映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「スポーツ」の記事

2020.06.15

Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.06.15(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が休止してこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引の50音順の並び方でも色々と思えてきます。

1944年のフィルム・ノワールとその他の作品
『飾り窓の女』(1944年)→フリッツ・ラング監督、エドワード・G・ロビンソン主演のあっと驚くどんでん返しフィルム・ノワール。
『ガス燈』(1944年)→ジョージ・キューカー監督、イングリッド・バーグマン主演の虐待サスペンス。
『キャット・ピープルの呪い』(1944年)→ロバート・ワイズ監督、シモーヌ・シモン主演のあんまり怖くないけど出来がいい続編母性愛ホラー。
『救命艇』(1944年)→アルフレッド・ヒッチコック監督、タルラ・バンクヘッド主演の救命ボートのみが舞台のサスペンス。
『恐怖省』(1944年)→フリッツ・ラング監督、レイ・ミランド主演の巻き込まれサスペンス。
『黒い河』(1944年)→アンドレ・ド・トス監督、マール・オベロン主演のスワンプウォーター・ゴシックロマン
『深夜の告白』(1944年)→ビリー・ワイルダー監督、バーバラ・スタンウィック主演の悪女フィルム・ノワールの見本作品。
『毒薬と老嬢』(1944年)→フランク・キャプラ監督のブラック・コメディ。人相をごまかすために専属整形外科医を連れてる連続殺人鬼等の面白キャラが多い。
『謎の下宿人』(1944年)→ジョン・ブラーム監督、マール・オベロン主演の謎の下宿人サスペンス。
『呪いの家』(1944年)→ルイス・アレン監督、レイ・ミランド、ゲイル・ラッセル主演の家ホラー。
『ブロンドの殺人者』(1944年)→エドワード・ドミトリク監督、ディック・パウエル主演のレイモンド・チャンドラー『さらば愛しき女よ』のフィルム・ノワール。
『幻の女』(1944年)→ロバート・シオドマク監督、エラ・レインズ主演の巻き込まれフィルム・ノワール。
『モーガンズ・クリークの奇跡』(1944年)→プレストン・スタージェス監督のやり過ぎな産めよ増やせよの国策コメディ。
『容疑者』(1944年)→ロバート・シオドマク監督、チャールズ・ロートン、エラ・レインズ主演の痴話喧嘩サスペンス。
『ローラ殺人事件』(1944年)→オットー・プレミンジャー監督、ジーン・ティアニー主演のローラの肖像画が印象的なフィルム・ノワール。
そんな感じ他にもまだまだあるのが1944年作品のいいところです。


映画ネタではありませんが・・・
YouTubeでMLBを見る。
野球の本でしか知らなかったMLBワールドシリーズ。
1974年ワールドシリーズ オークランド・アスレチックス対シンシナティ・レッズ
色々と個性的な選手が多いオークランド・アスレチックス
当時最強でビッグレッドマシンと呼ばれたシンシナティ・レッズ

それはともかく面白いシーンがあった。
シンシナティ・レッズの攻撃で、
1塁ランナーがボビー・トーラン。バッターは強打者のジョニー・ベンチ。
注意深く投げてるのがリリーフエース ロリー・フィンガース。
ボビー・トーランが盗塁して1塁が空いた。
フルカウント近くになってディック・ウィリアムズ監督が来て入念な注意を与える。
そんなわけでフルカウントからキャッチャーのジーン・テナスは立ち上がって大きく離れて構える。
しかしロリー・フィンガースが投げると同時にジーン・テナスはさっと戻って普通に構える。
外角低めにスライダーが決まり見逃し三振となるジョニー・ベンチ。
こんなことはワールドシリーズではこれ1回限りだとそうです。
ズルをするなとなるが野球は元々そんなスポーツなのです。

個性的な選手が多いオークランド・アスレチックスですがレギュラーの選手が当時始まったばかりのフリーエージェント制によってホトンド全員が消えた。
SSバート・キャンパネリス
CFビル・ノース
LFジョー・ルディ
RFレジー・ジャクソン
3Bサル・バンドー
1Bジーン・テナス Cですが1Bが多かった。
Cレイ・フォッシー
2Bディック・グリーン
Pキャットフィッシュ・ハンター
Pケン・ホルツマン
Pロリー・フィンガース
このメンバー全員がフリーエージェントで消えてしまい黄金時代は去った。
それから色々とあって映画にもなったビリー・ビーンGM時代になってます。
『マネーボール』(2011年)

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルに作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2020.06.08

Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.06.08(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が休止してこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引の50音順の並び方でも色々と思えてきます。

1971年の作品は傑作が多い。色々あるけど私の感想をアップした作品では、
『アンドロメダ・・・』(1971年)→ロバート・ワイズ監督のパンデミックSFサスペンス。
『課外教授』(1971年)→『スタートレック』のジーン・ロッデンベリー製作脚本のエロサスペンスドラマ。
『激突!』(1971年)→スティーブン・スビルバーク監督のあおり運転不条理カーアクション。
『ダーティハリー』(1971年)→ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演の新しいフォーマット 刑事アクションを作った傑作。音楽とアクションがシンクロしてるとこもあります。
『地球最後の男 オメガマン』(1971年)→チャールトン・ヘストン主演の低予算SFアクション。
『時計じかけのオレンジ』(1971年)→スタンリー・キューブリック監督の近未来暴力ドラマ。
『バニシング・ポイント』(1971年)→ダッジ・チャレンジャーがひたすら走る風変わりなカーアクション。
『バンクジャック』(1971年)→リチャード・ブルックス監督の犯罪サスペンス・アクション。ゴールディ・ホーンが可愛い。
『ボーイフレンド』(1971年)→ケン・ラッセル監督のバズビー・バークレーにオマージュを捧げたミュージカル。
『わらの犬』(1971年)→サム・ペキンパー監督の村社会暴力ドラマ。

日本映画もあります。
『遊び』(1971年)→増村保造監督のぶっ飛び強烈シリアスドラマ。まだ感想がない。
『ゴジラ対ヘドラ』(1971年)→坂野義光監督のぶっ飛び怪獣映画
『八月の濡れた砂』(1971年)→藤田敏八監督のドロドロ青春ドラマ


映画ネタではありませんが・・・
YouTubeでMLBを見る。
野球の本でしか知らなかったMLBワールドシリーズ
1975年ワールドシリーズ ボストン・レッドソックス対シンシナティ・レッズ
ワールドシリーズで歴代最高と言われたシリーズ。
シンシティ・レッズは当時最強でビッグレッドマシンと呼ばれ恐れられていました。
それに対して挑むのはごく普通のボストン・レッドソックス。

2勝3敗で後がない第6戦のレッドソックスは8回に代打バーニー・カーボの3ランホームランで3点差を追いつき延長12回にカールトン・フィスクのレフトポールに当てたサヨナラホームランで勝ったのが有名です。
それでもレッドソックスは第7戦を落として負けた。第2次大戦後3度目のワールドシリーズで3回とも3勝4敗で敗れています。
続く1986年の対ニューヨーク・メッツでも3勝4敗で敗れた。このシリーズは1Bビル・バックナーのエラーが有名です。

1975年当時流行っていたユニフォームに注目。
伸縮自在の生地ダブルニットを使用してます。
上は前ボタン無しのプルオーバー。下はベルトレスのパンツ。
ボストン・レッドソックス、シンシナティ・レッズともに当時最高のデザインでカッコいいんです。
他に最初に初めたオークランド・アスレチックスやボルティモア・オリオールズ、ピッツバーグ・パイレーツ等のデザインもいい。


私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルに作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.06.01

Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.06.01(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が休止してこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引の50音順の並び方でも色々と思えてきます。

アニメを見始めた頃。
『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)→評判通りに普通に傑作です。
『うる星やつら オンリー・ユー』(1983年)→脚本の通りに撮っただけの作品。
『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年)→こんな面白い作品は見たことがなかった。私はこの作品を50回以上見ました。それでこのシリーズの3作名からは見ないでいい。それぞれ1回見ただけでうんざりした私が断言します。
『風の谷のナウシカ』(1984年)→ハリウッド映画のような唐突なハッピーエンドはそれはそれでいいいがナウシカはあれでよかったのだろうか。
『カムイの剣』(1985年)→音楽とアクションが一体化してるのがとてもいい。今となっては真田広之のVCもプラスになってるし。もっと評価されてほしい。
『ガルフォース エターナル・ストーリー』(1986年)→どこかで見たようなシーンの連続なんですが出来がよく面白い珍しい作品。
『AKIRA』(1988年)→よいところは作画とバイクアクションぐらい。とにかく原作マンガを適当にダイジェストしただけの脚本がひどい。
『きまぐれオレンジロード あの日にかえりたい』(1988年)→原作マンガより厳しい話しになっています。後味はそんなに悪くない。
『機動警察パトレイバー』(1989年)
『機動警察パトレイバー2』(1993年)
『WX3 機動警察パトレイバー』(2002年)
→この『パトレイバー』シリーズ3作はどれもよく出来ていると思えます。
『攻殻機動隊』(1995年)→原作をシンプルにまとめた脚本がいいと思えます。
このぐらいまではボルテージが上がっていました。あとはあまり見なくなっていますが最近のアニメも見るようにしてます。
今敏監督作品は先週に上げています。前の記事を見て下さい。

映画ネタではありませんが・・・
YouTubeでMLBを見る。
2004年アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズを見る。
ボストン・レッドソックス対ニューヨーク・ヤンキース。
先発投手も頼りないがリリーフ投手陣が壊滅的なレッドソックス。
リリーフの出番はジャンケンで決めてるレベル。そんなわけで押されっ放しで物凄くスリル満点になってます。
これをライブ中継で見てたらボストンのファンは死にそうになると思える。まあボストンファンは昔から何回も死んでるけど。
→野球ロマンティック・コメディ映画の佳作『2番目のキス』(2005年)はこのシーズンに撮影されていて映画より現実の方がが劇的になってるのが凄いものです。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルに作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.05.25

Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.05.25(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が休止してこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引の50音順の並び方でも色々と思えてきます。

今敏監督作品ははだいたい見ています。すでに亡くなっているの惜しいことです。
『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』(1998年)
『千年女優』(2001年)
『東京ゴッドファーザーズ』(2003年)
『パプリカ』(2006年)
映画作品はこれだけでした。思っていたより少なかった。これなら全部Blu-rayソフトでまとめ買いしてもいいくらいです。
プロットはいつも同じでヒロインが時空を彷徨う話しのようです。
『東京ゴッドファーザーズ』(2003年)だけは違ってジョン・フォード監督が1番有名な『三人の名付親』 3 Godfathers (1948) と同じ設定の話しでした。
今敏監督 享年46歳 全く惜しい人です。

映画ネタではありませんが・・・
YouTubeで野球の本でしか知らなかったMLBワールドシリーズを見る。
1960年 ピッツバーグ・パイレーツ対ニューヨーク・ヤンキース。
常に劣勢だったパイレーツが劇的に勝ったシリーズ。
YouTubeをTVで見ると画面のスタンダードサイズを無理やりワイドにしてるので選手がデブに見えるのがこまったものです。これはパソコンで見ればマシになるみたい。

パイレーツの3勝は常に接戦で薄氷の勝ち。対するヤンキースの3勝は全部圧勝。
3勝ずつで第7戦になって序盤でリードしたパイレーツはそれまでヤンキースを抑えていたリリーフエース ロイ・フェイスを早めに登板させたが初めて打ち込まれて降板となる。
そんなわけでパイレーツはもう次の試合がないのでこれまで打たれていた先発投手をつぎ込み失点しながら防戦一方になってあとは打線頼みになる。
終盤のパイレーツの攻撃でようやく代打でシングルヒットが出たと思ったら次打者がショートに併殺となるゴロを打ったら打球が小石に当ってイレギュラーしショートの咽を直撃しこれで『二死無走者が無死二走者になった』この訳文が素敵。私は直訳調の日本語文が好きなんです。
そんなこんなでパイレーツが劇的に勝ったシリーズでした。

パイレーツのリリーフ投手ロイ・フェイスは1950-60年代当時では珍しかったフォークボールが決め球のリリーフエース。右投げで背番号は26です。
本を読んで何故か非常に印象に残って私のネットでのハンドルネームになってます。

ヤンキースのトニー・クーベック遊撃手とボビー・リチャードソン二塁手。何となく映画っぽい名前です。スタンリー・キューブリック監督とトニー・リチャードソン監督が連想されます。
同じヤンキースのクリート・ボイヤー三塁手は後に日本プロ野球NPB 大洋ホエールズに行って守備の名手になった山下大輔遊撃手にグラブさばきと素早いスローイングのよき見本になっていました。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルに作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2014.07.01

ある映画ファンの2014ワールドカップサッカー日記

サッカー素人の映画ファンの感想です。

続きを読む "ある映画ファンの2014ワールドカップサッカー日記" »

2010.07.01

サッカー素人の映画ファンが見た日本対パラグアイの感想

◆韓国がウルグアイに負けたので日本もパラグアイに負けるのか?
◆南米のチームはアジアのチームに負けたことがないらしい。そうなるとあまり期待しない方がいいようです。
◆これで日本が勝ったら韓国のメンツが丸つぶれになるのか?それは逆恨みなのではないかい。とはいえ日本は普通にやってほしい。
◆日本の島国根性を発揮するとこれ以上勝っては韓国に失礼だなんてなるかもしれない。とはいえ普通にやってほしい。無理かな。

続きを読む "サッカー素人の映画ファンが見た日本対パラグアイの感想" »

2010.06.26

サッカー素人の映画ファンが見た日本対デンマークの感想

◆日テレにて。
◆解説は北沢か?→北沢と城でした。声が似ているのでどっちだかわからん。

続きを読む "サッカー素人の映画ファンが見た日本対デンマークの感想" »

2010.06.21

サッカー素人の映画ファンが見た日本対オランダの感想

◆この試合は引き分けで儲け物だと思う。


続きを読む "サッカー素人の映画ファンが見た日本対オランダの感想" »

サッカー素人の映画ファンが見た日本対カメルーンの感想

サッカーワールドカップ予選リーグ 日本対カメルーンは1-0で日本が勝ちました。ビジターで初の価値です。これは価値があります。今大会はこれで充分だと思います。後はボーナスみたいなものです。

続きを読む "サッカー素人の映画ファンが見た日本対カメルーンの感想" »

2009.12.07

2010 FIFA ワールドカップ南アフリカの組み合わせについて

◆映画ファンでサッカーは普通に見ている立場からの印象です。

続きを読む "2010 FIFA ワールドカップ南アフリカの組み合わせについて" »

より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。