映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「Hollywood Express」の記事

2021.01.11

Hollywood Express番外 私の映画索引1990年◆2021.01.11(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

私の映画索引1990年代をアップしていましたが1990年が抜けていました。
そんなわけで追加します。

自分の映画索引から色々と思えてきます。
イマイチ印象が薄い1990年代。お気楽な1980年代の延長で特徴がない。
そんな謎の1990年代作品の感想です。

1990年の作品。
何故か少なめです。
1990年代独自の特徴はあまり感じない。1980年代の延長といった感じ。

映画は女優さんで見ることが多い。たまたま見た映画に出てる場合も多い。
ボニー・ベデリア。グレタ・スカッキ。レイチェル・ティコティン。シャロン・ストーン。メッチェン・エイミック。カティ・オウティネン。マーシャ・ゲイ・ハーデン。バーバラ・ハーシー。レベッカ・デモーネイ。

『地獄の殺人救急車/狙われた金髪の美女』(1990年)→ラリー・コーエン監督、エリック・ロバーツ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ミーガン・ギャラガー主演の巻き込まれサスペンス。佳作です。マーベルアメコミのスタン・リーも出てます。
『推定無罪』(1990年)→アラン・J・パクラ監督、ハリソン・フォード、ボニー・ベデリア、ラウル・ジュリア、グレタ・スカッキ主演の法廷サスペンス。出来は普通です。
『トータル・リコール』(1990年)→ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー、レイチェル・ティコティン、シャロン・ストーン、マイケル・アイアンサイド主演の巻き込まれSFアクション大作。傑作です。
『トビー・フーパー ドレス』(1990年)→トビー・フーパー監督、メッチェン・エイミック、コリー・パーカー、アンソニー・パーキンス主演のドレス・ホラー。佳作です。
『マッチ工場の少女』(1990年)→アキ・カウリスマキ監督、カティ・オウティネン、エリナ・サロ、エスコ・ニッカリ主演の不幸ドラマ。佳作です。
『ミラーズ・クロッシング』(1990年)→ジョエル・コーエン監督、ガブリエル・バーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、アルバート・フィニー主演のギャング対立フィルム・ノワール。傑作です。
『ラジオタウンで恋をして』(1990年)→ジョン・アミエル監督、キアヌ・リーヴス、バーバラ・ハーシー、ピーター・フォーク主演のロマンティック・コメディ。佳作です。
→『ラスト・カウント・ダウン 大統領の選択』(1990年)→ジャック・ショルダー監督、パワーズ・ブース、レベッカ・デモーネイ、マーティン・ランドー、ジェームズ・アール・ジョーンズ主演の核戦争サスペンス。佳作です。
『ロボ・ジョックス』(1990年)→スチュアート・ゴードン監督、ゲイリー・グレアム、アン=マリー・ジョンソン、ポール・コスロ主演の巨大ロボット対決アクション。出来は普通です。

Top Box Office (US)
Weekend of January 1 - 3, 2021
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

Wonder Woman 1984 ◆$5.5M ◆$28.5M ◆2
→Patty Jenkins監督、Gal Gadot, Chris Pine, Kristen Wiig主演のDCアメコミアクション大作の続編。

The Croods: A New Age ◆$2.2M ◆$34.5M ◆6
→Joel Crawford監督、 Nicolas Cage, Emma Stone, Ryan ReynoldsVCの3D CGIアニメのアドベンチャー・コメディ。

News of the World ◆$1.7M ◆$5.4M ◆2
→Paul Greengrass監督、Tom Hanks, Steve Boyles, Helena Zengel主演のドラマ。

Monster Hunter ◆$1.3M ◆$5.5M ◆3
→Paul W.S. Anderson監督、 Milla Jovovich, Tony Jaa, T.I.主演のゲーム原作のアドベンチャー・アクション。

Fatale ◆$700K ◆$3.1M ◆3
→ David Loughery監督、Hilary Swank, Michael Ealy, Mike Colter主演のサスペンス。

Promising Young Woman ◆$660K ◆$1.9M ◆2
→Emerald Fennell監督、Carey Mulligan, Bo Burnham, Alison Brie主演のクライム・コメディ。

Pinocchio ◆$284K ◆$773K ◆2
→Matteo Garrone監督、Federico Ielapi, Roberto Benigni, Rocco Papaleo主演のピノキオ・ドラマ。

The War with Grandpa ◆$115K ◆$18.7M ◆13
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリー・コメディ。

『エイリアン』 Alien (1979) ◆$75K ◆$75K ◆1
→Ridley Scott監督、 Sigourney Weaver, Tom Skerritt, John Hurt主演の『エイリアン』シリーズ第1作の宇宙ホラーの再公開。傑作です。

Freaky ◆$55K ◆$8.8M ◆8
→Christopher Landon監督、 Vince Vaughn, Kathryn Newton, Celeste O'Connor主演の体交換物殺人鬼サスペンス。
Reported by Box Office Mojo © 2021

私の好きなミュージックビデオ
『ひみつのアッコちゃん ED』

ボーカル。歌詞。曲。アレンジ。ポップでラップでテクノで最高です。

こっちはフルコーラスです。
すきすきソング ~ SOOKIE ! SOOKIE ! SONG ~ ADOTANG

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村


2021.01.04

2021年を迎えて◆2021.01.04(月)

2020年は近未来だと思っていたが全く違っていました。
やたらと細かいとこにカネと手間がかかる世界になっています。
そんなとこで1つでもミスをすると大変なことになる。どこが近未来なんだ。

さかんに昭和や平成は古いとこき下ろすが令和だってそんなに変わっていない。
現状がいいと言ってるくせに細かいとこで差別したがってる。

お役人様は『貧乏人を甘やかすとつけ上がる』がコンセプトで税金をとるだけ。
日本の選挙以前にアメリカ公認の自民党は『税金から中抜き』でやりたい放題。
この2段攻撃で日本全体はヘロヘロです。
自民党が屁理屈で無茶を通すたびに日本全体から活力が失われていきます。
日本の予算には正確な帳簿がない。特別予算はあるけど。

映画の2020年代は#MeTooとコロナ渦の年代になるようです。
セクハラか枕営業かの永遠の水掛け論。
興行が出来ず映画館が打撃を受けた。
撮影出来ずスタジオが打撃を受けた。
それではネット配信は儲けたのかというとそうみたい。

バイク業界はコロナ渦で少し景気がよくなったそうです。
電車通勤はさすがに危ないと思う人達がバイク通勤をするようになったそうです。
さすがに50cc原付は走行性能はダメで警察の走るカモネギなのでやめた方ががいいし実際に売れてないはず。

125ccクラスのスクーターが現実的な選択になっています。
雨を考えるとチェーン駆動のバイクは除外になります。
足元がフルカバーのスクーターは雨に強い。Vベルト無段変速はチェーンと違って遊び調整不要。そんなわけで通勤にはスクーターです。

ブログの方はアクセス数は変わりません。
増えもしないしゼロにもならない。この程度で勘弁してやるといった感じです。

そんなわけで2021年も変わらずに続けていきたい思います。

Top Box Office (US)
Weekend of December 25 - 27, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

Wonder Woman 1984 ◆$16.7M ◆$16.7M ◆1
→Patty Jenkins監督、Gal Gadot, Chris Pine, Kristen Wiig主演のDCアメコミアクション大作の続編。

News of the World ◆$2.4M ◆$2.4M ◆1
→Paul Greengrass監督、Tom Hanks, Steve Boyles, Helena Zengel主演のドラマ。

The Croods: A New Age ◆$1.7M ◆$30.3M ◆5
→Joel Crawford監督、 Nicolas Cage, Emma Stone, Ryan ReynoldsVCの3D CGIアニメのアドベンチャー・コメディ。

Monster Hunter ◆$1.1M ◆$4.2M ◆2
→Paul W.S. Anderson監督、 Milla Jovovich, Tony Jaa, T.I.主演のゲーム原作のアドベンチャー・アクション。

Promising Young Woman ◆$680K ◆$680K ◆1
→Emerald Fennell監督、Carey Mulligan, Bo Burnham, Alison Brie主演のクライム・コメディ。

Fatale ◆$660K ◆$2.0M ◆2
→ David Loughery監督、Hilary Swank, Michael Ealy, Mike Colter主演のサスペンス。

Pinocchio ◆$275K ◆$275K ◆1
→Matteo Garrone監督、Federico Ielapi, Roberto Benigni, Rocco Papaleo主演のピノキオ・ドラマ。

『エルフ ~サンタの国からやってきた~』Elf (2003) ◆$115K ◆$2.0M ◆7
→David Berenbaum監督、 Will Ferrell, James Caan, Bob Newhart主演のファンタジーコメディの再公開。

『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』 National Lampoon's Christmas Vacation (1989) ◆$91K ◆$871K ◆5
→Jeremiah S. Chechik (as Jeremiah Chechik)監督、 Chevy Chase, Beverly D'Angelo, Juliette Lewis主演のクリスマス・コメディの再公開。

The War with Grandpa ◆$91K ◆$18.4M ◆12
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリー・コメディ。
Reported by Box Office Mojo © 2020

私の好きなミュージックビデオ
Kelly Chen - 陳慧琳 -《大日子》MV

こういうのがお気に入りだったりします。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村



2020.12.28

Hollywood Express番外 私の映画索引1964年◆2020.12.28(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

ハリウッドスタイルがくたびれてきた1960年代。
1950年代のハリウッドスタイル全盛時から色々な部分が色あせています。
そんな1960年代の作品の感想です。

1964年の作品から。
見ている作品数がそれなりに多くB級SFホラーが多い。
やはりハリウッド作品は少ない。この年代のハリウッド映画は画調がTVと同じなのがマイナスポイントなんです。

女優さんは・・・
越路吹雪。藤由紀子。アンジー・ディキンソン。コンスタンス・タワーズ。ミレーヌ・ドモンジョ。オリヴィア・デ・ハヴィランド。オードリー・ヘプバーン。ティッピー・ヘドレン。バーバラ・シェリー。バーバラ・イーデン。

傑作。佳作。よい。普通。まあまあ。イマイチの6段階評価。
イマイチと思われる作品は最初から見ないので実質5段階。

『ああ爆弾』(1964年)→岡本喜八監督、伊藤雄之助、中谷一郎、越路吹雪主演の爆弾ミュージカルコメディ。傑作です。
『アトミック・ブレイン 大脳移植若返り法』(1964年)→ジョセフ・V・マシェリ監督、マージョリー・イートン、フランク・ガーステル、フランク・フォウラー主演の脳移植B級ホラー。出来は普通です。
『鬼戦車T-34』(1964年)→ニキータ・クリーヒン、レオニード・メナケル監督、ヴヤチェスラフ・グレンコフ、ゲンナジー・ユフチン、ワレリー・ポゴレルツェフ主演の戦車脱走戦争映画。佳作です。
『女ヴァンパイア カーミラ』(1964年)→カミロ・マストロチンクエ監督、クリストファー・リー、アドリアーナ・アンベシ、カルラ・カロ主演の吸血鬼B級ホラー。出来は普通です。
『クリーピング・テラー』(1964年)→アーサー・ネルソン監督、アーサー・ネルソン、シャノン・オニール、ウィリアム・ソールビー主演の謎のクリーチャーナレーションB級ホラーの怪作。出来は普通です。
『黒の超特急』(1964年)→増村保造監督、田宮二郎、藤由紀子、船越英二主演の新幹線予定地ハードボイルドメロドラマ。佳作です。
『荒野の用心棒』(1964年)→セルジオ・レオーネ監督、クリント・イーストウッド、ジャン・マリア・ヴォロンテ、マリアンネ・コッホ主演のマカロニウエスタン。傑作です。
『殺人者たち』(1964年)→ドン・シーゲル監督、リー・マーヴィン、ロナルド・レーガン、ジョン・カサヴェテス、クルー・ギャラガー、アンジー・ディキンソン主演の殺し屋ハードボイルドアクション。傑作です。
『銃殺』(1964年)→ジョセフ・ロージー監督、ダーク・ボガード、トム・コートネイ、レオ・マッカーン主演の軍事裁判ドラマ。佳作です。
『タイム・トラベラーズ』(1964年)→ブ・メルキオー監督、プレストン・フォスター、フィリップ・ケリー、メリー・アンダース主演のタイムトラベルB級SFドラマ。佳作です。
『地球最後の男』(1964年)→シドニー・サルコウ、ウバルド・ラゴーナ監督、ヴィンセント・プライス、エマ・ダニエリ、ジャコモ・ロッシ・スチュアート主演のB級SF終末ドラマ。傑作です。
『博士の異常な愛情』(1964年)→スタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン主演の核爆撃ブラックコメディ。傑作です。
『裸のキッス』(1964年)→サミュエル・フラー監督、コンスタンス・タワーズ、マイケル・ダンテ、アンソニー・アイズリー主演の売春婦自己回復ドラマ。佳作です。
『ファントマ/危機脱出』(1964年)→アンドレ・ユヌベル監督、ルイ・ド・フュネス、ジャン・マレー、ミレーヌ・ドモンジョ主演の怪盗アクションコメディ。佳作です。
『不意打ち』(1964年)→ウォルター・E・グローマン監督、オリヴィア・デ・ハヴィランド、アン・サザーン、ジェフ・コーリイ、ジェームズ・カーン主演の簡易エレベーター監禁サスペンス。佳作です。
『マイ・フェア・レディ』(1964年)→ジョージ・キューカー監督、オードリー・ヘプバーン、レックス・ハリソン、スタンリー・ホロウェイ主演のレディ育成ミュージカル大作。佳作です。
『マーニー』(1964年)→アルフレッド・ヒッチコック監督、ショーン・コネリー、ティッピー・ヘドレン主演のトラウマサスペンス。佳作です。端役でブルース・ダーンが出ています。
『マニアック2000/2000人の狂人』(1964年)→ハーシェル・ゴードン・ルイス監督、コニー・メイソン、トーマス・ウッド、ジェフリー・アレン主演のスプラッタホラー。出来は普通です。
『続・光る眼 宇宙空間の恐怖』(1964年)→アントン・M・リーダー監督、イアン・ヘンドリー、アラン・ベーデル、バーバラ・フェリス主演の侵略SFドラマ。出来は普通です。
『未知への飛行 フェイル・セイフ』(1964年)→シドニー・ルメット監督、ヘンリー・フォンダ、ダン・オハーリヒー、ウォルター・マッソー主演の核爆撃サスペンス。傑作です。
ヤン・シュヴァンクマイエル監督短編色々、1964年-1989年→ヤン・シュヴァンクマイエル監督のコマ撮り短編アニメ集。風変わりで傑作ばかり。
『妖女ゴーゴン』(1964年)→テレンス・フィッシャー監督、ピーター・カッシング、クリストファー・リー、バーバラ・シェリー主演の謎の悪霊ホラー。佳作です。
『ラオ博士の7つの顔』(1964年)→ジョージ・パル監督、トニー・ランドール、アーサー・オコンネル、バーバラ・イーデン主演のサーカスファンタジードラマ。出来は普通です。
『633爆撃隊』(1964年)→ウォルター・E・グローマン監督、ジョージ・チャキリス、クリフ・ロバートソン、マリア・ペルシー主演の航空爆撃戦争アクション。木製双発プロペラ高速爆撃機デ・ハビランド モスキートの飛行シーンだけで傑作です。

Top Box Office (US)
Weekend of December 18 - 20, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

Monster Hunter ◆$2.2M ◆$2.2M ◆1
→Paul W.S. Anderson監督、 Milla Jovovich, Tony Jaa, T.I.主演のゲーム原作のアドベンチャー・アクション。

The Croods: A New Age ◆$2.1M ◆$27.1M ◆4
→Joel Crawford監督、 Nicolas Cage, Emma Stone, Ryan ReynoldsVCの3D CGIアニメのアドベンチャー・コメディ。

Fatale ◆$918K ◆$918K ◆1
→ David Loughery監督、Hilary Swank, Michael Ealy, Mike Colter主演のサスペンス。

『エルフ ~サンタの国からやってきた~』Elf (2003) ◆$365K ◆$1.9M ◆6
→ David Berenbaum監督、 Will Ferrell, James Caan, Bob Newhart主演のファンタジーコメディの再公開。

Half Brothers ◆$272K ◆$1.8M ◆3
→Luke Greenfield監督、 Luis Gerardo Méndez, Connor Del Rio, José Zúñiga主演のコメディ。

『ポーラー・エクスプレス』 The Polar Express (2004) ◆$231K ◆$631K ◆3
→Robert Zemeckis監督、Tom Hanks, Chris Coppola, Michael Jeter主演のアドベンチャーコメディの再公開。

Freaky ◆$175K ◆$8.5M ◆6
→Christopher Landon監督、 Vince Vaughn, Kathryn Newton, Celeste O'Connor主演の体交換物殺人鬼サスペンス。

The War with Grandpa ◆$171K ◆$18.2M ◆11
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』 National Lampoon's Christmas Vacation (1989) ◆$166K ◆$780K ◆4
→Jeremiah S. Chechik (as Jeremiah Chechik)監督、 Chevy Chase, Beverly D'Angelo, Juliette Lewis主演のクリスマス・コメディの再公開。

『グリンチ』 How the Grinch Stole Christmas (2000) ◆$130K ◆$390K ◆3
→Ron Howard監督、Jim Carrey, Taylor Momsen, Kelley主演のクリスマス・コメディの再公開
Reported by Box Office Mojo © 2020

私の好きなミュージックビデオ
YELLOW MAGIC ORCHESTRA 『RYDEEN』(HD Remaster・Short ver.)
たまに聞きたくなるナンバー。


私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村

2020.12.21

Hollywood Express番外 私の映画索引1963年◆2020.12.21(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

ハリウッドスタイルがくたびれてきた1960年代。
1950年代のハリウッドスタイル全盛時から色々な部分が色あせています。
そんな1960年代の作品の感想です。

1963年の作品から。
見ている作品数が少ない。それでも佳作傑作が多い。
やはりハリウッド作品は少ない。この年代のハリウッド映画は画調がTVと同じなのがマイナスポイントなんです。

女優さんは・・・
シルヴィー・ヴァルタン。ミレーヌ・ドモンジョ。叶順子。オードリー・ヘプバーン。コンスタンス・タワーズ。ティッピー・ヘドレン。スザンヌ・プレシェット。水野久美。渡辺美佐子。フランソワーズ・ドルレアック。

シルヴィー・ヴァルタンは女優ではなく歌手です。バルタン星人の元ネタでも有名で、両者共に息の長い活躍ぶりをみせてます。ご同慶の至り。

傑作。佳作。よい。普通。まあまあ。イマイチの6段階評価。
イマイチと思われる作品は最初から見ないので実質5段階。

『アイドルを探せ』(1963年)→ミシェル・ボワロン監督、シルヴィー・ヴァルタン、ジョニー・アリディ、ミレーヌ・ドモンジョ主演のお宝追っかけコメディ。佳作です。
『X線の眼を持つ男』(1963年)→ロジャー・コーマン監督、レイ・ミランド、ダイアナ・ヴァン・ダー・ヴリス、ジョン・ホイト主演の透視能力B級SFドラマ。出来は普通です。
『黒の報告書』(1963年)→増村保造監督、宇津井健、叶順子、高松英郎主演の法廷ハードボイルドメロドラマ。佳作です。
『シャレード』(1963年)→スタンリー・ドーネン監督、オードリー・ヘプバーン、ケイリー・グラント、ウォルター・マッソー主演の巻き込まれサスペンス。他にジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディ出演の豪華キャストの佳作です。
『ショック集団』(1963年)→サミュエル・フラー監督、ピーター・ブレック、コンスタンス・タワーズ、ジーン・エヴァンス主演の潜入取材ドラマ。佳作です。
『鳥』(1963年)→アルフレッド・ヒッチコック監督、ティッピー・ヘドレン、ロッド・テイラー、スザンヌ・プレシェット、ジェシカ・タンディ主演の動物パニックドラマ。傑作です。
『マタンゴ』(1963年)→本多猪四郎監督、久保明、土屋嘉男、小泉博、水野久美主演の東宝特撮変身人間シリーズの孤島でマタンゴの異色ドラマ。傑作です。
『野獣の青春』(1963年)→鈴木清順監督、宍戸錠、川地民夫、渡辺美佐子主演の麻薬サスペンスドラマ。信欣三と小林昭二の親分2人も素晴らしい。傑作です。
『リオの男』(1963年)→フィリップ・ド・ブロカ監督、ジャン=ポール・ベルモンド、フランソワーズ・ドルレアック、ジャン・セルヴェ主演の巻き込まれアクションコメディ。傑作です。

Top Box Office (US)
Weekend of December 11 - 13, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

The Croods: A New Age ◆$3.1M ◆$24.3M ◆3
→Joel Crawford監督、 Nicolas Cage, Emma Stone, Ryan ReynoldsVCの3D CGIアニメのアドベンチャー・コメディ。

Half Brothers ◆$495K ◆$1.4M ◆2
→Luke Greenfield監督、 Luis Gerardo Méndez, Connor Del Rio, José Zúñiga主演のコメディ。

『エルフ ~サンタの国からやってきた~』Elf (2003) ◆$400K ◆$1.5M ◆5
→ David Berenbaum監督、 Will Ferrell, James Caan, Bob Newhart主演のファンタジーコメディの再公開。

Freaky ◆$315K ◆$8.2M ◆5
→Christopher Landon監督、 Vince Vaughn, Kathryn Newton, Celeste O'Connor主演の体交換物殺人鬼サスペンス。

The War with Grandpa ◆$265K ◆$18.0M ◆10
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

『ポーラー・エクスプレス』 The Polar Express (2004)◆$245K ◆$400K ◆2
→Robert Zemeckis監督、Tom Hanks, Chris Coppola, Michael Jeter主演のアドベンチャーコメディの再公開。

『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』 National Lampoon's Christmas Vacation (1989) ◆$239K ◆$614K ◆3
→Jeremiah S. Chechik (as Jeremiah Chechik)監督、 Chevy Chase, Beverly D'Angelo, Juliette Lewis主演のクリスマス・コメディの再公開。

All My Life ◆$210K ◆$691K ◆2
→Marc Meyers監督、Jessica Rothe, Harry Shum Jr., Marielle Scott主演のラブロマンス。

『ワンダーウーマン』 Wonder Woman (2017) ◆$189K ◆$189K ◆1
→Patty Jenkins監督、 Gal Gadot, Chris Pine, Robin WrightのDCアメコミアクション大作の再公開。

Come Play ◆$176K ◆$9.2M ◆7
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。
Reported by Box Office Mojo © 2020

私の好きなミュージックビデオ
ベンチャーズ「十番街の殺人」を全部一人で弾いてみた

何故かお気に入りのギタープレイ。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村



2020.12.14

Hollywood Express番外 私の映画索引1962年◆2020.12.14(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

ハリウッドスタイルがくたびれてきた1960年代。
1950年代のハリウッドスタイル全盛時から色々な部分が色あせています。
そんな1960年代の作品の感想です。

1962年の作品から。
1962年の作品は傑作ばかり。日本映画が多くなってます。以前投稿した再録ですが追記はしてあります。
やはりハリウッド作品は少ない。

女優さんは・・・
左幸子。桜井浩子。若尾文子。キャンディス・ヒリゴス。京マチ子。叶順子。浜美枝。若林映子。ニコール・モーレイ。ジャネット・スコット。マリエット・ハートレイ。ドリス・デイ。オードリー・メドウズ。浅丘ルリ子。エレーヌ・シャトラン。

傑作。佳作。よい。普通。まあまあ。イマイチの6段階評価。
イマイチと思われる作品は最初から見ないので実質5段階。

『青べか物語』(1962年)→川島雄三監督、森繁久弥、乙羽信子、フランキー堺、左幸子主演の山本周五郎原作の浦安ならぬ浦粕、江戸川ならぬ根戸川が舞台の群像コメディ。佳作です。TVウルトラシリーズの桜井浩子が出ています。どこかで見たような顔だと思っててあとで桜井浩子だとわかってビックリ。TVシリーズ『ウルトラQ』(1965年)での役名の江戸川由利子の江戸川はこの作品から来てるのでしょう。
『雁の寺』(1962年)→川島雄三監督、若尾文子、木村功、高見国一主演のお寺で強烈愛憎サスペンスドラマ。傑作です。パートカラーも上手く使ってます。
『恐怖の足跡』(1962年)→ハーク・ハーヴェイ監督、キャンディス・ヒリゴス、シドニー・バーガー、フランセス・フェースト主演のカルトな低予算亡霊ホラー。傑作です。
『黒蜥蜴』(1962年)→井上梅次監督、京マチ子、大木実、川口浩、叶順子主演のミュージカル探偵ドラマ。傑作です。ミュージカルではないけどこの作品の雰囲気は土曜ワイド劇場の江戸川乱歩シリーズにつながってます。
『黒の試走車(テストカー)』(1962年)→増村保造監督、田宮二郎、叶順子、高松英郎主演の新車開発販売のスパイハードボイルドメロドラマ。傑作です。
『キングコング対ゴジラ』(1962年)→本多猪四郎監督、円谷英二特技監督、高島忠夫、藤木悠、有島一郎、佐原健二、浜美枝、若林映子の怪獣VS怪獣の見本みたいな作品。それとコメディ映画と怪獣映画が一体になってます。要するに本編も面白い。傑作です。
『しとやかな獣』(1962年)→川島雄三監督、若尾文子、川畑愛光、伊藤雄之助主演の悪人しか出てこない強烈な風刺ドラマ。傑作です。
『トリフィドの日~人類SOS!~』(1962年)→ジョン・ウィンダム原作、スティーヴ・セクリー、フレディ・フランシス監督、ハワード・キール、ニコール・モーレイ、キーロン・ムーア、ジャネット・スコット主演の謎の植物トリフィドのB級SF映画。出来は普通です。
『美女宇宙人の侵略』(1962年)→ブルーノ・ヴェソタ監督、ボブ・ボール、フランキー・レイ、グロリア・ヴィクター主演の侵略物B級SF映画。出来は普通です。
『昼下りの決斗』(1962年)→サム・ペキンパー監督、ランドルフ・スコット、ジョエル・マクリー、マリエット・ハートレイ主演の主演2人の引退を飾るウエスタン。佳作です。
『ミンクの手ざわり』(1962年)→デルバート・マン監督、ケイリー・グラント、ドリス・デイ、オードリー・メドウズ主演のロマンティック・コメディ。出来は普通です。
『危いことなら銭になる』(1962年)→中平康監督、宍戸錠、長門裕之、草薙幸二郎、浅丘ルリ子主演のに偽札アクションコメディ。傑作です。44マグナムの『ダーティハリー』(1971年)を先取りした357マグナムで頭も吹っ飛ぶのセリフがあります。
『ラ・ジュテ』(1962年)→クリス・マルケル監督、エレーヌ・シャトラン、ジャック・ルドー、ダフォ・アニシ主演の静止画像をモンタージュしたタイムトラベルSFドラマ。傑作です。

Top Box Office (US)
Weekend of December 4 - 6, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

The Croods: A New Age ◆$4.4M ◆$20.3M ◆2
→Joel Crawford監督、 Nicolas Cage, Emma Stone, Ryan ReynoldsVCの3D CGIアニメのアドベンチャー・コメディ。

Half Brothers ◆$700K ◆$700K ◆1
→Luke Greenfield監督、 Luis Gerardo Méndez, Connor Del Rio, José Zúñiga主演のコメディ。

Freaky ◆$475K ◆$7.8M ◆4
→Christopher Landon監督、 Vince Vaughn, Kathryn Newton, Celeste O'Connor主演の体交換物殺人鬼サスペンス。

All My Life ◆$370K ◆$370K ◆1
→Marc Meyers監督、Jessica Rothe, Harry Shum Jr., Marielle Scott主演のラブロマンス。

『エルフ ~サンタの国からやってきた~』Elf (2003) ◆$320K ◆$1.1M ◆4
→ David Berenbaum監督、 Will Ferrell, James Caan, Bob Newhart主演のファンタジーコメディの再公開。

The War with Grandpa ◆$316K ◆$17.6M ◆9
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

Come Play ◆$230K ◆$9.0M ◆6
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。

Let Him Go ◆$209K ◆$9.0M ◆5
→Thomas Bezucha監督、Diane Lane, Kevin Costner, Lesley Manville主演のサスペンスドラマ。

Honest Thief ◆$192K ◆$13.8M ◆9
→Mark Williams監督、Liam Neeson, Kate Walsh, Jai Courtney主演のアクション。

『ダイ・ハード』 Die Hard (1988) ◆$189K ◆$189K ◆1
John McTiernan監督、Bruce Willis, Alan Rickman, Bonnie Bedelia主演の巻き込まれアクションシリーズ第1作の再公開。単なる強盗をテロリストに設定する魔法を使った初の作品。これでハリウッドは悪役に不自由しなくなった。政治的背景があるのが本来のテロリストだそうです。
Reported by Box Office Mojo © 2020

私の好きなミュージックビデオ
David Guetta & Showtek - Bad ft.Vassy (Lyrics Video)

ゾンビ達のシンクロしたダンスが面白い。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村



2020.12.07

Hollywood Express番外 私の映画索引1961年◆2020.12.07(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

ハリウッドスタイルがくたびれてきた1960年代。
1950年代のハリウッドスタイル全盛時から色々な部分が色あせています。
そんな1960年代の作品の感想です。

1961年の作品から。
B級SF作品は少なめで日本映画が多く。ヨーロッパの問題作が目立ってます。
そんなわけでハリウッド作品が少ない。

女優さんは・・・
笹森礼子。ナタリー・ウッド。若尾文子。中村玉緒。南田洋子。メアリー・ウェブスター。星輝美。万里昌代。ルチーナ・ウィンニッカ。シルヴィア・ピナル。、香川京子。デボラ・カー。パメラ・ティフィン。

傑作。佳作。よい。普通。まあまあ。イマイチの6段階評価。
イマイチと思われる作品は最初から見ないので実質5段階。

『生きていた野良犬』(1961年)→舛田利雄監督、二谷英明、山内明、葉山良二、笹森礼子主演のヤクザ映画。出来は普通です。
『ウエスト・サイド物語』(1961年)→ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンズ監督、ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー、ジョージ・チャキリス主演のミュージカル。出来は普通です。
『S.F.第7惑星の謎』(1961年)→シドニー・ピンク監督、ジョン・エイガー、グレタ・ティッセン、アン・スミルナー主演の謎の惑星SFドラマ。佳作です。
『女は二度生まれる』(1961年)→川島雄三監督、若尾文子、藤巻潤、フランキー堺主演のメロドラマ。佳作です。
『好色一代男』(1961年)→増村保造監督、市川雷蔵、若尾文子、中村玉緒主演の時代劇コメディ。佳作です。
『散弾銃(ショットガン)の男』(1961年)→鈴木清順監督、二谷英明、南田洋子、小高雄二主演の麻薬アクション。出来はよいです。
『空飛ぶ戦闘艦』(1961年)→ウィリアム・H・ウィットニー監督、チャールズ・ブロンソン、ヴィンセント・プライス、ヘンリー・ハル、メアリー・ウェブスター主演の航空アクション。出来はよいです。
『地球最終戦争』(1961年)→アントニオ・マルゲリーティ監督、クロード・レインズ、ビル・カーター、マヤ・ブレント主演のSFドラマ。出来は普通です。
『地平線がぎらぎらっ』(1961年)→土居通芳監督、ジェリー藤尾、多々良純、 天知茂、星輝美、万里昌代主演の犯罪アクション。佳作です。
『突撃隊』(1961年)→ドン・シーゲル監督、スティーヴ・マックィーン、ボビー・ダーリン、フェス・パーカー、ジェームズ・コバーン、ハリー・ガーディノ、ニック・アダムス主演の戦争アクション。佳作です。
『ナイト・タイド』(1961年)→カーティス・ハリントン監督、デニス・ホッパー、リンダ・ローソン、ルアナ・アンダース主演の謎ドラマ。出来は普通です。
『謎の要人悠々逃亡!』(1961年)→ケン・アナキン監督、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、スタンリー・バクスター、レスリー・フィリップス主演の戦争捕虜収容所ドラマ。出来はよいです。
『尼僧ヨアンナ』(1961年)→イェジー・カヴァレロヴィチ監督、ルチーナ・ウィンニッカ、ミエチスワフ・ウォイト、アンナ・チェピェレフスカ主演の尼僧院悪魔憑きドラマ。佳作です。
『呪われた海の怪物』(1961年)→ロジャー・コーマン監督、アントニー・カーボーン、ベッツィー・ジョーンズ=モアランド、ロバート・タウン主演の海の怪物のB級SFドラマ。出来は普通です。
『ビリディアナ』(1961年)→ルイス・ブニュエル監督、シルヴィア・ピナル、フェルナンド・レイ、フランシスコ・ラバル主演の愛憎ドラマ。佳作です。
『幻の惑星』(1961年)→ウィリアム・マーシャル監督、ディーン・フレデリックス、コリーン・グレイ、アンソニー・デクスター主演の謎の惑星B級SFドラマ。出来は普通です。
『モスラ』(1961年)→本多猪四郎監督、フランキー堺、小泉博、香川京子、ジェリー伊藤主演の東宝特撮怪獣映画。佳作です。
『冷凍凶獣の惨殺』(1961年)→シドニー・ピンク、ポール・バング監督、カール・オットセン、アン・スミルナー、ミミ・ハインリッヒ主演のB級操演怪獣映画。出来は普通です。
『六年目の疑惑』(1961年)→マイケル・アンダーソン監督、ゲイリー・クーパー、デボラ・カー、エリック・ポートマン主演の疑惑サスペンス。出来は普通です。
『ワン・ツー・スリー』(1961年)→ビリー・ワイルダー監督、ジェームズ・キャグニー、ホルスト・ブッフホルツ、パメラ・ティフィン主演の東西の壁風刺コメディ。佳作です。

Top Box Office (US)
Weekend of November 27 - 29, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

The Croods: A New Age ◆$9.7M ◆$14.3M ◆1
→Joel Crawford監督、 Nicolas Cage, Emma Stone, Ryan ReynoldsVCの3D CGIアニメのアドベンチャー・コメディ。

Freaky ◆$800K ◆$7.0M ◆3
→Christopher Landon監督、 Vince Vaughn, Kathryn Newton, Celeste O'Connor主演の体交換物殺人鬼サスペンス。

The War with Grandpa ◆$585K ◆$17.2M ◆8
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

Let Him Go ◆$454K ◆$8.7M ◆4
→Thomas Bezucha監督、Diane Lane, Kevin Costner, Lesley Manville主演のサスペンスドラマ。

Come Play ◆$374K ◆$8.7M ◆5
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。

Honest Thief ◆$350K ◆$13.5M ◆8
→Mark Williams監督、Liam Neeson, Kate Walsh, Jai Courtney主演のアクション。

『エルフ ~サンタの国からやってきた~』Elf (2003) ◆$320K ◆$784K ◆3
→ David Berenbaum監督、 Will Ferrell, James Caan, Bob Newhart主演のファンタジーコメディの再公開。

Tenet ◆$300K ◆$57.4M ◆13
→クリストファー・ノーラン監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティソン主演のSFアクション。女優さんはエリザベス・デビッキ。

『サンタクローズ』 The Santa Clause (1994) ◆$170K ◆$706K ◆2
→John Pasquin監督、Tim Allen, Judge Reinhold, Wendy Crewson主演のクリスマス・ファミリーコメディの再公開。

『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』 National Lampoon's Christmas Vacation (1989) ◆$170K ◆$220K ◆1
→Jeremiah S. Chechik (as Jeremiah Chechik)監督、 Chevy Chase, Beverly D'Angelo, Juliette Lewis主演のクリスマス・コメディの再公開。
Reported by Box Office Mojo © 2020

私の好きなミュージックビデオ
『マッハGoGoGo (Mach Go!Go!Go! ) スピード・レーサー(SpeedRacer) Ver』

歌はオリジナルで映像はリメイク映画の組み合わせです。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村


2020.11.30

Hollywood Express番外 私の映画索引1960年◆2020.11.30(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

ハリウッドスタイルがくたびれてきた1960年代。
1950年代のハリウッドスタイル全盛時から色々な部分が色あせています。
そんな1960年代の作品の感想です。

最初は1960年の作品から。
もっと少ないと思ったらB級SF作品大会になってます。自分でもビックリ。

女優さんは日本映画の女優さんが多くなった。
八千草薫。若尾文子。ジャネット・リー。ヴェラ・マイルズ。団令子。草笛光子。新珠三千代。カトリーヌ・ドモンジョ。カルラ・マルリエ。モイラ・シアラー。アンナ・マッセイ。白川由美。ダナ・ウィンター。バーバラ・シェリー。

『宇宙のデッドライン』(1960年)→エドガー・G・ウルマー監督、ロバート・クラーク、ダーレン・トンプキンス、アリアンヌ・アーデン主演の時空ジャンプSFドラマ。出来は普通です。
『SOS地球を救え!』(1960年)→アンソニー・デイジーズ監督、アーチー・サヴェージ、ガブリエラ・ファリノン、リク・ヴァン・ヌッター主演のマカロニB級SF宇宙ドラマ。出来は普通です。
『怪獣ゴルゴ』(1960年)→ユージン・ローリー監督、ビル・トラヴァース、ウィリアム・シルヴェスター、ヴィンセント・ウィンター主演のB級怪獣映画。出来はよいです。怪獣はコマ撮りではなく着ぐるみです。
『怪談生娘吸血魔 アトミック・エイジ・ヴァンパイア』(1960年)→アントン・ジュリオ・マジャノ監督、アルベルト・ルーポ、スザンヌ・ロレット、セルジオ・ファントーニ主演のマカロニB級SFマッドサイエンティストドラマ。出来はよいです。
『ガス人間第1号』(1960年)→本多猪四郎監督、土屋嘉男、三橋達也、八千草薫主演の東宝特撮変身人間シリーズのSFドラマ。佳作です。
『からっ風野郎』(1960年)→増村保造監督、三島由紀夫、若尾文子、船越英二、根上淳主演のチンピラヤクザ映画。佳作です。
『驚異の透明人間』(1960年)→エドガー・G・ウルマー監督、マーガリート・チャップマン、ダグラス・ケネディ、ジェームズ・グリフィ主演のB級SF透明人間フィルム・ノワール。そんな感じで風変わりな感じで出来はよいです。
『蜘蛛男の恐怖』(1960年)→フリッツ・ベットガー監督、アレクサンダー・ダーシー、バルバラ・ヴァレンティン、ライナー・ブラント主演の孤島でクモ男のB級SFサスペンス。出来は普通です。
『サイコ』(1960年)→アルフレッド・ヒッチコック監督、アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ジョン・ギャヴィン、ヴェラ・マイルズ主演のモーテルでシャワーの連続殺人ホラーサスペンス。傑作です。
『最後の海底巨獣』(1960年)→アーヴィン・ショーテス・イヤワース・Jr.監督、ウォード・ラムゼイ、クリスティナ・ハンソン、グレッグ・マーテル主演の孤島で原人と恐竜のB級SFアクション。出来は普通です。
『接吻泥棒』(1960年)→川島雄三監督、宝田明、団令子、草笛光子、新珠三千代主演の日本映画では珍しいロマンティック・コメディ。佳作です。
『空飛ぶ生首』(1960年)→バート・I・ゴードン監督、リチャード・カールソン、スーザン・ゴードン、リュージェン・サンダース主演の怪談幽霊生首映画。出来はよいです。
『地下鉄のザジ』(1960年)→ルイ・マル監督、カトリーヌ・ドモンジョ、フィリップ・ノワレ、カルラ・マルリエ主演の地下鉄パリ観光ミュージカルドラマ。自由奔放な出来で傑作です。
『地球最後の女 アイ・アム・ウーマン・オブ・レジェンド』(1960年)→ロジャー・コーマン監督、ベッツィ・ジョーンズ・モアランド、アントニー・カーボーン、エドワード・ウェイン主演の近未来終末世界B級SFドラマ。出来は普通です。
『血を吸うカメラ』(1960年)→マイケル・パウエル監督、カール=ハインツ・ベーム、モイラ・シアラー、アンナ・マッセイ主演の覗きサスペンスドラマ。佳作です。
『電送人間』(1960年)→福田純監督、中丸忠雄、鶴田浩二、平田昭彦、白川由美主演の東宝特撮変身人間シリーズのSFサスペンス。中丸忠雄で佳作です。
『蜂女の恐怖』(1960年)→ロジャー・コーマン監督、スーザン・キャボット、アンソニー・アイズリー、バルボーラ・モリス主演の美容B級SFホラー。出来は普通です。
『ビスマルク号を撃沈せよ!』(1960年)→ルイス・ギルバート監督、ケネス・モア、ダナ・ウィンター、カール・メーナー主演の不沈戦艦ビスマルクを沈める戦争アクション映画。佳作です。
『未知空間の恐怖/光る眼』(1960年)→ウォルフ・リラ監督、ジョージ・サンダース、バーバラ・シェリー、マーティン・スティーヴンス主演の謎の新人類SFドラマ。傑作です。

Top Box Office (US)
Weekend of November 20 - 22, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

Freaky ◆$1.3M ◆$5.7M ◆2
→Christopher Landon監督、 Vince Vaughn, Kathryn Newton, Celeste O'Connor主演の体交換物殺人鬼サスペンス。

The War with Grandpa ◆$747K ◆$16.2M ◆7
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

Let Him Go ◆$724K ◆$7.9M ◆3
→Thomas Bezucha監督、Diane Lane, Kevin Costner, Lesley Manville主演のサスペンスドラマ。

Come Play ◆$563K ◆$8.1M ◆4
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。

『サンタクローズ』 The Santa Clause (1994) ◆$461K ◆$461K ◆1
→John Pasquin監督、Tim Allen, Judge Reinhold, Wendy Crewson主演のクリスマス・ファミリーコメディの再公開。

Honest Thief ◆$446K ◆$13.0M ◆7
→Mark Williams監督、Liam Neeson, Kate Walsh, Jai Courtney主演のアクション。

Vanguard ◆$380K ◆$380K ◆1
→Stanley Tong監督、 Jackie Chan, Yang Yang, Lun Ai主演のアクション。

Tenet ◆$360K ◆$56.9M ◆12
→クリストファー・ノーラン監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティソン主演のSFアクション。女優さんはエリザベス・デビッキ。

The Last Vermeer ◆$226K ◆$226K ◆1
→Dan Friedkin監督、 Guy Pearce, Claes Bang, Vicky Krieps主演の戦争ドラマ。

『劇場版 「Fate/stay night [Heaven's Feel]」III.spring song 』 Gekijouban Fate/Stay Night: Heaven's Feel - III. Spring Song ◆$200K ◆$200K ◆1
→須藤友徳監督、杉山紀彰、下屋則子、川澄綾子VCのファンタジー・アクション。
Reported by Box Office Mojo © 2020

私の好きなミュージックビデオ
Old Movie Stars Dance to Uptown Funk

どこかで聴いた歌と映画のダンスシーン。マルクス兄弟のダンスがいい。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>

映画フェイス - にほんブログ村

2020.11.23

Hollywood Express番外 私の映画索引1999年◆2020.11.23(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

イマイチ印象が薄い1990年代。お気楽な1980年代の延長で特徴がない。
そんな謎の1990年代作品の感想です。

1999年の作品。
色々な作品を何でもとにかく大量に見ています。
1990年代も最後です。やはり1990年代独自の特徴はあまり感じない。1980年代の延長といった感じ。
それでも1999年作品は傑作が多かったりする。

映画は女優さんで見ることが多い。たまたま見た映画に出てる場合も多い。
ニコール・キッドマン。サラ・ポーリー。ケイティ・ホームズ。アシュレイ・ジャッド。ジュリアン・ムーア。ジル・ヘネシー。グレッチェン・モル。キャサリン・ベル。ファムケ・ヤンセン。ハドソン・レイク。サフロン・バロウズ。ディナ・メイヤー。ローズ・マッゴーワン。レベッカ・ゲイハート。ジュディ・グリア。レイチェル・ワイズ。シェリル・リー。ライラ・ロビンズ。ジュリエット・ルイス。キャリー=アン・モス。ナターシャ・ヘンストリッジ。ブリジット・フォンダ。クリスティン・スコット・トーマス。、ポリー・ウォーカー。ヴァレリア・ゴリノ。

『アイアン・ジャイアント』(1999年)→ブラッド・バード監督、ジェニファー・アニストン、ハリー・コニック・Jr.、ヴィン・ディーゼルVCのロボットアニメ。佳作です。
『アイズ ワイド シャット』(1999年)→スタンリー・キューブリック監督、トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、シドニー・ポラック主演の妄想全開ドラマ。出来は普通です。
『イギリスから来た男』(1999年)→スティーヴン・ソダーバーグ監督、テレンス・スタンプ、ピーター・フォンダ、ルイス・ガスマン主演の巻き込まれサスペンス。佳作です。
『イグジステンズ』(1999年)→ヴィッド・クローネンバーグ監督、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジュード・ロウ、イアン・ホルム主演の幻想SFドラマ。佳作です。
『エルモと毛布の大冒険』(1999年)→ゲイリー・ハルヴォーソン監督、マンディ・パティンキン、ヴァネッサ・ウィリアムズ主演のマペット・ファミリードラマ。出来は普通です。
『喜劇王』(1999年)→チャウ・シンチー、リー・リクチー監督、チャウ・シンチー、セシリア・チャン、カレン・モク主演の映画内幕コメディ。出来は普通です。
『キンスキー、我が最愛の敵』(1999年)→ヴェルナー・ヘルツォーク監督、クラウス・キンスキー、ヴェルナー・ヘルツォーク出演の男2人の愛憎ドキュメンタリー。傑作です。
『グッバイ・ラバー』(1999年)→ローランド・ジョフィ監督、パトリシア・アークエット、ダーモット・マローニー、ドン・ジョンソン主演の風変わりな犯罪サスペンス。出来は普通です。
『go』(1999年)→ダグ・リーマン監督、サラ・ポーリー、ケイティ・ホームズ他主演の犯罪群像ドラマ。傑作です。
『氷の接吻』(1999年)→ステファン・エリオット監督、ユアン・マクレガー、アシュレイ・ジャッド主演のストーカーサスペンス。傑作です。
『ことの終わり』(1999年)→ニール・ジョーダン監督、レイフ・ファインズ、ジュリアン・ムーア、スティーヴン・レイ主演の愛憎ドラマ。佳作です。
『コモド』(1999年)→マイケル・ランティエリ監督、ジル・ヘネシー、ビリー・バーク、ケヴィン・ゼガーズ主演の動物パニック。出来はよいです。
『ゴンゾ宇宙に帰る』(1999年)→ティム・ヒル監督、ジェフリー・タンバー、デヴィッド・アークエット、アンディ・マクダウェル主演のマペット・ファミリーコメディ。出来は普通です。
『13F』(1999年)→ジョセフ・ラスナック監督、クレイグ・ビアーコ、グレッチェン・モル、ヴィンセント・ドノフリオ主演の仮想世界SFサスペンス。佳作です。
『ザ・バブーン』(1999年)→ネルソン・マコーミック監督、ロン・パールマン、ロクサーナ・ザル、マーク・キーリー主演のB級動物SFアクション。出来はよいです。低予算でも出来はよくなるとわかった作品です。
『シックス・センス』(1999年)→M・ナイト・シャマラン監督、ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、トニ・コレット主演のどんでん返しドラマ。出来はよいです。
『人狼 JIN-ROH』(1999年)→沖浦啓之監督、藤木義勝、武藤寿美、木下浩之VCの架空の戦後が舞台のSFアクション。佳作です。
『スリー・トゥ・タンゴ』(1999年)→デイモン・サントステファーノ監督、マシュー・ペリー、ネーヴ・キャンベル、ディラン・マクダーモット主演のロマンティック・コメディ。出来は普通です。
『ゼロ・トレランス』(1999年)→アンデルス・ニルション監督、ヤコブ・エクルンド、ペーター・アンデション、マリー・リチャードソン主演の巻き込まれアクション。出来はよいです。
『タイムシーカー』(1999年)→マリオ・アゾパルディ監督、キャスパー・ヴァン・ディーン、マーティン・シーン、キャサリン・ベル主演のタイムトラベルアクション。出来はよいです。
『TATARI タタリ』(1999年)→ウィリアム・マローン監督、ジェフリー・ラッシュ、ファムケ・ヤンセン、テイ・ディグス主演のリメイク屋敷ホラー。出来はまあまあ。
『ダブル・ジョパディー』(1999年)→ブルース・ベレスフォード監督、アシュレイ・ジャッド、トミー・リー・ジョーンズ、ブルース・グリーンウッド主演の巻き込まれサスペンス。出来は普通です。
『チルファクター』(1999年)→ヒュー・ジョンソン監督、キューバ・グッディング・Jr.、スキート・ウールリッチ、ピーター・ファース、ハドソン・レイク主演の爆弾サスペンス。出来は普通です。
『ディープ・ブルー』(1999年)→レニー・ハーリン監督、トーマス・ジェーン、サフロン・バロウズ、サミュエル・L・ジャクソン主演のサメ映画。出来はよいです。
『トゥルー・クライム』(1999年)→クリント・イーストウッド監督、クリント・イーストウッド、イザイア・ワシントン、ジェームズ・ウッズ主演の冤罪ドラマ。出来はよいです。
『BATS 蝙蝠地獄』(1999年)→ルイス・モーノウ監督、ルー・ダイアモンド・フィリップス、ディナ・メイヤー、ボブ・ガントン主演の動物パニック。出来は普通です。
『ハード・キャンディ』(1999年)→ダーレン・スタイン監督、ローズ・マッゴーワン、ジュリー・ベンツ、レベッカ・ゲイハート、ジュディ・グリア主演の学園カースト・ブラックコメディ。佳作です。
『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』(1999年)→スティーヴン・ソマーズ監督、ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、アーノルド・ヴォスルー主演のリメイク・ミイラアクション。出来はよいです。この最初の作品が1番よかった。
『犯行予告』(1999年)→デヴィッド・L・コーレイ監督、ジェームズ・ベルーシ、シェリル・リー、カイル・チャンドラー主演の殺し屋アクション。佳作です。
『人質』(1999年)→リチャード・シェパード監督、エイドリアン・ブロディ、モーラ・ティアニー、ライラ・ロビンズ主演の誘拐サスペンス。佳作です。
『4thフロアー』(1999年)→ジョシュ・クラウスナー監督、ジュリエット・ルイス、ウィリアム・ハート、シェリー・デュヴァル主演の謎の4階サスペンス。出来は普通です。
『ブラッドシンプル/ザ・スリラー』(1984年/1999年)→ジョエル・コーエン監督、ジョン・ゲッツ、フランシス・マクドーマンド、ダン・ヘダヤ主演の勘違いブラックコメディサスペンス。傑作です。
『ブルー・ストリーク』(1999年)→レス・メイフィールド監督、マーティン・ローレンス、ウィリアム・フォーサイス、ルーク・ウィルソンの偽刑事アクションコメディ。出来は普通です。オクタヴィア・スペンサーが出てます。
『プロポーズ』(1999年)→ゲイリー・シニョール監督、クリス・オドネル、レニー・ゼルウィガー、ハル・ホルブルック主演のリメイク結婚コメディ。出来は普通です。
『ボーン・コレクター』(1999年)→フィリップ・ノイス監督、デンゼル・ワシントン、アンジェリーナ・ジョリー、クイーン・ラティファ主演の寝たきりサスペンス。出来は普通です。
『マトリックス』(1999年)→アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー監督、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス主演の別世界SFアクション。出来はよいです。
『目撃者』(1999年)→グレーム・クリフォード監督、ナターシャ・ヘンストリッジ、ジョナサン・シェック、ローレン・ハットン主演の目撃サスペンス。出来はよいです。
『U.M.A レイク・プラシッド』(1999年)→スティーヴ・マイナー監督、ブリジット・フォンダ、ビル・プルマン、オリヴァー・プラット主演の巨大ワニ動物パニック。出来は普通です。
『ラビナス』(1999年)→アントニア・バード監督、ガイ・ピアース、ロバート・カーライル、デヴィッド・アークエット主演の人肉ホラードラマ。隠れた佳作です。
『ランダム・ハーツ』(1999年)→シドニー・ポラック監督、ハリソン・フォード、クリスティン・スコット・トーマス主演のメロドラマ。出来は普通です。
『霊視』(1999年)→ポール・マーカス監督、キーファー・サザーランド、ポリー・ウォーカー、ヘンリー・ツェーニー主演のサイコメトリー・サスペンス。出来は普通です。
『レイジングプラン』(1999年)→オズ・スコット監督、ヴィンセント・ドノフリオ、ヴァレリア・ゴリノ、マシュー・リラード主演の騙し合いサスペンス。出来は普通です。

Top Box Office (US)
Weekend of November 13 - 15, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

Freaky ◆$3.6M ◆$3.6M ◆1
→Christopher Landon監督、 Vince Vaughn, Kathryn Newton, Celeste O'Connor主演の体交換物殺人鬼サスペンス。

Let Him Go ◆$1.7M ◆$6.8M ◆2
→Thomas Bezucha監督、Diane Lane, Kevin Costner, Lesley Manville主演のサスペンスドラマ。

The War with Grandpa ◆$1.3M ◆$15.2M ◆6
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

Come Play ◆$1.1M ◆$7.3M ◆3
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。

Honest Thief ◆$780K ◆$12.4M ◆6
→Mark Williams監督、Liam Neeson, Kate Walsh, Jai Courtney主演のアクション。

Tenet ◆$735K ◆$56.3M ◆11
→クリストファー・ノーラン監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティソン主演のSFアクション。女優さんはエリザベス・デビッキ。

Guardians of the Galaxy ◆$406K ◆$406K ◆1
→James Gunn監督、 Chris Pratt, Vin Diesel, Bradley Cooper 主演やVCのアメコミアクションの再公開。

True to the Game 2 ◆$288K ◆$611K ◆2
→Jamal Hill監督、Vivica A. Fox, Andra Fuller, Rotimi主演のサスペンス。

『トイ・ストーリー』 Toy Story (1995) ◆$222K ◆$727K ◆2
→John Lasseter監督、 Tom Hanks, Tim Allen, Don Rickles VCのファミリーコメディアクションの再公開。

『エルフ ~サンタの国からやってきた~』Elf (2003) ◆$170K ◆$174K ◆1
→ David Berenbaum監督、 Will Ferrell, James Caan, Bob Newhart主演のファンタジーコメディの再公開。
Reported by Box Office Mojo © 2020

私の好きなミュージックビデオ

フットルースで映画のダンスシーンです。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村


2020.11.16

Hollywood Express番外 私の映画索引1998年◆2020.11.16(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

イマイチ印象が薄い1990年代。お気楽な1980年代の延長で特徴がない。
そんな謎の1990年代作品の感想です。

1998年の作品。
色々な作品を何でもとにかく大量に見ています。
何だか女優さんで見ていたような感じ。レイチェル・ワイズ。ブリジット・フォンダ。キャメロン・ディアス。リース・ウィザースプーン。ファムケ・ヤンセン。ジェニファー・コネリー。ジョーダナ・ブリュースター。ジーナ・ガーション。カーラ・グギーノ。マデリーン・ストー。セルマ・ブレア。アメリア・ハインル。ジョージナ・ケイツ。ミラ・ソルヴィノ。アリシア・ウィット。レベッカ・ゲイハート。ケイティ・ホームズ。

傑作。佳作。よい。普通。まあまあ。イマイチの6段階評価。
イマイチと思われる作品は最初から見ないので実質5段階。

『アイ ウォント ユー』(1998年)→マイケル・ウィンターボトム監督、アレッサンドロ・ニヴォラ、レイチェル・ワイズ、ルカ・ペトルシック主演のメロドラマ。出来はよいです。
『アウト・オブ・サイト』(1998年)→スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー、ジェニファー・ロペス、ヴィング・レイムス主演の泥棒サスペンス。佳作です。
『イン・ドリームス 殺意の森』(1998年)→ニール・ジョーダン監督、アネット・ベニング、エイダン・クイン、ロバート・ダウニー・Jr.主演の謎サスペンス。出来はよいです。
『ヴァンパイア 最期の聖戦』(1998年)→ジョン・カーペンター監督、ジェームズ・ウッズ、ダニエル・ボールドウィン、シェリル・リー主演の吸血鬼アクション。出来はよいです。
『カラー・オブ・ハート』(1998年)→ゲイリー・ロス監督、トビー・マグワイア、リース・ウィザースプーン、ジョーン・アレン主演の別世界ドラマ。出来はよいです。
『グレイスランド』(1998年)→デヴィッド・ウィンクラー監督、ジョナサン・シェック、ハーヴェイ・カイテル、ブリジット・フォンダ主演のプレスリードラマ。出来はよいです。
『恋のから騒ぎ』(1998年)→ジェイソン・ブルーム監督、ポール・ラッド、リース・ウィザースプーン、クリスティーン・テイラー主演のロードムービー・ロマンティックコメディ。隠れた傑作です。
『GODZILLA ゴジラ』(1998年)→ローランド・エメリッヒ監督、マシュー・ブロデリック、ジャン・レノ、ハンク・アザリア主演のやたらと速く走るゴジラの怪獣映画。出来は普通です。
『ザ・グリード』(1998年)→スティーヴン・ソマーズ監督、トリート・ウィリアムズ、ファムケ・ヤンセン、ケヴィン・J・オコナー主演の海が舞台の怪獣映画。傑作です。
『サブウェイ・パニック1:23PM』(1998年)→フェリックス・エンリケス・アルカラ監督、ヴィンセント・ドノフリオ、エドワード・ジェームズ・オルモス、ロレイン・ブラッコ主演のリメイク地下鉄サスペンス。佳作です。
『6デイズ7ナイツ』(1998年)→アイヴァン・ライトマン監督、ハリソン・フォード、アン・ヘッシュ、デヴィッド・シュワイマー主演の南海の孤島ロマンティック・コメディ。出来はよいです。
『シンプル・プラン』(1998年)→サム・ライミ監督、ビル・パクストン、ブリジット・フォンダ、ビリー・ボブ・ソーントン主演のネコババ・サスペンス。出来はよいです。
『スティル・クレイジー』(1998年)→ブライアン・ギブソン監督、スティーヴン・レイ、ジミー・ネイル、ティモシー・スポール主演のロックバンド・コメディ。出来はよいです。
『スネーク・アイズ』(1998年)→ブライアン・デ・パルマ監督、ニコラス・ケイジ、ゲイリー・シニーズ、ジョン・ハード、カーラ・グギーノ主演のドーム会場サスペンス。出来はよいです。
『絶対×絶命』(1998年)→バーベット・シュローダー監督、マイケル・キートン、アンディ・ガルシア、マーシャ・ゲイ・ハーデン主演の難病アクション。出来は普通です。
『洗脳』(1998年)→デヴィッド・ナッター監督、ケイティ・ホームズ、ジェームズ・マースデン、ニック・スタール主演の洗脳サスペンス。出来は普通です。
『ダイヤルM』(1998年)→アンドリュー・デイヴィス監督、マイケル・ダグラス、グウィネス・パルトロー、ヴィゴ・モーテンセン主演のリメイク・サスペンス。出来はイマイチ。キャストは豪華だけどリメイクではやってはいけないことを連発してこまったものです。
『ダークシティ』(1998年)→アレックス・プロヤス監督、ルーファス・シーウェル、キーファー・サザーランド、ジェニファー・コネリー主演の謎の空間SFサスペンス。どこかで見たような感じですが出来はよいです。
『ナイトウォッチ』(1998年)→オーレ・ボールネダル監督、ユアン・マクレガー、ニック・ノルティ、ジョシュ・ブローリン、パトリシア・アークエット主演の死体安置所サスペンス。出来はよいです。
『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』(1998年)→今敏監督、岩男潤子、松本梨香、辻親八VCのサイコサスペンス。傑作です。
『パラサイト』(1998年)→ロバート・ロドリゲス監督、イライジャ・ウッド、ジョシュ・ハートネット、ジョーダナ・ブリュースター主演のボディスナッチャー・サスペンス。傑作です。
『パルメット』(1998年)→フォルカー・シュレンドルフ監督、ウディ・ハレルソン、エリザベス・シュー、ジーナ・ガーション主演のフィルム・ノワール風の泥沼サスペンス。佳作です。
『ビッグ・ヒット』(1998年)→カーク・ウォン監督、マーク・ウォールバーグ、ルー・ダイアモンド・フィリップス、チャイナ・チャウ主演の殺し屋アクションコメディ。佳作です。
『ビッグ・リボウスキ』(1998年)→ジョエル・コーエン監督、ジェフ・ブリッジス、ジョン・グッドマン、ジュリアン・ムーア主演の巻き込まれコメディ。傑作です。
『ブラウンズ・レクイエム』(1998年)→ジェイソン・フリーランド監督、マイケル・ルーカー、ウィリアム・サッソー、セルマ・ブレア主演の探偵サスペンス。出来はよいです。
『ブラック&ホワイト』(1998年)→ユーリー・ゼルツァー監督、ジーナ・ガーション、ロリー・コクレイン、ロン・シルヴァー主演の連続殺人サスペンス。出来は普通です。
『ブラック・ラン』(1998年)→D・J・カルーソー監督、パトリック・マルドゥーン、ピーター・グリーン、ジェイク・ビューシイ、アメリア・ハインル主演の巻き込まれカーアクション。出来は普通です。
『ブレード・スクワッド』(1998年)→ラルフ・ヘメッカー監督、カーク・バルツ、ムションド・リー、ロリ・ヒューリング主演のB級アクション。出来は普通です。
『ペーパーバック・ヒーロー』(1998年)→アンソニー・J・ボウマン監督、ヒュー・ジャックマン、クラウディア・カルヴァン主演のロマンティック・コメディ。出来は普通です。ヒュー・ジャックマンのデビュー作らしい。
『ベリー・バッド・ウェディング』(1998年)→ピーター・バーグ監督、キャメロン・ディアス、クリスチャン・スレイター、ジョン・ファヴロー主演のバチュラーパーティ泥沼サスペンス。佳作です。
『ボストン 愛の炎』(1998年)→レスリー・リンカ・グラッター監督、ケネス・ブラナー、マデリーン・ストー、ロバート・ロジア主演のメロドラマ。出来はよいです。
『ポーリー』(1998年)→ジョン・ロバーツ監督、ハリー・ケイト・アイゼンバーグ、ジーナ・ローランズ、チーチ・マリン主演の喋るオウムのファンタジードラマ。出来はよいです。
『マーシャル・ロー』(1998年)→エドワード・ズウィック監督、デンゼル・ワシントン、アネット・ベニング、ブルース・ウィリス主演の戒厳令アクション。佳作です。
『ムーンライト・ドライブ』(1998年)→デヴィッド・ドブキン監督、ホアキン・フェニックス、ヴィンス・ヴォーン、ジョージナ・ケイツ主演の疑惑サスペンス。出来はよいです。
『メリーに首ったけ』(1998年)→ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー監督、キャメロン・ディアス、マット・ディロン、ベン・スティラー主演の少し変わったロマンティック・コメディ。佳作です。
『ラスベガスをやっつけろ』(1998年)→テリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ、ベニチオ・デル・トロ、ビー・マグワイア、キャメロン・ディアス、クリスティナ・リッチ主演のラリラリなドラマ。佳作です。
『ラブレター 時を越えた恋人』(1998年)→ダン・カーティス監督、キャンベル・スコット、ジェニファー・ジェイソン・リー主演のタイムトラベル・ラブロマンス。出来はよいです。
『リプレイスメント・キラー』(1998年)→アントワーン・フークア監督、チョウ・ユンファ、ミラ・ソルヴィノ、マイケル・ルーカー主演の殺し屋アクション。出来はよいです。
『ルール』(1998年)→ジェイミー・ブランクス監督、ジャレッド・レトー、アリシア・ウィット、レベッカ・ゲイハート主演の都市伝説ホラー。出来は普通です。
『RONIN』(1998年)→ジョン・フランケンハイマー監督、ロバート・デ・ニーロ、ジャン・レノ、ナターシャ・マケルホーン主演の謎のアイテムアクション。カーアクションが素晴らしい。佳作です。
『ワンダーランド駅で』(1998年)→ブラッド・アンダーソン監督、ホープ・デイヴィス、アラン・ゲルファント、ホセ・ズニーガ主演のすれ違いラブロマンス。佳作です。

Top Box Office (US)
Weekend of November 6 - 8, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks
Let Him Go ◆$4.0M ◆$4.0M ◆1
→Thomas Bezucha監督、Diane Lane, Kevin Costner, Lesley Manville主演のサスペンスドラマ。

Come Play ◆$1.8M ◆$5.7M ◆2
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。

The War with Grandpa ◆$1.5M ◆$13.4M ◆5
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

Honest Thief ◆$1.1M ◆$11.2M ◆5
→Mark Williams監督、Liam Neeson, Kate Walsh, Jai Courtney主演のアクション。

Tenet ◆$905K ◆$55.1M ◆10
→クリストファー・ノーラン監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティソン主演のSFアクション。女優さんはエリザベス・デビッキ。

『トイ・ストーリー』 Toy Story (1995) ◆$505K ◆$505K ◆1
→John Lasseter監督、 Tom Hanks, Tim Allen, Don Rickles VCのファミリーコメディアクションの再公開。

The Empty Man ◆$294K ◆$2.7M ◆3
→David Prior監督、 James Badge Dale, Stephen Root, Joel Courtney主演のホラー。

Spell ◆$135K ◆$391K ◆2
→ Mark Tonderai監督、Omari Hardwick, Loretta Devine, Lorraine Burroughs主演のホラー。

The Informer (2019) ◆$133K ◆$133K ◆1
→Andrea Di Stefano監督、Joel Kinnaman, Rosamund Pike, Common主演のサスペンスドラマ。

The New Mutants ◆$128K ◆$23.6M ◆11
→Josh Boone監督、 Maisie Williams, Anya Taylor-Joy, Charlie Heaton主演のSFホラー。
Reported by Box Office Mojo © 2020


私の好きなミュージックビデオ

この安くて悪趣味な感じがいい。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村


2020.11.09

Hollywood Express番外 私の映画索引1997年◆2020.11.09(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

イマイチ印象が薄い1990年代。お気楽な1980年代の延長で特徴がない。
そんな謎の1990年代作品の感想です。

1997年の作品。
色々な作品を何でもとにかく大量に見ています。
その割には傑作は少ない。こまったものです

傑作。佳作。よい。普通。まあまあ。イマイチの6段階評価。
イマイチと思われる作品は最初から見ないので実質5段階。

『アグリ』(1997年)→スコット・レイノルズ監督、パオロ・ロトンド、レベッカ・ホッブス、ジェニファー・ウォード=リーラン主演の疑惑サスペンス。後味が悪いので出来はまあまあ。
『アナコンダ』(1997年)→ルイス・ロッサ監督、ジェニファー・ロペス、アイス・キューブ、ジョン・ヴォイト主演のヘビパニックホラー。豪華キャストに助けられて佳作です。
『アベレーション』(1997年)→ティム・ボクセル監督、パメラ・ギドリー、サイモン・ボッセル、ヴァレリー・ニコライエフ主演のB級動物ホラー。佳作です。
『アリッサ・ミラノの堕落の園』(1997年)→カート・ヴォス監督、アリッサ・ミラノ、ジャスティン・セロー、アイス・T主演の強盗サスペンス。出来は普通です。
『アルテミシア』(1997年)→アニエス・メルレ監督、ヴァレンティナ・チェルヴィ、ミシェル・セロー、ミキ・マノイロヴィッチ主演のコスチュームプレイ自立ドラマ。出来はよいです。
『生埋』(1997年)→ティム・マシスン監督、ティム・マシスン、アリー・シーディ、スティーヴン・キャフリー主演の生き埋めサスペンス。出来は普通です。
『イベント・ホライゾン』(1997年)→ポール・アンダーソン監督、ローレンス・フィッシュバーン、サム・ニール、キャスリーン・クインラン主演のSF宇宙ホラー。出来はよいです。
『陰謀のシナリオ』(1997年)→ビレ・アウグスト監督、ジュリア・オーモンド、ガブリエル・バーン、リチャード・ハリス主演のイヌイット・サスペンス。佳作です。
『ヴァネッサ・パラディの奥サマは魔女』(1997年)→ルネ・マンゾール監督、ヴァネッサ・パラディ、ジャン・レノ、ギル・ベローズ主演の魔女コメディ。出来は普通です。
『ウープ・ウープ』(1997年)→ステファン・エリオット監督、ジョナサン・シェック、スージー・ポーター、ロッド・テイラー主演のカンガルー・コメディ。出来はよいです。
『熟れた果実』(1997年)→ドン・ルース監督、クリスティナ・リッチ、リサ・クドロー、マーティン・ドノヴァン主演の悪女コメディ。出来はよいです。『アンタは自己破壊的なお人よしなのよ』は名セリフです。
『エイリアン4』(1997年)→ジャン=ピエール・ジュネ監督、シガーニー・ウィーヴァー、ウィノナ・ライダー、ロン・パールマン主演の『エイリアン』シリーズ第4作のSFアクション。出来はよいです。
『オフィスキラー』(1997年)→シンディ・シャーマン監督、キャロル・ケイン、モリー・リングウォルド、ジーン・トリプルホーン主演のオフィス・サスペンス。出来は普通です。
『オープン・ユア・アイズ』(1997年)→アレハンドロ・アメナーバル監督、エドゥアルド・ノリエガ、ペネロペ・クルス、ナイワ・ニムリ主演の謎サスペンス。傑作です。
『記憶移植』(1997年)→ロバート・イズコブ監督、ニコレット・シェリダン、ステーシー・キーチ、ピーター・コヨーテ主演の記憶移植サスペンス。出来は普通です。
『CUBE』(1997年)→ヴィンチェンゾ・ナタリ監督、モーリス・ディーン・ウィン、ニコール・デ・ボア、デヴィッド・ヒューレット主演の謎の密室サスペンス。佳作です。
『銀幕のヒーロー ジョン・ウェイン』(1997年)→ケリー・ジェンセン監督のジョン・ウェインのドキュメンタリー。出来は普通です。
『Grey Zone(謎の青いコート)』(1997年)→フランコ・ベルニーニ監督、フランチェスカ・ネリ、クラウディオ・アメンドラ、エンツォ・デ・カーロ主演のサスペンス。出来は普通です。
『クロスゲージ』(1997年)→デヴィッド・グレン・ホーガン監督、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ、ジョン・ヴォイト、ジル・ヘネシー主演の巻き込まれアクション。出来は普通です。
『ゴッド・アーミー 復讐の天使』(1997年)→グレッグ・スペンス監督、クリストファー・ウォーケン、ジェニファー・ビールス、ラッセル・ウォン主演の『ゴッド・アーミー』シリーズ続編の天使サスペンスアクション。傑作です。
『コマンドメンツ』(1997年)→ダニエル・タプリッツ監督、エイダン・クイン、コートニー・コックス、アンソニー・ラパリア主演の風変わりなロマンティック・コメディ。佳作です。
『コレクター』(1997年)→ゲイリー・フレダー監督、モーガン・フリーマン、アシュレイ・ジャッド、ケイリー・エルウィズ主演のサイコ・サスペンス。出来は普通です。
『ザ・リッパー』(1997年)→ジャネット・メイヤーズ監督、パトリック・バーギン、ガブリエル・アンウォー、サミュエル・ウェスト主演の連続殺人サスペンス。出来は普通です。
『知らなすぎた男』(1997年)→ジョン・アミエル監督、ビル・マーレイ、ピーター・ギャラガー、ジョアンヌ・ウォーリー主演の勘違いコメディ。出来はよいです。
『白い刻印』(1997年)→ポール・シュレイダー監督、ニック・ノルティ、ジェームズ・コバーン、ウィレム・デフォー主演の愛憎シリアスドラマ。出来はよいです。
『スイッチバック』(1997年)→ジェブ・スチュアート監督、デニス・クエイド、ダニー・グローヴァー、ジャレッド・レトー主演の巻き込まれサスペンス。出来はよいです。
『セイント』(1997年)→フィリップ・ノイス監督、ヴァル・キルマー、エリザベス・シュー、レイド・セルベッジア主演のヴァル・キルマーが独りよがりのアクション。出来はイマイチです。
『セーフ・ハウス』(1997年)→エリック・スティーヴン・スタール監督、パトリック・スチュワート、キンバリー・ウィリアムズ、ヘクター・エリゾンド主演の謎の妄想サスペンス。佳作です。
『ダウンタイム』(1997年)→バハラット・ナルルーリ監督、ポール・マッギャン、スーザン・リンチ、トム・ジョージソン主演のエレベーター・サスペンス。佳作です。
『ドリフトウッド 硝子の檻』(1997年)→ロナン・オリアリー監督、ジェームズ・スペイダー、アンヌ・ブロシェ、バリー・マクガヴァーン主演の愛憎サスペンス。出来はよいです。
『π(パイ)』(1997年)→ダーレン・アロノフスキー監督、ショーン・ガレット、マーク・マーゴリス、スティーヴン・パールマン主演の謎の数学サスペンス。出来はまあまあ。
『ハウス・オブ・フランケンシュタイン』(1997年)→ピーター・ワーナー監督、エイドリアン・パスダー、グレッグ・ワイズ、テリー・ポロ主演のフランケンシュタインドラマ。出来は普通です。
『パッツィ・クラインに囚われて』(1997年)→クリス・ケネディ監督、マット・デイ、リチャード・ロクスボロウ、ミランダ・オットー主演のカントリーシンガードラマ。出来は普通です。
『バッドデイズ』(1997年)→ジョン・アーヴィン監督、ハーヴェイ・カイテル、スティーヴン・ドーフ、ティモシー・ハットン、ファムケ・ヤンセン主演の賭博サスペンス。出来はよいです。
『ハートレス 記憶移植』(1997年)→ジュディス・ヴォゲルサング監督、メッチェン・エイミック、ルイーズ・フレッチャー、デヴィッド・パッカー主演の記憶サスペンス。出来は普通です。
『バフィー〜恋する十字架』パイロット版(1997年)→チャールズ・マーティン・スミス監督、サラ・ミシェル・ゲラー、ニコラス・ブレンドン、アリソン・ハニガン主演のTVシリーズのパイロット版吸血鬼アクション。出来は普通です。
『ピースメーカー』(1997年)→ミミ・レダー監督、ジョージ・クルーニー、ニコール・キッドマン、マーセル・ユーレス主演の核爆弾アクション。出来はよいです。
『ファイナル・コンタクト』(1997年)→ティモシー・ボンド監督、エリック・ロバーツ、シェリリン・フェン、ディーン・ストックウェル主演の宇宙人接近遭遇サスペンス。出来は普通です。
『ファングルフ〜月と心臓〜』(1997年)→アンソニー・ウォラー監督、ジュリー・デルピー、トム・エヴェレット・スコット、ヴィンス・ヴィーラフ主演の狼男ホラー。出来はよいです。
『フェイク・ディール 偽札』(1997年)→ジャック・N・グリーン監督、ビル・パクストン、ジュリアナ・マルグリーズ、マーク・ウォールバーグ主演の偽札サスペンス。出来はよいです。
『普通じゃない』(1997年)→ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガー、キャメロン・ディアス、ホリー・ハンター主演の風変わりなロマンティック・コメディ。出来はよいです。
『ブッチャー・ボーイ』(1997年)→ニール・ジョーダン監督、イーモン・オーウェンズ、スティーヴン・レイ、フィオナ・ショウ主演のアイロニーが効いたドラマ。傑作です。
『フラットワールド』(1997年)→ニエル・グリーブス監督の2次元世界が舞台の短編アニメーション。出来はよいです。
『ベスト・フレンズ・ウェディング』(1997年)→P・J・ホーガン監督、ジュリア・ロバーツ、ダーモット・マローニー、キャメロン・ディア主演のロマンティック・コメディ。佳作です。
『ポイント・ブランク』(1997年)→ジョージ・アーミテイジ監督、ジョン・キューザック、ミニー・ドライヴァー、ダン・エイクロイド主演の殺し屋サスペンス。出来はよいです。
『ホット・ネイビー カリブ海イケイケ大作戦』(1997年)→ブライアン・スパイサー監督、トム・アーノルド、ディーン・ストックウェル、ティム・カリー主演のカリブ海コメディ。出来はまあまあ。
『ホムンクルス 新種誕生』(1997年)→チャールズ・バンド監督、ロンダ・グリフィン、メル・ジョンソン・Jr.、ジャクリーン・ラヴェル主演のB級ホラー。フィルム・ノワール風になってるので出来はよいです。
『ホワイトハウスの陰謀』(1997年)→ドワイト・リトル監督、ウェズリー・スナイプス、ダイアン・レイン、ダニエル・ベンザリ主演の巻き込まれアクション。出来はよいです。
『真夜中のサバナ』(1997年)→クリント・イーストウッド監督、ジョン・キューザック、ケヴィン・スペイシー、ジャック・トンプソン主演の風変わりなドラマ。出来はよいです。
『Mr.ダマー 2 1/2』(1997年)→ジョナサン・リン監督、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・リチャーズ、シャーリーズ・セロン主演の『Mr.ダマー』シリーズとは関係ないコメディ。出来は普通です。
『ミミック』(1997年)→ギレルモ・デル・トロ監督、ミラ・ソルヴィノ、ジェレミー・ノーサム、レクサンダー・グッドウィン主演のSFホラー。出来はよいです。
『目撃』(1997年)→クリント・イーストウッド監督主演、ジーン・ハックマン、エド・ハリス、ローラ・リニー主演の目撃サスペンス。出来はよいです。
『モータルコンバット2』(1997年)→ジョン・R・レオネッティ監督、ロビン・ショウ、タリサ・ソト、ジェームズ・レマー主演のゲームアクション。出来はまあまあ。
『ライアー』(1997年)→ジョナス・ペイト監督、ティム・ロス、クリス・ペン、マイケル・ルーカー主演の疑惑サスペンス。出来はよいです。
『乱気流 タービュランス』(1997年)→ロバート・バトラー監督、ローレン・ホリー、レイ・リオッタ、ベン・クロス主演の航空アクション。出来はまあまあ。
『リバース』(1997年)→ルイス・モーノウ 監督、ジェームズ・ベルーシ、カイリー・トラヴィス、シャノン・ウィリー、フランク・ホエーリー主演のタイムスリップアクション。佳作です。
『ルイス&クラーク&ジョージ』(1997年)→ロッド・マッコール監督、ローズ・マッゴーワン、サルヴァトール・ゼレブ、ダン・ガンサー主演のロードムービー・サスペンス。出来は普通です。
『レッドラム 狂気の挑戦状』(1997年)→ダミアン・リー監督、クリス・ペン、マイケル・マドセン、ジェニファー・デイル主演の連続殺人サスペンス。出来は普通です。
『レリック』(1997年)→ピーター・ハイアムズ監督、ペネロープ・アン・ミラー、トム・サイズモア、リンダ・ハント主演のSFアクション。佳作です。


Top Box Office (US)
Weekend of October 30 - November 1, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

Come Play ◆$3.1M ◆$3.1M ◆1
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。

Honest Thief ◆$1.4M ◆$9.6M ◆4
→Mark Williams監督、Liam Neeson, Kate Walsh, Jai Courtney主演のアクション。

The War with Grandpa ◆$1.3M ◆$11.5M ◆4
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

Tenet ◆$885K ◆$53.8M ◆9
→クリストファー・ノーラン監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティソン主演のSFアクション。女優さんはエリザベス・デビッキ。

The Empty Man ◆$577K ◆$2.3M ◆2
→David Prior監督、 James Badge Dale, Stephen Root, Joel Courtney主演のホラー。

『ホーカス ポーカス』Hocus Pocus (1993) ◆$456K ◆$4.8M ◆5
→Kenny Ortega監督、Bette Midler、Sarah Jessica Parker主演のファンタジーコメディの再公開。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 The Nightmare Before Christmas (1993) ◆$386K ◆$2.3M ◆3
→Henry Selick監督、Danny Elfman, Chris Sarandon, Catherine O'Hara VCのファミリーファンタジーアニメの再公開。

『モンスターズ・インク』 Monsters, Inc. (2001) ◆$232K ◆$726K ◆2
→Pete Docter, David Silverman監督、Billy Crystal, John Goodman, Mary Gibbs VCのファンタジーコメディの再公開。

Spell ◆$205K ◆$205K ◆1
→ Mark Tonderai監督、Omari Hardwick, Loretta Devine, Lorraine Burroughs主演のホラー。

The Addams Family ◆$187K ◆$586K ◆2
Greg Tiernan, Conrad Vernon監督、Oscar Isaac, Charlize Theron, Chloë Grace Moretz VCのホラー・コメディ。
Reported by Box Office Mojo © 2020


私の好きなミュージックビデオ

どこかで聞いたような歌と映画のダンスシーンの組み合わせがいい。


私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村


より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。