映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 2010年代の風変わりなサスペンスドラマ2本立ての解説◆2023.08.13(日) | トップページ | 1980年代のニンジャとサムライのアクション2本立ての解説◆2023.08.20(日) »

2023.08.14

Hollywood Express #982◆2023.08.12(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆セス・マクファーレンのインタビューから。俳優ストライキ支援に100万ドルを寄付した話題。他のスター達もストライキ支援をしてます。
◆『バービー』 Barbie (2023) が7月興業の歴代2位になった話題。1位は『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 2 (2011) だそうです。そんなにヒットしていたのか。
◆スパイク・リー監督とペドロ・アルモドバル監督がトロント国際映画祭で何とか賞を授与される話題。功労賞だと思う。
◆ダイアン・クルーガーのインタビューから。チューリッヒ映画祭で生涯功労賞を授与される話題。低予算から大作までバランスがいいのが評価されたそうです。
◆『グランツーリスモ』 Gran Turismo (2023) から、全米公開が少し延期になった話題。8月中には公開されるようです。日本は9月公開予定。
◆ Drive-Away Dolls (2023) が公開延期の話題。女性2人の行き当たりばったりの旅行で犯罪に巻き込まれる話しのようです。
◆『ミッション: インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』 Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One (2023) から、ポム・クレメンティエフのインタビューがあります。


◆red carpet
◆俳優組合のストライキ中なのでありません。

◆inside look
◆『ミュータント・タートル: ミュータント・パニック!』 Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutant Mayhem (2023) のメイキング。マイカ・アビーとブレイディ・ヌーンとニコラス・カントゥとシャモン・ブラウンJr.、ジェフ・ロウ監督のインタビューがあります。画調が少し違ってます。CGぽくない。これはこれでいいと思います。
◆ Dreamin' Wild (2022) のメイキング。音楽ドラマのようです。ドニー・エマーソンとナンシー・ソフィア・エマーソンのインタビューがあります。


◆Hollywood gossip
◆ジェイミー・フォックスが病気だった話題。急な内科的疾患とのことです。よくわからん。そもでも無事に回復してるそうです。
◆ジュディ・デンチが視力低下で撮影が大変な話題。お大事にとしか言えない。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』 The Last Voyage of the Demeter (2023) アンドレ・ウーヴレダル監督、コーリー・ホーキンズ、リーアム・カニングス主演の船ドラキュラホラー。通常航海のはずが積荷がアレで大変なことになるの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922年)だと思ったらクリーチャーがアレで『ジーパーズ・クリーパーズ』(2001年)になってるみたい。
◆ Jules (2023) マーク・タートルトーブ監督、ベン・キンズレー、ハリエット・サンソム・ハリス主演のエイリアン接近遭遇ドラマ。町の老人夫婦がエイリアンとコンタクトして色々とあり過ぎる話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『マイ・エレメント』Elemental (2023) ピーター・ソーン監督、リア・ルイス、マムドゥ・アチーVCの3D CGアニメ。火・水・土・風の街で色々とある話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが1億4840万ドル。まずまずヒットして緩やかにランクを落としてます。
◆9位が『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 Indiana Jones and the Dial of Destiny (2023) ジェームズ・マンゴールド監督、ハリソン・フォード、フィービー・ウォーラー=ブリッジ主演の『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作。ハリソン・フォードのインディ・ジョーンズ最後の話しのようです。悪役は北欧の至宝マッツ・ミケルセンが務めてます。興行収入totalが1億7070万ドル。
◆8位が Talk to Me ( (2022) ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ監督、ソフィー・ワイルド、アレクサンドラ・ジェンセン主演の謎の手ホラー。謎の手でホラーする話しのようです。興行収入totalが2210万ドル。
◆7位が『ミッション: インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』 Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One (2023) クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、ヴァネッサ・カービー、レベッカ・ファーガソン主演の『ミッション: インポッシブル』シリーズ最新作アクション大作。いつもの話しPart Oneのようです。興行収入totalが1億5110万ドル。
◆6位が Sound of Freedom (2023) アレハンドロ・モンテベルデ監督、ジム・カヴィーゼル、ビル・キャンプ主演の実録ドラマ。児童人身売買の話しのようです。興行収入totalが1億6400万ドル。色々と話題になって何故かヒットしてます。謎だ。実はキリスト教原理主義は入ってるかも。
◆5位が『ホーンテッド・マンション』 Haunted Mansion (2023) ジャスティン・シミエン監督、ロザリオ・ドーソン、オーウェン・ウィルソン主演のディズニーアトラクションホラー。いつものように謎の館でホラーする話しのようです。興行収入totalが4220万ドル。
◆4位が『ミュータント・タートル: ミュータント・パニック!』 Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutant Mayhem (2023) ジェフ・ロウ監督、シャモン・ブラウンJr.、ニコラス・カントゥVCの『ミュータント・タートル』シリーズ最新作3D CGアニメ。いつもの話しのようです。Nickelodeon Animation Studios/Point Grey Pictures/Image Comics/Nickelodeon Movies/Paramount Pictures製作配給。興行収入totalが4300万ドル。
◆3位が Oppenheimer (2023) クリストファー・ノーラン監督、キリアン・マーフィー、マット・デイモン、エミリー・ブラント主演の原爆開発ドラマ。原爆開発の話しのようです。興行収入totalが1億2億2890万ドル。2億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆2位が『MEG ザ・モンスターズ2』 Meg 2: The Trench (2023) ベン・ウィートリー監督、ジェイソン・ステイサム、ウー・ジン主演の『MEG ザ・モンスター』シリーズ続編モンスターパニックアクション超大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが3000万ドル。
◆1位が『バービー』 Barbie (2023) グレタ・ガーウィグ監督、マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング主演のバービー人形の実写人間ドラマ。バービー人形な話しのようです。興行収入totalが4億5930万ドル。4億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆A Tribe Called Quest's “Can I Kick It?” from “Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutant Mayhem (2023)”

◆Teenage Mutant Ninja Turtles Mutant Mayhem Trailer Song | A Tribe Called Quest - Can I Kick It?

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Debbie Harry & The Muppet Band - One Way or Another

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
◆今週はありません。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『ダンディー少佐』 Major Dundee (1965)
◆サム・ペキンパー監督、チャールトン・ヘストン、リチャード・ハリス、ジム・ハットン、ジェームズ・コバーン主演の戦争ウエスタン。
◆南北戦争末期のメキシコで色々とあり過ぎる話しのようです。
◆サム・ペキンパー監督がスタジオ側と揉めて編集権がなかった作品らしい。それでも出来はよいと思います。
◆キャストはオールスターキャストになってます。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 2010年代の風変わりなサスペンスドラマ2本立ての解説◆2023.08.13(日) | トップページ | 1980年代のニンジャとサムライのアクション2本立ての解説◆2023.08.20(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年代の風変わりなサスペンスドラマ2本立ての解説◆2023.08.13(日) | トップページ | 1980年代のニンジャとサムライのアクション2本立ての解説◆2023.08.20(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。