映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #984◆2023.08.26(土) | トップページ | Hollywood Express #985◆2023.09.02(土) »

2023.09.03

1950年代の新東宝2本立ての解説◆2023.09.04(日)

なおこの映画感想はネタバレ全開になってます。
私の映画感想は基本的に2本立てです。何の2本立てなのかの解説をやります。


◆新東宝の映画について。
◆タイトル名は面白い。
◆本編は意外と真面目に作られている。
◆全体的には普通の日本映画といった感じとなります。
◆個性派俳優は多く出してます。
◆女優さんたちは悪くないような感じ。
◆元々低予算なので日活や大映のように1970年まで持たなくとその前に倒産となってます。

『海女の化物屋敷』(1959年)
◆この作品は曲谷守平監督、三原葉子、菅原文太、、瀬戸麗子、万里昌代、沼田曜一主演のエログロサスペンスです。
プロット◆幽霊騒ぎで色々とある話しのようです。
◆菅原文太が若い。三原葉子はケバい。沼田曜一は何だか怪しい。そんな感じ。
◆全体的に新東宝なプログラムピクチャーな感じになってます。

『九十九本目の生娘』(1959年)
◆この作品は曲谷守平監督、菅原文太、沼田曜一、矢代京子、三原葉子、水上恵子主演の謎の儀式ドラマのようです。
プロット◆謎の行事に悪戦苦闘する話しのようです。
◆菅原文太が若い。三原葉子はケバい。沼田曜一は何だか怪しい。そんな感じ。
◆全体的に新東宝なプログラムピクチャーな感じになってます。

そんなわけでお勧め2本立てなので見て読んで下さい。

映画フェイス - にほんブログ村


« Hollywood Express #984◆2023.08.26(土) | トップページ | Hollywood Express #985◆2023.09.02(土) »

映画2本立ての解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #984◆2023.08.26(土) | トップページ | Hollywood Express #985◆2023.09.02(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。