映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「索引」の記事

2010.08.27

映画感想の加筆改訂のお知らせ

◆以前の映画感想に加筆改訂をしたお知らせです。

続きを読む "映画感想の加筆改訂のお知らせ" »

2007.05.04

クリント・イーストウッド監督出演作品

クリント・イーストウッド◆監督/俳優
◆Clint Eastwood◆アメリカ カリフォルニア州出身◆1930年5月31日 -

◆TVウエスタンからマカロニウエスタンを経由して、ハリウッドに進出した経歴のクリント・イーストウッド。映画界では最初は差別されていたでしょう。
◆そんなわけなのか元々なのか何となく屈折している性格なようです。

◆索引です。
◆気長に感想をupしていきたいと思っています。
◆色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

続きを読む "クリント・イーストウッド監督出演作品" »

増村保造監督作品

増村保造◆1924年-1986年
◆独特の喋りと演技が特徴の増村保造監督。
◆メロドラマが湿っぽくならずに乾いた感じなのがいいとこなのです。
◆ホトンドの作品が主演した女優さんの代表作となっています。

◆気長に感想をupしていきたいと思っています。
◆色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

続きを読む "増村保造監督作品" »

川島雄三監督作品

川島雄三◆1918年-1963年

◆索引です。
◆気長に感想をupしていきたいと思っています。
◆色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

続きを読む "川島雄三監督作品" »

2006.05.05

ハワード・ホークス監督作品

ハワード・ホークス監督
◆Howard Hawks◆アメリカ、インディアナ州出身◆1896年-1977年
一般的には男性映画の巨匠となっています。でもロマンティック・コメディの方が多いような気もします。
色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

続きを読む "ハワード・ホークス監督作品" »

フリッツ・ラング監督作品

フリッツ・ラング監督
◆Fritz Lang◆ドイツ出身◆1890年-1976年
ドイツ表現主義の巨匠となっています。
実際にゲッペルス宣伝大臣から勧誘されてナチスから逃げてきた経歴の持ち主です。
ハリウッドに活動の場を移しての1930年代から1940年代の作品が私の好みです。
色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます

続きを読む "フリッツ・ラング監督作品" »

2006.02.12

押井守監督作品

押井守◆1951年~
まだ現役でキャリアは続行中です。作品ごと段々とわけがわからなくなっている押井守監督作品。果たしてあなたはついていけるでしょうか?
色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

続きを読む "押井守監督作品" »

ブライアン・デ・パルマ監督作品

ブライアン・デ・パルマ監督
◆Brian De Palma◆アメリカ出身◆1940年~
キャリア序盤ではヒッチコックのパクリと酷評されて、ベテランの域に達したとこでは話しの展開が何だかわからん監督だと酷評されています。それでも一応、映像の魔術師系の巨匠となっているようです。
まだ現役でキャリアは続行中です。
色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

続きを読む "ブライアン・デ・パルマ監督作品" »

サム・ペキンパー監督作品

サム・ペキンパー監督
◆Sam Peckinpah◆アメリカ出身◆1925年-1984年
スローモーションとカットバックを組み合わせた独特のアクション描写が特徴のサム・ペキンパー監督。
この手法はスローモーションを使うのに特に手順があるわけではなく、カットバックのカット割りを細かくすればいいわけでもない。監督のセンスとしかいいようがないのです。そんなわけでこの独特のアクション描写はサム・ペキンパー監督の一代限りの手法となります。
正直言って何て作品数が少ないのでしょうとなります。これしかないの?と思ってしまいます。
色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

続きを読む "サム・ペキンパー監督作品" »

2006.02.05

アルフレッド・ヒッチコック監督作品

アルフレッド・ヒッチコック監督作品の感想投稿計画。
気の長い計画で、まずハリウッドでの第1作『レベッカ』(1940年)から『鳥』(1963年)まで感想を投稿して。
次は英国時代のトーキー第1作『恐喝(ゆすり)』(1929年)から英国時代の最後の作品まで。
次は英国時代のサイレント作品に行って『マンクスマン』(1929年)まで。
それからキャリア終盤の作品群に行きヒッチコック監督のホトンドの作品の感想を投稿する計画です。
他の作品もあるのでこればっかりやっているわけにもいかないので気長にやるつもりです。
色と下線がついてる作品は投稿済みとなっています。クリックすれば投稿へジャンプ出来ます。

2017.06.11(日)◆『フレンジー』(1971年)◆Frenzyと『ファミリー・プロット』(1976年)◆Family Plotをアップしてこの索引を完成させました。

アルフレッド・ヒッチコック監督
◆Alfred Hitchcock◆英国出身◆1899年-1980年
一般的にはサスペンスの巨匠となっています。実はサスペンスに限らない、あらゆる映画的手法を確立した巨匠だったりします。他の映画監督達に多大な影響を与えている映画監督です。

続きを読む "アルフレッド・ヒッチコック監督作品" »

より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。