映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「映画」の記事

2019.08.26

Hollywood Express #839◆2019.08.23(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS191 WOWOWにて。

◆news flash
◆『ライオン・キング』 The Lion King (2019) の全世界興行の14億ドルを突破した話題。おめでとうございます。
◆オリヴィア・ワイルドの監督主演の新作 Don't Worry, Darling の話題。現在はクリント・イーストウッド監督の新作 The Ballad of Richard Jewell の撮影中だそうです。
◆エディ・マーフィーの新作『ルディ・レイ・ムーア』 Dolemite Is My Name (2019) の話題。伝説的なコメディアンの話しだそうです。エディ・マーフィーですがメイクのせいか誰かと思った。
◆YOSHIKIが放火事件があった京都アニメーションに1000万円を寄付した話題。私は音楽関係はサッパリなのでよくわからん人です。それにしても素人が行き当たりばったりの犯行で35人を焼死させる。わけがわからん事件です。
◆テレンス・マリック監督の新作 の戦争ドラマ A Hidden Life (2019) の話題。テレンス・マリック監督は昔は寡作で有名でしたが最近では多作になってます。この調子でお願いします。
◆ Blinded by the Light (2019) に主演したアーロン・ファグラがマジでブルース・スプリングスティーンのファンになってる話題。
◆オリジナルの『ハロウィン』 Halloween (1978)のリマスター版が再上映される話題。ジェイミー・リー・カーティスは父親のトニー・カーティス似で若い頃はごつい感じでしたが歳をとったらカッコいいおばあさんになっててビックリしました。
◆ガブリエル・ユニオンのインタビューから、新作 The Perfect Find で製作主演する話題。人種が違うカップルのロマンティック・コメディだそうです。
◆マーベルアメコミの象徴スタン・リーが視覚効果協会の殿堂入りをした話題。他にウォルト・ディズニーとスタンリー・キューブック監督が決まってるそうです。

◆red carpet
◆『地獄の黙示録 ファイナル・カット』 Apocalypse Now (1979) のプレミアの風景。別人のように縮んだ感じになったフランシス・フォード・コッポラ監督のインタビューがあります。ヒゲがないのでどこのスタッフの人かと思った。他にスコット・グレン、マーティン・シーンのインタビューもあります。

◆inside look
◆ Blinded by the Light (2019) のメイキング。英国在住のパキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの歌で変わる話しのようです。製作脚本サルフラズ・マンゾア、グリンダ・チャーダ監督のインタビューがあります。
◆ 47 Meters Down: Uncaged (2019) のメイキング。ブリアンヌ・テュ、システィーン・ローズ・スタローン、コリンヌ・フォックスのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆サラ・シルバーマンが過去にやった顔面黒塗りの人種差別ネタギャグを理由に新作映画から降板させられた話題。このへんはどこまでが許されるのか許されないのかの線引きが微妙な感じです。サラ・シルバーマンですが後悔はしてるそうです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Angel Has Fallen (2019) リック・ローマン・ウォー監督、ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン主演の『エンド・オブ』シリーズ最新作のアクション大作。いつものように大統領を守る話しのようです。女優さんはジェイダ・ピンケット=スミス、パイパー・ペラーボ。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Ready or Not (2019) マット・ベティネッリ=オルビン監督、サマラ・ウィーヴィング、アダム・プロディ主演のブラック・コメディ。結婚したら命がけのかくれんぼゲームで悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
→サマラ・ウィーヴィングはヒューゴ・ウィーヴィングの姪だそうです。何だかあまりメリットが感じられないコネです。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Blinded by the Light (2019) グリンダ・チャーダ監督、ヴィヴェーク・カルラ、ヘイリー・アトウェル主演のミュージカル・ドラマ。英国在住のパキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの歌に導かれる話しのようです。興行収益totalは430万ドル。
◆9位が The Art of Racing in the Rain (2019) サイモン・カーティス監督、マイロ・ヴィンティミリア、アマンダ・セイフライド主演のカーレース・ドラマ。犬とカーレースの話しのようです。興行収益totalは1700万ドル。
◆8位が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー主演の映画業界ドラマ。1969年ハリウッドで色々とある話しのようです。興行収益totalは1億1440万ドル
◆7位が 47 Meters Down: Uncaged (2019) ヨハネス・ロバーツ監督、システィーン・ローズ・スタローン、コリーヌ・フォックス、ブリアンヌ・テュ、ソフィー・ネリッセ主演のサメ映画。海中洞窟でサメを相手に悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは840万ドル
◆6位が Dora and the Lost City of Gold (2019) ジェームズ・ボビン監督、イザベラ・モナー、マイケル・ペーニャ主演のTVシリーズ『ドーラといっしょに大冒険』の実写映画版アドベンチャー・コメディ。ドーラが冒険する話しのようです。興行収益totalは3390万ドル。
◆5位が Scary Stories to Tell in the Dark (2019) アンドレ・ウーヴレダル監督、ゾーイ・マーガレット・コレッティ、マイケル・ガルサ主演の屋敷ホラー。若者達が謎の屋敷でホラーする話しのようです。興行収益totalは4010万ドル。
◆4位が The Angry Birds Movie 2 (2019) サーオップ・ヴァン・オーマン、ジョン・ライス監督,ジェイソン・サダイキス、ジョシュ・ギャッドVCの『アングリーバド』シリーズの続編3D CGIアニメ。色々な鳥たちが色々とある話しのようです。Rovio Entertainment/Sony Pictures Animation/Columbia Pictures製作配給。興行収益totalは1600万ドル。スタジオ側の皮算用より低い興行のようです。
◆3位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。ジャングル大帝レオの話しのようです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは4億9650万ドル。
◆2位が『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) デヴィッド・リーチ監督、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ主演の『ワイルド・スピード』シリーズスピンオフ最新作。いつものようにアクションする話しのようです。女優さんは、ヴァネッサ・カービー、エイザ・ゴンザレス、ヘレン・ミレン。興行収益totalは1億3370万ドル。
◆1位が Good Boys (2019) ジョン・スタプニッキー監督、ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ主演のR指定子役下ネタコメディ。少年3人が下ネタする話しのようです。興行収益totalは2140万ドル。業界の予想よりヒットしてるそうです。

◆ending
◆Gloria Estafan's “Conga” from “Dora and the Lost City of Gold (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.25

『電気人間』

この作品は、ジョージ・ワグナー監督、ロン・チェイニー・Jr.、ライオネル・アトウィル主演の電気ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1940年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆59分
原題◆Man Made Monster
プロット◆実験台にされて悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆チャールズ・プレヴィン
Music by Hans J. Salter (uncredited)

キャスト
ロン・チェイニー・Jr.→電気芸人のダン・マコーミック
ライオネル・アトウィル→黒幕のポール・リガス博士
サミュエル・S・ハインズ→雇い主のジョン・ローレンス博士

アン・ネイジェル→秘書のジューン・ローレンス
フランク・アルバートソン→新聞記者のマーク・アダムズ

ウィリアム・デヴィッドソン→地区検事のラルフ・B・スタンリー
チェスター・ガン→執事のウォン
フランシス・サイレス→中年夫婦のフランク・デイビス
ジェシー・アーノルド→中年夫婦のグレタ
ベン・タガート→Detective Sergeant Regan
コニー・ベルゲン→Nurse

ジョージ・ワグナー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

A Universal Picture
タイトル
Universal presents
Man Made Monster

with
Lionel Atwill Dr. Paul Rigas
Lon Chaney Jr. Dan McCormick
Anne Nagel June Lawrence
Frank Albertson Mark Adams
Samuel S. Hinds Dr. John Lawrence
William B. Davidson William B. Davidson ... District Attorney
スタッフの紹介

the players
Lionel Atwill Dr. Paul Rigas
Lon Chaney Jr. Dan McCormick
Anne Nagel June Lawrence
Frank Albertson Mark Adams
Samuel S. Hinds Dr. John Lawrence
William B. Davidson Ralph B. Stanley (as William Davidson)
Ben Taggart Detective Sergeant Regan
Constance Bergen Nurse (as Connie Bergen)
Ivan Miller Doctor
Chester Gan Wong
George Meader Dr. Bruno
Frank O'Connor Police Detective
John Dilson Medical Examiner
Byron Foulger Alienist #2
Russell Hicks Prison Warden Harris (uncredited)
プロデューサー Jack Bernhard
監督 GeorgeWaggner

本編です。
雨の夜にバスは走りスリップして送電塔に激突する。火花が出てます。
ここはミニチュアになってます。

新聞の見出しです。
交通事故で5名死亡。生存者1名。

ラジオニュースです。
パス事故の続報でダン・マコーミックが唯一の生存者。

病院にて。
入院してもやたら元気なダン。ナースをこまらせる。
そんなとこに医者とローレンス博士が来ます。
ダンは大道芸人で元々電気関係の芸人です。あだ名は電気人間。
ローレンス博士はダンに退院したら来なさいと名刺を渡す。

ザ・ムーアズのローレンス博士の自宅兼研究所にて。
帰宅するローレンス博士。運転手はヘンリー。
執事のウォン。娘兼秘書のジューンが登場。

研究室にて。
助手のポール・リガス博士が熱心に研究してます。
ローレンス博士は君の研究は黒魔術だよと言ったりします。
人間を操ることが出来ると主張するリガス博士。電気だけで生きられる人間。
優れた科学者は最初は気違い扱いされると色々と実名を出してるリガス博士。
ローレンス博士の方は電気の耐性を研究して感電事故を減らそうしてる。
そんな感じの議論になってます。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
自家発電並みの回復力で生存者が退院。文責マーク・アダムズ。

ローレンス博士の自宅兼研究所にて。
マークが取材に来てます。グローブ・ディスパッチ紙の記者マーク。
相手するジューンはいいかげげんな新聞記事を書いたと抗議する。
ダンを取材しに来てるマーク。

ダンとローレンス博士。
この事故で巡業に行けなかったダンは失業中です。
失業保険がもらえるのは2週間後。そんなわけで2週間ここで働かないか?となります。
電気の免疫を研究してるローレンス博士。仕組みがわかれば感電事故を減らせる。
リガス博士がダンに紹介されてます。

庭にて。
住み込みになってるダン。犬のコーキーと遊ぶ。
そんなところにジューンが来ます。
君は芸人の女の子に似てるねとダン。その女の子は駆け落ちしていなくなったとか。

またマークが来てます。相手するジューン。
実験のことを取材しに来てるマーク。それからジューンを口説いてる。
そんなとこにダンが来てます。犬のコーキーに芸をさせてます。ここは当然CGIではなくマジで芸をする犬のシーンになってます。当然別撮りで編集でつないでます。
そんなところにリガス博士がダンを研究室に呼ぶ。

研究室にて。
ローレンス博士は講演旅行で不在。リガス博士しかいません。
そんな状況でリガス博士はダンに自分の考えていた実験をやります。

ダンを台に固定して実験となります。
電気を流します。メーターの指針が上がる。
実験が終わります。まだダンは大丈夫です。

研究室から出たダンですが電気を帯びてるの犬が寄りつかない。
そのへんに放電もしてます。それで金魚鉢の手を突っ込むダン。

リガス博士は研究ノートにダンは完璧な研究材料だと書き込む。
それから実験を繰り返すモンタージュが入ります。
電気への依存度が増している。彼は電力を与えないともはや生きられない。
溶暗になります。

ローレンス博士が戻って食事になってますす。
ジューン、リガス博士、ダンはまだ来ない。
ダンの元気が無くなった話しをするジューン。
それでダンが来ますが元気がなく食欲もない。マジで具合が悪そう。
金魚が死んだ話しするジューン。感電して死んだ。

研究室にて。
ローレンス博士とリガス博士。
ダンの血液分析結果が違ってきたと指摘するローレンス博士。で、リガス博士の勧められた飲物を飲んで具合が悪くなってます。
そんなわけでローレンス博士を追い出したリガス博士。

ジューンはローレンス博士を寝かせてマークとデートです。

マークはダンと話し込むというか手品を実演してる。
しかしダンの反応は悪い。ひどく無気力です。さすがに気がつくマーク。
それからマークはローレンス博士の方は麻酔剤入りの酒かなとあてずっぽうが当たってます。
そんなこんなでジューンとマークはクルマで出かけます。犬は残る。

研究室にて。
研究ノートに最後の実験と書着込むリガス博士。
リガス博士はこれで学会に復讐してやるといった感じになってます。こまったものです。

クルマで移動中のジューンとマークのシーンがたびたび入ります。
何だか心配で自宅に戻りたいジューン。プロポーズしたいマーク。

研究室にて。
最後の実験になってます。そんなわけでメーターの指針が危険ゾーンに入ってます。
ダンは体は電気で光ってます。私の指示に従うのだと吹き込むリガス博士。
ゴムのスーツを着せてます。これで放電せずにいられる。

そんなところにローレンス博士が見に来ます。
何しろ家中が停電しそうになってたのでそうなる。

リガス博士に何事だと聞くローレンス博士。
電気人間ですとそのまま説明するリガス博士。自慢しています。
優秀な者に操られる未来の労働者ですと自説を展開してる。

これは犯罪だと電話で通報しようとするローレンス博士。
リガス博士はダンに命じて止めようとする。これで退場となるローレンス博士。

ローレンス博士が死んだのでリガス博士はどうする?。
ダンにお前が殺したと吹き込んでます。実際に殺したけど。
ダンの放電させ電気を抜くリガス博士。これで光らなくなるダン。

そんなとこにジューンとマークのクルマが戻る。
研究室に入ったジューンはビックリ。
ダンがローレンス博士の首を絞めたと説明するリガス博士。まあだいたい合ってる。
俺が殺したと話すダン。命令通りにしてます。

新聞の見出しです。
電気人間がローレンス博士を殺害。

オフィスにて。
地区検事ラルフ・D・スタンリーが登場。
スタンリー地区検事に面会に来たジューン。ダンは潔白ですと主張する。
検事の反応は悪い。自供だけで証拠はないが陪審員団は自供を信用するだろう。

ラジオニュースです。
電気人間ダン・マコーミックの話題になってます。

研究室にて。
これを聞いてるリガス博士。ジューンが来ます。
会話からジューンの伯父さんがリガス博士のようです。

そんなことに検事ともう1人が来ます。多分は刑事だと思う。
リガス博士からの事情聴取です。
表向きの研究ノートを見せてるリガス博士。電気の耐性についてのノートです。

別室ではマークも来てジューンと話し込んでます。
犬が話せたら真相がわかるのにとジューン。

研究室にて。
検事はリガス博士の証言に納得して帰ってしまう。それじゃダメじゃん。
ダンは精神障害云々の話しになってます。裁判ではリガス博士も証言するようです。

当局にて。
すっかりやつれたダンの事情聴取になってます。
精神鑑定の先生がダンに色々と聞く。リガス博士もいます。
先生はダンが施設で殴られていたことがトラウマになってローレンス博士を殺したと話しを進めています。先生の方が大丈夫なのかと思える。
結局虐待の記憶によるうつ病状態にありますと診断する。しかし精神障害はなく責任と問えるとか。そんな感じで検察に都合のいい診断です。

裁判にて。
精神鑑定の先生の証言。精神障害はなく責任は問える。
マークの証言。ダンに好意的な証言。
リガス博士の証言。適当なことを言ってます。
検死医の証言。絞殺です。首が折れた。
陪審の評決ですがアッサリと有罪で死刑となってます。

新聞の見出しです。
ダン・マコーミックは電気椅子へ。科学者殺人犯は5月29日に処刑。

ラジオニュースです。
電気芸人が電気椅子とは皮肉だと言ってます。
ところで英語は文法で同じ単語の重複は禁じてますが、似た単語で韻を踏むのはよくやってます。面白い傾向です。

研究室にて。
ラジオニュースを聞いてるリガス博士。

日付のカレンダーがめくれるモンタージュが入ります。
これは古典的なモンタージュなんです。いいものです。

5月29日の刑務所にて。
もう神父の話しが終わってお迎えが来てます。

電気椅子の処刑では直接のシーンはありません。
連行されたダン。ドアが閉まり見えなくなる。
配電盤室でスイッチを入れてメーターが上がる。
新聞記者が電話で直接見えないことを適当に実況して会社に伝える。

そんなわけでいつの間にか電気椅子での死刑は終わってます。
配電盤室ではメーターがおかしいとか。死刑室に電話してる。
配電盤室のマイク。看守のチャーリー。

3回やっても死なないダンと電話実況してる新聞記者。
そんな感じで大騒ぎになってます。

帯電して光ってるダンは刑務所長を人質に脱走してます。
そのまま門に放電して破って脱走してるダン。刑務所長がどうなったかわからん。
また大騒ぎになってダンを捜索する。

検事のオフィスにて。
ここに新聞記者達が押し寄せて取材してる。
彼の寿命は3時間以内と断言してる検事。そんな設定は始めて聞いた。編集でカットし過ぎて設定説明シーンが抜けたのか?

ラジオニュースにて。
近くの森で刑務所長の死体を発見とやってます。他にもすでに3名が死亡。
警戒警報となってます。

森にて。
釣りに来ていた中年夫婦にダンが迫る。
クルマにいた奥さんがダンがクルマに触れたので感電して死に至る。
遅れて来た旦那はゴム長靴をゲットしたダンを目撃する。
公衆電話で通報する旦那。

検事のオフィスにて。
電話の通報を聞いてる検事。会話からフランク・デイビスにグレタと名前がわかる。
湖の釣り場で女房が男に襲われた。
ダン・マコーミックが湖の釣り場に現われてゴム長靴をゲットしたとわかります。
そんなわけで当局とマスコミが出動する。
場所ですがザ・ムーアズの近くとのこと。そうなると研究所の近くです。

森にて。
ゴム長靴を履いたダンが移動中に荷馬車を止める。
荷馬車には干し草と大勢の人達が乗ってます。そんなわけで大騒ぎになってます。
御者が鞭でダンを打ったら逆に感電してます。
電撃で干し草に火が点いて荷馬車が暴走する。荷馬車から落ちる人のスタントも入る。
荷馬車は横転してようやく止まってます。

ザ・ムーアズにて。
ここに押し寄せてる当局とマスコミのクルマ。
犬もいたりします。

研究室にて。
ジューンは研究ノートを調べてます。
そんなとこにリガス博士が来てこれを読むがいいと自分の研究ノートを見せる。
ダンが脱走して研究は完成したとご満悦なリガス博士。
わざとダンを電気椅子に送ったリガス博士。殺人をやらせて、精神鑑定もやらせて、電気椅子も実際にやらせた。これで私の研究は完璧だとなってます。

動物実験ではメスの方が電気に敏感だったと言い出すリガス博士。
そんなわけでジューンを台に拘束して実験を始めてます。何でそうなる?→B級映画なのでそうなります。。

唐突にダンが来てリガス博士に迫る。止まれと命じても止まらない。
逃げたリガス博士ですがドアノブ越し感電して死に至ります。
ダンはゴムで出来た特製の帯電服を来てジューンを助けたのはいいが抱っこして運ぶ。→B級映画なのでこうなる。
ジューンはダンを説得しようとするがダメです。

そんなところに当局とマスコミのクルマが到着してます。
まずは研究室のリガス博士の死体を発見します。

森にて。
ジューンを抱っこして移動するダン。追跡する当局とマスコミ。犬もいる。

鉄条網にかかったダン。
これを見たマークは帯電服が切れたら大変だと前振りの説明する。
そんなわけでジューンを助けに行くマーク。

無事に逃げたジューン。
ダンは鉄条網にひっかかり帯電服が切れ放電して死に至る。
帯電しなくなった死体のダンに犬が懐いてます。

エピローグ
ジューンとマーク。
この研究ノートをどうしましょうとなります。
マークは最初は公表してピューリッツァー賞だと意気込む。
ジューンは第2のダンが出てしまうと反対する。
そんなわけで研究ノートを燃える暖炉に放り込むマーク。
犬は研究ノートが気になるようです。
エンドとなります。

A Universal Picture
キャスト


そんなわけで普通のB級ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.24

『透明人間の逆襲』

この作品は、ジョー・メイ監督、セドリック・ハードウィック、ヴィンセント・プライス主演の透明人間ドラマの続編のようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1940年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆81分
原題◆The Invisible Man Returns
プロット◆透明人間になって無実を証明する話しのようです。
音楽◆ハンス・J・サルター、フランク・スキナー

キャスト
セドリック・ハードウィック→ジェフリーの従兄弟リチャード・コブ
ヴィンセント・プライス→無実の透明人間ジェフリー・ラドクリフ
ナン・グレイ→ジェフリーのガールフレンド ヘレン・マンソン
ジョン・サットン→協力者のフランク・グリフィン医師

セシル・ケラウェイ→サンプソン刑事
アラン・ネイピア→嫌味なウィリー・スピアーズ
フォレスター・ハーヴェイ→宿屋の主人ベン

ジョー・メイ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の透明人間ドラマになってます。

キャストは豪華です。いい俳優が出てます。とても続編とは思えないぐらいよいです。
クロード・レインズだけの前作『透明人間』(1933年)よりいい。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

A Universal Picture
タイトル
Universal presents
The Invisible Man Returns

原作 H・G・ウェルズ
with
Cedric Hardwicke Richard Cobb (as Sir Cedric Hardwicke)
Vincent Price Geoffrey Radcliffe
Nan Grey Helen Manson
John Sutton Doctor Frank Griffin
Cecil Kellaway Sampson
Alan Napier Willie Spears
スタッフの紹介
The Players
Cedric Hardwicke Richard Cobb (as Sir Cedric Hardwicke)
Vincent Price Geoffrey Radcliffe
Nan Grey Helen Manson
John Sutton Doctor Frank Griffin
Cecil Kellaway Sampson
Alan Napier Willie Spears
Forrester Harvey Ben Jenkins
監督 ジョー・メイ
タイトルバックは霧の森です。

ラドクリフ邸にて。
ここの召使い達が主人のジェフリー・ラドクリフの心配をしてます。
何しろジェフリーは2時間後に死刑になるからです。
男3人、おばさん1人。執事はジェフリーに同情的。そうでもないオッサンもいる。
紳士でも殺人はする談義になってます。
おばさんはマンソンさんの心配をする。ジェフリーのガールフレンドみたい。
コブさんとはジェフリーの従兄弟リチャード・コブのことです。

別室にて。
そのヘレン・マンソンとリチャード・コブ。
暗い雰囲気でジェフリーの話題になってます。
そんなところに医者のフランク・グリフィン先生が来ます。

ヘレンにお願いされて内務大臣に電話するリチャード。
しかし内務大臣はスコットランドに行ってて連絡がとれません。

刑務所にて。
フランクがジェフリーに面会に来てます。刑務所長は許可してます。
時計が進む描写が入ります。

神父がジェフリーをお迎えに来てます。
しかし肝心のジェフリーが消えていて大騒ぎになります。

サンプソン刑事のオフィスにて。
電話でお呼びがかかるサンプソン刑事。演じてるのはセシル・ケラウェイです。
死刑囚ジェフリーが脱獄。フランクが面会に来てた。

刑務所にて。
サンプソン刑事一行が来て看守達から事情聴取になってます。
看守の1人はボブ。

森にて。
何だか透明人間が移動中です。
木に目印。その下にトランクがあります。服一式が入ってる。
そんなわけで服を着てる透明人間のジェフリー。

ラドクリフ炭鉱にて。
ここにフランクがいます。会社の専属医といった感じ。
リチャードが来ます。ジェフリーが脱獄したと伝える。ヘレンもいなくなった。
助けるためにジェフリーの居所を教えてくれとリチャード。しかしフランクは知らないと答える。
協力しないフランクにプレッシャーをかけるリチャード。この医療部門を閉鎖すると言い出す。

炭鉱の労働者達はジェフリーを支持してます。
そんな労働者達に働けと嫌味を言う上司ウィリー・スピアーズが登場。
そんなとこに警察のクルマが来て大騒ぎになってます。

フランクから事情聴取のサンプソン刑事。
フランクの兄が亡くなった話しをするサンプソン刑事。透明人間になる薬を発明して破滅した天才科学者だった兄。
会話から9年たったとわかります。『透明人間』は1933年製作。
葉巻を勧めて雨や煙なら透明人間が見えると言ってるサンプソン刑事。
部下刑事に張り込めと命じていなくります。

古びた宿屋にて。霧の森です。
ここに泊まってるヘレン。宿屋の主人のオッサンの名前はベン。
飛び込みの客ではなくフランクの患者が静養に来る宿屋らしい。

そんなとこで番犬が激しく鳴いてます。そうなると。
森の中から怪しい男が接近してきます。黒メガネに顔に包帯を巻いてるジェフリーです。
迎えるヘレン。ビックリしてるベン。

ヘレンとジェフリー。
元通りになるわと言ってるヘレン。
番犬が鳴いてるので激昂するジェフリー。もう薬の副作用が出てるようです。
マイケルを殺した犯人を見つけるつもりのジェフリー。
それでも正気を失ったら私を鎖につないでくれと言ってます。
そんなわけでフランクに協力してくれと言われてるヘレン。

フランクの研究室にて。
もう透明になったモルモット使った動物実験をやってます。
薬を注射します。まずは血管から見えて実体化してます。これで成功だと思ったらモルモットは死に至ります。失敗です。
溶暗になります。

森にて。
つながれて鳴いてる番犬に気がつくお巡りが登場。番犬の飼い主は知ってるお巡り。

宿屋にて。
ヘレンとジェフリーは寝ています。ヘレンは椅子で寝ている。
起きたジェフリー。黒メガネを外して鏡を見ると包帯の中は空っぽです。
そんなとこにベンが朝食を持ってきます。これはビックリのベン。
とにかく朝食を受け取るジェフリー。苛立ってヘレンにあたり散らす。

番犬を連れたお巡りが来ます。これは大変。
とりあえずベンは誰もいないと言ってる。しかしお巡りは調べさせろとなる。

押し入ったお巡りは部屋まで来てしまう。
ジェフリーは職権乱用だと言ってお巡りを追っ払う。
ここから出ていくとジェフリー。フランクに会いに行く。

しかしお巡りは電話でサンプソン刑事に通報してる。
サンプソン刑事はジェフリーに服を脱がさせるなと命じてますが何だかわからんお巡り。
お巡りが部屋に行くとヘレンは気絶して、脱いだ服が残されてジェフリーはいない。

時間が経過して警察が押し寄せてます。
サンプソン刑事とお巡りの会話からヘレンもいなくなったようです。
まあヘレンは囮だから泳がした方がいいだろうと言ってるサンプソン刑事。
窓付近から指紋が検出されてジェフリーと一致してます。

ラドクリフ邸にて。
帰宅してるヘレン。
リチャードは一応心配してます。何の心配なのかは不明。
このへんでリチャードを演じてるのがセドリック・ハードウィックとわかる。
セドリック・ハードウィックですが現在ならレイフ・ファインズぐらいになると思う。

フランクの研究室にて。
ノックの音がしたが誰もない。新聞だけが移動してます。
フランクとジェフリー。
新聞の見出しですがジェフリー・ラドクリフが脱獄と大きく出てます。
ジェフリーから血液採取をしてるフランク。
どれくらいで気が狂う?と聞いてるジェフリー。2週間か3週間と答えるフランク。

そんなところに誰かが来ます。嫌味なスピアーズです。
口論になるフランクとスピアーズ。
人体に危険な坑道に入るなと指示したフランクが気にくわないスピアーズ。
フランクを首にしてやるとスピアーズはいなくなる。
スピアーズを無能な夜警のくせにとこき下ろすジェフリー。

どうやら警察が来てるようでここからズラかるジェフリー。
受付のナースはドアだけ開いてのでビックリ。

クルマで移動中のスピアーズ。
勝手にボンネットが開く。クルマを止めるとディストリビューターが外れる。
そんなこんなで声が聞こえてきます。直せないぞ・・・

悪魔だと森に逃げるスピアーズ。
スピアーズをあざ笑う声。悪魔の次は幽霊となってるスピアーズ。
声はジェフリー・ラドクリフと名乗る。幽霊にしてます。
気絶したスピアーズを水に浸けて気がつかせる。これは夢だろうとなってるスピアーズ。

ネクタイで首を絞めて刑務所に入ったのはお前のせいだと責めるジェフリー。
リチャードに嘘を強要されたと言い出すスピアーズ。マイケルが殺されたあとにリチャードで出てきたと話す。

錯乱したスピアーズは自宅に帰ってます。
ホッとしたとこで窓からジェフリーが侵入してるが気がつかない。
荷物をまとめて逃げる準備のスピアーズ。トランクが閉まらないでロープを出す。
それを待っていたとジェフリーが声をかける。これはビックリのスピアーズ。
どうやらスピアーズは殺さずにロープで縛るだけのようです。

ラドクリフ邸にて。
リチャードがいる部屋のドアが開いてます。まだ気が付かないリチャード。
ヘレンが来ます。リチャードと話しになる。
ジェフリーのことは知らないと答えるヘレン。
アメリカにジェフリーを逃がすから全て話してくれと持ちかけるリチャード。

いきなりジェフリーの声がします。これはビックリのリチャード。
デスクの紙とペンを出しリチャードにマイケル殺しの自白を書けと迫るジェフリー。
リチャードは無人で揺れる揺り椅子に向けてリボルバーを乱射して逃げる。

リチャードが階段を降りたとこで執事がビックリしてます。
まだいたサンプソン刑事がリチャードを落ち着かせる。
サンプソン刑事は葉巻の煙でジェフリーの姿を確認してる。
警察はスモークマシンを装備してます。これでジェフリーの存在を確認出来るはず。
そんな感じで大捜索になってます。

リチャードはロンドンに行きたいと主張する。刑務所なら安全だとなってる。
サンプソン刑事はここにいなさいと説得してる。

外は雨が降ってます。そうなるとジェフリーは不利になる。
ドアが開いたとこで雨で姿が確認出来たジェフリーが撃たれてまた中に逃げる。弾は当たってはいません。

サンプソン刑事に雨で見えました。中に入ったと報告するお巡り。
そんなわけでスモークマシンから煙が吹いてます。

ガスマスクのお巡りにがジェフリーに捕まって部屋に引っ張り込まれる。
そうなるとジェフリーはお巡りに変装出来るわけです。

ヘレンとコンタクトするガスマスクのジェフリー。
気絶したふりのヘレンを抱っこして運ぶガスマスクのジェフリー。
スモークマシンで煙を出しすぎたりしてそのどさくさで逃げてます。

2階に鍵がかかった部屋がありますと報告を受け突撃する警官隊。
そこにいたのはガスマスクと装備をとられて縛られたお巡りでした。
しょうがないなといった感じのサンプソン刑事。

フランクの自宅にて。
張り込むが2人います。お巡りのブリッグスと刑事。
木の上で音がしたので刑事はブリッグスを呼ぶ。そうしたら猫でした。ブリッグスは先ほど言われたセリフ。『またとあとで、生きてたら』と返してます。昔のハリウッド作品はセリフが気が利いてる。

実は木の上にはジェフリーもいました。
枝から屋根、屋根から窓、カーテンを開けて入り込んでます。
電話をするジェフリー。フランクの研究室にかける。

フランクの研究室にて。
ヘレンとフランク。
フランクにスーツを借りると伝えてくれとジェフリー。
ジェフリーに祝福すると言われてフランクの様子がおかしくなる。
それどころではないだろといった感じ。実は薬が出来る見込みは非常に少ないからです。
ヘレンはこのことをジェフリーには言わないでとフランクに頼んでます。

フランクの自宅にて。
3人で食事になってますがジェフリーの機嫌がよすぎる。
人間は鈍感だ。猫や犬は私に気がつくのに人間は全く気が付かないとこき下ろすジェフリー。
フランクはリチャードとスピアーズを警察に突き出せばジェフリーは自由になれると提案する。

しかしジェフリーはすっかり全能感にとらわれてどうにも止まらない。
サンプソン刑事なんて関係ない。

フランクはワイングラスを割って代わりのグラスに鎮静剤を入れる。
これをジェフリーに飲ませようとするがなかなか飲まない。
正気を失ったら縛る話しもするがジェフリーは聞いてない。

とりあえず乾杯だと何とかしようとするフランク。
服従しない者は破滅させてやるとジェフリー。こまったものです。
それからジェフリーは部屋から出てってしまう。ワインは飲まず。
これで失敗なのか。

ヘレンとフランク。
副作用だと説明するフランク。とにかく鎮静剤入りワインを飲ませるんだとなる。

ジェフリーですが戻ってきました。顔の包帯はとってガウン姿になってます。
すぐに脱げるからこれで逃げやすくなるとうそぶくジェフリー。

ようやく乾杯になります。誇大妄想が激しいジェフリー。
やることがあるとまだ言ってるジェフリー。リチャードに会いに行く。
鎮静剤が効いて倒れるジェフリー。フランクはジェフリーを別室に連れて行く。

それはいいけど外で部下刑事がクルマで到着してます。

フランクはもうジェフリーは無罪確定なんだから警察を引き渡しと方がいいと言い出す。
椅子に拘束したジェフリーが気がついてます。落ち着いたふりをしてます。
拘束してくれて感謝してると言ってる。
フランクはまず証拠を警察に渡してジェフリーを無実にしてそれから解毒剤を研究するという段取りを説明してます。
水をくれと要求するジェフリー。水を取りに行くフランク。

水を持ってきたフランクにその水をかけて殴打し昏倒させるジェフリー。
拘束の鍵をゲットし解錠してズラかります。

大騒ぎになったので警察も来てます。
そんなこんなでジェフリーは逃げてしまった。

ラドクリフ邸にて。
寝てるリチャード。そばにはハンドガンがあります。
そのハンドガンをゲットするジェフリー。リチャードの目を覚まさせる。
リチャードはジェフリーにお前は見えないだけだと元気なとこをみせてます。
見張りのお巡りは残ってるのでハンドガンを脇に挟んだ状態でリチャードを外に出そうするジェフリー。

まずは部屋の外のお巡りをジェフリーがノックアウトしてます。
予定外のリチャードの不手際に嘘をつくのが得意なのに何だと突っ込むジェフリー。

玄関のお巡りに外の空気が吸いたいと声をかけるリチャード。
それはダメですとなるお巡り。まあそうなる。
会話からドア番のお巡りはビルとわかります。呼ぶけど当然返事はない。
玄関のお巡りがビルのとこへ行った隙に外に出るリチャードとジェフリー。

ラドクリフ炭鉱にて。
ここにクルマで来てるリチャードとジェフリー。
クルマから下ろしてどこに行くのかと思ったらスピアーズの自宅です。社宅なのか。

スピアーズの自宅にて。
マットの下にキーがあるとリチャードに玄関ドアを開けさせるジェフリー。
スピアーズですが首吊り寸前の状態になってます。
リチャードにスピアーズの猿ぐつわを外させ喋らせるジェフリー。
リチャードがやったのを見たと話すスピアーズ。レンチで殴った。
ここでリチャードはスピアーズが乗った踏み台を蹴倒して逃げようとする。これでスピアーズは首吊り状態になる。やることが凄いなリチャード。やるじゃん。
真っ暗になったとこで格闘アクションになってます。お互いに相手が見えないので条件は同じだ。

スピアーズの自宅で大騒ぎになってるのでやじ馬が集まってます。
また酔って暴れてどうしようもない奴だとあきれてます。全く評判が悪い男です。
中はまだ格闘アクションをやってます。

リチャードは外に逃げる。追うジェフリー。やじ馬はビックリ。
そんな感じで追っかけで大騒ぎになってます。

リチャードは斜面にトロッコを引き上げてるとこを登ってます。
その先はトロッコの中味をぶちまけるとこです。ぼた山なのか?
ジェフリーは追ってます。

トロッコに乗せたリチャードとまた格闘アクションになってるジェフリー。
サンプソン刑事のクルマも到着してます。
トロッコは中味をぶちまける地点に接近してます。これは大変。

サンプソン刑事はトロッコにめがけて撃ちます。
これでリチャードは助かったと思ったら中味ぶちまけ地点に達してトロッコから放り出され大転落になってます。普通は死ぬ。

ヘレンはジェフリーを呼んでるが返事はない。
転落地点等で大捜索になってます。下はリチャードのみ。上にもいない。

お巡りがヘレンにリチャードがあなたを呼んでると伝える。
ジェフリーが心配なので行きたくないがしょうがないで行くヘレン。

ハシゴを透明な何者かが降りてます。そうなるジェフリーは死んでない。撃たれているかもしれないが。

瀕死のリチャードとヘレン。
私がマイケルを殺したと自白して死に至るリチャード。名演です。

そのへんの畑にて。
ジェフリーが畑の案山子に謝って服を拝借してます。

研究室にて。
ヘレン、フランク、サンプソン刑事。
ジェフリーとどうなったと話し込んでます。
どこかで死んでるわと悲観的なヘレン。

何だか外が騒がしくなってます。
それは案山子の服が歩いてるからです。ジェフリーです。
そんなわけで研究室に収容されるジェフリー。

ベッドに寝かされてるジェフリー。大けがをしてます。
輸血しなければとフランク。そんなわけで外に言って輸血ボランティアを募る。
輸血ボランティアは大勢いました。ジェフリーは炭鉱労働者に人気があるんです。

フランクとサンプソン刑事。
輸血の結果は?なる。ジェフリーは内出血で死ぬだろうとフランク。
手術が出来ればとフランク。見えないで出来ない。
解毒剤を使おうと言い出すフランク。もう完成してたの?

そんなとこをヘレンが呼んでる。
ベッドのジェフリーの血管が見え始めてます。そうなると元に戻るのか。しかしそうなるとジェフリーは死に至ることになる。

新しい血液が解毒剤だと言い出すフランク。
そんなわけでジェフリーは無事に元に戻ったようです。
ヘレンは再会するジェフリー。
エンドとなります。
A Universal Picture
キャスト


そんなわけで続編にして出来がいいB級ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.18

『パディントン』

このパディントン映画の感想はネタバレ全開になっています。
ポール・キング監督、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ニコール・キッドマン主演、ベン・ウィショーVCのファンタジーコメディのようです。

2014年 Heyday Films production/Canal+ Ciné+ TF1 and Amazon Prime instant Video/TF1 Films Production/Anton Capital Entertainment S.C.A/StudioCanal 英国作品
ランニング・タイム◆97分
原題◆Paddington
プロット◆喋るクマで色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆ニック・ウラタ

キャスト
ヒュー・ボネヴィル→普通の英国人ブラウンさん
サリー・ホーキンス→優しいブラウン夫人
マデリーン・ハリス→女の子のジュディ
サミュエル・ジョスリン→男の子のジョナサン
ジュリー・ウォルターズ→同居してるバードさん

ジム・ブロードベント→骨董店のグルーバーさん
ピーター・キャパルディ→隣りの偏屈なカリーさん

ニコール・キッドマン→はく製が大好きのミリセント
ケイヴァン・ノヴァク→手下のグラント

マイケル・ボンド→Kindly Gentleman
マット・ルーカス→Joe
ジュード・ライト→Tony

声の出演
ベン・ウィショー→クマのパディントン
イメルダ・スタウントン→クマのルーシーおばさん
マイケル・ガンボン→クマのパストゥーゾおじさん

ポール・キング監督の演出はよいと思います。
全体的にアクションコメディになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

StudioCanal
Heyday Films
プロローグ
The Geographers Guilds of Great Britain
暗黒の地ペルー。未開の広大な自然。謎の世界だ。これまではね・・・
英国の探検家が登場。荷物を一杯持たせて大名旅行といった感じ。
飛行機はダグラスDC-3です。そんな時代だ。
ペルーでクマと知り合いになる探検家のオッサン。
プレゼントのの1つがマーマレード。これはクマは大好きでしょう。
ロンドンのスノーボールを見せてます。訪ねて来なさい・・・
クマ2匹は喋れます。映画なので当然英語だ。
ルーシーおばさんとパストゥーゾおじさんはロンドンに来たら歓迎するよと言われます。

それから何年も過ぎ・・・
モノクロからカラーになってます。
ルーシーおばさんとパストゥーゾおじさん。それに子グマの主人公。

タイトル
StudioCanal presents
in association with Anton Capital Entertainment S.C.A.
in co-production with TF1 Films Production
with the participation of Canal+ Ciné+ TF1 and Amazon Prime instant Video
a Heyday Films production

Paddington

Hugh Bonneville Henry Brown
Sally Hawkins Mary Brown
Julie Walters Mrs. Bird
Jim Broadbent Mr Gruber
Peter Capaldi Mr Curry
Matt Lucas Joe
Kayvan Novak Grant
Madeleine Harris Judy Brown
Samuel Joslin Jonathan Brown
Michael Gambon Uncle Pastuzo (voice)
Imelda Staunton Aunt Lucy (voice)
with
Nicole Kidman Millicent
and
Ben Whishaw as the voice of Paddington
スタッフの紹介
タイトルバックはクマのいる風景です。

ペルー奥地にて。
クマ3匹でロンドンの話題になってます。40年経ってるようです。
SPレコードでロンドン生活の勉強をやってます。
そんなところに怪しい感じになってます。地震のようです。
シェルターに避難しろとなって樹の上の自宅から避難してます。
この騒ぎでパストゥーゾおじさんは帽子を残して退場となります。

川を小舟で移動するルーシーおばさんと子グマ。
ペルーの港に付いて船に乗ってます。救命ボートに隠れて密航する段取りの子グマ。
ルーシーおばさんは行かない。老熊ホームに入るとか。そんなのがあるのか。
ロンドンで新しい家を探しなさいとなってます。
帽子をもらって救命ボートに隠れる子グマ。トランクにはマーマレードのビンが入ってます。

密航中にて。
マーマレードを舐めて食事の子グマ。ビンがたまって行きます。
何だかトランクに入ってるよりビンが多いような感じですがあまり気にしない。

ロンドンにて。
無事に密航した子グマ。荷下ろし中なので隠れてます。
ちょうど郵便貨物に隠れたので郵便トラックの荷台に放り投げられる。
そのままトラックでロンドン市内に入ってます。
ロンドン橋は吊り橋でもないのに吊り橋風の飾りがしてあります。そんなわけで機能美とは無縁な橋です。

駅に着いてます。子グマは駅に入り込む。
クマなのに人間からは無視されてます。誰も話しをしない。

夜も更けてまだ1人きりの子グマ。
鳩が大勢来て非常食のマーマレード・サンドを全部やることになります。

そんなとこに電車から降りたブラウン一家が通り掛かります。
旦那のヘンリー・ブラウン氏。
ブラウン夫人メアリー
女の子のジュディ
男の子のジョナサン

旦那は怪しい奴がいる。目を合わせるな。関わってはいけないと言ってる。
クマって怪しい奴なのか?。まあいいけど。
ブラウン夫人は子グマに声をかけてます。子グマの迷子札を見てる。

カフェにて。
ブラウン氏と子グマ。名前の話しになってます。

そんなこんなで名前が決まります。
クマの名前はクマ語だと人間には発音が難しい。英語名にしないと。
ブラウン夫人がここの駅名のパディントンがいいと提案してます。

街にて。
タクシーで移動のブラウン一家とパディントン。
運転手はロンドン観光で気を利かすというかボッタクリの遠回りをしてます。

ブラウン氏の自宅にて。お洒落な感じの家ががつらなる住宅街です。
いい気分のパディントンに泊めるは今夜だけと言われてしまう。
このままだと養護院に入る段取りのパディントン。
探検家の話しになってます。居場所がわかればパディントンを引き取る。
ブラウン氏は自宅の保険をかけ直してます。何しろリスク管理が仕事なのでそうなる。クマがいるのでと説明してる。
この家にはおばあさんがいます。バードさん。パディントンの話題になる。

その頃パディントンは歯ブラシで耳の穴を掃除していた。
そんな感じで洗面所で色々とやらかしてます。トイレの水を全開にしてまき散らす。

屋根裏部屋に寝かせるとか。探検家を見つければとか。議論は続く。
ジュディのボーイフレンドの名前はトニー。
ブラウン氏は早く保険をかけてくれと電話してる。
それで浴室のドアを開けると大洪水となるわけです。ここだけ『シャイニング』(1980年)の血のエレベーターみたいになってます。当然ミニチュアではありません。
そんなわけで大騒ぎになってます。風呂桶に乗って1階のリビングまで到達してるパディントン。

屋根裏部屋にて。
予定通りにここにいるパディントン。
ルーシーおばさんに手紙を書いてます。熊の居場所がない冷たい街です・・・
ブラウン氏はリスク管理の仕事。
ブラウン夫人は挿し絵画家。まだ主役の顔が決まっていない。
ジュディは何でもキモイと言ってる。
ジョナサンは宇宙飛行士志望です。
親戚のバードさんが同居してる。家政婦ではないが同じような感じ。

パディントンとブラウン夫人。
英国の探検家がペルーに行った記録がない。
パディントンの古い帽子を骨董店で調べることになります。役所は後回しにする。
それはいいけど手紙はどうやって出すつもりなんだ?

自然史博物館にて。
はく製担当部長のがミリセントが登場。珍しい動物をはく製にするのが仕事です。
部下のグラントは港で珍しい動物を見たと報告する。パディントン駅で消えた・・・
そんなわけで興味津々なミリセント。

翌日の自宅にて。
朝の忙しい風景になってます。それぞれ出かけます。
パディントンはブラウン夫人と骨董店に行く予定。
隣りのカリーさんから昨夜の騒ぎのことで苦情を言われてます。うるさそうなオッサン。
何故かラテンのバンドが近所にいたりします。

駅にて。
改札から難儀してるパディントン。ようやく通過する。
エスカレーターで悩んでるパディントン。乗れない。犬は抱えての注意書きを見る。
そんなわけで犬を抱えてエスカレーターに乗るパディントン。その犬をどこから調達したのかは不明。
エスカレーターの右側に立つを実行するパディントン。少し違う。
そんなこんなで犬は飼い主のオッサンに回収されたりする。

グルーバーズ骨董店にて。
ここに来てるパディントンとブラウン夫人。
帽子を鑑定してもらう。そんなとこにスリがいて財布をすって落とす。
パディントンは落とし物ですとスリに言うと逃げるスリ。追うパディントンとなります。

街中にて。
スリを追うパディントン。
クルマで逃げてるスリ。クルマで通ってスリをやってるのか。
→1998 Volkswagen Golf IV [Typ 1J]
パディントンとロンドン名物の2階建てパスに乗ろうとするが先ほどの犬の飼い主のオッサンがいて乗れない。
それでも犬のリードを掴んでるパディントンはローラーボードに乗って移動する。
成り行きでパディントンは警官の帽子と呼び子をゲットしていたので警官が暴走と通報される。パトカーが出動してます。

パディントンは犬のリードとまた偶然ゲットした傘で空に浮くパラセーリングになってます。これでスリを追ってます。
学校のジュディが窓の外を見ればパディントンは飛んでいたりします。

偶然にスリを取り押さえるパディントン。お手柄です。
ジュディも知らないふりはやめてる。

グルーバーズ骨董店にて。
お手柄で歓迎されてるパディントン。
肝心の帽子の鑑定は?→地理学者協会メンバーのスタンプがあります。
次は地理学者協会です。

駅にて。
警備員2人が監視カメラのモニタを見てビスケットの話題になってます。
そんなとこに天井からミリセントが伺う。吹き矢で警備員2人を昏倒させて忍び込む。
何をするのかと思ったら監視カメラのビデオチェックです。パディントンを乗せたタクシーのナンバーを控えてます。
はく製にしてあげると1人で盛り上がってるミリセント。

自宅にて。
ブラウン氏とブラウン夫人が口論になってます。
1日だけだと言ってるブラウン氏。
新聞には毛皮の警官のお手柄と出てます。パディントンのことです。

パディントンとジュディは仲直りしてます。
バードさんがブラウン氏の昔の話しをする。

回想になります。
若い頃のブラウン氏はバイカーだった。ノートンのバイクみたい。
→1950 Triumph Thunderbird トライアンフでした。英国のバイクは似てるのでわからん。
その英国の古いバイクは日本の並列4気筒エンジンのバイク ホンダCB750とカワサキ900Z1に駆逐されました。
だからハリウッド映画で日本のバイクの扱いが悪いのか?英国のバイクだけど。

それはともかくブラウン夫人に子供が出来てバイクで病院に突入するブラウン氏。
子供が出来たらバイクはやめて安全が売りのボルボのステーションワゴンにしてます。
→1984 Volvo 240 [245]
これはまたエラい切り替わりです。

パディントンは清潔にしなさいとジュディに言われる。
そんなわけでシャワーと石鹸できれいにされるパディントン。
洗ったらドライヤーとブラシで仕上げです。

ブラウン夫人からダッフルコートをもらうパディントン。
コートと帽子でパディントンのおなじみのスタイルになるわけです。
そんな感じで2晩目もここに泊まるようです。

タクシーにて。
客になってるミリセント。運転手にクマの話題を持ちかける。
行き先は言えないと普通の対応の運転手。そうなると・・・

橋の下にて。
運転手を逆さ吊りにして拷問するミリセント。
アッサリとクマはウィンザーガーデンで下ろしたと喋る運転手。

ウィンザーガーデンの自宅にて。
公衆電話ボックスで張り込み中のミリセント。
そんなところに隣りのカリーさんがクレームを入れる。もう47分も電話してる。
ミリセントが外に出ると途端に態度を変えていいですよとなるカリーさん。
ここは手下が欲しいミリセントはカリーさんを口車で丸め込む。

地理学者協会にて。
ブラウン氏とパディントン。受付でペルーに行った探検家のことを聞く。
ここは書類カプセルを圧縮空気を使ってパイプでやり取りしてます。昔はこれが未来の姿でしたが現在ではレトロな風景です。
肝心の調査結果はペルーに行った探検家は誰もいないでした。これで終わりです。
ガックリとなるブラウン氏。で、パディントンまでいなくなった。

そのパディントンはブラウン氏に直接探しましょうとエレベーターに乗せる。
ブラウン氏はそもそも探検家なんているのか?とパディントンに聞く。
そうしたらブラウン氏を睨むパディントン。そういう睨み方でCGIのクマのメソッド演技が見れます。

4階にて。
ここの資料室に入る掃除婦に変装したブラウン氏。パディントンは台車に隠れてる。
受付のオッサンに絡まれるブラウン氏。ナンパされてるのか?
とにかく中に入り端末コンピューターで検索してます。

また受付のオッサンに絡まれるブラウン氏。検索はパディントンがやってる。
許可証の写真と大幅に違うブラウン氏。当然違います。
そんなこんなで古いフィルムをゲットしています。

用がすんだのでズラかるブラウン氏とパディントン。
パディントンが圧縮空気パイプ内にパンを詰まらせてパイプシステムが大爆発して大騒ぎの中を上手く逃げています。

隣りカリーさんの自宅にて。
ここに来てるミリセント。カリーさんを説得する。
クマは1匹でもあとになると大変なのよと持論を展開してます。
そんな感じでカリーさんをクマが1匹になったら電話してとなります。

グルーバーズ骨董店にて。
ゲットした古いフィルムを上映してます。古い映写機があるのはここぐらいなのかも。
プロローグのシーンになってます。そうなると本物で凄い手がかりだ。
これを見て感激のパディントン。スクリーンに接近して顔を突っ込むとモノクロからカーの世界に入ってます。
フィルムの最後にモンゴメリー・クライドと出ています。探検家の名前がわかった。

自宅にて。
何だかブラウン家になじんでるパディントン。
で、皆さんは用事で出かけパディントンの留守番となります。

隣りのカリーさんの自宅にて。
速攻でミリセントに電話するカリーさん。獣が1人きり・・・
しばらくしてミリセントが来ます。
正装してるカリーさん。終わったら食事にしましょうと言ってます。

自宅にて。
パディントンはセロテープに悪戦苦闘してます。
ミリセントはフル装備で天窓のガラスを外してロープで降下する。
電話番号を調べて電話してパディントンをおびき寄せて麻酔針で仕留める段取り。

しかし電話が鳴ってもセロテープでなかなか接近出来なパディントン。
そんなわけで麻酔針が外れてます。結果オーライというか怪我の功名になってます。

そんなこんなで催涙ガスが充満しての対決になってます。
隠れてるパディントンを探すミリセント。花びらが1枚落ちる。
落ちた花びらからピタゴラスイッチな展開になって最終的には大爆発となります。
黒味が入ります。

当然火事になってます。
ミリセントは証拠隠滅してとっととズラかってます。
パディントンは冷蔵庫に隠れてて何だかわからん状態。

ブラウン氏が帰宅したら全部パディントンのせいになってます。これは大変。
また口論になるブラウン氏とブラウン夫人。
この2人の会話か暖炉や通風口を伝わって屋根裏部屋のパディントンに聞こえる。
そんなわけで家出をするパディントン。

雨の夜にて。
俯瞰で傘だらけに雨が降るシーンが入ります。『海外特派員』(1940年)からの引用です。

雨の街を歩くパディントン。
何故かいつもいるラテンバンドの歌が入ります。
英国の長い帽子の近衛兵の詰め所で雨宿り出来たパディントン。
なけなしのマーマレード・サンドは鳩達にやってます。
そうしたら近衛兵が帽子の中からサンドイッチを出してパディントンに提供してます。
近衛兵の帽子には何でも入ってるようです。お茶も出てます。
ですが交代の近衛兵来たら詰め所から出されてるパディントン。

ベンチで寝ているパディントン。
東京のベンチは真ん中に金具を立ててベンチで寝られなくしてます。ホームレス対策ですがこれはやり過ぎで迷惑です。分断の象徴で普通の人達も迷惑です。

自宅にて。
パディントンの置き手紙を読むブラウン一家とバードさん。それでどうなる。
バードさんはこの家族にはクマが必要なのよと言ってます。

街にて。
パディントンはM・クライドの名前の住所リストを作ってました。
このリストを順に当たっていきます。

警察にて。
ブラウン夫人が訪ね人を依頼する。
赤い帽子、青いダッフル・コートのクマです。
しかし警察はそれだけではと渋ってる。何でそうなる。

街にて。
M・クライドさん達を訪ねるパディントン。空振りの連続です。
訪ねるモンタージュが入ります。

M・クライド 36番地。これが最後です。
呼び鈴を押すパディントン。あなたが最後なんです。しかしここも空振りでした。リストが尽きた。もうどうしようもない。
と思ったら9の表示が逆さになって6になってました。ここは39番地です。
向かいにマジで36番地があります。

36番地にて。
呼び鈴を押すパディントン。私の父よと答えてます。当たりです。
しかし声がミリセントです。そうなの?と意外な展開になる。

父は亡くなったのよとマジでミリセントです。それでどうなる。
で、家ならやるわと言ってるミリセント。

パディントンをワンボックスカーに乗せてるミリセント。
クルマにははく製の表示があります。これは大変。
そんなとこに隣りのカリーさんが来ます。ペルーに送り返すのではくなはく製なのかと動揺してます。
カリーさんを追っ払うミリセント。それでどうなる。

自宅にて。
電話です。匿名ですと言ってるけどブラウン氏は隣りのカリーさんですかと丸わかり。
いくら匿名にしても声でわかってました。こまったものです。
カリーさんはカリーさんでふられたら通報するのか。さすが陰険な英国人だ。
それはともかく自然史博物館でクマがはく製にされると知らせてます。

そんなわけでブラウン一家は出動してます。バードさんは別行動してた。
クルマはのステーションワゴンです。やはりボルポ。
→2014 Volvo V70 D4 SE NAV Gen.3

自然史博物館にて。
パディントンを案内するミリセント。有名なはく製が並んでます。
ミリセントの父は貴重な動物を見つけても蒐集はしなかった。
モンゴメリー・クライドがミリセントの父でした。

回想にて。
ミリセントの父は収集しなかったので地理学者協会で吊るし上げになる。
そんなわけで除名になるモンゴメリー・クライド。記録も抹消される。
動物園を始めたミリセントの父。動物園が嫌いになったミリセント。
回想は終わります。

で、あなたをはく製にすると宣言するミリセント。
これは大変と逃げるパディントンですが麻酔針1発で仕留められます。こまったものです。

クルマで来たけどさてどうする?となるブラウン一家。
下水道ならどこにでもつながってると伏線を回収してます。

警備員詰め所にて。
ここに来てるのはバードおばさん。

下水道にて。
無事に自然史博物館にたどり着いてます。しかしマンホールが開かない。
硝酸カリウムと硫黄があるとジョナサン。これも伏線を回収してます。
これが火薬になってマンホールを爆破して開けてます。

警備員詰め所にて。
バードおばさんは警備員に酒飲み勝負を挑む。何故か受ける警備員。
これは監視カメラをごまかすサポート作戦のようです。なるほど。

機械室にて。
ブラウン一行は主電源スイッチを切ってます。そうなると。

はく製作業室にて。
電源切れてパディントンはく製作業は中断します。
主電源を見に行くミリセント。

上に出たブラウン一行。
パディントンを助けに行けるのは私だけだとカッコいいブラウン氏。
ついでにブラウン夫人とキスをしてます。これはビックリの子供2人。
ブラウン夫人は決まっていなかったキャラの顔が決まる。旦那の顔です。

ブラウン氏は窓からおっかなびっくりで外壁を伝って移動となります。
雪が降ってるし落ちたら普通に死にます。

ようやくパディントンのいる窓に達するブラウン氏。結構早い。
大声で呼んでようやく起きてるパディントン。

ミリセントは主電源のスイッチを入れてます。
侵入者にも気がつきます。それでどうなる。
非常ボタンを押すミリセント。そうなるといっせいに窓のシャッターが閉まる。

脱出するパディントン。ミリセントに見つかって麻酔針攻撃を受ける。
何とかかわして逃げてるパディントン。追っかけになります。

標本室に逃げ込んだパディントン。
そうなると凝固して標本に擬態するのかと思ったがなかった。これも古典的なギャグなのであった方がよかった。

標本室を抜けて焼却炉の中に入るパディントン。
煙突をよじ登って屋上に逃げられる。煙突内は備品の充電式小型掃除機2個で吸い付かせてよじ登る段取り。

そんな感じで煙突内をよじ登ってるパディントン。
ミリセントは焼却炉を点火して全開にしてます。これは大変。

ジュディがクマの鳴き声を解読して屋上だとなって全員で移動となります。

煙突内をよじ登ってるパディントン。
片方の掃除機のバッテリーインジケーター3つが全部赤くなってます。これは大変。
まず掃除機1つがダメになってます。残り1個で必死こいて登るパディントン。
いよいよ2つともダメになって手を伸ばすパディントンですが届かず落下します。

落下したと思ったらパディントンの足を掴んで引っぱり上げるブラウン一行。
助かったパディントン。無事だと思ったらミリセントが出てきます。

そのクマをこっちによこせとミリセント。
それは出来ないは断るブラウン氏。パディントンは私達の家族だ。連れてくなら全員連れてけと大見えを切る。
それなら人間もはく製にしてやる言い出すミリセント。
これには弱気になるブラウン氏。

それはいいけど鳩がいたりします。ロンドンには鳩が多いらしい。
帽子の非常食のサンドイッチを出すパディントン。これをミリセントに投げる。
そうなると鳩がサンドイッチに集中して目くらましになる。
そんなとこにバードさんが屋上に出てフタが開けたらミリセントにヒットして落ちる。
これで解決のようです。落ちたミリセントは旗竿につかまっていてとりあえず無事です。

エピローグ。
自宅にて。雪が降ってます。
ブラウン氏が帰宅します。玄関ホールの壁の樹の花が咲いてます。途中で散ってました。
パディントンはいます。今日はマーマレードの日です。

老熊ホームに手紙が届いてます。そうなの?
彼女は刑務所行きではなく地域奉仕の罰になった。
それはミリセントが死ぬほど嫌いな動物園の仕事でした。

自宅がジオラマ風になってブラウン氏の家族の説明をするパディントン。
ジュディはトニーを連れてきてます。
ジョナサンはブラウン氏とロケット製作をしてる。
パディントンは屋根裏部屋が自室になってます。

ラテンバンドの歌が入ります。
外では雪合戦になってます。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールする
キャスト
スタッフ
後タイトルは7分ぐらいあります。


そんなわけでファミリーコメディのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.17

『パディントン2』

このパディントンの続編映画の感想はネタバレ全開になっています。
ポール・キング監督、ベン・ウィショーVC、ヒュー・ボネヴィル主演のファンタジー・コメディのようです。

2017年 Heyday Films Production/Canal+ Ciné+ and Amazon Prime instant video/Anton Capital Entertainment S.C.A./StudioCanal 英国=フランス作品
ランニング・タイム◆107分
原題◆Paddington 2
プロット◆絵本でムショ送りになる話しのようです。
音楽◆ダリオ・マリアネッリ

キャスト
ヒュー・ボネヴィル→普通の英国人ブラウンさん
サリー・ホーキンス→ブラウン氏夫人のメアリーさん
マデリーン・ハリス→娘のジュディ・ブラウン
サミュエル・ジョスリン→息子のジョナサン・ブラウン
ジュリー・ウォルターズ→同居人のバードさん

ジム・ブロードベント→骨董店のグルーバーさん
ピーター・キャパルディ→隣りの偏屈なカリーさん
ヒュー・グラント→俳優のフェニックス・ブキャナン

アイリーン・アトキンス→移動遊園地のマダム・コズロバ(as Dame Eileen Atkins)
トム・コンティ→気難しい判事
サイモン・ファーナビー→Barry the Security Guard

ベン・ミラー→近所の元大佐
ジェシカ・ハインズ→売店のおばさんキッツ

ブレンダン・グリーソン→コックのナックルズ
トム・デイビス→TボーンT-Bone
ノア・テイラー→フィブスPhibs
アーロン・ニール→スプーンSpoon 凶悪なオッサン スプーナー
ニコラス・ラムリー→ジャックFamer Jack
ヴァージル・エラナ→チャーリー 黒人Charley Rumble
ジェイミー・デメトリ→教授The Professor
ディーパク・アナンド→マッドドッグMad Dog
スティーブン・マクダード→金貸しジョニーJohnny Cashpoint
カル・マククリスタル→サー・ウィルコットSir Geoffrey Wilcott
ロバート・スティーブンソン→Jimmy the Snitch
ジェフ・バンクス→カナケリピートSqueaky Pete
エメソン・ノーリー→低音ボブDouble Bass Bob

声の出演
ベン・ウィショー→パディントン
イメルダ・スタウントン→ルーシーおばさん
マイケル・ガンボン→パストゥーゾおじさん

ポール・キング監督の演出はよいと思います。
前作から比べてまた全体的に『アメリ』(2001年)のようになってます。
私は人間と動物や異形の者が普通に会話する設定は好きなので普通に見れます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。
英国/フランスになってます。前作もそうなのかもしれない。

StudioCanal
Heyday Films
プロローグ
a few Bearears a go クマの暦で数年前
吊り橋のルーシーおばさんとパストゥーゾおじさん。
まだパストゥーゾおじさんか健在な頃です。
川に流されてきた子グマを救出する。

タイトル
StudioCanal presents
in association with Anton Capital Entertainment S.C.A.
with the participation of Canal+ Ciné+ and Amazon Prime instant video
A Heyday Films production

Paddington 2
屋根裏部屋の窓ガラスに出ています。

Hugh Bonneville Henry Brown
Sally Hawkins Mary Brown
Brendan Gleeson Knuckles McGinty
Julie Walters Mrs Bird
Jim Broadbent Mr Gruber
Peter Capaldi Mr Curry

Madeleine Harris Judy Brown
Samuel Joslin Jonathan Brown

Eileen Atkins Madame Kozlova (as Dame Eileen Atkins)
Imelda Staunton Aunt Lucy (voice)
Michael Gambon Uncle Pastuzo (voice)
Tom Conti Judge Gerald Biggleswade
Joanna Lumley Felicity Fanshawe
Noah Taylor Phibs
Aaron Neil Spoon
Jessica Hynes Miss Kitts
Ben Miller Colonel Lancaster
Sanjeev Bhaskar Dr Jafri
Robbie Gee Mr Barnes
with
Hugh Grant Phoenix Buchanan
and
Ben Whishaw as the voice of Paddington (voice)
スタッフの紹介
タイトルバックはロンドンのパディントンのいつもの風景です。
パディントンのモノローグが入る。

メアリー夫人は遠泳でドーバー海峡横断を目指す。
ジュディは振られて新聞を作る。
ジョナサンは蒸気機関車に入れ込むがイケてるタイプになる。
ブラウン氏は昇進出来ない。中年の危機になる。
近所の犬のウルフィ。パディントンの知り合いです。

グルーバー骨董店にて。
パディントンはルーシーおばさんの誕生日祝いの話しをする。
ロンドンの飛び出す絵本がいいとなるが高価です。

飛び出す絵本の世界に入りルーシーおばさんを案内するパディントン。
船に乗って来たルーシーおばさん。
ロンドンには鳩が多い。

これがいいとなるが何しろロンドンの飛び出す絵本は高価です。
働いてこの本を買いますと主張するパディントン。

パディントンのバイトの風景になります。
ジュゼッペさんの理容店で働くパディントン。
主人の留守に客のオッサンが来ます。そんなわけで無茶するパディントン。
マーマレードの無茶はあっさりとバレてオッサンは激怒してます。

マダム・コズロバの移動遊園地にて。
ブラウン一家と来てるパディントン。
有名な俳優フェリックス・ブキャナンの開場宣言の舞台を見てます。
バードさんに今の仕事はドッグフードのCMだけと言われています。

パディントンが開場宣言に呼ばれてます。
何も考えずにブキャナンに容赦なく突っ込みを入れてるパディントン。これで恨みを買ってます。
それはいいけどマダム・コズロバの高価な絵本のことまで言ってるパディントン。
ようやく開場宣言になってます。

で、パディントンとブキャナン。
絵本はグルーバーさんの店にあると喋ってしまうパディントン。
それでどうなる。

窓拭きの仕事をするパディントンの風景。
バケツが重くて上がらないギャグのシーンが入ります。
毛皮だから全身モップなので天職みたいなパディントン。とりあえず窓拭きをやってる。
近所のオッサンがビックリしてます。しかしきれいになってる。
そんな感じで窓拭き仕事のモンタージュが入ります。

窓拭きを断る大佐の窓もきれいにしてるパディントン。
そんなわけで大佐は向かいの売店のおばさんとお知り合いになってます。

自警団のカリーさんが怪しい獣がうろついてると主張する。
そんなシーンも入ります。

仕事に励んでビンにコインが貯まってるパディントン。
いつものバンドの歌が入ります。何故か窓拭きゴンドラにいたりします。

骨董店にて。
お金を貯めてここに来てるパディントン。
ブキャナンが泥棒に入ってるとこを発見して追跡するパディントン。

お巡りに見つかるパディントン。
骨董店に強盗。容疑者は小さなクマ。そんな感じでバレバレなパディントン。

自転車で逃走するブキャナン。犬を呼んで乗って追跡するパディントン。
鳥にぶら下がったりまた犬に乗ったりして追うパディントン。
そんなこんなで追いついたけどマジックでブキャナンに逃げられてしまいます。
そんなわけで残ったパディントンが容疑者になります。

骨董品でパディントンが強盗と近所中の評判になってしまいます。
自警団のカリーさんだけそうだと思っていたと容赦なく突っ込む。
護送されるパディントン。それでどうなる。

ブキャナンのアジトにて。近所です。
上手い具合になったとご満悦。バックには衣装を来たマネキンが多数あります。
有名キャラの名前を出してマネキン相手に喋ってます。
絵本の全てのヒントを集めれば財宝の場所がわかるようです。これで大金持ちになれると意気込むブキャナン。

TVにて。
ブキャナンのドッグフードのCMが放映されてます。
犬の着ぐるみを被ってドッグフードを食べてるブキャナン。

法廷にて。
パディントン被告が裁かれます。
ブラウン氏は判事さえ公平ならと何とかなると言ってます。
しかし判事はあの理容店のお客のオッサンなので心証は非常に悪い。
英国の法廷では関係者全員は妙なかつらを付けてるので関係ないと思えるが。

証人が登場します。
骨董品のグルーバーさんは好意的。
最後にブキャナンも証言してます。一応目撃者ですが堂々とパディントンの主張する犯人を見ていないと証言してます。

そんなわけでパディントン・ブラウンは重窃盗罪で10年の刑となります。
ついでに理容店での乱暴行為のことも言われてます。

刑務所にて。
独房のパディントン。ルーシーおばさんに手紙を書く。
ウィンザー・ガーデンから引っ越しました。これは微妙に違います。
由緒ある建物でセキュリティは万全。これは当たらずとも遠からず。

街にて。
ブラウン家はメアリー夫人の描いた人相書きをそこら中に貼ってます。

ロンドンの博物館にて。
ここに甲冑姿で擬装して忍び込んでるブキャナン。
絵本の暗号をしらべてます。ここはDとわかります。

刑務所にて。
凶悪なオッサン スプーナーに脅かされるパディントン。
洗濯仕事になるパディントン。赤い靴下の片方を洗ったら一緒に入れてた囚人服が赤が薄くなってピンクに染まってしまう。これは大変。

食堂にて。
ピンクが不評のパディントンは雰囲気が悪くなってます。
しかしコックのナックルズの方ががまだ囚人達の脅威になってます。

成り行きでナックルズと交渉するパディントン。
何も考えていないパディントンは結構言いたい放題になってます。
看守は医者を呼べから牧師を呼べに変更してます。
胸ぐらを捕まえられとこでマーマレード・サンドが出てナックルズの口に入る。
そんなわけでナックルズに気に入られるパディントン。

骨董店にて。
メアリー夫人が来てます。グルーバーと話し込む。
店には宝石もあったけど絵本だけ狙われた。何故?。
それは絵本に何か隠された秘密があるのでは?となる。

移動遊園地にて。
ブラウン一家が来て占い師をやってるマダム・コズロバから話しを聞きます。

回想になります。
マダム・コズロバの曽祖母はロープ芸 空飛ぶ白鳥で花形スターだった。
そんなわけでご贔屓の金持ちから宝石をもらっていた。
それを手品師が嫉んでロープに切れ目を入れ転落して亡くなった。
手品師は宝箱を開けたら中味は絵本だけだった。それ以来宝を見つかっていない。
絵本はロンドンの名所12ヶ所が紹介されてる。
回想が終わります。

自宅にて。
ブラウン氏とメアリー夫人。絵本のことで話し込む。
宝の話しをする夫人ですがブラウン氏は本気にしない。
あなたは命中ブラウンじゃないと若い頃の回想になります。

回想にて。
パンクな感じの若いブラウン氏は的当てゲームの達人だった。
そんなブラウン氏に惚れたメアリー。命中ブラウンねとなる。
回想は終わります。

ブキャナンのアジトにて。近所だけど。
次はセントポール大聖堂に行くようです。
どうやらブキャナンはあの手品師の孫のようです。それとも曾孫なのか?

刑務所にて。
パディントンとナックルズ。
マーマレード作りをやらされるパディントン。こき使われる。
成り行きでルーシーおばさんをバカにはされナックルズを睨むパディントン。
これは睨みの目ですと解説するパディントン。失礼な人にはこうしろとルーシーおばさんに言われた。
で、パディントンは無実を主張する。
それはともかくマーマレード作りになってます。ナックルズもやってる。

セントポール大聖堂にて。
尼僧に変装して潜入してるブキャナン。

次の日にここに聞き込みに来たブラウン一家。
ガードのオッサンから話しを聞きます。このオッサンは前作では図書館にいた。
女装を見ると美人になってるガードのオッサン。美人の尼僧がやったと証言する。
メアリー夫人は人相を聞いてます。あまり当てにならないような。
ここはCです。ブキャナンがゲットした。

刑務所にて。
いよいよマーマレード・サンドが出ます。不安なナックルズ。
ようやく食堂を見ると普通にたべてます。評判もいいい。自然に拍手が出る。
次はプリンがいいから始まって、自分もレシピを知ってると色々な料理の案が出て盛り上がる。

そんなわけで刑務所の食事の種類が多くなってます。
パディントンとおかげで刑務所全体の雰囲気までよくなってます。華やかになってる。
何故かいつものバンドもいて音楽が入る。楽しい監獄の垂れ幕がある。

寝る前には本を呼んでもらうパディントン。
いよいよ明日は面会日です。

面会日にて。
ブラウン一家が来てます。パディントン以外怪しいのが3人いると話し込む。
パディントンの知人ですと囚人が大勢出てきます。
ナックルズ
フィブス
スプーン 凶悪なオッサン スプーナー
Tボーン
教授
ジャック
マッドドッグ
金貸しジョニー
サー・ウィルコット
チャーリー 黒人
Jimmy the Snitch
カナケリピート
低音ボブ
こんなに友人がいるんですと普通に紹介するパディントン。

ブラウン氏はマイクを切って内緒話をするが照明と間違えて丸聞こえになる。
そんな感じで雰囲気が悪くなってます。

人相書きを見せろとなって見せるが知ってる人はいない。尼僧。衛兵。王様。
そうなると常習犯ではないとなる。犯罪界とは関係がない。
ギャングというより仮装パーティだと評するナックルズ。
そんなわけでここに手がかりはないとわかります。

自宅付近にて。
出かけるメアリー夫人。
近所はパディントンがいなくなって暗い雰囲気になってます。
キッツと大佐はお知り合いになってます。売店のキッツ。これはパディントンのおかげ。
カリーさんだけはパディントンがいなくなって元気だけど。
ブキャナンはメアリー夫人を呼ぶ。

ブキャナンの自宅にて。
メアリー夫人とブキャナン。
自分のショーがあると自慢話しになるブキャナン。
調子に乗ってブルーアイズと言い出すブキャナン。メアリー夫人は人相書きのスケッチはモノクロなのに何で瞳の色がわかったの?と突っ込む。

自宅にて。
メアリー夫人はブキャナンが怪しいと主張する。子供2人は賛成するが。
ブラウン氏は反対してます。仕事のプラチナ会員だとなる。
バードさんは役者のこの世で1番あくどい商売なのよと主張する。
それでバードさんには何か名案があるみたい。

刑務所にて。
パディントンはパイプを伝声管に使ったミーティングになります。
ナックルズ等が参加してます。
脱獄の話しになるでパディントンと断ってる。
ナックルズはブラウン一家はお前を忘れるだろうと予想してます。

姉弟は俳優事務所を訪ねてます。
ブキャナンの仕事について取材するとなってます。

外にて。
郵便配達人のジョーはバードさんに引き止められる。
この隙に大きめのバスケット行李を積み込んで中に隠れるメアリー夫人。荷物はブキャナンの自宅に届く予定。

俳優事務所にて。
ブキャナンには問題があると説明するエージェントのファンショー。
人と上手く行っていないブキャナン。

公衆電話にて。
姉弟は録音したエージェントの音声を使ってブキャナンを外に出そうする。

ブキャナンの自宅にて。
バスケットから出たメアリー夫人は家捜しを始める。
そんなとこをブラウン氏が見つけてやって来ます。成り行きで2人で家捜しする。
メモを鉛筆でこすって前に書いた文字を浮び上がらせてるメアリー夫人。

外に出たブキャナンですがネクタイを忘れて戻ってきます。これは大変。

屋根裏部屋を発見するブラウン氏とメアリー夫人。
しかし絵本は見つからない。
そんなとこにブキャナンが戻ってきます。これは大変。

戻ったブキャナンは隠れていたブラウン氏をを見つける。
ブラウン氏はプラチナ会員のための無料の仕事ですと開き直る。メアリー夫人も見つかるが手伝いですとごまかす。
そんなわけで何とか脱出したブラウン氏とメアリー夫人。

絵本の無事を確認してるブキャナン。これで一安心になってます。
宝の場所は?なるブキャナン。

警察にて。
ブキャナンを何とかしてと来てるブラウン一家。
しかし証拠がないとダメですと追い返される。
それはいいけどパディントンの面会日を忘れてました。今日です。

刑務所にて。
誰もこないので寂しいパディントン。真っ暗になってもいる。

独房に戻って流した涙が床の隙間に落ちて草が生えてます。
あっという間に育ってジャングルになる。ルーシーおばさんと再会するパディントン。
それからジャングルは消えていつも独房に戻る。

いつもパイプを使ってミーティングになってます。
今夜脱獄だとナックルズ。パディントンも参加することにしてます。

刑務所がジオラマ仕立てになります。
消灯とともに脱獄は実行される。3人と1匹が脱獄です。
床下からダストシュートで洗濯場へ。それから着替え荷物もゲットしてます。
時計台に登るパディントン。このためにパディントンは必要だったみたい。
キーをゲットして監視塔の頂上まで移動してます。
手製熱気球で3人と1匹が乗り込んで脱出となってます。それでどうなる。

移動中の手製熱気球にて。
まずは着替えてます。パディントンも赤い棒と青ダッフルコードになってます。
ナックルズ、スプーン、もう1人の名前はわからん。

廃虚のような建物に着陸する手製熱気球。
それから小型飛行機に乗り込む3人。
ここでパディントンは初めて国外脱出の話しを聞く。
それは出来ない犯人探しをすると別行動になります。

街にて。
パトカーが来たので裏通りに隠れるパディントン。
ボロボロの公衆電話で自宅にかけるが留守番電話でした。しょうがないので伝言で脱獄したと伝えるが最後のサヨナラだけは料金不足で届かず。

すぐに公衆電話に電話がかかってきます。出るパディントン。
ブラウン一家からの返信でした。それでどうなる。
犯人はブキャナンと伝えるメアリー夫人。そのブキャナンは消えてしまった。
『夢がかなう駑馬書』なる言葉が出てきます。絵本にあった。
そんなわけでオルガンが宝の隠し場所とわかります。

肝心の移動遊園地は移動でパディントン駅の貨物列車だ。
そこに急行することなります。パディントンはゴミ回収車に乗って向かう。

自警団のカリーさんはクマが脱獄したと大騒ぎしてます。
ブラウン一家はいつものようにボルボのステーションワゴンで出動だ。
→2014 Volvo V70 D4 SE NAV Gen.3
その前にカリーさんにパディントンの弁護をするブラウン氏。

肝心のボルボがエンストして発進出来ない。
そんなとこで近所の人達かクルマを押してエンジン始動を手伝ってくれる。ギアを2速に入れての押しがけで無事にスタートしてます。
そうなるとこのボルボはマニュアルミッションです。ATミッションでは押しがけが不可能なんです。

パディントン駅にて。
特急のゴミ回収車で到着してるパディントン。ゴミ箱に擬装して駅に入ります。
ブキャナンは貨物車に乗り込んでます。パディントンも続く。

ブラウン一家は来たけど間に合わず列車は行ってしまった。
そうなると別に列車にします。蒸気機関車です。

列車にて。
客車にはあの判事がいたりします。それでどうなる。

パディントン駅にて。
蒸気機関車を発進させるジョナサン。自分はマニアだと言ってます。

軽飛行機にて。
ナックルズ、スプーン、ジェラルドの3人。
ポータブルラジオを聴いてます。BBCニュースによるとポートベロー刑務所から4人が脱走。パディントンはブリストル行きの列車で発見。警察が逮捕に向かってる・・・
そうなると3人はどうする。

列車にて。
ブキャナンがオルガンにパスワードを入力してます。
そんなところにパディントンが接近する。

追ってる蒸気機関車は並走してブラウン一家が乗り移るようです。
パディントンはリンゴ飴を使って貨車の屋根を移動する。
ブラウン一家のブラウン氏だけが股割き状態になってます。これは大変。

作業中のブキャナンの真上に来たパディントン。
ブキャナンはパスワード入力完了してマジでお宝が出てきてます。
まだリンゴ飴を使って逆さになってるパディントンはお目当ての絵本をゲットしてます。
この騒ぎがお宝の箱が閉まった。そうなるとブキャナンはまた絵本を見てパスワードの再入力をしないといけない。

そんなわけで絵本が必要なブキャナンはパディントンを追う。
貨車の屋根で追っかけになってます。パディントンは最後尾まで追いつめられてしまう。

そんなこんなで貨車内でブラウン氏、姉,パートさんと対峙するブキャナン。
演劇仕込みのサーベルさばきを見せるブキャナン。
バートさんはそのへんの小銃を持ち出す。しかし遊園地仕様なので実弾は出ない。
そんなわけでアッサリと捕まる3人。

その頃パディントンは並走する客車の判事に挨拶してます。面食らってる判事。

ブキャナンはパディントンを探してます。
パディントンはメアリー夫人がいる並走する列車に移ろうする。窓拭き用ハシゴを伸ばしてますが足りません。
もう少しのことでブキャナンに邪魔をされてパディントンは絵本を奪われて貨車に入れられ貨車ごと切り離される。更にブキャナンはポイントを切り替えてパディントンの貨車を川に落とそうとする。

ブキャナンの前にようやく手錠を外したブラウン氏が対峙する。
手錠はバートさんが外していた。
的当て名人だったブラウン氏は見事にブキャナンに当ててノックアウトする。

パディントンの貨車は川に転落して沈みます。
ここはメアリー夫人が橋から飛び込んで助けに行く。そういえば泳ぐ練習をしてました。

沈んだ貨車にて。
メアリー夫人は貨車にたどり着いて引き戸を開けようとするが鎖でロックされて外れません。
もうダメそうになったとこでナックルズ一行3人が救出に来た。
鎖を引きちぎってパディントンを救出してます。

川には軽飛行機が浮いてます。フロート付きでした。
白みが入ります。

エピローグ
自宅にて。外では雪が降ってます。
屋根裏部屋で療養中のパディントン。
ようやく気がつくパディントン。3日寝込んでいたとか。
ブキャナンは逮捕された。もうプラチナ会員ではないとブラウン氏。

今日はルーシーおばさんの誕生日。しかし絵本は証拠品でまだ返ってこない。
パディントンは下に行きなさいと言われる。

玄関ホールには近所の人達が総出でパディントンを祝福してくれる。
絵本がない。それでどうするというと。絵本ではなく実際に観光すればいいとなる。
近所の空軍大佐のコネでルーシーおばさんを招待してくれてた。

パディントンが玄関ドアを開けるとルーシーおばさんがいます。
久しぶりの再会になってます。
黒味になってエンドとなります。

後タイトル
スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ

後タイトルバックはアルバムです。
パディントンとルーシーおばさんのロンドン観光等。
ナックルズ、フィブス、スプーンが出所。ナックルズは店を出す。

フェリックス・ブキャナンはCM契約解除。
ブキャナンの判決はあの判事がやってます。10年の刑。

それから半年、刑務所にて。
ブキャナンはここで舞台活動をしてます。
そんなわけで意外といい感じになってるブキャナン。

またスクロールする
スタッフの紹介


そんなわけでファミリーコメディのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.12

Hollywood Express #837◆2019.08.09(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『アラジン』 Arajin (2019) 、『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) 、『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) の3本の全世界興行がそれぞれ10億ドルを超えた話題。そんなわけでディズニー・スタジオが記録的な興行収益になったそうです。おめでとうございます。しかしスタジオ側が強欲なのでもっと稼ごうとしてます。昔の映画で『そんなに儲けても持ってけはしないよ』というセリフがあります。このセリフを進呈しましょう。
◆『ライオン・キング』 The Lion King (2019) で、本物の実写シーンもあったとジョン・ファブロー監督が発言した話題。実写ではなくやっばり3D CGIアニメではないかと思える。
◆ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの人気アトラクション『ジュラシック・ワールド』のリニューアイベントから、コリン・トレヴォロウ監督、ブライス・ダラス・ハワードのインタビューがあります。新作を作る気は満々のようです。
◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) のプレミアでのレオナルド・ディカプリオのインタビューがあります。謙遜なのか模範解答なのか自分は運がよかったと言ってます。
◆シンシア・エリヴォが奴隷解放運動家ハリエット・タグマンを演じた Harriet (2019) の話題。
◆ジェニファー・ローレンスの新作 Mob Girl (2020) の話題。実録クライムドラマのようです。ジェニファー・ローレンスは製作もやるそうです。ジェシカ・ビール共演。
◆ジャッキー・チェンが英国アカデミーロサンゼルス支部から表彰された話題。功労賞みたいのものか。
◆『ゾンビランド』 Zombieland (2009) の続編 Zombieland: Double Tap (2019) の話題。主要キャスト4人はそのまま続投なのが珍しい。話しの進行上でビル・マーレーは無理ですが。
『ゾンビランド』(2009年)

◆red carpet
◆ケニー・オルテガ監督がハリウッドウォークオブフェイム入りしたセレモニーの風景。ジェニファー・グレイ、キャシー・ナジミーのお祝いのスピーチがあります。ジェニファー・グレイの代表作『ダーティ・ダンシング』 Dirty Dancing (1987) の振付をやった人らしい。ケニー・オルテガ監督の感謝のスピーチがあります。

◆inside look
◆『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) のメイキング。脚本クリス・モーガン、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ヴァネッサ・カービーのインタビューがあります。
◆ Bethany Hamilton: Unstoppable (2018) のメイキング。ベサニー・ハミルトンのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ケビン・スペイシーが詩の朗読で表舞台に登場した話題。映画復帰は出来るのか?果たしてどうなる?

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Dora and the Lost City of Gold (2019) ジェームズ・ボビン監督、イザベラ・モナー、マイケル・ペーニャ主演のTVシリーズ『ドーラといっしょに大冒険』の実写映画版アドベンチャー・コメディ。ドーラが冒険する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Scary Stories to Tell in the Dark (2019) アンドレ・ウーヴレダル監督、ゾーイ・マーガレット・コレッティ、マイケル・ガルサ主演の屋敷ホラー。若者達が謎の屋敷でホラーする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ The Kitchen (2019) アンドレア・バーロフ監督、メリッサ・マッカーシー、ティファニー・ハディッシュ、エリザベス・モス主演のDCアメコミ・クライムアクション。夫人3人が旦那の後始末をする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『アナベル 死霊博物館』 Annabelle Comes Home (2019) ゲイリー・ドーベルマン監督、マッケナ・グレイス、マディソン・アイズマン主演の『アナベル人形』シリーズ最新作ホラー。アナベル人形でホラーする話しのようです。レギュラーコンビのパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガも出ています。興行収益totalは7150万ドル。
◆9位が『アラジン』 Arajin (2019) ガイ・リッチー監督、メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス主演のディズニー名作アニメ実写映画。アラジンの話しのようです。興行収益totalは3億5040万ドル。ウィル・スミスではなくミュージカルシーンがいいので大ヒットしてると思います。大ヒットしてゆるやかにランクを下げてます。
◆8位が『クロール ―凶暴領域―』 Crawl (2019) アレクサンドル・アジャ監督、カヤ・スコデラーリオ、バリー・ペッパー主演の台風動物パニックアクション。台風とワニでパニックする話しのようです。興行収益totalは3610万ドル。
◆7位が The Farewell (2019) ルル・ウォン監督、オークワフィナ、ツィ・マー主演の難病ドラマ。おばあさんが難病で色々とある話しのようです。興行収益totalは680万ドル。
◆6位が『イエスタデイ』 Yesterday (2019) ダニー・ボイル監督、ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ主演のミュージカル風刺コメディ。ビートルズがいなかった世界で一儲けしようとする話しのようです。興行収益totalは6790万ドル。
◆5位が『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2019) ジョシュ・クーリー監督、トム・ハンクス、ティム・アレンVCの『トイ・ストーリー』シリーズ最新作の3D CGIアニメ。いつもと同じ話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは4億1020万ドル。4億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆4位が『スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム』 Spider-Man: Far From Home (2019) ジョン・ワッツ監督、トム・ホランド、ジェイク・ギレンホール主演のマーベルアメコミアクション大作。スパイダーマンがニック・フォーリーにこき使われる話しのようです。女優さんはゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、マリサ・トメイ。興行収益totalは3億6040万ドル。
◆3位が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー主演のドラマ。1969年ハリウッドで色々とある話しのようです。興行収益totalは7880万ドル。
◆2位が『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。ジャングル大帝レオの話しのようです。興行収益totalは4億3110万ドル。もう4億ドルを突破してます。おめでとうございます。
◆1位が『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) デヴィッド・リーチ監督、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ主演の『ワイルド・スピード』シリーズスピンオフ最新作。いつものようにアクションする話しのようです。女優さんは、ヴァネッサ・カービー、エイザ・ゴンザレス、ヘレン・ミレン。興行収益totalは6000万ドル。

◆ending
◆The Jam's “Town Called Malice” from “Spider-Man: Far From Home (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.08.11

『侵入者 逃げ場のない家』

この監禁映画の感想はネタバレ全開になっています。
アダム・シンドラー監督、ベス・リースグラフ主演の密室サスペンスのようです。

2015年 Jeff Rice Films production/Room 101/Campbell Grobman Films/Vicarious Entertainment アメリカ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Shut In
プロット◆3人組に押し入られてお互いに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆フレデリック・ウィードマン

キャスト
ベス・リースグラフ→引きこもりのアンナ
ティモシー・マッキニー→兄のコンラッド (as Timothy T. McKinney)
レティシア・ヒメネス→シャーロット弁護士

ロリー・カルキン→食事配達のダン

ジャック・ケシー→リーダー格のJ.P.
ジョシュア・ミケル→J.P.の弟ヴァンス
マーティン・スター→凶暴なペリー

アダム・シンドラー監督の演出はよいと思います。
全体的に場所限定サスペンスになってます。

カルキン兄弟は俳優をしてる。
ロリー・カルキンの兄がキーラン・カルキンなのか。オリジナル?で1番有名だったマコーレー・カルキンはもう俳優は廃業してるみたいだけど。

BS193 WOWOWにて。
画質よいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

タイトル
A Vicarious Entertainment/
Room 101/
Jeff Rice Films production

in association with
Campbell Grobman Films

プロローグ
古い屋敷にて。アメリカ南部のようです。
小箱を持ってる女性アンナが登場。箱の中には古い鍵が入ってます。
外を見ると玄関先で椅子に座ったオッサンがいます。

オッサンに話しかけるアンナ。
何だかよくわからん関係のアンナとオッサン。

寝室にて。
オッサンは病人でした。看病してるアンナ。

呼び鈴が鳴って来客です。まず外を覗いてから出るアンナ。
オバサンです。コンラッドから聞いてない?と言ってるオバサン。
このオバサンは弁護士でした。名前はシャーロット。
お兄さんの死後の手続きが用事でした。あとはアンナが同意の署名をするだけ。
介護を受けてるのがお兄さんのコンラッドとわかりました。

また呼び鈴が鳴って来客です。今度は食事配達のお兄さんです。
話し込んでいたらコンラッドがベッドから落ちて大騒ぎになります。

アンナとコンラッド。
ここを出た方がいいとアンナに言ってるコンラッド。
小鳥ちゃんと呼ばれるのを嫌がってるアンナ。
会話から昔に父親が何かやらかしたいたらしい。

寝ているアンナ。コンラッドの容体をモニターする端末があります。
端末からアラートがあって駆けつけると・・・

シーンと飛んで・・・
コンラッドは亡くなったようです。救急車で運び出されてます。

Shut In

1人になってまずは片づけのアンナ。
コンラッドの布団や薬等を片づけてます。

そんなところに食事配達のお兄さんが来ます。あとでわかりますが名前はダン。
コンラッドが死んだことを知らないダンは詰まらない冗談を言う。泣いてるアンナ。
そんなわけでダンを中に入れて話しとなります。

アンナとダン。
何だかカウンセリングをやってるダン。
アンナは引っ越さずにここにいるつもり。
ダンは新天地で再出発したらと言ってます。
故郷談義になります。アンナは家を捨てられない。ダンも同じみたい。

古ぼけた紙袋を持ってきたアンナ。古い紙幣が入ってます。
お金はあるのよ。このお金で新天地に行ってとと渡すアンナ。断ってるダン。

古い屋敷のフルショットが入ります。時間が経過してる。

喪服の用意をしてるアンナ。
電話ですが留守番電話になります。コンラッドとアンナは電話に出られません・・・
シャーロット弁護士から続けて伝言が入ります。
葬儀場で会いましょう。マジで自宅を出たことがないアンナ。
葬儀が始まったたけどまだ間に合う・・・
どうやら葬儀場には行かなかったアンナ。弁護士にお任せのようです。

また誰か来てます。怪しげ3人がライトトラックで来た。
リーダー格のJP
JPの弟ヴァンス
凶暴なヒゲのペリー

ドアのガラスを割って侵入してます。隠れるアンナ。
どっから足がついたようです。そうなるととダンしかいないでしょう。

台所でお湯を沸かしていたのでホイッスルが鳴ってます。これは大変。
電話線を切れと言ってるリーダー格の男。
アンナはドアから逃げてます。

2階の寝室にて。
ここに逃げ込むアンナ。ヒゲの男が入り込ム。
隠れてるアンナですが声を出したので気付かれて逃げる。

玄関まで逃げたとこで固まってるアンナ。捕まります。
兄の葬儀に参列してるはずだろうと言われてるアンナ。普通は出ているが・・・
そうなると空巣のようです。どこにカネがあると脅す。
ヴァンスがJPと呼んだので名前で呼ぶなと激怒するJP。こまったものです。

逆に何故警察に通報しない?と言われてるアンナ。
ペリーに殺しはごめんだと釘を刺してるJP。殺すと色々と面倒なのでそうなる。

台所のテーブルの上にはカネの入って紙袋があります。
『盗まれた手紙』のパターンになるのか?そんなわけで全く気がついていない3人。

JPはヴァンスに逃げろと言ってます。しかし逃げないヴァンス。
家捜しをやってますがカネは見つからない。

アンナとペリー。
何故外に行かなかった?と聞いてるペリー。
ダクトテープで足首を拘束されてるアンナ。
アンナが10年以上も家から一歩も出ていないと聞いてビックリのペリー。
イカれてるとか可哀そうとか言ってます。

そんなわけでペリーはアンナを無理やり玄関から出してます。
マジでパニックになってるアンナ。そんなとこにJPが来ます。
アンナですが失禁してます。マジで外には出れないみたい。
しつこくカネのことを聞くJP。

とりあえずアンナにはヴァンスを見張りに付ける。
JPとペリーは地下室を探す。しかし何もない。

アンナとヴァンス。
着替えてくれとヴァンス。

地下室にて。
JPとペリー。取っ手のないドアがあったりします。怪しい。
このドアを蹴破ろうとする。

アンナとヴァンス。
ヴァンスを説得しようとするアンナ。上手くいかない。
俺は子分ではないと見得を張ってるウァンス。

そんなとこに誰かが来ます。
ダンと呼ばれてます。あの食事配達のお兄さんです。
強盗監禁にこれはビックリのダン。俺は無関係だと主張する。
この騒ぎでアンナは逃げてしまった。激怒するペリー。アンナを始末すると言い出す。

逃げてるアンナですが家の外には出れないので状況は悪い。
ペリーはアンナが出てこないので鳥カゴの鳥に手を出す。
アンナに出てこいと脅迫する。出てこないので鳥の頭をハンマーで潰す。
鳥カゴに鳥の死骸を入れるペリー。ダンは何だかわからん状態。

アンナは浴室に逃げ込む。
ダンはペリーにダクトテープで拘束される。

浴室のアンナに接近するヴァンス。いたぞと大声を出す。
アンナは髪留めでヴァンスの首筋を刺す。倒れるヴァンスは大量の血を流して死に至る。

JPとペリーはヴァンスを放ったらかしにしてます。
アンナはヴァンスの死体を引きずって階段を下ろしてます。

地下室にて。
ヴァンスの死体はここにあります。
JPは弟ヴァンスの死体を見て動揺する。ペリーもいます。
地下室のドアを閉めるアンナ。これで閉じこめたのか。
アンナですがいつの間にか地下室から出て2階に行ってます。この家にはわけのわからない通路があるようです。

アンナはあの小箱から古い鍵をとり出す。

地下室にて。
ペリーは机の引き出しに古いマイクがあるのに気がつく。

アンナは柱時計を古い鍵で開けてレバーを引く。
そうなると地下室る階段が壁に引き込まれて壁になる。これはビックリ。
これで2人は出れなくなる。ヴァンスの死体を運んだのは2人をおびき寄せるためでした。

ダンの方はダクトテープの拘束を何とか外す。
台所ではお湯が沸いたホイッスルの音がしてます。
それよりアンナはいい加減に着替えをしろよと思える。まだ失禁したままの喪服です。

地下室にて。
JPとペリー。さてどうする?となってます。携帯電話は圏外のようです。
ペリーはアンナがいつの間にかいなくなった鳥みたいだと言ってます。伏線なのか?

アンナとダン。
拘束を外してくれ俺は関係ないと主張するダン。
何故か葬儀のことを聞くアンナ。
ダンによると参列者は自分とシャーロット弁護士。あとは神父とのこと。
そうなるとダンは参列してたようです。
1年前から食事配達をしていたダン。ほぼ毎日配達していた。
アンタは偵察なのかと聞いてるアンナ。ダンは否定する。
しかしカネのことはヴァンスに話したダン。やはりここから漏れたようです。

ぼくは敵ではないと主張するダン。
父の死後家にこもってるアンナ。問題は兄コンラッドが解決していた。

拘束を外すと思ったらダンを指を折ってるアンナ。これはビックリ。
ダンを地下室前まで引き回す。それから地下室に突き落とす。

地下室をTVでモニターしてるアンナ。これはビックリ。
しかし機材が古い。そうなると随分と前からやってることになります。

地下室にて。
突き落とされたダンはヒザを脱臼したようです。
俺が治すとペリー。JPには押さえてくれと言ってます。
そんなわけで実に痛そうになってますがヒザの関節は元に入ったようです。

ダンはシャツを被ったヴァンスを呼んでます。死んでるとは気がついてない。
JPとペリーは口論になってます。
アンナは地下室のドアを開けて伺ってます。救急箱があると言い出す。

JPはドアが開いたので隣りの部屋に入る。
そうしたらドアがリモコンでロックされてJPは隣りの部屋に閉じこめられる。
この家は仕掛けが満載なようです。これはビックリ。

JPが入った部屋は2階にあった子供部屋みたい部屋です。全く同じだ。
ここもTVでモニターしてます。凄い家だ。しかし機材は古い。コンラッドが作ったのか?

地下室にて。
ドアはオートロックだとペリー。
ヴァンスの死体を引きずって開いてるドアのとこに置く。ドアストッパーだとうそぶく。

ペリーは隣りの部屋に行って更に隣りの部屋に行く。
ドアがありますが開かない。地下室に戻って石を見つけてます。
石でドアを開けようとするペリー。

ダンとJPはドア越しに会話になる。

ペリーは石でドアを開けてます。これはビックリ。
廊下みたいとこに出てます。白っぽいとこです。
この隣りの部屋は工房みたいな感じで工具があります。しかし首吊りロープがあります。

アンナはハンマーを持って突撃する。

首吊りロープを見つけたペリーは工具からバールをとり出す。
バールでJPがいるドアをこじ開けようとする。隣りの廊下の照明が消えます。警戒するペリー。

廊下にて。
置かれた箱の近くの壁に穴があります。覗くと階段があります。

工房に戻るペリー。首吊りロープを見る。
いきなり後にアンナがいてハンマーで頭を思い切り叩く。
まだ動けるペリーは格闘アクションになってアンナを組み伏せて首を絞める。
アンナがこれまでとなってたとこでペリーから流れた血が顔にかかる。
ようやくペリーにダメージが出て倒れて死に至る。アンナの顔は流れた血で血まみれ。

そんなところに来客です。
シャーロット弁護士で玄関ドアが開いてるので中に入る。

地下室にて。
壁の穴のところにダンが来てます。

シャーロット弁護士は違うドアのガラスが割れているのに気がつく。
アンナが出てきます。顔に付いてる血は拭き取ってます。
何もない心配ないと主張するアンナ。怪しむシャーロット弁護士。

地下室にて。
廊下の箱を開けるダン。中には冷凍室で死体が入ってます。これはビックリ。

アンナとシャーロット弁護士。
包丁を隠しているアンナ。
シャーロット弁護士はアンナに自分を許すのよとアドバイスする。全く気がついてない。

地下室にて。
ダンは壁の穴をのぞくと階段があります。

アンナとシャーロット弁護士。
帰ろうとするシャーロット弁護士ですが何か叩く音が聞こえてくる。
これは地下室のダンが壁を叩いてる音です。
ダンに修理をしてもらってるとごまかすアンナ。
シャーロット弁護士は帰ります。とりあえずごまかせた。包丁は使わずにすんだ。

地下室の階段を登るとここにある行李みたいな箱に通じてるようです。
今は箱はロックされてて開きません。ここが出入り口になってます。

地下室の階段を出してるアンナ。降ります。
ダンのところに来たアンナ。それでどうする。
アンナはダンを別の部屋に入れてます。ヴァンスの死体をどかしてドアを閉める。

JPの入ってる部屋を監視するアンナ。鏡が裏からは素通しになってます。
引き出しからマイクを出すアンナ。
リモコンで部屋のタンスを開けるとダンが転がり出てきます。凄いからくり屋敷だ。

ダンはJPにペリーは死んだと伝える。冷凍庫には別の死体がある。
2階に似た部屋があったとJP。鏡の仕掛けに気がつき外そうするが無理です。
アンナはスピーカーで防弾ガラスなのよと言ってやめさせる。
JPに引き出しのシャツを着てと要求するアンナ。着ないとドアを開けない。
文句を言いつつ着てるJP。

JPはコンラッドのことを持ち出してアンナを言葉責めにする。
いくら待ってもコンラッドは来ないとか。

ロック付スロットからバインダーファイルを部屋に入れるアンナ。
ファイルには変質者リストが載ってます。変質者を殺していた兄妹。
殺人ではなく治療だと主張するアンナ。父と同じように病気だった。
コンラッドが父を殺した。

JPはアンナを言葉責めにする。
アンナはダンに話しかけます。彼につぐなって欲しい。
ダンを鏡の前に呼んでリモコンで小箱を開ける。中にはリボルバーと実包1発が入ってます。
ダンにここから解放するからJPをリボルバーで片づけろということです。
出来ないと拒否するダン。そんなことをしてるうちにJPがリボルバーに気がつく。
1発のみ実包を装填するJP。

アンナはヴァンスをネタにしてJPを言葉責めにして自殺させようとする。
そんな感じになるJPですが実は罪悪感なんて最初からありません。
鏡にリボルバーを向けるJP。違います。リボルバーをダンに向けてアンナを脅迫します。
ダンを人質にしてドアを開けろとなります。

ついにリモコンでドアをロックを外すアンナ。
JPはヴァンスの死体を運んで地下室から出ていってしまった。それでどうなる。
ダンは自力で階段を必死こいて登ってる。

玄関先にて。
JPはヴァンスの死体を運んでいます。ダンもいる。

地下室にて。
それでアンナはどうする。マイクとリモコンを引き出しにしまう。
額縁の写真もしまう。

玄関先にて。
JPはダンを殴打して動けなくする。
それから屋内に入ってガソリンを撒いてます。放火するようです。

アンナはカネを出して消えてくれとJPに言う。
もうどうでもいいとJP。放火しないと気が収まらないらしい。

アンナとJPは成り行きで格闘アクションになってます。
当然押されっ放しなアンナ。捕まえてアンナを寝室に運ぶ。
それで父親と同じことをしてやろうとうそぶくJP。

ダンが止めに来てますがあまり役に立たない。
そんなこんなでいきなり銃声がする。アンナがリボルバーを奪ってJPを撃った。これで退場となるJP。
あなたを許すわとJPに言ってるアンナ。

アンナとダン。
ダンはこのまま帰るようです。アンナは座って家を出ないようです。
ドアを閉めてこの家を去るダン。クルマのヘッドライトが差し込む。
座ったままのアンナ。玄関ドアを見てます。

玄関先にて。
アンナはドアを開けて外に出てます。もうめまいはしない。
ジッポのライターを持ってるアンナ。JPがこれで放火しようとしてた。

自分で火を点けるアンナ。パトカーのサイレン音が聞こえてくる。
燃え上がる家。アンナはここから去ります。サイレン音は大きくなる。
黒味になってエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Shut In

Beth Riesgraf Anna Rook
Martin Starr Perry Cuttner
Jack Kesy J.P. Henson
and
Rory Culkin Dan Cooper

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで風変わりな監禁サスペンスのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.10

『プール』(2017年)

このプール監禁映画の感想はネタバレ全開になっています。
マット・エスカンダリ監督、アレクサンドラ・パーク、ノラ=ジェーン・ヌーン主演のプールで監禁愛憎ドラマのようです。

2017年 Citizen Skull Production/MarVista Entertainment アメリカ作品
ランニング・タイム◆86分
原題◆12 Feet Deep
プロット◆成り行きでプールから出られず悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆トッド・ヘイバーマン

キャスト
アレクサンドラ・パーク→妹のジョナ
ノラ=ジェーン・ヌーン→姉のブリー
ダイアン・ファール→ムショ帰りのクララ
トビン・ベル→偏屈な館長

マット・エスカンダリ監督の演出はよいと思います。
全体的に愛憎ドラマになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧
音声は5.1chではありません。

MarVista Entertainment
Citizen Skull Productions
タイトル
プロローグ
プールにて。
丈夫そうなプールカバーが電動で開いてます。

MarVista Entertainment presents
A Citizen Skull Production
A Matt Eskandari film

12 Feet Deep

本編です。
12フィートというと3m60cmぐらいか。かなり深い。
プールで泳ぐ姉のブリーが登場。
それから自分の血をサンプルにして何やら測定してます。

偏屈な館長も登場。トビン・ベルなのでいいキャスティングです。
祝日中プールは休館のお知らせを掲示板に貼ってます。
ケテア市民プールというのがここの名称です。

外のクルマにて。
妹のジョナが登場。グローブボックスに何やらしまう。

館長が従業員のクララに嫌味を言ってます。
落とし物を探っていたクララも怪しいけど。会話からムショ帰りの保護観察中とわかります。
そんな感じでキャラ紹介のシーンが続く。

久しぶりの再会らしいブリーとジョナ。
ジョナはそのへんのガキに当たり散らしてます。そんなキャラらしい。
それから競争して負けた方がおごるのよとなってます。

館長が閉館のお知らせをしてます。今日は早じまいだと言ってる。
ブリーは指輪がないと気がつく。彼氏からもらった大事な指輪です。
ジョナがプールに落ちてるわよと言う。マジで落ちて排水口に引っかかってます。

他の人達はどんどん帰ってます。
潜ったブリーは排水口にハマってる指輪をとろうとするがとれない。
ジョナが手伝いに潜って何とか指輪を回収してます。
ブールに入った2人とは全く見えない。バッグはベンチの隙間に押し込んであるので制御室の艦長からは見えない。

館長はざっと確認して電動のプールカバーを閉めています。
排水口に髪の毛が吸い込まれて大変なジョナ。ブリーが手伝って何とかした。
プールの水は絶えず循環してるのか?それで吸い込まれたのか?
そんなわけでカバーは閉まってしまいます。館長はとっとと帰ってます。

プールにて。
カバーが閉まっても水面から何とか頭だけは空間はあるので呼吸は出来ます。
ブリーとジョナはカバーを叩いて人を呼ぶが誰もいない。
終末は閉館。そうなると2日間は放ったらかしになるようです。これは大変。

荒れているジョナ。落ち着かせるブリー。
まずはプールの浅いところに移動する。とりあえずカバーを押してみる。ダメです。

次はあちこち調べてます。
カバーに弱い部分はないか?。忘れ物の水着があった。
ジョナがカバーに四角い小さな穴があるのを見つける。

この穴を広げる道具を探します。
プールのコース分けの浮きを引っ張る金具がありますが外すの無理です。
プラスチック板をゲットしますが無理みたい。穴は広がらない。

デビッドの名前が出てます。ブリーのボーイフレンドのようです。
連絡がとれなくなったら通報するかも?となってます。

2人は口論になってます。
指輪が悪いのよとジョナ。アンタが投げたんでしょうとブリー。
それはいいけど肝心の指輪はまだ回収していない。

ブリーが指輪回収に潜ります。今度は何とか抜いて回収してます。
とりあえず指輪は戻った。

ジョナを穴を広げようとプラスチック板でやってますが無理です。
ブリーは排水口のフタを外してそのフタで穴を広げれば?と提案する。
ジョナはあまり乗り気ではない。
そんなとこに何か音がします。ブリーの携帯電話の呼び出し音です。

街にて。
デビッドが電話してます。出ないので留守番電話に伝言を入れる。

プールにて。
ブリーは排水口のフタを1人で外そうとするが無理です。

太陽が沈むコマ落としのシーンが入ります。そうなると時間が経過してます。

照明が消えます。自動のようです。
また携帯電話の呼び出し音です。デビッドが心配して通報してくれるのでは?となる。

頭痛がしてるブリー。糖尿病なのと言い出す。注射が必要。
このことを全く知らなかったジョナ。マジ?となってます。
3年前から糖尿病と説明するブリー。ジョナには内緒にしていた。
注射をとってくると言い出すジョナですがどうやる。

従業員のクララが何やら作業にかかってます。まだいたというか宿直なのか?

ブリーとジョナ。
時々あの臭いがすると言い出すジョナ。黒焦げが紙くずだった。何があった?
何がおきたの?とブリーに効くジョナ。

パパは怪物だったとブリー。アル中でDVだったパパ。
酔っぱらってタバコの火を点けたまま眠り焼死したパパ。
それでブリーの右腕に焼けどの跡が残ってるようです。
そうなるとDVパパは自分が死ぬことを知らずに死んだのか?。随分と楽な死に方です。こまったものです。

何やら音がしてます。誰か来た。
台車を押したクララが来ました。携帯電話が鳴ってベンチの荷物に気がつきます。
プリーとジョナは必死こいて助けを呼ぶ。
財布を探って小銭をポケットに入れてるクララ。監視カメラが作動中に気がつく。

制御室にて。
ここに入ったクララ。まずは監視カメラを切ってます。
それから照明を点けてます。
私の娘も排水口に手を突っ込んで抜けなくなった。それで配管工に100ドル払ったと愚痴が出てるクララ。

携帯電話のパスワードを教えろと要求するクララ。教えるブリー。
携帯電話の待ち受け画面から保存されてる画像をいちいち批評してるクララ。

9ヶ月前に出所してまとも仕事がないと愚痴が出てるクララ。
それでこれはチャンスなのよと言い出す。それでどうなる。
銀行口座の暗証番号を教えろと要求してきます。

ブリーとジョナをどうするともめてます。
結局暗証番号を言わなかったので照明を消していなくなるクララ。
ブリーとジョナは取引した方がよかったとまたもめてる。ジョナは反対してる。

また自分の話しを始めてるクララ。昔は景気がよかった・・・
で、夜になると物凄く寒くなるわよと言い出す。何やらスイッチを切ってます。

ブリーとジョナ。
プールのヒーターを切られたと気がつきます。これは大変。温水プールが冷水プールになります。

暗証番号を教えろと要求するクララ。
私たちを助けると誓えと要求され一応助けると誓ってます。
暗証番号を教えてたらカネをおろしにいなくなるクララ。まずはカネだ。

ブリーとジョナ。
もう寒くなってるので抱き合って体を暖めてます。

月に雲がかかるコマ落としのシーンが入ります。時間が経過する。
ここの建物のシーンも入る。

ブリーとジョナ。
会話からこのプールには子供の頃から来てるようです。
ブリーですがいよいよ調子が悪くなってます。寒いのもあるみたい。

ジョナは排水口のフタを外すと言い出す。それで潜ったけどすぐ戻る。
ブリーの場所がわからずにあわてる。ようやぐ見つけるとブリーは失神してる。
出来なかったと弱気になってるジョナ。また穴を広げようとするが無理です。

ブリーはカウンセラーの話題になってます。何を恐れているとジョナに聞く。
ジョナは怪物を恐れている。そんなこんなで結局はパパのせいとなってます。
今もジョナの頭の中に怪物はいる。

いつの間にか戻っていたクララが2人の話しを聞いてました。それでどうなる。
まずは銀行口座には80ドルしかないと文句をつけるクララ。

いいかげんにブリーの糖尿病のことを言えばと思える。
ようやくジョナがブリーは糖尿病なので注射が必要と言ってます。
糖尿病はぜいたく病なのよとあまり同情しないクララ。
ブリーは糖尿病といっても色々とあると糖尿病談義になってます。

口論になってます。
クララは世間は思い通りにはならないと持論を展開する。
そんなわけで説教だけしていなくなるクララ。

また時間が経過してます。

ブリーとジョナ。
ようやくブリーは話してわかる相手ではないと言い出す。それでどうする。
ジョナはプラスチックの破片を壁にこすりつけて尖らせてます。

ジョナは泣き落としでクララを小穴に引き寄せてます。
ところでジョナとクララは似たタイプのようです。
クララが耳を小穴に付けたとこをプラスチック片が突くジョナ。手応えはあった。
それはいいけどタダではすまなくなるような気がする。

血だらけになって逃げるクララ。鏡を見ながら応急処置してます。
激昂したクララは妹と一緒に罰を受けろと何やらスイッチを入れる。

照明が点いてブール内に塩素がジェット噴射されてます。これは大変。
プール清掃システムを作動させたようです。当然誰もいない状態でやる作業です。
そんなわけでこれはもう大変な状況のブリーとジョナ。
ブリーは沈む。ジョナはクララに助けを求める。ようやくプール清掃システムが止まります。

いつでもスイッチは入れられると脅かすクララ。
ブリーが謝るがタダではダメだと言い出すクララ。指輪を要求する。
指輪から結婚談義になってます。クララは結婚に失敗していたようです。
ジョナが指輪を小穴が出してクララに渡してます。

指輪を質屋に入れるつもりのクララ。
ジョナが無茶をしたので指輪を渡したと2人も気まずい感じになってます。

また時間が経過してます。

コースの浮きに寄り掛かって寝てるブリー。
プールカバーが開いてます。サイレンの音がしてる。これはビックリ。
デビッドがブリーを助けに来てます。ジョナは?となるがいない。
夢オチでした。

目が覚めてジョナを呼ぶブリー。
ジョナはプラスチック片で首を切りつけている最中でした。

人生に絶望してるジョナ。
ジョナを説得にかかるブリー。死んではダメと基本から入ってます。
ラジオ相談でおなじみの『絶望は愚か者の結論です』とはさすがに言わないブリー。
そんなこんなで和解するブリーとジョナ。しかし状況は変わらない。

クララはまだ指輪を見て考え中。質屋に行ってない。
ブリーの携帯電話には留守番電話でデビッドの伝言が来てます。
デビッドはジョナとママに連絡してるようです。これ以上連絡がとれないなら5分待ってから警察に通報すると言ってます。
そうなるとクララがこまった状況になります。あまりのんびりしていられない。

ブリーとジョナ。
クララにどうやって交渉すると相談してます。
相手は看護師のラチェッドなのよと言ってます。→ラチェッドとは『カッコーの巣の上で』(1975年)に登場する鬼看護師のことです。

そのクララが来てます。上着を着てズラかる感じ。
看護師のラチェッドの話しは聞いてて私は違うと主張してます。
ブリーはここは穏便に済ませるから助けてと交渉する。
クララは一瞬で失ったとまた持論を展開してカバーを開けると言ってる。マジ?
カバーを開けてもうあんた達と会わない。これで終わりにする?。それでOKとなります。

制御室にて。
クララは制御盤にコードを入力してカバーを開けたつもり。
しかしカバーは開かない。そうなるとクララに開ける手段はなくなります。マジ?

クララは問題が発生と言いに来ます。さすがに『こちらヒューストン』とは言わない。
館長から聞いたコードが無効。これでお手上げだと主張するクララ。
そうなると館長を呼ぶしかないが偏屈な館長だしトビン・ベルはもう撮影を終えていないみたいだし無理な感じ。

警察への通報電話はないとクララ。自分がムショに逆戻りになる。
そんなわけでブリーとジョナのバッグを元のベンチに押し込んでます。
マジでここからズラかってるクララ。それでどうなる。

ブリーとジョナ。
置いていかれたとガックリしてるジョナ。ブリーはそんな元気もない。
ジョナはまた潜ってなにやら調べてます。ブリーの体調は相当悪そう。

戻ったジョナに本当のことを言うとブリー。
パパがあなたの部屋に入ったのを見てやったとブリー。DVパパは近親相姦までやらかしていたらしい。
酔っぱらって寝てるパパに火を点けて押さえつけた。それで自分まで焼けどをした。
私がパパを殺したと衝撃の告白になってます。怪物を殺した。

ジョナはまた排水口のフタを開けに潜ります。
フタを開けてというか外してその鉄製のフタでカバーを割って出る段取りなんです。前振りがあったのを忘れていた。
何回もやっても上手くいかない。それでどうする。

今度は忘れ物の水着を持っていきます。
フタの穴に通して水着をロープというか取っ手代わりにして思い切り引っ張る。
まだフタが開きません。ようやく外れた。

もうブリーの体調は非常に悪い。人工呼吸をするジョナ。
ブリーの意識が回復してジョナは鉄製フタでカバーを叩く。まずは小穴付近からやる。
ようやくカバーにヒビが入り割れます。
それはいいけどジョナが手を突っ込んで引っ張ると手首を切ってます。これは大変。

シーンは飛んでプールサイドにて。
もうジョナはブリーを引っ張り出していました。ここは省略してる。
ブリーはホトンド動かない。死んでるみたい。早く救急車を呼ばないと。
ジョナはバッグから糖尿病の注射器をとり出す。やり方はわからんけどとにかく注射をしてます。

注射が効いたのか意識を取り戻すブリー。安心するジョナ。
いつの間にかクララが戻ってます。リボルバーを突きつける。2人がちゃんと死んでないとまずいので戻ったらしい。
今更2人を殺しても何になる?と思えるが・・・

ここはジョナがクララを説得する。
そんなわけで2人を撃つことが出来ないクララ。ついでと言ってはなんですが指輪を返してます。

ようやく携帯電話で通報してるジョナ。クララには早く行ってと逃がそうとする。
クララは逃げたみたい。溶暗になります。

エピローグ。
救急車が来てブリーをストレッチャーに乗せてます。
ジョナも手首にキズに包帯を巻いてる。
ブリーに指輪を見せるジョナ。何で指輪が戻ってるのかわからんブリー。
とにかく2人の仲直りしたようです。救急車に運ばれるブリー。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介
女性のスタッフが多い。

Alexandra Park Jonna
Nora-Jane Noone Bree
Diane Farr Clara
Christian Kain Blackburn David (as Christian Blackburn)
and
Tobin Bell McGradey

スタッフの紹介
MarVista Entertainment presents
A Citizen Skull Production
A Matt Eskandari film

12 Feet Deep

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで監禁サスペンスと思ったら愛憎ドラマのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.05

Hollywood Express #836◆2019.08.02(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆サンディエゴ・コミコンでのマーベルスタジオのケヴィン・ファイギ社長のスピーチの話題。これからのマーベルクアメコミアクションシリーズについて色々。要するにまだまだ続くようです。
◆『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) の歴代全世界興行成績の1位になった話題。そんなわけでこれまで1位だった『アバター』 Avatar (2009) のジェームズ・キャメロン監督からお祝いのコメントが届いてます。
◆『ワイルド・スピード』シリーズ最新作 Fast & Furious 9 (2020) の撮影でヴィン・ディーゼルのスタントマンが負傷した話題。撮影は一時中断したそうです。
◆『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2020) の予告編が公開された話題。トム・クルーズはいつもの通りなんですがエド・ハリスの老け方には大丈夫なのかと心配になります。バイクはカワサキのバイク Ninja GPZ900Rから一応そのままカワサキの新型バイク Ninja H2になってるそうです。さすがにハーレーにはしていない。
◆有名なミュージカルの映画化『キャッツ』 Cats (2019) の話題。CGIの猫の姿が微妙なようです。果たしてどうなる?
◆ジェニファー・ロペスとコンスタンス・ウー共演のクライム・コメディ Hustlers (2019) の話題。アチコチからカネをかき集める話しのようです。果たして出来は?

◆red carpet
◆ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの人気アトラクション『ジュラシック・ワールド』がリニューアルされたイベントの風景。クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが出席してます。それでブライス・ダラス・ハワード、クリス・プラットのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) のメイキング。それはいいけどこの作品に登場するブルース・リーの描写で実際のブルース・リーはあんな傲慢で間抜けな言動はしないとクレームが付いてるそうです。白人のクエンティン・タランティーノ監督のアジア系へのリスペクトはこの程度なのか?こまったものです。
◆ David Crosby: Remember My Name (2019) のメイキング。製作キャメロン・クローとデヴィッド・クロスビーとA・J・イートン監督のインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆アン・ハサウェイが第2子を妊娠した話題。不妊治療をしていたそうです。おめでとうございます。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) デヴィッド・リーチ監督、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ主演の『ワイルド・スピード』シリーズスピンオフ最新作。アクションする話しのようです。女優さんは、ヴァネッサ・カービー、エイザ・ゴンザレス、ヘレン・ミレン。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Bethany Hamilton: Unstoppable (2018) アーロン・リーバー監督、ベサニー・ハミルトン出演のサーフィン・ドキュメンタリー。サメに襲われ片腕になったサーファーの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が The Farewell (2019) ルル・ウォン監督、オークワフィナ、ツィ・マー主演の難病ドラマ。おばあさんが難病で色々とある話しのようです。興行収益totalは360万ドル。限定公開で批評はいいようです。
◆9位が『アナベル 死霊博物館』 Annabelle Comes Home (2019) ゲイリー・ドーベルマン監督、マッケナ・グレイス、マディソン・アイズマン主演の『アナベル人形』シリーズ最新作ホラー。アナベル人形でホラーする話しのようです。レギュラーコンビのパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガも出ています。興行収益totalは6970万ドル。
◆8位が Stuber (2019) マイケル・ドース監督、デイヴ・バウティスタ、クメイル・ナンジアニ主演の巻き込まれアクションコメディ。乱暴な刑事が客でUber運転手が悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2010万ドル。
◆7位が『アラジン』 Arajin (2019) ガイ・リッチー監督、メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス主演のディズニー名作アニメ実写映画。アラジンの話しのようです。興行収益totalは3億4610万ドル。ウィル・スミスではなくミュージカルシーンがいいので大ヒットしてると思います。
◆6位が『イエスタデイ』 Yesterday (2019) ダニー・ボイル監督、ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ主演のミュージカル風刺コメディ。ビートルズがいなかった世界で一儲けしようとする話しのようです。興行収益totalは6340万ドル。
◆5位が『クロール ―凶暴領域―』 Crawl (2019) アレクサンドル・アジャ監督、カヤ・スコデラーリオ、バリー・ペッパー主演の台風動物パニックアクション。台風とワニでパニックする話しのようです。興行収益totalは3150万ドル。
◆4位が『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2019) ジョシュ・クーリー監督、トム・ハンクス、ティム・アレンVCの『トイ・ストーリー』シリーズ最新作の3D CGIアニメ。いつもと同じ話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalは3億9620万ドル。
◆3位が『スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム』 Spider-Man: Far From Home (2019) ジョン・ワッツ監督、トム・ホランド、ジェイク・ギレンホール主演のマーベルアメコミアクション大作。スパイダーマンがニック・フォーリーにこき使われる話しのようです。女優さんはゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、マリサ・トメイ。興行収益totalは3億4470万ドル。
◆2位が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー主演のドラマ。1969年ハリウッドで色々とある話しのようです。興行収益totalは4100万ドル。
◆『ライオン・キング』 The Lion King (2019) ジョン・ファブロー監督、ドナルド・クローヴァー、ビヨンセVCのディズニーの超実写版と称する3D CGIアニメ大作。ジャングル大帝レオの話しのようです。興行収益totalは3億5180万ドル。もう3億ドルを突破してます。おめでとうございます。

◆ending
◆“A Whole New World” from “Arajin (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.08.04

『モルグ街の殺人』(1932年)

この謎の殺人映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロバート・フローリー監督、ベラ・ルゴシ、レオン・エイムズ、シドニー・フォックス主演の謎の殺人ホラーのようです。

1932年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆65分
原題◆Murders in the Rue Morgue
プロット◆謎の殺人で悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Heinz Roemheld composer: stock music (uncredited)

キャスト
シドニー・フォックス→デュパンのガールフレンド カミーユ
レオン・エイムズ→医学生のピエール・デュパン
バート・ローチ→デュパンのルームメイト ポール

ベラ・ルゴシ→謎のドクター・ミラクル
ノーブル・ジョンソン→手下のヤノシュ
チャールズ・ジェモラ→Erik, the Gorilla (uncredited)

ダーシー・コリガン→モルグの受付のオッサン
ブランドン・ハースト→Prefect of Police
アルレーン・フランシス→Woman of the Streets

ロバート・フローリー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーサスペンスになってます。
撮影はカール・フロイント

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

Carl Laemmle presents
Murders in the Rue Morgue
best on the immoral classic by Edgar Alain Poe
with
Sidney Fox Mlle. Camille L'Espanaye
and
Bela Lugosi Dr. Mirakle
produced by Carl Laemmle Jr.

スタッフの紹介

the players
Sidney Fox Mlle. Camille L'Espanaye
Bela Lugosi Dr. Mirakle
Leon Ames Pierre Dupin (as Leon Waycoff)
Bert Roach Paul
Betty Ross Clarke Mme. L'Espanaye
Brandon Hurst Prefect of Police
D'Arcy Corrigan Morgue Keeper
Noble Johnson Janos The Black One
Arlene Francis Woman of the Streets

タイトルバックでは何故か白鳥の湖の音楽が流れてます。
タイトルバックはイラストです。モルグで目から怪光線の怪物。

1845年 パリ
セーヌ川にて。船が航行中。

カーニバルにて。
主人公が登場。カミーユ、ピエール、ポールの3人。
レディ・ファティマのベリーダンスの見物になります。
ところでベリーダンスではあまりお腹は引き締まらないようです。
ポールにもガールフレンドがいてどうでもいい会話になってます。

ウエスタンショーの見物になってます。
血に飢えた赤い肌の野生人達が迫る。頭の皮を剥がすと呼び込みが煽ってます。
見物のじいさん2人が色々と突っ込みを入れてます。

猿人エリックの見物になってます。
人の心を持つ野獣と紹介してるオッサン。ベラ・ルゴシが演じてます。
ベラ・ルゴシですがマジで背が高いみたい。顔だけ見るとは背が低そうなんですが。
ドクター・ミラクルと称してるオッサン。このサルとは話しが出来るし会話をする。
それから進化論を解説してます。四足歩行の動物が2本の足で歩くようになった。
キリスト教原理主義のオッサンが抗議すると私を火あぶりにしますかと開き直る。
私はある偉大な実験に全人生を捧げていると熱弁してます。人間とサルが同族だと必ず証明してみせよう。
そんな感じで観客達から顰蹙を買ってます。

エリックの血と人間の血を混ぜる実演する。誰かやりませんかとなる。
これで大部分の観客が帰ってます。残ってるはカップルが3組ぐらい。
カミーユの帽子をエリックに渡す。取り返そうとしたピエールがエリックに捕まる。
そんなわけでドクター・ミラクルから怒られてるピエール。

エリックに台無しにされた帽子をお返ししましょう。住所氏名をどうぞなるがここは断ってるピエール。帰ります。
ドクターは手下にあとをつけるように命じてます。
エリックにはあの子が好きなんだなと言ってるドクター。
溶暗になります。

夜の街にて。
ドクターはエリックを連れて馬車で移動中。御者は手下がやってます。

カミーユの自宅アパートにて。
ピエールとカミーユ。キスをしていい感じになってます。

夜の街で女の悲鳴が聞こえます。
何やから男2人がナイフを使った乱闘になってます。女を巡って争ってるのか?
これを見物してるドクター。男2人は相討ちになったようです。
女にコンタクトするドクター。私と来るんだ助けてやろうと最初からおかしい。
そんなこんなで女を馬車に乗せてます。
溶暗になります。

ドクターの研究室にて。
また女の悲鳴です。シルエットで拉致された女がX字型枷に吊るされています。
どうやらドクターが女から血をとるようです。それでこんなSMになるのか。さすが検閲がきつくなる前の1932年作品です。
ドクターはまじめそのもので研究です。しかし実験は失敗してます。激怒するドクター。
お前の血は腐ってる罵倒するドクター。そんなこんなで女は死に至る。
ドクターは何だか祈ってるみたい。そうなの?

手下のヤノシュを呼んで死体の始末をやらせるドクター。
拘束のロープを切って床が抜けて死体を落としてます。そのままセーヌ川に落ちてるみたい。これはまた効率がいい。
溶暗になります。

セーヌ川湖畔にて。
ホームレス達がいる前で水死体の回収をする警察。
今週に入って3人目だと話し込むホームレス達。全員が女。人生は厳しい云々と入る。

モルグにて。
受付のオッサンが登場。名前はわからん。
水死体が運ばれて受付の手続きとなります。13番が指定されてる。

街にて。
徒歩で移動中のピエールはモルグに入ります。

モルグにて。
受付のオッサンと交渉するピエール。
ここでテュパンと名乗って初めて主役とわかりました。C・オーギュスト・デュパンではなくピエール・デュパンになってます。映画だから。

3体の死体を見るデュパン。
腕には同じ傷跡がある。で、血液を採取させてくれと交渉するが断られる。しょうがないので賄賂を渡してオッサンがやってくれとなる。
溶暗になります。

デュパンとポールの下宿にて。
料理してる太ったポール。研究中のデュパン。
ポールはデュパンのルームメイトのようです。
日本ではルームメイトはあまり聞いたことがない。すぐに相手を見下したり支配したがるのでダメなのか?

研究は休んで食事にしろと説教するポール。そんなとこに来客です。
来たのはモルグの受付のオッサンでした。採取した血液を届けに来た。
もっとカネをくれと要求したり腹が減ったのでその料理を食わせろとかうるさい受付のオッサンですがようやく帰らせます。
カネの方は付けにしてるピエール。

研究の話しになるピエールとポール。
血液中に同じ異物があるとピエール。3人とも死因は同じだ。未知の毒物。
それでドクター・ミラクルの話題になります。
溶暗になります。

カミーユの自宅アパートにて。
手紙とプレゼントが届いてます。帽子が届きうれしいカミーユ。
母親がどなたからと聞く。ピエールにはカネはないからと突っ込みが入る。
カードには、星にかかれたあなたの云々・・・今夜カーニバルでお待ちしています。ドクター・ミラクルからでして。
何故この住所がとなるがうやむやになる。

外ではピエールとポールとその他が大勢来て結婚の歌が入ったりします。
ピクニックに行こうとなって出かけるカミーユ。

ピクニックにて。
フローレット。マリー。ミネットはポールのガールフレンド。
ブランコに乗ってるカミーユ。揺れるブランコと同じ動きのカメラのシーンになってます。見てて面白い。
ピエールと帽子の話題になります。
プレゼントしたのは?。詩人のモナリー。蝶の収集家モロー。違いますとカミーユ。
ドクター・ミラクルと聞いて困惑のピエール。カーニバルには行くなと止めてる。
そんなわけでピエールが話しをつけに行くようです。
溶暗になります。

カーニバルにて。
もう片づけ撤収してます。そんなところに来てるピエール。
ピエールとドクター。
カーニバルは終わった。明日ミュンヘンに発つと言ってるドクター。
進化論の話しをするピエール。見せてくれと迫るが帰ってくれと帰される。
外に出たピエールは作業員達がドクターはパリに残ると会話してるのを聞く。

夜の街にて。
馬車が走ってます。ピエールは馬車の後に乗って尾行してる。
ドクターはエリックを連れてある建物に入ってます。
溶暗になります。

カミーユの自宅アパートにて。
ピエールとカミーユ。
カーニバルでのことを話すピエール。それからパリの街について話し込む。

ドクターですが外のすぐそばにいて伺ってます。それでどうなる。

ピエールは帰ります。ドアの戸締まりはしっかりとかけるようにと注意する。
ドアにかんぬきをかけるカミーユ。

ピエールが帰ったのを確認してドクターはアパートに入る。
ピエールだと思ってドアを開けたカミーユはドクターなのでビックリ。
カフェで話しましょうとカミーユを外出させようとするドクター。断るカミーユ。
エリックはあなたに夢中だと言い出すドクター。
ここは何とかドアを閉めてドクターを帰すカミーユ。

追い出されたドクターは馬車にいるエリックに色々と指示をする。

下宿にて。
研究中のピエール。ゴリラ・・・。そうなるとどうなる。
寝てるポールを起こして説明するピエール。ゴリラの血だ。3人はゴリラの血を注射されて死んだ。
そうなるとカミーユのことが心配になるピエールは出かけます。

カミーユの自宅アパートにて。
外壁を登って忍び込むエリック。怪しい影となって迫る。

ピエールはカミーユの自宅アパートに向かってます。
怪しい影のエリックとカットバックしてます。

いよいよカミーユに迫るエリック。目を覚まして悲鳴を上げるカミーユ。
気絶したカミーユ。悲鳴を聞いて起きた母親がやって来ます。
そんなとこにエリックが迫る。これは大変。
悲鳴が聞こえて外出は大騒ぎになってます。

ようやくピエールが到着したがドアが開かない。
そんなところに警官ややじ馬も押し掛ける。そんなこんなでドアをこじ開ける。

中には誰もいない。カミーユも母親も消えている。
警官は現金も宝石もあるので泥棒ではない。死体もないので殺人でもないとなる。

ピエールはそんなはずはないと激昂する。
自分は恋人だと言えばそれなら警察に来てもらおうと話しは悪い方に進む。

ドクターの馬車は引き上げています。悲鳴は聞こえてる。

現場にて。カミーユの自宅アパートだと思う。
事情聴取になってます。
フランツ・オッペンハイマー。食堂店主。
突然悲鳴が聞こえて急いで駆けつけました。それはイタリア語の話し声でした。
そんな感じでここは原作通りになってます。
しかしイタリア語はわからんとのこと。とにかくイタリア語だと主張してる。

アルベルト・モンターニ。
私はイタリア人だ。あればイタリア語ではなくデンマーク語だと主張する。
やっぱりデンマーク語は知らないようです。とにかくデンマーク語だと主張してる。

デンマークのオッサン。
あれはドイツ語だと主張する。

要するに3人とも母国語は違うと主張してるわけです。思わぬ愛国心が発揮されてます。
そんなわけで3人で母国の名誉をかけての口論になり何だか違う話しになってます。

ようやくピエールが呼ばれてます。警視総監が尋問してるらしい。
犯人の居場所を知ってると主張するピエール。これはビックリの警察。
サル。この部屋に女性2人。入り口は1つ。1人は連れ去られた。1人は殺された。
この部屋に死体がある。それで暖炉に煙突から母親の死体が落ちかかる。これはビックリ。

ドクター・ミラクルが4件の殺人に関与してるとピエール。そして今5件目が・・・
ゴリラの仕業です・・・
証拠は?となる。母親は動物の毛を握っていた。

ドクター・ミラクルの研究室にて。
検査して彼女の血は完璧だと喜んでるドクター。
もう外には警察とやじ馬が押し寄せてます。手下が気がつく。
ドクターは手下に時間を稼いでくれと命じる。手下はドアを押さえに行く。

実験はやるつもりのドクター。カミーユをじっくりと見てます。
このシーンは妙にHに撮れてます。さすが厳しい検閲が入る前の1932年。
しかしエリックは興奮してドクターの命令を聞かない。
そんなわけでアッサリとエリックにやられるドクター。

ドアを押さえていた手下は警察がドアに撃った貫通弾を受けて退場となります。

エリックはカミーユを抱えて屋根に逃げる。これをピエールが発見する。
屋根伝いにに逃げるカミーユを抱えたエリックを追跡する警察とやじ馬。
警察が撃とうするのを止めてるピエール。
エリックは屋根で滑ってカミーユを落としそうになったりします。これは大変。

ピエールは警官の銃を無理やり借りて屋上に向かう。
エリックはカミーユを放り出す。屋根から落ちそうになるカミーユ。

ピエールはまずエリックを撃って片づける。屋根から転落して河に落ちるエリック。
次は屋根から落ちそうなカミーユを救出します。これで事件は解決しました。

エピローグ
モルグにて。
ドクター・ミラクルの死体が運び込まれ受付手続きになってます。
死因は?大猿・・・
エンドとなります。

it's a Universal Picture

a good cast it is worth repeating
キャストの紹介が繰り返されます。


そんなわけで普通のホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。