ。興行収益totalは1900万ドル。
◆1位が Downton Abbey (2019) マイケル・エングラー監督、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター主演のTVシリーズの映画版。1920年代エドワード朝時代の英国を舞台にクロウリー家と使用人達の生活の話しのようです。女優さんは大勢出てます。興行収益totalは3100万ドル。業界の予想よりヒットしてるそうです。

◆ending
◆Fiona Apples's “Criminal” from “Hustlers (2019)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.09.23

Hollywood Express #843◆2019.09.20(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『ドクター・スリープ』 Doctor Sleep (2019)の劇場公開が11月になった話題。キャストは豪華。監督は普通。評価のハードルは高そう。果たして出来は?
◆『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) での月面カーチェイスシーンの話題。普通にカーチェイスして撃たれてます。さすがハリウッド。日本で公開中なのか。
◆5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンのインタビューから、女性ボンドには賛成だそうです。しかしスタジオ側がそうではなさそうと言ってます。
◆クリステン・スチュワートがチューリッヒ映画祭でゴールデンアイ賞を授与される話題。新作 Seberg (2019) はでは政治運動にのめり込み謎の死を遂げたジーン・セバーグを演じてるそうです。ジーン・セバーグはクリント・イーストウッドの若い頃に特別な関係でもあった。このネタが入ってるか興味深い。
◆ Midway (2019) の新しい予告編が公開された話題。1942年ミッドウェイ海戦は色々とあって日本軍が虎の子の空母、赤城、加賀、蒼竜、飛竜の4隻を失い事実上の敗戦となった戦いです。現在になっても自衛隊は艦船名を平仮名ですが同じ名前を使ってるのが不気味です。また戦争をやるつもりなのかというより実物大プラモデル感覚なのでしょう。
◆ハリウッド映画だと真珠湾攻撃がアメリカの全ての報復のエクスキューズになっています。空襲で日本全土を石器時代したとか。原爆2発のテストをしたとか。戦後に資金をつぎ込んで自民党を作り傀儡政権にしたとか色々。そんなわけでまだ日本は実質的にアメリカの植民地なのです。全く真珠湾攻撃は日本にとって高くついた作戦です。。
◆タイカ・ワイティティ監督の戦争コメディ『ジョジョ・ラビット』 Jojo Rabbit (2019) がトロント国際映画祭で観客賞に選ばれた話題。タイカ・ワイティティ監督はイマジナリーフレンドのヒトラー役で出演もしてるそうです。そんな感じでアカデミー賞に有利になるそうです。
◆トロント国際映画祭が公開されたドキュメンタリー Sanctuary (2019) の話題。南極の環境問題ドキュメンタリー。ハビエル・バルデムがナレーションを担当。

◆red carpet
◆トム・ハンクス主演のドラマ A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) のトロント国際映画祭でのプレミアの風景。トム・ハンクス、マシュー・リースのインタビューがあります。

◆inside look
◆ The Goldfinch (2019) のメイキング。美術館で絵を盗んだら爆弾で母親が亡くなった。そんな設定らしい。
◆ Hustlers (2019) のメイキング。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。

◆Hollywood gossip
◆ゲーリー・シニーズが亡くなった兵隊の家族をハリウッドに招待した話題。ユニバーサルスタジオのタイアップのようです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) ジェームズ・グレイ監督、ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ主演のSFドラマ。宇宙の彼方の父を探す話しのようです。女優さんはリヴ・タイラー、ルース・ネッガ。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Downton Abbey (2019) マイケル・エングラー監督、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター主演のTVシリーズの映画版。20世紀初頭エドワード朝時代の英国を舞台にクロウリー家と使用人達の生活の話しのようです。女優さんは大勢出てます。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Rambo: Last Blood (2019) エイドリアン・グランバーグ監督、シルヴェスター・スタローン、パス・ベガ主演の『ランボー』シリーズ最新作で最終作のはず。ランボーの最後の戦いの話しのようです。女優さんはパズ・ベガ、イヴェット・モントリオール。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Dora and the Lost City of Gold (2019) ジェームズ・ボビン監督、イザベラ・モナー、マイケル・ペーニャ主演のTVシリーズ『ドーラといっしょに大冒険』の実写映画版アドベンチャー・コメディ。ドーラが冒険する話しのようです。興行収益totalは5670万ドル。
◆9位が The Peanut Butter Falcon (2019) タイラー・ニルソン、マイケル・シュワルツ監督、シャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソン主演のブラック・コメディ。南部を旅する話しのようです。全体的に『オー・ブラザー!』(2000年)と似た感じ。興行収益totalは1490万ドル。
◆8位が The Goldfinch (2019) ジョン・クローリー監督、アンセル・エルゴート、ニコール・キッドマン主演のドラマ。母を亡くした少年に色々とある話しのようです。他の女優さんはサラ・ポールソン、アシュリー・カミングス。興行収益totalは260万ドル。興行はイマイチのようです。
◆7位が Overcomer (2019) アレックス・ケンドリック監督、アレックス・ケンドリック、シャリ・リグビー主演のキリスト教ドラマ。キリスト教原理主義スポ根の話しのようです。興行収益totalは2890万ドル。
◆6位が『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) デヴィッド・リーチ監督、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ主演の『ワイルド・スピード』シリーズスピンオフ最新作。いつものようにアクションする話しのようです。女優さんは、ヴァネッサ・カービー、エイザ・ゴンザレス、ヘレン・ミレン。興行収益totalは1億6830万ドル。
◆5位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。『ジャングル大帝レオ』の話しのようです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは5億3400万ドル。
◆4位が Good Boys (2019) ジョン・スタプニッキー監督、ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ主演のR指定子役下ネタコメディ。少年3人が下ネタする話しのようです。興行収益totalは7320万ドル。
◆3位が『エンド・オブ・ステイツ』 Angel Has Fallen (2019) リック・ローマン・ウォー監督、ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン主演の『エンド・オブ』シリーズ最新作のアクション大作。いつものように大統領を守る話しのようです。女優さんはジェイダ・ピンケット=スミス、パイパー・ペラーボ。興行収益totalは6040万ドル。現実ではちょうどタイミングがよくサウジアラビアの製油プラントにドローンミサイルがイランの方角が来ましたとなってます。ここをあまり追求するとドローンミサイルのスポンサーがアメリカだとバレるのでハッキリとイランと言えなくて消火器の押し売りが消防署の方から来ましたと同じになっています。
◆2位が Hustlers (2019) ローリーン・スカファリア監督、ジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の風刺コメディ。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。他の女優さんはリリ・ラインハート、キキ・パーマー。興行収益totalは3310万ドル。予想よりヒットしてるそうです。
◆1位が『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは1億5260万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Lil Nas X's “Old Town Road” from “Rambo: Last Blood (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.09.16

Hollywood Express #842◆2019.09.13(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『バッドボーイズ』シリーズの17年ぶりの新作『バッドボーイズ フォー・ライフ』 Bad Boys for Life (2020) の予告編が公開された話題。もうボーイズではないけどちゃんとウィル・スミスとマーティン・ローレンスが主演するそうです。
◆『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) が映画祭で上映されて迫力のカーレースシーンが観客に受けた話題。しかしハリウッド映画のカーレースシーンは不必要にクラッシュが多かったりします。この作品もそんな感じだと思える。
◆『クレイジー・リッチ!』 Crazy Rich Asians (2018) の続編からマレーシア人の女性脚本家アデル・リムが降板した話題。ギャラが低いのが理由だそうです。また人種差別と女性差別が問題になりそうとか。
◆『ブラックパンサー』 Black Panther (2018) から、過小評価された人種が扱われる作品が多くなったという話題。
◆マット・デイモンのインタビューから、2021年アカデミー賞を狙ってる話題。主演のサスペンス作品が2020年後半に公開予定なのでそうなるらしい。
◆ロバート・パティンソンが新作 The Batman (2021) のバットマン役を逃しそうになった話題。正式に決定前に情報が漏れてスタッフと共に冷や汗をかいたそうです。
◆マーベルアメコミのヘイリー・アトウェルが『ミッションインポッシブル』シリーズ最新作 Mission: Impossible 7 (2021) に出演する話題。
◆『ライオン・キング』 The Lion King (2019) がヒットしたけど夏の全体興行は2パーセントダウンの話題。ヒットはディズニーばかりで他のスタジオはイマイチのようです。

◆red carpet
◆キルステン・ダンストがハリウッドウォークオブフェイム入りしたセレモニーの風景。キルステン・ダンストが4本も出演してるソフィア・コッポラ監督と実生活の旦那ジェシー・プレモンスのお祝いのスピーチがあります。キルステン・ダンストの感謝のスピーチもあります。

◆inside look
◆『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) のメイキング。ジェイ・ライアン、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファのインタビューがあります。
◆ Raise Hell: The Life & Times of Molly Ivins (2019) のメイキング。ジャニス・エンゲル監督のインタビューがあります。有名なジャーナリスト兼コメンテーターのモリー・アイヴィンズ。映画化するなら美人過ぎるけど似た感じのエマ・ストーンでお願いします。がらがら声までそっくり。

◆Hollywood gossip
◆ケヴィン・ハートが自分のビンテージカー プリマス・バラクーダの助手席に乗って交通事故にあった話題。大けがですが死んではいないそうです。果たして運転して死ぬのか助手席で死ぬのかで本人にしてみればどう違うのかが興味深い。→どうせ死ぬなら運転して死にたいのが普通か?

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Hustlers (2019) ローリーン・スカファリア監督、ジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の風刺コメディ。元ストリッパーがウォール街の詐欺師ビジネスマン相手に詐欺をする話しのようです。他の女優さんはリリ・ラインハート、キキ・パーマー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ The Goldfinch (2019) ジョン・クローリー監督、アンセル・エルゴート、ニコール・キッドマン主演のドラマ。母を亡くした少年に色々とある話しのようです。他の女優さんはサラ・ポールソン、アシュリー・カミングス。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー主演の映画業界ドラマ。1969年ハリウッドで色々とある話しのようです。興行収益totalは1億3430万ドル。
◆9位が Scary Stories to Tell in the Dark (2019) アンドレ・ウーヴレダル監督、ゾーイ・マーガレット・コレッティ、マイケル・ガルサ主演のホラー。若者達が謎の本ででホラーする話しのようです。興行収益totalは6210万ドル。
◆8位が Ready or Not (2019) マット・ベティネッリ=オルビン、タイラー・ジレット監督、サマラ・ウィーヴィング、アダム・プロディ主演のブラック・コメディ。結婚したら命がけのかくれんぼゲームで悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2570万ドル。
◆7位が Dora and the Lost City of Gold (2019) ジェームズ・ボビン監督、イザベラ・モナー、マイケル・ペーニャ主演のTVシリーズ『ドーラといっしょに大冒険』の実写映画版アドベンチャー・コメディ。ドーラが冒険する話しのようです。興行収益totalは5430万ドル。またtop10に戻ってます。
◆6位が Overcomer (2019) アレックス・ケンドリック監督、アレックス・ケンドリック、シャリ・リグビー主演のキリスト教ドラマ。キリスト教原理主義スポ根の話しのようです。興行収益totalは2460万ドル。
◆5位が『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) デヴィッド・リーチ監督、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ主演の『ワイルド・スピード』シリーズスピンオフ最新作。いつものようにアクションする話しのようです。女優さんは、ヴァネッサ・カービー、エイザ・ゴンザレス、ヘレン・ミレン。興行収益totalは1億6430万ドル。
◆4位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。『ジャングル大帝レオ』の話しのようです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは5億2920万ドル。
◆3位が Good Boys (2019) ジョン・スタプニッキー監督、ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ主演のR指定子役下ネタコメディ。少年3人が下ネタする話しのようです。興行収益totalは6690万ドル。
◆2位が『エンド・オブ・ステイツ』 Angel Has Fallen (2019) リック・ローマン・ウォー監督、ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン主演の『エンド・オブ』シリーズ最新作のアクション大作。いつものように大統領を守る話しのようです。女優さんはジェイダ・ピンケット=スミス、パイパー・ペラーボ。興行収益totalは5340万ドル。
◆1位が『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは9100万ドル。十分に大ヒットしてますが強欲なスタジオ側は前作より低いと不満だそうです。

◆ending
◆Y-K Osiris' “Valentine” from “Good Boys (2019)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.09.09

Hollywood Express #841◆2019.09.06(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆ The Report (2019) の予告編が公開された話題。911テロ事件の後にCIAが始めた拷問プログラムに対する告発ドラマのようです。
◆ジェイミー・フォックスがピクサーの新作 Soul (2020) のVCを務める話題。それはともかくジェイミー・フォックスは長い間付き合っていたケイティ・ホームズと別れたそうです。
◆『アイリッシュマン』 The Irishman (2019) の劇場公開時期でもめてる話題。製作がネットフリックスなのでネット配信とのタイミングでもめてるそうです。
◆J・K・シモンズが新作 My Only Sunshine で銀行強盗を演じる話題。サイモン・ペッグ共演。アクションコメディだそうです。
◆『ザ・ランドロマット パナマ文書流出』 The Laundromat (2019) の話題。スティーブン・ソダーバーグ監督で豪華キャストなので出来はよさそう。いわゆる『今だけカネだけ自分だけ』の有象無象がやりたい放題する話しのようです。
◆マシュー・マコノヒーが母校のテキサス大学で教授に就任した話題。2015年から客員教授で映画関係を教えていたそうです。マシュー・マコノヒーが先生に向いてるのか。隠れた才能にビックリしました。
◆熱気球の女性パイロットのドラマ The Aeronauts (2019) の話題。フェリシティ・ジョーンズ、エディ・レッドメイン主演。レトロSFアドベンチャードラマといった感じです。レトロSFなのでCGIとデジタル合成が全開になってます。

◆red carpet
◆『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) のプレミアの風景。ティーチ・グラント、ニコラス・ハミルトン、ジェレミー・レイ・テイラー、チョーズン・ジェイコブズ、ジェイデン・マーテル、ウィル・ベインブリンク、ライアン・キーラ・アームストロング、ジェイ・ライアン、イザイア・ムスタファのインタビューがあります。ピエロは何故怖い?がお題です。

◆inside look
◆ Don't Let Go (2019) のメイキング。主人公と姪が2週間時間でずれている設定のSFサスペンスのようですが、この設定が妄想にとなるとジャンルが何だかわからなくなります。
◆ After the Wedding (2019) のメイキング。バート・フレインドリッチ監督とジュリアン・ムーアのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆レオナルド・ディカプリオが参加する自然保護団体がアマゾン熱帯雨林火災に500万ドルを寄付した話題。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。無駄に演技力がある豪華キャストになってます。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Raise Hell: The Life & Times of Molly Ivins (2019) ジャニス・エンゲル監督、モリー・アイヴィンズ出演のジャーナリスト・ドキュメンタリー。有名なジャーナリスト モリー・アイヴィンズの話しのようです。スタンダップコメディアンかと思ったらジャーナリストなのか。これはビックリ。太ったエマ・ストーンみたいで可愛い。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆今週は Labor Day=労働者の日があり低調な興行だそうです。
◆10位が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー主演の映画業界ドラマ。1969年ハリウッドで色々とある話しのようです。興行収益totalは1億2970万ドル。ハリウッドが最低の状況だった1969年ではなく多数の傑作を生んだ1971年にすればよかったのにと思えるがそうしたらこの作品が見劣りするからやめたのかも?
◆9位が The Angry Birds Movie 2 (2019) サーオップ・ヴァン・オーマン、ジョン・ライス監督,ジェイソン・サダイキス、ジョシュ・ギャッドVCの『アングリーバド』シリーズの続編3D CGIアニメ。色々な鳥たちが色々とある話しのようです。Rovio Entertainment/Sony Pictures Animation/Columbia Pictures製作配給。興行収益totalは3400万ドル。
◆8位が『スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム』 Spider-Man: Far From Home (2019) ジョン・ワッツ監督、トム・ホランド、ジェイク・ギレンホール主演のマーベルアメコミアクション大作。スパイダーマンがニック・フォーリーにこき使われる話しのようです。女優さんはゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、マリサ・トメイ。興行収益totalは3億8470万ドル。未公開シーンを追加した特別版が拡大公開されて再ランクインしたそうです。
◆7位が Scary Stories to Tell in the Dark (2019) アンドレ・ウーヴレダル監督、ゾーイ・マーガレット・コレッティ、マイケル・ガルサ主演のホラー。若者達が謎の屋敷等でホラーする話しのようです。興行収益totalは5760万ドル。
◆6位が Overcomer (2019) アレックス・ケンドリック監督、アレックス・ケンドリック、シャリ・リグビー主演のキリスト教ドラマ。キリスト教原理主義スポ根の話しのようです。興行収益totalは1720万ドル。
◆5位が Ready or Not (2019) マット・ベティネッリ=オルビン、タイラー・ジレット監督、サマラ・ウィーヴィング、アダム・プロディ主演のブラック・コメディ。結婚したら命がけのかくれんぼゲームで悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2030万ドル。
◆4位が『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) デヴィッド・リーチ監督、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ主演の『ワイルド・スピード』シリーズスピンオフ最新作。いつものようにアクションする話しのようです。女優さんは、ヴァネッサ・カービー、エイザ・ゴンザレス、ヘレン・ミレン。興行収益totalは1億5720万ドル。
◆3位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。『ジャングル大帝レオ』の話しのようです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは5億2110万ドル。
◆2位が Good Boys (2019) ジョン・スタプニッキー監督、ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ主演のR指定子役下ネタコメディ。少年3人が下ネタする話しのようです。興行収益totalは5650万ドル。
◆1位が『エンド・オブ・ステイツ』 Angel Has Fallen (2019) リック・ローマン・ウォー監督、ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン主演の『エンド・オブ』シリーズ最新作のアクション大作。いつものように大統領を守る話しのようです。女優さんはジェイダ・ピンケット=スミス、パイパー・ペラーボ。興行収益totalは4090万ドル。

◆ending
◆Dan Owen's “Hideaway” from “Angel Has Fallen (2019”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。