映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「Hollywood Express」の記事

2020.01.13

Hollywood Express #858◆2020.01.11(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『キャッツ』 Cats (2019) から、やはりというかCGI猫がアレで修正版がもう出てる話題。色々と大変なようです。スタジオ側の右往左往の方が映画より面白そう。劇場公開7日以内に修正したのでアカデミー賞の選考対象には間に合ったそうです。もう関係ないと思えますが・・・
◆『スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (2019) から、アンソニー・ダニエルズとヨーナス・スオタモのインタビューがあります。
◆ The Woman in the Window から、家から出られない女性主人公が殺人を目撃する話しらしい。『飾窓の女』 The Woman in the Window (1944) とは無関係のようです。どちらかというと『裏窓』 Rear Window (1954) みたい。
『飾り窓の女』(1944年)
『裏窓』(1954年)
◆『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2020) から、パイロットから教官になったマーヴェリックの話のようです。
◆ジョン・デヴィッド・ワシントン主演のサスペンスアクション『TENET テネット』 Tenet (2020) の予告編が公開された話題。クリストファー・ノーラン監督なので出来はよいと思います。
◆ディズニーピクサーの新作3D CGアニメ『2分の1の魔法』 Onward (2020) の話題。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。いつもの通り出来は普通でしょう。
◆ Downhill (2020) 、ウィル・フェレル、ジュリア・ルイス・ドレイファス主演の雪崩コメディ。ウィル・フェレルなので出来はそれなりでしょう。

◆red carpet
◆『1917 命をかけた伝令』 1917 (2019) のプレミアの風景。アンドリュー・スコット、サム・メンデス監督、音楽トーマス・ニューマンのインタビューがあります。やはり長回しの演技は大変だったと言ってます。
◆この作品は全編リアルタイムワンカットになってるそうです。これはビックリ。やはり全編リアルタイムワンカットで大昔に撮った『ロープ』 Rope (1948) と比べて現在は撮影技術が大幅に進歩してるのが強みになってます。
◆デジタル合成は魔法のようだとなります。あの世ではアルフレッド・ヒッチコック監督や円谷英二特技監督がこのデジタル合成があれば何でも出来たと羨ましがってると思える。
『ロープ』(1948年)

◆inside look
◆『スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (2019) のメイキング。相変わらずデイジー・リドリーは少年のようだ。まあそういうキャスティングなのでしょう。J.・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガのインタビューがあります。ジョン・ボイエガは相変わらずチンピラのようです。これもそういうキャスティングなのか?
◆『1917 命をかけた伝令』 1917 (2019) のメイキング。全編リアルタイムワンカットの撮影ですが実際には撮影は中断してます。そこはデジタル合成で上手くつないでるわけです。撮影ロジャー・ディーキンス、サム・メンデス監督、ディーン=チャールズ・チャップマンとジョージ・マッケイのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆シャロン・ストーンが出会い系アプリに登録したら成り済ましの偽者だと思われて失格にされた話題。色々と大変だ。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Like a Boss (2020) ミゲル・アルテタ監督、ティファニー・ハディシュ、ローズ・バーン主演のコメディ。借金で色々と大変な話しのようです。他の女優さんはサルマ・ハエック。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Underwater (2020) ウィリアム・ユーバンク監督、クリステン・スチュワート、ヴァンサン・カッセル主演の深海SFアクション。深海の研究所で事故等が起こり悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『キャッツ』 Cats (2019) トム・フーパー監督、フランチェスカ・ヘイワード、ジェニファー・ハドソン主演の有名な舞台の映画化ミュージカル。キャッツな話しのようです。歌よりに気になるCGI猫の具合ですが初見では結構違和感があります。果たしてどうなる?。興行収益totalは2470万ドル。興行は沈没したようです。どうやら人間の猫化で起こる不気味の谷現象の設定具合を外したのでしょう。色々と大変だ。
◆9位が『スキャンダル』 Bombshell (2019) ジェイ・ローチ監督、シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー主演のセクハラ告発ドラマ。TVプロデューサーがセクハラで訴えられて色々とある話しのようです。興行収益totalは2450万ドル。
◆8位が『アンカット・ダイヤモンド』 Uncut Gems (2019) ジョシュア・サフディ、ベニー・サフディ監督、アダム・サンドラー、ラキース・スタンフィールド主演のクライムサスペンス。成り行きで宝石商が犯罪に手を染める話しのようです。興行収益totalは3650万ドル。
◆7位が『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』 Knives Out (2019) ライアン・ジョンソン監督、ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス主演のミステリードラマ。殺人があり探偵が犯人は誰だ?という話しのようです。女優さんはジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、キャサリン・ラングフォード、アナ・デ・アーマス。他にドン・ジョンソン、マイケル・シャノンも出ていてオールスターキャストです。興行収益totalは1億3010万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆6位が Spies in Disguise (2019) ニック・ブルーノ、トロイ・クエイン監督、ウィル・スミス、トム・ホランドVCの3D CGアニメ。タイプの異なるコンビで色々とあるの話しのようです。Blue Sky Studios/Chernin Entertainment/Twentieth Century Fox Animation/Twentieth Century Fox製作配給。興行収益totalは4700万ドル。
◆5位が The Grudge (2020) ニコラス・ペッシェ監督、アンドレア・ライズボロー、デミアン・ビチル主演の日本のホラー『呪怨』 (1999) シリーズのリメイクホラー。謎の怨霊でホラーする話しのようです。興行収益totalは1140万ドル。
◆4位が『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、イディナ・メンゼル、クリスティン・ベルVCの続編3D CGアニメ大作。いつもと同じ話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは4億5040万ドル。4億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆3位が『ストーリー・オブ・マイライフ/ わたしの若草物語』 Little Women (2019) グレタ・ガーウィグ監督、シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン主演のドラマ。若草物語の話しのようです。興行収益totalは6000万ドル。
◆2位が『ジュマンジ/ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) ジェイク・カスダン監督、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック主演の『ジュマンジ』シリーズ続編アドベンチャー大作。いつもと同じ話しのようです。女優さんはカレン・ギラン。興行収益totalは2億3590万ドル。1週あけたら2億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (2019) J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライヴァー主演の『スターウォーズ』シリーズ全9部作完結編の最新作大作。いつもと同じ話しのようです。。興行収益totalは4億5150万ドル。3週目で4億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Lucky Daye's “Fly” from “Spies in Disguise (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



2019.12.30

Hollywood Express #857拡大版スペシャル◆2019.12.27(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 No Time to Die (2020) キャリー・フクナガ監督、ダニエル・クレイグ、ラミ・マレック主演の『007』シリーズ最新作。いつもと同じ話しのようです。女優さんはナオミ・ハリス、レア・セドゥ、アナ・デ・アルマス。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆inside look
◆アカデミー賞ノミネート特集
◆『アイリッシュマン』 The Irishman (2019) 作品賞。監督賞。主演男優賞。助演男優賞。
◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) 作品賞。監督賞。助演男優賞。
◆『マリッジ・ストーリー』 Marriage Story (2019) 脚本賞。監督賞。主演男優賞。主演女優賞。助演女優賞。
◆『1917 命をかけた伝令』 1917 (2019) 作品賞。監督賞。
◆『パラサイト 半地下の家族』 Gisaengchung (2019) aka Parasite 作品賞。これは『しとやかな獣』(1962年)みたいな作品なのかもしれない。
『しとやかな獣』(1962年)
◆『ストーリー・オブ・マイライフ/ わたしの若草物語』 Little Women (2019) 作品賞。監督賞。脚色賞。主演女優賞。助演女優賞。
◆『ジョジョ・ラビット』 Jojo Rabbit (2019) 作品賞。脚色賞。助演女優賞。
◆『ジョーカー』 Joker (2019) 主演男優賞。
◆『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) 作品賞。
◆『スキャンダル』 Bombshell (2019) 主演女優賞。助演女優賞。
◆ A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) 助演男優賞。
◆ Dolor y gloria (2019) aka Pain & Glory 主演男優賞。
◆『ジュディ 虹の彼方に』 Judy (2019) 主演女優賞。
◆ Harriet (2019) 主演女優賞。
◆『フェアウェル』 The Farewell (2019) 主演女優賞。助演女優賞。
◆『ハスラーズ』 Hustlers (2019) 助演女優賞。
◆ The Lighthouse (2019) 助演男優賞。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2020) ケイト・ショートランド監督、スカーレット・ヨハンソン、レイチェル・ワイズ主演のマーベルアメコミアクション。姉妹で色々とある話しのようです。妹役はフローレンス・ピュー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆inside look
◆失敗作特集。
◆『セレニティー: 平穏の海』 Serenity (2019) マシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイ主演のフィルム・ノワール風サスペンス。
◆ Anna (2019) リュック・ベンソン監督のセクハラ騒動で興行が沈没。
◆ Jexi (2019) 携帯電話AIが暴走する設定。
◆Captive State (2019) エイリアンと戦うSFアクション。
◆ Arctic Justice (2019) 動物キャラの3D CGアニメ。
◆ The Goldfinch (2019) 少年のドラマ。
◆『サン・イズ・オールソー・ア・スター 引き寄せられる2人』 The Sun Is Also a Star (2019) ロマンティック・コメディ。無名キャストがアレだったのか?
◆『レプリカズ』 Replicas (2018) DNA SFアクション。
◆ Playmobil: The Movie (2019) オモチャの人形がキャラクターの3D CGアニメ。
◆興行は意外な成績になることがよくあるのがこまったものです。多くが原因不明なので良心のないプロデューサーでもお手上げです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ソニック・ザ・ムービー』 Sonic the Hedgehog (2020) ジェフ・ファウラー監督、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー主演の有名ゲームキャラの3D CGアニメキャラと実写の合体映画。ゲームキャラ ソニック・ザ・ヘッジホッグが追われる話しのようです。肝心のソニック・ザ・ヘッジホッグのキャラデザインはまあまあになったらしい。女優さんはチョイ役しかいない。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ジェームズ・マースデンはいい年こいて相変わらずの好青年キャラ、ジム・キャリーは相変わらずの顔芸の悪役キャラになってます。作品的に大丈夫なのか?と思える。

◆Hollywood gossip
◆相変わらずディズニーの興行が絶好調な話題。おめでとうございます。
◆『名探偵ピカチュウ』 Pokémon Detective Pikachu (2019)から、日本原作の作品がヒットした話題。他に『アリータ: バトル・エンジェル』 Alita: Battle Angel (2019) 、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) 等。
◆製作費4000万ドル以下の『THE UPSIDE/最強のふたり』 The Upside (2017) がヒットした話題。『ロケットマン』 Rocketman (2019) は製作費4000万ドル。『ハスラーズ』 Hustlers (2019) は製作費2000万ドル。子役お下劣コメディの Good Boys (2019) は製作費2000万ドル。
◆裏口入学関与でフェリシティ・ハフマンとロリ・ロックリンが逮捕された話題。
◆ジェニファー・ローレンスが結婚した話題。アートディーラーのクック・マロニーって誰なんだ?
◆クリス・プラットが逆玉狙いでアールノド・シュワルツェネッガーの娘キャサリン・シュワルツェネッガーと結婚した話題。それでどうなる?→映画だと最後に何もかも失ってしまうパターンです。
◆ドウェイン・ジョンソンが長年内縁関係だったローレン・ハッシャーと結婚した話題。
◆ジェニファー・ロペスが元MLB選手アレックス・ロドリゲスと結婚するかもしれない話題。一般的にはジェニファー・ロペスの方が有名だそうです。
◆マイリー・サイラスがリアム・ヘムズワースがスピード離婚した話題。
◆ブラッドリー・クーパーが内縁関係のイリーナ・シェイクと別れた話題。
◆ニコラス・ケイジの4回目の結婚はすぐに離婚になった話題。
◆ケビン・スペイシーがゲイセクハラで失脚したが関係者が次々と死亡してうやむやになりそうな話題。何だかホラー映画みたいな展開だ。ケビン・スペイシーは悪魔なのか?
◆キューバ・グッディング jr.が3人の女性からセクハラで訴えられた話題。色々と大変だ。
◆ケヴィン・ハートが過去の差別発言でアカデミー賞司会を辞退した話題と交通事故で重傷を負ったが無事に復帰した話題
◆『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) 等のマーベル作品をマーティン・スコセッシ監督が映画ではなくテーマパークだと批判した話題。そんなわけで大論争になってるそうです。
◆『ジョン・ウィック: パラベラム』 John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019) から、最近のキアヌ・リーブスがよく働いてる話題。他に『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2019)、ゲームCyberpunk 2077のモーションキャプチャーとVC、『いつかはマイ・ベイビー』 Always Be My Maybe (2019) で本人役、スポンジ・ボブの3D CGアニメ SpongeBob SquarePants: Battle for Bikini Bottom - Rehydrated (2020) でも謎の実写キャラで出ています。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ムーラン』 Mulan (2020) ニキ・カーロ監督、リウ・イーウェイ、コン・リー主演のディズニーのアニメ『ムーラン』 Mulan (1998) の実写版大作。ムーランの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆news flash
◆追悼特集。2019年に亡くなった方達。
◆ドリス・デイ 『二人でお茶を』 Tea for Two (1950)
◆リップ・トーン 『メン・イン・ブラック』 Men in Black (1997)
◆アルバート・フィニー 『エリン・ブロコビッチ』 Erin Brockovich (2000)
『エリン・ブロコビッチ』(2000年)

◆ジョン・シングルトン監督→『ワイルド・スピードX2』(2003年)
◆ロバート・フォスター 俳優
◆作家のトニ・モリスン 何だかわからん。
◆プロデューサーのロバート・エヴァンス 良心のないプロデューサー。普通だ。
◆ピーター・メイヒュー 『スターウォーズ』 Star Wars (1977)
◆シルヴィア・マイルズ 『真夜中のカーボーイ』 Midnight Cowboy (1969)
◆ピーター・フォンダ 『未来世界』 Futureworld (1976)
◆ディック・デイル 『やめないで、もっと』 Beach Party (1963)
◆ルシー・テイラー Mickey Mouse: House Painters (2018)
◆キャロル・スピニーVC 『マペットの夢みるハリウッド』 The Muppet Movie (1979)
◆デニス・ニッカーソン 『夢のチョコレート工場』 Willy Wonka & the Chocolate Factory (1971)
◆フランコ・ゼフィレッリ監督 『ロミオとジュリエット』 Romeo and Juliet (1968)
『ロミオとジュリエット』(1968年)
◆ルトガー・ハウアー 『ブレードランナー』 Blade Runner (1982)
『ブレードランナー ファイナル・カット』(1982年/1992年/2007年)

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ワンダーウーマン1984』 Wonder Woman 1984 (2020) パティ・ジェンキンス監督、ガル・ガドッド、クリス・パイン主演のDCアメコミ『ワンダーウーマン』 Wonder Woman (2017) の続編大作。1984年のワンダーウーマンの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。相手役としてクリス・パインが再出演してるのは大きくプラスになると思えます。

◆news flash
◆ブレイクした女優特集
◆ナオミ・スコット、『アラジン』 Aladdin (2019) 、『チャーリーズ・エンジェル』 Charlie's Angels (2019)
◆フローレンス・ピュー、『ファイティング・ファミリー』 Fighting with My Family (2019) 、『ミッドサマー』 Midsommar (2019) 、『ストーリー・オブ・マイライフ/ わたしの若草物語』 Little Women (2019) 、『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2020)
◆ザジー・ビーツ、『デッドプール2』 Deadpool 2 (2018) から、『ジョーカー』 Joker (2019) 、Lucy in the Sky (2019)、Seberg (2019)

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2020) ジョセフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、マイルズ・テラー主演の『トップガン』 Top Gun (1986) の久しぶりの続編大作。トップガンの話しのようです。女優さんはジェニファー・コネリー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆2019 boxoffice of the year top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『アス』 Us (2019) ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク主演のアイデンティティー・ホラー。バカンスで同一人物=ドッペルゲンガーと家族で遭遇しホラーする話しのようです。興行収益totalは1億7500万ドル。
◆9位がIT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 It Chapter Two (2019) アンディ・ムスキエティ監督、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン主演の『IT』シリーズ続編ホラー大作。大人になっても謎のピエロに悪戦苦闘する話しのようです。他にはビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタフと無駄に演技力がある豪華キャストになってます。興行収益totalは2億1150万ドル。
◆8位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは3億3310万ドル。
◆7位が『アラジン』 Arajin (2019) ガイ・リッチー監督、メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス主演のディズニーアニメ『アラジン』 Aladdin (1992) の実写版映画。アラジンの話しのようです。興行収益totalは3億5550万ドル。
◆6位が『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、イディナ・メンゼル、クリスティン・ベルVCの続編3D CGアニメ大作。いつもと同じ話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは3億6790万ドル。
◆5位が『スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム』 Spider-Man: Far From Home (2019) ジョン・ワッツ監督、トム・ホランド、ジェイク・ギレンホール主演のマーベルアメコミアクション大作。スパイダーマンがニック・フォーリーにこき使われる話しのようです。女優さんはゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、マリサ・トメイ。興行収益totalは3億9050万ドル。
◆4位が『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) アンナ・ボーデン、ライアン・フランク監督、ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ主演のマーベルアメコミアクション大作。アメコミな話しのようです。興行収益totalは4億2680万ドル。
◆3位が『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2019) ジョシュ・クーリー監督、トム・ハンクス、ティム・アレンVCの『トイ・ストーリー』シリーズ最新作の3D CGIアニメ。いつもと同じ話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは4億3400万ドル。
◆2位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGアニメ大作。『ジャングル大帝レオ』の話しのようです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは5億4360万ドル。
◆1位が『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ロバート・ダウニー・ジュニア、クリス・エヴァンス他主演のマーベルアメコミアクション大作完結編。強敵サノスに反撃する話しのようです。興行収益totalは8億5830万ドル。

◆ending
◆Idina Menzel's “Into the Unknown” from “Frozen II (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




2019.12.23

Hollywood Express #856◆2019.12.21(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『マリッジ・ストーリー』 Marriage Story (2019) が、ゴッサム・インデペンデント賞で4つの賞を授与された話題。主演女優賞は『フェアウェル』 The Farewell (2019) のオークワフィナ。
◆『アイリッシュマン』 The Irishman (2019) が放送映画批評家協会賞で14ノミネート。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time... in Hollywood (2019) が12ノミネート。『ストーリー・オブ・マイライフ/ わたしの若草物語』 Little Women (2019) が9ノミネートだそうです。
◆それにしても『ストーリー・オブ・マイライフ/ わたしの若草物語』 Little Women (2019) とはまったく意味不明になってる凄い邦題です。売る気がないのがよく伝わってきます。考え過ぎで間違った方向に行ってるのかもしれないけど。
◆フロリダ州パークランドで起きた銃乱射事件のドキュメンタリー After Parkland (2019) の話題。関係者のマニュエル・オリヴァーとパトリシア・オリヴァーのインタビューがあります。
◆『プリンス/ パープル・レイン』 Purple Rain (1984) から、アメリカ議会図書館に永久保存される映画25本が決まった話題。他に『クラークス』 Clerks (1994)、『アマデウス』 Amadeus (1984) 、『ボーイズ・ドント・クライ』 Boys Don't Cry (1999) 等、時節柄女性監督作品が7本あるそうです。これが定着するのかは不明。
◆『アス』 Us (2019)をアフリカアメリカ映画批評協会が今年の最優秀作品に選んだ話題。
◆ライアン・レイノルズ主演のSFアクション Free Guy (2020) は、ゲームのモブキャラが自我を持つ話しだそうです。
◆パトリック・スチュワートがメイクアップアーティスト&ヘアスタイリスト組合から特別賞を授与される話題。スキンヘッドは関係ないそうです。

◆red carpet
◆『ジュマンジ/ ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) のプレミアの風景。ダニー・グローヴァードウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートのインタビューがあります。

◆inside look
◆『リチャード・ジュエル』 Richard Jewell (2019) のメイキング。キャシー・ベイツとサム・ロックウェルが出演してるそうです。
◆『ジュマンジ/ ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) のメイキング。キャラクターが多少入れ替わってるそうです。

◆Hollywood gossip
◆ハーベイ・ワインスタインがセクハラの民事訴訟を無事に乗り切るかもしれない話題。自腹ではなく保険で27億円を支払うことで顰蹙を買ってるそうです。泣き言を並べてるインタビュー記事も酷評されてます。果たしてどうなる?。
◆ワインスタインが失脚して1番喜んでいたのはクエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督でしょう。誰のおかげで監督面をしてる。俺がお前らを監督にしたんだといつまでも恩を着せているからです。当然監督仕事に口を出していた。せっかく失脚したのに復活するのかよと文句の1つが出そう。
◆セクハラしてる奴がアカデミー賞の買収をしていないわけがない。しかしその件は賞獲得キャンペーンということになっていてお咎め無しになってます。下手打つとアカデミー賞側も収賄で捕まるのでそうなったみたい。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (2019) J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドラヴァー主演の『スターウォーズ』シリーズ全9部作での最新作の大作。いつもと同じ話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『キャッツ』 Cats (2019) トム・フーパー監督、フランチェスカ・ヘイワード、ジェニファー・ハドソン主演の有名な舞台の映画化ミュージカル。キャッツな話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。歌よりに気になるCGI猫の具合ですが初見では結構違和感があります。果たしてどうなる?。
◆『スキャンダル』 Bombshell (2019) ジェイ・ローチ監督、シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー主演のセクハラ告発ドラマ。TVプロデューサーがセクハラで訴えられて色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が 21 Bridges (2019) ブライアン・カーク監督、チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー主演のサスペンスアクション。マンハッタン島を封鎖して警官殺人犯を追う話しのようです。興行収益totalは2630万ドル。
◆9位が Dark Waters (2019) トッド・ヘインズ監督、マーク・ラファロ、アン・ハサウェイ主演のドラマ。公害企業デュポンと対決する話しのようです。興行収益totalは870万ドル。
◆8位が A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) マリエル・ヘラー監督、トム・ハンクス、マシュー・リース主演のフレッド・ロジャースの伝記ドラマ。TV教育番組で有名なフレッド・ロジャースの話しのようです。興行収益totalは4920万ドル。トム・ハンクスはエネルギッシュ過ぎるのでこのキャラに合ってない。
◆7位が Queen & Slim (2019) メリサ・マツォウカス監督、ダニエル・カルーヤ、ジョディ・ターナー=スミス主演の巻き込まれサスペンスドラマ。成り行きで白人警官殺しになった黒人カップルが逃亡悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは3310万ドル。
◆6位が『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) ジェームズ・マンゴールド監督、マット・デイモン、クリスチャン・ベイル主演のカーレース・ドラマ。ル・マンでレースの話しのようです。興行収益totalは9810万ドル。
◆5位が Black Christmas (2019) ソフィア・タカール監督、イモージェン・プーツ、ケイリー・エルウェス主演のクリスマス・ホラー。謎のクリスマス殺人鬼に悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは420万ドル。
◆4位が『リチャード・ジュエル』 Richard Jewell (2019) クリント・イーストウッド監督、ボール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル主演の実録ドラマ。テロリストに間違われて悪戦苦闘する話しのようです。女優さんはオリヴィア・ワイルド。興行収益totalは460万ドル。
◆3位が『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』 Knives Out (2019) ライアン・ジョンソン監督、ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス主演のミステリードラマ。殺人があり探偵が犯人は誰だ?という話しのようです。女優さんはジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、キャサリン・ラングフォード、アナ・デ・アーマス。他にドン・ジョンソン、マイケル・シャノンも出ていてオールスターキャストです。興行収益totalは7880万ドル。
◆2位が『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、イディナ・メンゼル、クリスティン・ベルVCの続編3D CGアニメ大作。いつもと同じ話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは3億6640万ドル。
◆1位が『ジュマンジ/ ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) ジェイク・カスダン監督、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック主演の『ジュマンジ』シリーズ続編アドベンチャー大作。いつもと同じ話しのようです。女優さんはカレン・ギラン。興行収益totalは5920万ドル。大ヒットになってます。そんなわけで他の新作の興行がイマイチになってます。

◆ending
◆Wham's “Last Christmas” from “Last Christmas (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.12.16

Hollywood Express #855◆2019.12.14(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』 Knives Out (2019) から、アナ・デ・アルマスとクリス・エヴァンス、ライアン・ジョンソン監督のインタビューがあります。要するに撮影現場の雰囲気はよかったとのことです。
◆『スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (2019)から、J・J・エイブラムス監督が上映時間は141分と発表した話題。上映時間は1日の上映回数に関係があるので劇場側から強い要望があるんです。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) から、アニー賞のノミネートが Missing Link (2019) と並んで8つのノミネートされた話題。作品賞のライバル作品は『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 How to Train Your Dragon: The Hidden World (2019)、『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4(2019)、『クロース』 Klaus (2019)だそうです。
◆ Queen & Slim (2019) から、メリナ・マウォウカス監督のインタビューがあります。白人警官に黒人がホールドアップされるのはアメリカではよくある光景とのこと。日本では猫なで声で任意で協力と職質されるのがよくある光景です。拒否すると猫なで声で脅迫してきます。そんなわけでお巡りのノルマと気まぐれで手当たり次第に職質されるわけです。文句を言わない一般市民は取り放題の生け簀の魚みたいなものだ。
◆ディズニーのアニメ『ムーラン』 Mulan (1998) の実写版大作『ムーラン』 Mulan (2020) の予告編が公開された話題。果たして出来は?となるが相変わらず謎のアジア描写が満載になってます。
◆ Dark Waters (2019) から、マーク・ラファロが公害企業デュポンと対決する弁護士を熱演してます。アン・ハサウェイの役は何だかわからん。ロブ・ビロットとマーク・ラファロのインタビューがあります。

◆red carpet
◆3D CGアニメ Spies in Disguise (2019) のプレミアの風景。トム・ホランド、ウィル・スミス、トロイ・クエイン監督とニック・ブルーノ監督、マシ・オカのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Waves (2019) のメイキング。レネー・エリス・ゴールズベリーとスターリング・K・ブラウン、アレクサ・デミーとテイラー・ラッセルとケヴィン・ハリソン Jr.のインタビューがあります。
◆ Playmobil: The Movie (2019) のメイキング。1974年にドイツで発売されたオモチャ Playmobilがキャラクターになってる3D CGアニメだそうです。

◆Hollywood gossip
◆エマ・ストーンが婚約した話題。相手はTV番組SNLの脚本家デイブ・マッカリーです。デイブ・マッカリーって誰なんだ?
◆フェリシティ・ジョーンズが旦那の映画監督チャールズ・ガードとの第一子が誕生する話題。チャールズ・ガードって誰なんだ?

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ジュマンジ/ ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) ジェイク・カスダン監督、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック主演の『ジュマンジ』シリーズ続編アドベンチャー大作。いつもと同じ話しのようです。女優さんはカレン・ギラン。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Black Christmas (2019) ソフィア・タカール監督、イモージュン・プーツ、ケイリー・エルウェス主演のクリスマス・ホラー。謎のクリスマス殺人鬼に悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。イモージュン・プーツは横顔での鼻の形がいい。
◆『リチャード・ジュエル』 Richard Jewell (2019) クリント・イーストウッド監督、ボール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル主演の実録ドラマ。テロリストに間違われて悪戦苦闘する話しのようです。女優さんはオリヴィア・ワイルド。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。女性記者が枕営業取材した描写は史実とは異なりデタラメでセクハラだと大騒ぎになってます。東映のプロデューサーならこれで映画の宣伝になっていいとうそぶく状況です。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) ポール・フェイグ監督、エミリア・クラーク、ヘンリー・ゴールディング主演の歌が入ったロマンティック・コメディ。ラスト・クリスマスの話しのようです。他の女優さんはベテランのエマ・トンプソンとミシェル・ヨー。興行収益totalは3340万ドル。
◆9位が Midway (2019) ローランド・エメリッヒ監督、エド・スクレイン、パトリック・ウィルソン主演のミッドウェイ海戦の戦争映画大作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦の話しのようです。女優さんはマンディ・ムーア。興行収益totalは5330万ドル。それなりにヒットしてゆるやかにランクを落としてます。この程度の興行では製作宣伝費は回収は出来ないと思う。
◆8位が Playing with Fire (2019) アンディ・フィックマン監督、ジョン・シナ、キーガン=マイケル・キー主演のファミリー・コメディ。子供に振り回されて色々大変な話しのようです。女優さんはジュディ・グリア、ブリアーナ・ヒルデブランド。興行収益totalは4200万ドル。
◆7位が 21 Bridges (2019) ブライアン・カーク監督、チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー主演のサスペンスアクション。マンハッタン島を封鎖して警官殺人犯を追う話しのようです。興行収益totalは2390万ドル。
◆6位が Dark Waters (2019) トッド・ヘインズ監督、マーク・ラファロ、アン・ハサウェイ主演の公害企業告発ドラマ。公害企業デュポンと戦う話しのようです。興行収益totalは510万ドル。
◆5位が A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) マリエル・ヘラー監督、トム・ハンクス、マシュー・リース主演のフレッド・ロジャースの伝記ドラマ。TV教育番組で有名なフレッド・ロジャースの話しのようです。興行収益totalは4310万ドル。
◆4位が Queen & Slim (2019) メリサ・マツォウカス監督、ダニエル・カルーヤ、ジョディ・ターナー=スミス主演の巻き込まれサスペンスドラマ。成り行きで白人警官殺しになった黒人カップルが逃亡悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2700万ドル。
◆3位が『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) ジェームズ・マンゴールド監督、マット・デイモン、クリスチャン・ベイル主演のカーレース・ドラマ。ル・マンでレースの話しのようです。興行収益totalは9120万ドル。クリスチャン・ベイルはケイ・マイルズになり切ってるそうです。マット・デイモンはキャロル・シェルビーではなくマット・デイモンのままだったそうです。2人の演技力云々ではなくそれぞれの俳優のキャラだとしましょう。だいたいキャロル・シェルビーという名前の語感がよ過ぎるのでなり切るのは難しい。
◆2位が『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』 Knives Out (2019) ライアン・ジョンソン監督、ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス主演のミステリードラマ。殺人があって犯人は誰でしょう?という話しのようです。女優さんはジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、キャサリン・ラングフォード、アナ・デ・アーマス。他にドン・ジョンソン、マイケル・シャノンも出ていてオールスターキャストです。興行収益totalは6350万ドル。
◆1位が『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、イディナ・メンゼル、クリスティン・ベルVCの続編3D CGアニメ大作。いつもと同じ話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは3億3800万ドル。もう3億ドルを突破してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Panic at the Disco's “Into the Unknown” from “Frozen II (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.12.09

Hollywood Express #854◆2019.12.07(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (2019)から、J・J・エイブラムス監督の発言で出演者の1人が台本を流出されオークションに出されて慌ててディズニーが買い取った話題。で、流失させたのはジョン・ボイエガだそうです。台本を読んでそのまま置いてパーティに行って忘れたとのこと。こまったものです。
◆セクハラ告発ドラマ 『スキャンダル』 Bombshell (2019) がスタンリー・クレーマー賞を受賞した話題。社会問題を知らせた功績に与えられる賞だそうです。
◆ The Last Full Measure (2020) の最新予告編が公開された話題。ベトナム戦争ドラマのようです。コメディの『ワンダとダイヤと優しい奴ら』 A Fish Called Wanda (1988) に出てくる『アメリカは負けてはいない引き分けだ』のセリフが傑作です。それはともかくこの作品は負傷兵の治療に尽力した医師の話しのようです。
◆ナターシャ・リオンとダディ・リースがインディペンデントスピリット賞のノミネートを発表した話題。The Lighthouse (2019)、Uncut Gems (2019)等。
◆ベン・アフレックがベルギー国王レオポルド2世を題材にした King Leopold's Ghost に製作監督主演する予定の話題。植民地搾取で儲けた話しらしい。ベルギーは現在でも植民地搾取をやってます。ところでベン・アフレックのアル中の方はどうなった?。
◆『チャーリーズ・エンジェル』 Charlie's Angels (2019) から、エリザベス・バンクスが透明人間の女性版 The Invisible Woman (1940) のリメイク The Invisible Woman に監督主演で出る話題。話しはかなり変えてあるようです。果たして出来は?
◆ Harriet (2019) のシンシア・エリヴォがアメリカンブラックフィスティバルでライジングスター賞を授与される話題。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) が大ヒットしてまたディズニーが儲けてる話題。アメリカ国内興行が32億ドルを越えたそうです。

◆red carpet
◆『ジュマンジ/ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) のメキシコプレミアの風景。ドウェイン・ジョンソンのスピーチがあります。オークワフィナ、カレン・ギラン、ジャック・ブラックのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』 Knives Out (2019) のメイキング。ジェイミー・リー・カーティスとダニエル・クレイグ、ドン・ジョンソン、ライアン・ジョンソン監督、アナ・デ・アーマスとクリス・エヴァンスのインタビューがあります。
◆ Queen & Slim (2019) のメイキング。ダニエル・カルーヤとジョディ・ターナー=スミス、メリサ・マツォウカス監督、製作脚本リナ・ウェイスのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ビリー・ディー・ウィリアムズは自分は性別にとらわれないタイプだと発言した話題。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Playmobil: The Movie (2019) リノ・ディサルヴォ監督、アニャ・テイラー=ジョイ、ダニエル・ラドクリフVCの組み立て玩具プレイモービルの3D CGアニメ。カップルが色々と活躍する話しのようです。DMG Entertainment/ON Animation Studios/On Entertainment//STX Entertainment製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Waves (2019) とレイ・エドワード・シュルツ監督、ケヴィン・ハリソン Jr.、ルーカス・ヘッジス主演のコテコテなドラマ。カップルに色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは3億3050万ドル。R指定ですが大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆9位が『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) ポール・フェイグ監督、エミリア・クラーク、ヘンリー・ゴールディング主演の歌が入ったロマンティック・コメディ。ラスト・クリスマスの話しのようです。他の女優さんはベテランのエマ・トンプソンとミシェル・ヨー。興行収益totalは3160万ドル。
◆8位が Midway (2019) ローランド・エメリッヒ監督、エド・スクレイン、パトリック・ウィルソン主演のミッドウェイ海戦の戦争映画大作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦の話しのようです。女優さんはマンディ・ムーア。興行収益totalは5020万ドル。それなりにヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
→卑劣な真珠湾攻撃に反撃してミッドウェイ海戦で正義の鉄槌をくだす話しはもうアメリカの忠臣蔵映画みたいなものなのでしょう。ついでに市街区無差別爆撃で日本中を更地の駐車場にして原爆2発も落としたりしたわけです。
◆7位が Playing with Fire (2019) アンディ・フィックマン監督、ジョン・シナ、キーガン=マイケル・キー主演のファミリー・コメディ。子供に振り回されて色々大変な話しのようです。女優さんはジュディ・グリア、ブリアーナ・ヒルデブランド。興行収益totalは3920万ドル。相変わらずジョン・シナは普通に映画に出ている。
◆6位が 21 Bridges (2019) ブライアン・カーク監督、チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー主演のサスペンスアクション。マンハッタン島を封鎖して警官殺人犯を追う話しのようです。興行収益totalは1920万ドル。
◆5位が A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) マリエル・ヘラー監督、トム・ハンクス、マシュー・リース主演のフレッド・ロジャースの伝記ドラマ。TV教育番組で有名なフレッド・ロジャースの話しのようです。興行収益totalは3420万ドル。
◆4位が Queen & Slim (2019) メリサ・マツォウカス監督、ダニエル・カルーヤ、ジョディ・ターナー=スミス主演の巻き込まれサスペンスドラマ。成り行きで警官殺しになって逃亡する話しのようです。興行収益totalは1600万ドル。
◆3位が『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) ジェームズ・マンゴールド監督、マット・デイモン、クリスチャン・ベイル主演のカーレース・ドラマ。ル・マンでレースの話しのようです。興行収益totalは8100万ドル。
◆2位が『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』 Knives Out (2019) ライアン・ジョンソン監督、ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス主演のミステリードラマ。殺人があって犯人は誰でしょう?という話しのようです。女優さんはジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、キャサリン・ラングフォード、アナ・デ・アーマス。他にドン・ジョンソン、マイケル・シャノンも出ていてオールスターキャストです。興行収益totalは4140万ドル。
◆1位が『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、イディナ・メンゼル、クリスティン・ベルVCの続編3D CGアニメ大作。いつもと同じ話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは2億8880万ドル。もう2億ドルを突破してます。おめでとうございます。来週は3億ドル突破だ。

◆ending
◆Tiana Major-Nine and Earth-Gang's “Collide” from “Queen & Slim (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.12.02

Hollywood Express #853◆2019.11.29(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『ジョーカー』 Joker (2019) がR指定作品として世界興行10億ドルを突破した話題。おめでとうございます。大きな市場である中国では未公開なのに世界興行10億ドルなのが凄い。
◆ドキュメンタリー After Parkland (2019) の話題。銃乱射事件があったパークランドのその後の話しのようです。
◆ロバート・デ・ニーロのインタビューから、SAG=全米俳優組合から生涯功労賞を授与される話題。
◆リッキー・ジャーヴェイスのインタビューから、ゴールデングローブ賞の5度目のホストを務める話題。
◆レジーナ・ホールが製作総指揮と主演を務める新作のオカルトドラマ Master の話題。果たして出来は?
◆『トロールズ』シリーズの最新作3D CGIアニメ Trolls World Tour (2020) の話題。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。出来はいつもの通りでしょう。
◆CGIで猫になるミュージカル大作『キャッツ』 Cats (2019) の話題。果たしてCGI猫の出来は?、歌より気になります。
◆主演の銀行ドラマ The Banker AFI映画祭でのプレミアがキャンセルになった話題。作品の出来ではなくプロデューサーが色々ともめてるのが原因だそうです。
◆3D CGIアニメ『スポンジ・ボブ』シリーズ最新作 The SpongeBob Movie: Sponge on the Run (2020) にキアヌ・リーブスが特別出演してる話題。これはビックリの実写でシュールな登場の仕方になってます。

◆red carpet
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) の主演2人のクリステン・ベルとイディナ・メンゼルがそろってハリウッドウォークオブフェイム入りしたセレモニーの風景。ジョシュ・ギャッドのお祝いのスピーチがあります。

◆inside look
◆ 21 Bridges (2019) のメイキング。チャドウィック・ボーズマンとシエナ・ミラー、テイラー・キッチュとステファン・ジェームズ、ブライアン・カーク監督のインタビューがあります。ステディカムをスタビライザーヘッドと言ってます。移動撮影で画面がブレない機能は同じです。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) のメイキング。クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョシュ・ギャッド、ジョナサン・グロフのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆タイラー・ペリーが人助けをした話題。治療費が払えずに病院から退院できない人の治療費1万6000ドル以上を寄付送金したそうです。何故そこまでした根拠がわからん。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』 Knives Out (2019) ライアン・ジョンソン監督、ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス主演のミステリードラマ。殺人があって犯人は誰でしょう?という話しのようです。女優さんはジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、キャサリン・ラングフォード、アナ・デ・アーマス。他にドン・ジョンソン、マイケル・シャノンも出ていてオールスターキャストです。前評判は異常にいい。邦題は客を呼ぶ気があるのか思うほど付けたしの日本語が安い。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Queen & Slim (2019) メリサ・マツォウカス監督、ダニエル・カルーヤ、ジョディ・ターナー=スミス主演の巻き込まれサスペンスドラマ。成り行きで警官殺しになって逃亡する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは3億2680万ドル。R指定ですが大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆9位が『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) ポール・フェイグ監督、エミリア・クラーク、ヘンリー・ゴールディング主演の歌が入ったロマンティック・コメディ。ラスト・クリスマスの話しのようです。他の女優さんはベテランのエマ・トンプソンとミシェル・ヨー。興行収益totalは2780万ドル。
◆8位が『チャーリーズ・エンジェル』 Charlie's Angels (2019) エリザベス・バンクス監督、クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカ主演の『チャーリーズ・エンジェル』のリブート最新作。チャーリーズ・エンジェルの話しのようです。興行収益totalは1400万ドル。
◆7位が『グッドライアー 偽りのゲーム』 The Good Liar (2019) ビル・コンドン監督、ヘレン・ミレン、イアン・マッケラン主演の詐欺師ドラマ。詐欺の話しのようです。興行収益totalは1170万ドル。
◆6位が Playing with Fire (2019) アンディ・フィックマン監督、ジョン・シナ、キーガン=マイケル・キー主演のファミリー・コメディ。子供に振り回されて色々大変な話しのようです。女優さんはジュディ・グリア、ブリアーナ・ヒルデブランド。興行収益totalは3150万ドル。何故かヒットしてます。他に似たような作品がないのがよかったのかもしれない。
◆5位が Midway (2019) ローランド・エメリッヒ監督、エド・スクレイン、パトリック・ウィルソン主演のミッドウェイ海戦の戦争映画大作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦の話しのようです。女優さんはマンディ・ムーア。興行収益totalは4300万ドル。何故かそこそこにヒットしてます。やはり勝ちいくさを見るのがいいのかもしれない。これから真珠湾攻撃記念日の12月8日になるのでまた観客が増えるのかも。
→ところで日本軍は真珠湾攻撃で市街地無差別銃撃はやっていないと主張してるそうです。そうなると映画だけでもこれを入れとかないとあとでアメリカ軍が日本にやった市街地無差別爆撃が正当化されないわけです。。
◆4位が 21 Bridges (2019) ブライアン・カーク監督、チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー主演のサスペンスアクション。マンハッタン島を封鎖して警官殺人犯を追う話しのようです。興行収益totalは920万ドル。
◆3位が A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) マリエル・ヘラー監督、トム・ハンクス、マシュー・リース主演のフレッド・ロジャースの伝記ドラマ。TV教育番組で有名なフレッド・ロジャースの話しのようです。興行収益totalは1320万ドル。何となくトム・ハンクスはジェームズ・スチュアートにはなれないと思える。
◆2位が『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) ジェームズ・マンゴールド監督、マット・デイモン、クリスチャン・ベイル主演のカーレース・ドラマ。ル・マンでレースの話しのようです。興行収益totalは5770万ドル。
◆1位が『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、イディナ・メンゼル、クリスティン・ベルVCの続編3D CGIアニメ大作。いつもと同じ話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは1億3020万ドル。最初から1億ドルを突破してます。おめでとうございます。

◆ending
◆“Don't Call Me Angel” from “Charlie's Angels (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



2019.11.25

Hollywood Express #852◆2019.11.22(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆昔からのTVシリーズ『弱虫クルッパー』→『スクービー&スクラッピー ドゥー』→『スクービー・ドゥー』 Scooby-Doo, Where Are You! (1969~)の最新作 Scoob! (2020) 映像が初公開された話題。3D CGIアニメになってます。1492 Pictures/Atlas EntertainmentWarner Animation Group/Warner Animation Group/Warner Bros. Pictures製作配給。Hanna-Barbera Productionsはもう関係ないみたい。果たして出来は?
◆3D CGIアニメ Soul (2020) の予告編が公開された話題。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。ピクサーなので出来は水準でしょう。
◆ウディ・アレンが契約違反で争っていたAmazonと和解した話題。ウディ・アレンのいつものアレ(養女と結婚したのはいいが(よくないけど)以前から特別な関係があったのでは?という幼女暴行疑惑)でAmazonから契約解消された違約金でもめてたらしい。
◆『ドクター・スリープ』 Doctor Sleep (2019) のメイキング。ホテルのセットはオリジナルの『シャイニング』 Shining (1980) に合わせているそうです。マイク・フラナガン監督のインタビューがあります。ホテルのセット設計図は残ってるそうです。
◆ The Invisible Man (2020) の映像が解禁された話題。どんな話しなのかがよくわからん→痴話喧嘩で透明人間にストーカーされる話しのようです。これは大変。
◆ジーン・セバーグの伝記映画 Seberg (2019) の予告編が公開された話題。クリステン・スチュワートがジーン・セバーグを演じてます。薄幸な感じが足りなくてあまり似てないけどまあこんなものか。アン・ヘッシュが若かったらと思える。

◆red carpet
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) のプレミアの風景。イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、クリステン・ベルのインタビューがあります。

◆inside look
◆『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) のメイキング。クリスチャン・ベイル、マット・デイモン、ジョン・バーンサル、トレイシー・レッツのインタビューがあります。カーレースの撮影風景が凄い。カメラカーのスピードが速い。CGIはないとしてますが色々と細かく修正はあると思う。
◆『グッドライアー 偽りのゲーム』 The Good Liar (2019) のメイキング。ヘレン・ミレンとイアン・マッケランのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ニコラス・ケイジがニコラス・ケイジ役を演じる新作 The Unbearable Weight of Massive Talent の話題。それはジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の『その男ヴァン・ダム』 JCVD (2008) の二番煎じなのかと言ってはいけません。言ってるけど。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ 21 Bridges (2019) ブライアン・カーク監督、チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー主演のサスペンスアクション。マンハッタン島を封鎖して殺人犯を追う話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ A Beautiful Day in the Neighborhood (2019) マリエル・ヘラー監督、トム・ハンクス、マシュー・リース主演のフレッド・ロジャースの伝記ドラマ。TV教育番組で有名なフレッド・ロジャースの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。トム・ハンクスですが外見はフレッド・ロジャースに似てるけど内面は全く違うと思える。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、イディナ・メンゼル、クリスティン・ベルVCの続編3D CGIアニメ大作。いつもと同じ話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Harriet (2019) カシー・レモンズ監督、シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.、ジャネール・モネイ主演のドラマ。奴隷解放の話しのようです。興行収益totalは3160万ドル。
◆9位が『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。興行収益totalは1億560万ドル。1億ドルに達しましたが強欲なスタジオ側はこれでは足りないと大いに不満でおめでとうとは言えないでしょう。
◆8位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは3億2230万ドル。R指定ですが大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆7位が『グッドライアー 偽りのゲーム』 The Good Liar (2019) ビル・コンドン監督、ヘレン・ミレン、イアン・マッケラン主演の詐欺師ドラマ。詐欺の話しのようです。興行収益totalは560万ドル。
◆6位が『ドクター・スリープ』 Doctor Sleep (2019) マイク・フラナガン監督、ユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン主演の『シャイニング』 Shining (1980) の続編ホラー大作。成長したダニーがまたシャイニングとホテルで悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2480万ドル。
◆5位が『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) ポール・フェイグ監督、エミリア・クラーク、ヘンリー・ゴールディング主演の歌が入ったロマンティック・コメディ。ラスト・クリスマスの話しのようです。他の女優さんはベテランのエマ・トンプソンとミシェル・ヨー。興行収益totalは2230万ドル。ミシェル・ヨーですがヘンリー・ゴールディングの母親役ではないようです。
◆4位が Playing with Fire (2019) アンディ・フィックマン監督、ジョン・シナ、キーガン=マイケル・キー主演のファミリー・コメディ。子供に振り回されて色々大変な話しのようです。女優さんはジュディ・グリア、ブリアーナ・ヒルデブランド。興行収益totalは2520万ドル。
◆3位が『チャーリーズ・エンジェル』 Charlie's Angels (2019) エリザベス・バンクス監督、クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカ主演の『チャーリーズ・エンジェル』のリブート最新作。チャーリーズ・エンジェルの話しのようです。興行収益totalは830万ドル。興行は不発のようです。こまったものです。
◆2位が Midway (2019) ローランド・エメリッヒ監督、エド・スクレイン、パトリック・ウィルソン主演のミッドウェイ海戦の戦争映画大作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦の話しのようです。女優さんはマンディ・ムーア。興行収益totalは3480万ドル。
◆1位が『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) ジェームズ・マンゴールド監督、マット・デイモン、クリスチャン・ベイル主演のカーレース・ドラマ。ル・マンでレースの話しのようです。興行収益totalは3140万ドル。業界の予想よりヒットしてるそうです。おめでとうございます。

◆ending
◆Cynthia Erivo's “Stand Up” from “Harriet (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




2019.11.18

Hollywood Express #851◆2019.11.15(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『ジュマンジ/ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) のハイライトシーンから12月に日米同時公開だそうです。いつも日本公開は遅れてので珍しい。
◆ジェフリー・ライトのインタビューから、新作 The Batman (2021) にゴードン署長役で出演する話題。果たして出来は?
◆アネット・ベニングのインタビューから、全米退職者協会の大人のための映画賞から生涯功労賞を授与される話題。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) から、公開初日チケットの売り上げがよい話題。果たして歌のサビは?
◆Sara Gay Forde著の『The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour, and Greed』を元にしたグッチ創業者一族の興亡を描く実録映画にレディー・ガガが色々と問題のあった社長夫人役で出演する話題。リドリー・スコット監督なので無難にまとまっていると思われます。
◆ The Banker (2019) の映像が公開された話題。サミュエル・L・ジャクソン、アンソニー・マッキー主演の企業買収ドラマ。
◆離婚ドラマ『マリッジ・ストーリー』 Marriage Story (2019) から、スカーレット・ヨハンソンのインタビューがあります。
◆ミュージカルの定番作品『グリース』 Grease (1978) から、オリビア・ニュートン・ジョンのがこの作品で着用したコスチュームが競売にかけられた話題。40万ドル以上で落札されたそうです。このお金はオリビア・ニュートン・ジョン自身の組織オリビア・ニュートン=ジョンがん健康研究センターのために使われるそうです。
◆公開当時の『グリース』 Grease (1978) は登場人物全員が誰も高校生に見えないと酷評されていたのに年月を経て定番ミュージカル作品になるんですから映画の評価というのはわからないものです。

◆red carpet
◆ Midway (2019) のプレミアの風景。アーロン・エッカート、パトリック・ウィルソン、エド・スクレインのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) のメイキング。エミリア・クラークとヘンリー・ゴールディング、製作脚本出演のエマ・トンプソンのインタビューがあります。
◆『ドクター・スリープ』 Doctor Sleep (2019) のメイキング。ユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン、カイリー・カランのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆アダム・ディヴァインとクロエ・ブリッジスが婚約した話題。微妙に有名なカップルといった感じ。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) ジェームズ・マンゴールド監督、マット・デイモン、クリスチャン・ベイル主演のカーレース・ドラマ。ル・マンでレースの話しのようです。女優さんはカトリーナ・バルフ。傲慢なエンツォ・フェラーリ役はレモ・ジローネ。レーシングカーデザイナーのアメリカンレジェンド キャロル・シェルビー役がマット・デイモンというのは何だか納得しがたい気がするけどまあいいとします。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『チャーリーズ・エンジェル』 Charlie's Angels (2019) エリザベス・バンクス監督、クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカ主演の『チャーリーズ・エンジェル』のリブート最新作。チャーリーズ・エンジェルの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
『チャーリーズ・エンジェル』(2000年)
◆ The Good Liar (2019) ビル・コンドン監督、ヘレン・ミレン、イアン・マッケラン主演の詐欺師ドラマ。詐欺の話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督、シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。興行収益totalは9140万ドル。
◆9位が『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) ルーベン・フライシャー監督、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン主演の『ゾンビランド』シリーズ10年ぶりの続編ホラー・コメディ。他の女優さんはロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ドゥイッチ。またゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは6660万ドル。
◆8位が Harriet (2019) カシー・レモンズ監督、シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.、ジャネール・モネイ主演のドラマ。奴隷解放の話しのようです。興行収益totalは2360万ドル。
◆7位が『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。興行収益totalは9770万ドル。
◆6位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは3億1350万ドル。R指定ですが大ヒットして3億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆5位が『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) ティム・ミラー監督、リンダ・ハミルトン、アールノド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター』シリーズの本物の新作で大作。このシリーズですが3作目以降はなかったとこになってるらしい。色々と大変だ。ターミネーターの話しのようです。他の女優さんはマッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス。興行収益totalは4840万ドル。
◆4位が『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) ポール・フェイグ監督、エミリア・クラーク、ヘンリー・ゴールディング主演の歌が入ったロマンティック・コメディ。ラスト・クリスマスの話しのようです。他の女優さんはベテランのエマ・トンプソン、ミシェル・ヨー。興行収益totalは1140万ドル。
◆3位が Playing with Fire (2019) アンディ・フィックマン監督、ジョン・シナ、キーガン=マイケル・キー主演のファミリー・コメディ。ファミリーで色々大変な話しのようです。女優さんはジュディ・グリア、ブリアーナ・ヒルデブランド。興行収益totalは1270万ドル。WWEのジョン・シナですが普通に映画に出ています。結構凄い。
◆2位が『ドクター・スリープ』 Doctor Sleep (2019) マイク・フラナガン監督、ユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン主演の『シャイニング』 Shining (1980) の続編ホラー大作。成長したダニーがまたシャイニングとホテルで悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは1410万ドル。
◆1位が Midway (2019) ローランド・エメリッヒ監督、エド・スクレイン、パトリック・ウィルソン主演のミッドウェイ海戦の戦争映画大作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦の話しのようです。女優さんはマンディ・ムーア。興行収益totalは1780万ドル。今週のハイライトは急降下爆撃機で撃沈される空母です。これで日本軍は虎の子の空母4隻を失ったわけです。アメリカ軍は空母1隻を失ったぐらいで済んでます。それじゃダメじゃん。
→日本公開が2020年の秋だそうです。ほとぼりが冷めるの待ってるのか?、こんなの日本で公開したくないとあからさまにサボタージュしてるがよくわかります。2週ぐらい公開して真珠湾攻撃記念日の12月8日になる前に速攻で打ち切りといった感じ。

◆ending
◆Jeremy Renner's “Believer” from “Arctic Justice (2019) aka Arctic Dogs”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




2019.11.11

Hollywood Express #850◆2019.11.08(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: The Rise of Skywalker (2019) から、オンライン前売りチケットの売り上げが非常によい話題。
◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) 、『ハスラーズ』 Hustlers (2019) 、『ジョジョ・ラビット』 Jojo Rabbit (2019) から、ゴールデングローブ賞ノミネートでのドラマとコメディの線引きは?の話題。→それは賞獲得に有利になる選ぶでしょう。選択権はどっちにある?が問題になりますが。
◆『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) の豪華プレミアを予定していたがカリフォルニアの山火事で中止になった話題。そんなわけでプレミア用ケータリングの食事を寄付したとハリウッドらしいオチになってます。
◆レイチェル・ワイズがエリザベス・テイラーを演じる新作 A Special Relationship 話題。女優全盛時ではなくエイズ撲滅運動にのめり込む時期の話しらしい。
◆製作D・B・ワイズとデヴィッド・ベニオフ監督のインタビューから、手がける予定だった『新たなスターウォーズ』3部作から降りた話題。過密スケジュールが原因となってます。よくある芸術性の違いが原因ではありません。
◆ジェラルド・バトラーのインタビューから、新作アクション The Plane の話題。パイロットが飛行機の乗客を守る話しだそうです。いつもと同じだ。
◆『アナと雪の女王2』 Frozen II (2019) から、前作『アナと雪の女王』 Frozen (2013) がヒットした中国市場が続編公開を歓迎してる話題。ハリウッドと中国は上手くやってるのか?→上手くやってるようです。そんな感じ。

◆red carpet
◆ Motherless Brooklyn (2019) のプレミアの風景。エドワード・ノートン、イーサン・サプリー、ググ・ンバータ=ローのインタビューがあります。エドワード・ノートンと混同してる俳優がいます。誰だっけ?→エドワード・バーンズでした。

◆inside look
◆『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) のメイキング。リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィスとナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナのインタビューがあります。
◆ Harriet (2019) のメイキング。シンシア・エリヴォ、ジャネール・モネイ、レスリー・オドム Jr.、カシー・レモンズ監督のインタビューがあります。ジャネール・モネイとアリソン・ジャネイを混同していました。

◆Hollywood gossip
◆『Friday』 Friday (1995) のジョン・ウィザースプーンが急死した話題。アイス・キューブの父親だそうです。RIP

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ドクター・スリープ』 Doctor Sleep (2019) マイク・フラナガン監督、ユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン主演の『シャイニング』 Shining (1980) の続編ホラー大作。成長したダニーがまたシャイニングとホテルで悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
『シャイニング』(1980年)
◆ Midway (2019) ローランド・エメリッヒ監督、エド・スクレイン、パトリック・ウィルソン主演のミッドウェイ海戦の戦争映画大作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦の話しのようです。女優さんはマンディ・ムーア。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。→どうひいき目に見てもリアルには見えない飛行機や船のミニチュアさえ我慢すれば正確な史実やディテール、正確なカット割りに編集の『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(1960年)を見た方がいいと思います。
◆『ラスト・クリスマス』 Last Christmas (2019) ポール・フェイグ監督、エミリア・クラーク、ヘンリー・ゴールディング主演の歌が入ったロマンティック・コメディ。ラスト・クリスマスの話しのようです。他の女優さんはベテランのエマ・トンプソン、ミシェル・ヨー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。ミシェル・ヨーはまたヘンリー・ゴールディングの母親役なのか?。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Arctic Justice (2019) aka Arctic Dogs アーロン・ウッドリー監督、ジェレミー・レナー、ハイディ・クルムVCの3D CGIアニメ。北極の動物達の話しのようです。AMBI Group/Arctic Justice Movie/Assemblage Entertainment/Entertainment Studios Motion Pictures製作配給。興行収益totalは290万ドル。
◆9位が Motherless Brooklyn (2019) エドワード・ノートン監督主演、ブルース・ウィリス主演の1950年代を舞台にしたフィルム・ノワール。探偵が犯罪組織相手に色々とある話しのようです。女優さんはググ・ンバータ=ロー、チェリー・ジョーンズ。興行収益totalは350万ドル。今週のハイライトシーンのタバコの女優さんはエリカ・スウィーニー。
◆8位が Black and Blue (2019) デオン・テイラー監督、ナオミ・ハリス、マイク・コルター主演の巻き込まれサスペンス。新人警察官が面倒に巻き込まれて警察と犯罪組織の両方から追われる話しのようです。興行収益totalは1550万ドル。
◆7位が Countdown (2019) ジャスティン・デック監督、エリザベス・ライル、アン・ウィンターズ主演の携帯電話ホラー。携帯アプリで自分の寿命が出て無理やり寿命に合わされる話しのようです。これは大変。興行収益totalは1760万ドル。
◆6位が『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) ルーベン・フライシャー監督、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン主演の『ゾンビランド』シリーズ10年ぶりの続編ホラー・コメディ。他の女優さんはロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ドゥイッチ。またゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは5930万ドル。
◆5位が The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督、シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。興行収益totalは8500万ドル。
◆4位が Harriet (2019) カシー・レモンズ監督、シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.、ジャネール・モネイ主演のドラマ。奴隷解放の話しのようです。興行収益totalは1160万ドル。
◆3位が『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。興行収益totalは8520万ドル。
◆2位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは2億9910万ドル。R指定ですが大ヒットしています。
◆1位が『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) ティム・ミラー監督、リンダ・ハミルトン、アールノド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター』シリーズの本物の新作で大作。このシリーズですが3作目以降はなかったとこになってるらしい。色々と大変だ。ターミネーターの話しのようです。他の女優さんはマッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス。興行収益totalは2900万ドル。興行はイマイチなようです。
→何だかこの作品も『3以降のなかったことになるグループ』入りになりそうです。
→長い目で見るとこのシリーズで1番目立ったのはロバート・パトリックのT-1000になりそう。アールノド・シュワルツェネッガーは出過ぎで印象が薄くなったから。

◆ending
◆Gorge Michael's “Freedom” from “Last Christmas (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.11.04

Hollywood Express #849◆2019.11.01(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『フォードvsフェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) から、作品内では協力関係だったマット・デイモンとクリスチャン・ベイルが賞レースではライバル関係になる話題。
◆『ターミネーター2』 Terminator 2: Judgment Day (1991) のリバイバル上映に主演2人 リンダ・ハミルトン、アールノド・シュワルツェネッガーの映像が流れて実は『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) の極秘覆面試写だった話題。これはビックリだったでしょう。SNSに感想をアップするのはいいけどネタバレ厳禁だそうです。そりゃそうだ。
◆『ジョーカー』 Joker (2019) がR指定映画の全世界興行収入の歴代新記録になった話題。おめでとうございます。これまで1位だった『デッドプール』 Deadpool (2016) に主演したライアン・レイノルズがツイッターに祝福のコメントをアップしてます。
◆『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) の全世界興行がイマイチな話題。何しろ超大作なので多少のヒットでは儲けが出ないそうです。
◆フォーカスフィーチャーズがアメリカで配給した作品の中で『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2019) が最もヒットした作品になった話題。おめでとうございます。これまでの1位は『ブロークバック・マウンテン』 Brokeback Mountain (2005) だそうです。
◆ポール・ダノがバットマンの新作 The Batman (2021) で悪役リドラーを担当する話題。バットマン役はロバート・パティンソン。キャットウーマン役はゾーイ・クラヴィッツ。
◆『マリッジ・ストーリー』 Marriage Story (2019) がゴッサムインデペンディント映画賞で3部門にノミネートされた話題。作品賞ノミネートが The Farewell (2019)。Uncut Gems (2019)。The Last Black Man in San Francisco (2019)は作品賞以外の3部門ノミネートだそうです。

◆red carpet
◆ Harriet (2019) のプレミアの風景。シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.、カシー・レモンズ監督のインタビューがあります。

◆inside look
◆ The Current War (2017) のメイキング。キャスティングはトーマス・エジソンがベネディクト・カンバーバッチ、ニコラ・テスラがニコラス・ホルト。ジョージ・ウェスティングハウスがマイケル・シャノンとなってます。エジソンですが実は押しが強くて色々と無茶をやっていたのでごつい感じのマイケル・シャノンの方ががエジソンに合ってると思えます。
◆ Black and Blue (2019) のメイキング。ナオミ・ハリス、デオン・テイラー監督のインタビューがあります。主人公警官のボディカメラ映像が証拠なので警察と犯罪組織の両方から追われる設定の典型的な巻き込まれサスペンスになってます。こういうのは好きだな。

◆Hollywood gossip
◆ジェニファー・ローレンスが結婚式をあげた話題。相手はアートディーラーのクック・マロニー。誰だかわからん。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019) ティム・ミラー監督、リンダ・ハミルトン、アールノド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター』シリーズの本物の新作で大作。このシリーズですが3作目以降はなかったとこになってるらしい。色々と大変だ。ターミネーターの話しのようです。他の女優さんはマッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Motherless Brooklyn (2019) エドワード・ノートン監督主演、ブルース・ウィリス主演の1950年代を舞台にしたフィルム・ノワール。犯罪組織相手に色々とある話しのようです。女優さんはググ・バサ=ロー、チェリー・ジョーンズ。ハイライトシーンのタバコの女優さんはエリカ・スウィーニー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Harriet (2019) カシー・レモンズ監督、シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム Jr.主演のドラマ。奴隷解放の話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆今週はハロウィンで誰も映画館に行かないので全体的に興行は不調だそうです。
◆10位が Abominable (2019) ジル・カルトン、トッド・ウィルダーマン監督、クロエ・ベネット、テンジング・ノルゲイ・トレイナーVCの3D CGIアニメ。女の子とイエティが仲よくなる話しのようです。Pearl Studio/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは5690万ドル。
◆9位が The Current War (2017) アルフォンソ・ゴメス=レホン監督、ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン主演の実録ドラマ。直流か交流かで色々とやり過ぎた話しのようです。ニコラ・テスラ役は名前が同じなニコラス・ホルト。女優さんはキャサリン・ウォーターストン、タペンス・ミドルトン。興行収益totalは260万ドル。
◆8位が The Lighthouse (2019) ロバード・エガース監督、ロバート・パティンソン、ウィレム・デフォー主演の灯台ホラー。灯台守2人が怪現象に悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは360万ドル。
◆7位が『ジェミニマン』 Gemini Man (2019) アン・リー監督、ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド主演の風変わりなSFアクション。自分のクローンと戦う話しのようです。興行収益totalは4340万ドル。
◆6位が Black and Blue (2019) デオン・テイラー監督、ナオミ・ハリス、マイク・コルター主演の巻き込まれサスペンス。新人警察官が面倒に巻き込まれて色々とある話しのようです。興行収益totalは830万ドル。
◆5位が Countdown (2019) ジャスティン・デック監督、エリザベス・ライル、アン・ウィンターズ主演の携帯電話ホラー。携帯アプリで自分の寿命が出て無理やり寿命に合わされる話しのようです。これは大変。興行収益totalは880万ドル。
◆4位が『ゾンビランド: ダブルタップ』 Zombieland: Double Tap (2019) ルーベン・フライシャー監督、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン主演の『ゾンビランド』シリーズ10年ぶりの続編ホラー・コメディ。他の女優さんはロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ドゥイッチ。またゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは4410万ドル。
◆3位が The Addams Family (2019) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン監督、シャーリーズ・セロン、オスカー・アイザックCVの『アダムズファミリー』の最新作3D CGIアニメ。『アダムズファミリー』の話しのようです。BermanBraun/BRON Studios (as Bron Creative)/Cinesite Animation/Nitrogen Studios Canada/Creative Wealth Media Finance//Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/United Artists製作配給。興行収益totalは7310万ドル。ハロウィンなので誰も映画館に来ない成り行きでランクが1つアップしてます。
◆2位が『ジョーカー』 Joker (2019) トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ主演のコテコテなドラマ。ある男に不幸が重なり本物のジョーカーになる話しのようです。女優さんはザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ。興行収益totalは2億7790万ドル。R指定ですが大ヒットしています。
◆1位が『マレフィセント2』 Maleficent: Mistress of Evil (2019) ヨアヒム・ローニング監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー主演の『マレフィセント』シリーズ続編大作。お姫さまの結婚を反対する話しのようです。興行収益totalは6620万ドル。2週連続の1位ですがそれでも強欲なスタジオ側の期待値より低い興行だそうです。

◆ending
◆Metallca's “Master of Puppets” from “Zombieland: Double Tap (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。