映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1940年代と1950年代の野球伝記映画2本立ての解説◆2023.11.26(日) | トップページ | 2010年代のB級ホラー2本立ての解説◆2023.12.03(日) »

2023.11.27

Hollywood Express #997◆2023.11.25(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆『バービー』 Barbie (2023) が色彩設計と撮影で技術系の何とか映画祭でザ・フィルムライトカラーアウォードを受賞した話題。
◆公開40周年記念で『愛と追憶の日々』 Terms of Endearment (1983) の4H UHD版ソフトが発売された話題。ジェームズ・L・ブルックス監督のインタビューがあります。
◆『ガーフィールド』シリーズ?の最新の3S CGアニメ The Garfield Movie (204) の予告編が解禁の話題。今度は大丈夫なんだろうな。全米2024年5月公開。『ガーフィールド』 Garfield: The Movie (2004) はビル・マーレーの保証付の駄作だったようですが。
『ガーフィールド ザ・ムービー』(2004年)
◆『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ『マダム・ウェブ』 Madame Web (2024) の予告編が解禁の話題。ダコタ・ジョンソン主演。全米2024年2月公開。
◆ Arthur the King (2024) マーク・ウォールバーグ主演の犬映画。アドベンチャーレースに犬が紛れ込む話しのようです。全米2024年3月公開。
◆ケヴィン・ハートがマーク・トゥエイン賞に選ばれた話題。コメディ系の賞のようです。よくわからん。
◆ブラムハウス製作のイマジナリーフレンド・ホラー Imaginary (2024 の話題。大人になって忘れ去られたイマジナリーフレンドが復讐する話しらしい。全米2024年3月公開。

◆red carpet
◆ Saltburn (2023) のプレミアの風景。ジェイコブ・エローディとアーチー・マデクウィのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ハンガー・ゲーム0』 The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes (2023) のメイキング。フランシス・ローレンス監督と製作ニーナ・ジェイコブソンのインタビューがあります。
◆ Trolls Band Together (2023) のメイキング。ウォルト・ドーン監督と製作ジーナ・シェイのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆『バービー』 Barbie (2023) のマーゴット・ロビーがプロデューサーとして何とか賞を受賞したときに声が出ずに男性2人がスピーチを代読した話題。よくわからん。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ナポレオン』 Napoleon (2023) リドリー・スコット監督、ホアキン・フェニックス、ヴァネッサ・カービー主演の伝記スペクタクルドラマ。ナポレオンの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『マエストロ: その音楽と愛と』 Maesutoro (2023) ブラッドリー・クーパー監督、ブラッドリー・クーパー、キャリー・マリガン主演の伝記映画。アメリカの指揮者レナード・バーンスタインの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 Killers of the Flower Moon (2023) マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、ロバート・デ・ニーロ、リリー・グラッドストーン主演のコスチュームプレイ・ドラマ。石油利権で色々とあり過ぎる話しのようです。興行収入totalが6360万ドル。普通にヒットしてランクを落としてます。
◆9位が Priscilla (2023) ソフィア・コッポラ監督、ケイニー・スピーニー・ジェイコブ・エルルディ主演のプレスリー・ドラマ。エルビス・プレスリー夫人になるプリシラ視点の話しのようです。興行収入totalが1690万ドル。
◆8位が『ネクスト・ゴール・ウィンズ』 Next Goal Wins (2023) タイカ・ワイティティ監督、マイケル・ファスベンダー、オスカー・ナイトリー主演のサッカースポ根ドラマ。米領サモア代表の弱小チームを強化する話しのようです。興行収入totalが250万ドル。
◆7位が The Holdovers (2023) アレクサンダー・ペイン監督、ポール・ジアマッティ、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ主演の学園ドラマ。休みなのに帰るとこがなく寮に残った生徒の面倒をみる先生の話しのようです。興行収入totalが830万ドル。
◆6位が『テイラー・スウィフト: The Eras Tour』 Taylor Swift: The Eras Tour (2023) サム・レンチ監督、テイラー・スウィフト出演のThe Eras Tourドキュメンタリー。ライブツアーの話しのようです。興行収入totalが1億7560万ドル。
◆5位が『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』 Five Nights at Freddy's (2023) エマ・タミ監督、ジョシュ・ハッチャーソン、エリザベス・ライル主演のゲームの映画化ホラー。謎のレトロゲームキャラに悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが1億3260万ドル。
◆4位が『マーベルズ』 The Marvels (2023) ニア・ダコスタ監督、ブリー・ラーソン、テヨナ・パリス、イマン・ヴェラ―ニ主演のマーベルアメコミアクション超大作。ヒーロー3人が集まる話しのようです。興行収入totalが6490万ドル。公開2週目の落ち込みも記録的になってます。どうしてこうなった?
◆3位が『サンクスギビング』イーライ・ロス監督、パトリック・デンプシー、アディソン・レイ主演のサンクスギビング・ホラー。いつもの話しのようです。興行収入totalが1030万ドル。
◆2位が Trolls Band Together (2023) ウォルト・ドーン、ティム・ヘルツ監督、アナ・ケンドリック,ジャスティン・ティンバーレイクVCの『トロールズ』シリーズ最新作3D CGIアニメ。いつもの話しのようです。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが3110万ドル。
◆1位がハンガー・ゲーム0』 The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes (2023) フランシス・ローレンス監督、トム・ブライス、レイチェル・ゼグラー主演の『ハンガー・ゲーム』シリーズ前日譚ドラマ。独裁者になる男の昔の話しのようです。興行収入totalが4460万ドル。『ハンガー・ゲーム』シリーズでは1番低調な出だし興行だそうです。これは大変。

◆ending
◆Ariana DeBose “Welcome to Rosas” from “ Wish (2023) ”

◆ Ariana DeBose - This Wish (From "Wish")

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆ One Way Or Another - Blondie (Guitar Cover)

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
『カリートの道』(1993年)
◆この作品はブライアン・デ・パルマ監督、アル・パチーノ、ペネロープ・アン・ミラー、ショーン・ペン、ルイス・グスマン、ジョン・レグイザモ、ビゴ・モーテンセン主演の更生物ギャング映画です。
原題◆Carlito's Way
プロット◆ヤクザ稼業から足を洗おうとする話しのようです。75000ドルを貯め込んでレンタカー屋になろうという設定になっていました。
◆アル・パチーノの熱演とラストで泣ける佳作になってます。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『いちご白書』 The Strawberry Statement (1970)
◆スチュアート・ハグマン監督、ブルース・デイビソン、キム・ダービー、バッド・コート主演の大学闘争ドラマ。
◆大学闘争にのめり込み色々とある話しのようです。
◆バンバンの歌『『いちご白書』をもう一度』で有名な作品でもあります。映画は佳作だと思います。


◆『太陽がいっぱい』 Plein soleil (1960)
◆ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ主演の成りすましサスペンス。
◆貧乏な主人公か金持ちを殺して成りすます話しのようです。
◆いい男で危険な香りがするアラン・ドロンが見どころです。

◆『決断の3時10分』 3:10 to Yuma (1957)
◆デルマー・デイビス監督、グレン・フォード、ヴァン・ヘフリン、レオラ・ダナ主演のウエスタン。
◆ならず物の誤送を引き受けて色々とある話しのようです。
◆この作品がオリジナルでリメイク『3時10分、決断のとき』 3:10 to Yuma (2007) もあって両方とも佳作になってますす。


◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村



« 1940年代と1950年代の野球伝記映画2本立ての解説◆2023.11.26(日) | トップページ | 2010年代のB級ホラー2本立ての解説◆2023.12.03(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1940年代と1950年代の野球伝記映画2本立ての解説◆2023.11.26(日) | トップページ | 2010年代のB級ホラー2本立ての解説◆2023.12.03(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。