映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1940年代と1950年代の風変わりなフィルム・ノワール2本立ての解説◆2024.01.07(日) | トップページ | 2010年代のヨーロッパアニメ2本立ての解説◆2024.01.14(日) »

2024.01.08

Hollywood Express #1002◆2024.01.06(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆new releases
◆『君たちはどう生きるか』 The Boy and the Heron (2023) が全米公開でヒットしている話題。全米でも普通に興行がいいのが凄い。
◆ Love Lies Bleeding (2024) の話題。クリステン・スチュワート主演のサスペンスアクション。ボディビルジムを舞台にしているらしい。全米3月公開。
◆山田太一原作のドラマ『異人たち』 All of Us Strangers (2023) が全米限定公開でヒットしている話題。賞レースでもいい位置にいるそうです。
◆独立系障害者ドラマ Daruma (2023) にピーター・ファレリーが制作総指揮で参加する話題。1月にスラムダンス映画祭で上映予定。
◆3DCGアニメ Kung Fu Panda 4 (2024) の話題。『カンフー・パンダ』シリーズ最新作。DreamWorks Animation/DreamWorks/Universal Pictures製作配給。全米3月公開。
◆アメリカ・フェレーラがクリティクス・チョイス・アワード(Critics' Choice Awards)でシーハー賞を授与された話題。よくわからん。要するに女性への固定観念を打破しようとしたキャラや演技を評価されたらしい。
◆『ザ・キッチン』 The Kitchen (2023) の話題。階級社会となった英国を舞台にしたSFアクション。ダニエル・カルーヤ監督のデビュー作『ブラック・ミラー』 Black Mirror (2011– ) がNetflixで1月に配信予定。
◆ボート競技スポ根映画 The Boys in the Boat (2023) の話題。ジョージ・クルーニー監督とジョエル・エドガートンのインタビューがあります。
◆竜巻アクション『ツイスター』 Twister (1996) のリメイク Twisters (2024) の話題。グレン・パウエル、デイジー・エドガー・ジョーンズ主演。全米7月公開。
『ツイスター』(1996年)

◆red carpet
◆『哀れなるものたち』 Poor Things (2023) のプレミアの風景。エマ・ストーン、ラミー・ユセフ、キャサリン・ハンターのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Ferrari (2023) のメイキング。ペネロペ・クルスとアダム・ドライヴァーとシェイリーン・ウッドリーのインタビューがあります。
◆ The Boys in the Boat (2023) のメイキング。ジョージ・クルーニー監督とジョエル・エドガートン、ハドリー・ロビンソンとカラム・ターナーのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ピアース・ブロスナンがアメリカのイエローストーン国立公園で問題を起こした話題。立入禁止区域に侵入したそうです。映画撮影に来ていたらしい。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Night Swim (2024) ブライス・マグワイア監督、ワイアット・ラッセル、ケリー・コンドン主演のプールホラー。引っ越した家の屋外プールで色々とあり過ぎるの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Memory (2023) マイケル・フランコ監督、ジェシカ・チャステイン、ピーター・サースガード主演のドラマ。認知症で色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『君たちはどう生きるか』 The Boy and the Heron (2023) 宮崎駿監督、ルカ・パドヴァン、ロバート・パティンソンVCの2Dリミテッドアニメ。ロリコンでマザコン、ミリオタでパヨクの相反する人格の持ち主 宮崎駿監督の集大成な話しのようです。Studio Ghibli/Toho Company/Goodfellas/GKIDS製作配給。興行収入totalが3580万ドル。
◆9位が『ハンガー・ゲーム0』 The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes (2023) フランシス・ローレンス監督、トム・ブライス、レイチェル・ゼグラー主演の『ハンガー・ゲーム』シリーズ前日譚ドラマ。独裁者になる男の昔の話しのようです。興行収入totalが1億5970万ドル。これはビックリの大ヒットをして緩やかに順位を落としてます。
◆8位が Ferrari (2023) マイケル・マン監督、アダム・ドライヴァー、ペネロペ・クルスととシェイリーン・ウッドリー主演のドラマ。若きエンツォ・フェラーリの話しのようです。興行収入totalが1070万ドル。
◆7位が『アイアンクロー』 The Iron Claw (2023) ショーン・ダーキン監督、ザック・エフロン、ジェレミー・アレン・ホワイト主演のプロレスドラマ。V・エリック一家の悲劇の話しのようです。興行収入totalが1630万ドル。
◆6位が The Boys in the Boat (2023) ジョージ・クルーニー監督、ジェエル・エドガートン、カラム・ターナー主演の実話ベースのスポ根ドラマ。1930年代のボート競技の話しのようです。興行収入totalが2200万ドル。
◆5位が Anyone But You (2023) ウィル・グラック監督、シドニー・スウィーニー・グレン・パウエル主演のロマンティックコメディ。最初は仲が悪いけどそのうちに仲よくなるいつもの話しのようです。興行収入totalが2480万ドル。
◆4位が『カラーパープル』 The Color Purple (2023) ブリッツ・バザウレ監督、ダニエル・ブルックス、タラジ・P・ヘンソン主演のオリジナルの映画『カラーパープル』 The Color Purple (1985) のブロードウェイミュージカル化されての映画版。黒人が苦労する話しのようです。興行収入totalが4400万ドル。
◆3位が『FLY!/フライ!』 Migration (2023) バンジャマン・レネール監督、クメイル・ナンジアニ、エリザベス・バンクスVCの3D CGアニメ。Illumination Entertainment/Universal Pictures製作配給。渡り鳥一家が初めて渡り鳥をする話しのようです。興行収入totalが5410万ドル。
◆2位が『アクアマン/失われた王国』 Aquaman and the Lost Kingdom (2023) ジェームズ・ワン監督、ジェイソン・モモア、パトリック・ウィルソン主演のDCアメコミ続編アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが7640万ドル。
◆1位が『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』 Wonka (2023) ポール・キング監督、ティモシー・シャラメ、クララ・レイン主演のミュージカル。ウィリー・ウォンカのチョコレート工場の前日譚の話しのようです。興行収入totalが1億3310万ドル。

◆ending
◆X-Ambassadors “Deep End” from “Aquaman and the Lost Kingdom (2023)”

◆ X Ambassadors | Deep End - Official Music Video - Aquaman and the Lost Kingdom | WaterTower

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆ [READY PLAYER ONE OST ] Blondie - One Way or Another Drum Cover

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆2023.12からNHK BS プレミアムチャンネルは廃止になり、BS101チャンネルに統合されたが、まだ映画を放映しています。そのうちに映画を見たければNHK BS 4Kチャンネルをにしろと誘導してます。しかし自分としてはもうそんな気はない。細かく規格変更してその度に機材を更新しカネを使わされる。いわゆる『血の吐くマラソン』ならぬ『けつの毛まで抜かれるマラソン』には付き合う気がなくなったからです。

◆私の感想があるお勧めの作品
◆今週はありません。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『新源氏物語 4Kデジタル修復版』(1961年)
◆森一生監督、市川雷蔵、寿美花代、若尾文子、中村玉緒、水谷八重子、市川寿海主演の時代劇メロドラマ。
◆光源氏に色々遍歴な話しのようです。
◆大映の全盛時代の豪華な映画なので見ているだけでいい感じだと思えます。
◆森一生監督は必ず予算内にまとめて早撮りの職人監督でプログラムピクチャーの名手です。

◆『カウボーイ』 Cowboy (1958)
◆デルマー・デイビス監督、グレン・フォード、ジャック・レモン、アンナ・カシュフィ、ブライアン・ドンレヴィ主演のカウボーイ・ウエスタン。
◆ジャック・レモンがカウボーイ見習いで色々とある話しのようです。
◆デルマー・デイビス監督なので手堅い出来だと思われます。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村

« 1940年代と1950年代の風変わりなフィルム・ノワール2本立ての解説◆2024.01.07(日) | トップページ | 2010年代のヨーロッパアニメ2本立ての解説◆2024.01.14(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1940年代と1950年代の風変わりなフィルム・ノワール2本立ての解説◆2024.01.07(日) | トップページ | 2010年代のヨーロッパアニメ2本立ての解説◆2024.01.14(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。