映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1980年代のニンジャとサムライのアクション2本立ての解説◆2023.08.20(日) | トップページ | 2000年代と2010年代の列車と殺し屋のサスペンスアクション2本立ての解説◆2023.08.27(日) »

2023.08.21

Hollywood Express #983◆2023.08.19(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆『バービー』 Barbie (2023) が全世界興行10億ドルを達成した話題から、マーゴット・ロビーがこの企画をスタジオ側に売り込んだ話題になります。絶対に興行が成功して10億ドルと大風呂敷を広げたらマジで全世界興行10億ドルになったようです。
◆ Oppenheimer (2023) のアイマックス上映を8月中まで上映するとユニバーサルが発表した話題。この作品がヒットしてるのはアメリカがいい時代だったと浸れるからかも?
◆シルベスター・スタローンのドキュメンタリー Sly (2023) の話題。トロント国際映画祭のクロージング作品になったそうです。それから11月にNetflixで配信予定。
◆ヒット中のA24制作のホラー Talk to Me (2022) の続編製作が発表された話題。
◆ファンタジーアニメ Warrior King (2023) の最新クリップの話題。全米8月公開予定。Cinedigm Entertainment Group配給。
◆ All Dirt Roads Taste of Salt (2023) の予告編が公開された話題。黒人キャストの人間ドラマらしい。全米秋に公開予定。
◆『ジュラシック・パーク』 Jurassic Park (1993) の公開30周年記念で3Dで再公開される話題。全米8月公開予定。
◆ You Are So Not Invited to My Bat Mitzvah (2023) の話題。アダム・サンドラー一家総出演のコメディらしい。Netflixで8月配信予定。

◆red carpet
◆俳優組合のストライキ中で今週も休みです。

◆inside look
◆『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』 The Last Voyage of the Demeter (2023) のメイキング。アンドレ・ウーヴレダル監督、コーリー・ホーキンズ、リーアム・カニンガム、デヴィッド・ダストマルチャンのインタビューがあります。
◆ Jules (2023) のメイキング。ベン・キングズレー、マーク・タートルトーブ監督のインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ウィリアム・フリードキン監督が亡くなった話題。享年87歳。全世界にオカルトホラーブームを起こした『エクソシスト』 The Exorcist (1973) が1番有名です。刑事アクションの『フレンチ・コネクション』 The French Connection (1971) も有名。他にも有名作品がそろってます。悪魔に魂を売ったと称される非常識演出でも有名です。
◆ナタリー・ポートマンとベンジャミン・ミルピエが別居して離婚する話題。結婚11年目。子供が2人。ベンジャミン・ミルピエはそれでも浮気するのか。こまったものです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Blue Beetle (2023) アンヘル・マヌエル・ソト監督、ショロ・マリデュエニャ、ブルーナ・マルケジーニ主演のアメコミアクション。いつもの話しのようです。時節柄でラテン系が主人公になってます。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『スラムドッグス』 Strays (2023) ジョシュ・グリーンバウム監督、ウィル・フェレル、ジェイミー・フォックスVCの犬コメディ。捨て犬が飼い主の家に戻ろうとする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Jailer (2023) ネルソン・ディリップクマール監督、ラジニカーント、モハンラル主演のボリウッドアクションコメディ。ボリウッドなアクションの話しのようです。興行収入totalが410万ドル。
◆9位が『ミッション: インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』 Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One (2023) クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、ヴァネッサ・カービー、レベッカ・ファーガソン主演の『ミッション: インポッシブル』シリーズ最新作アクション大作。いつもの話しPart Oneのようです。興行収入totalが1億5940万ドル。スタジオ側の期待値より低い興行になってます。
◆8位が Sound of Freedom (2023) アレハンドロ・モンテベルデ監督、ジム・カヴィーゼル、ビル・キャンプ主演の実録ドラマ。児童人身売買の話しのようです。興行収入totalが1億7280万ドル。色々と話題になって何故かヒットしてます。謎だ。実はキリスト教原理主義は入ってるかも。
◆7位が Talk to Me (2022) ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ監督、ソフィー・ワイルド、アレクサンドラ・ジェンセン主演の謎の手ホラー。謎の手でホラーする話しのようです。興行収入totalが3130万ドル。
◆6位が『ホーンテッド・マンション』 Haunted Mansion (2023) ジャスティン・シミエン監督、ロザリオ・ドーソン、オーウェン・ウィルソン主演のディズニーアトラクションホラー。いつものように謎の館でホラーする話しのようです。興行収入totalが5300万ドル。
◆5位が『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』 The Last Voyage of the Demeter (2023) アンドレ・ウーヴレダル監督、コーリー・ホーキンズ、リーアム・カニングス主演の船ドラキュラホラー。通常航海のはずが積荷がアレで大変なことになるの話しのようです。興行収入totalが650万ドル。
◆4位が『MEG ザ・モンスターズ2』 Meg 2: The Trench (2023) ベン・ウィートリー監督、ジェイソン・ステイサム、ウー・ジン主演の『MEG ザ・モンスター』シリーズ続編モンスターパニックアクション超大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが5420万ドル。
◆3位が『ミュータント・タートル: ミュータント・パニック!』 Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutant Mayhem (2023) ジェフ・ロウ監督、シャモン・ブラウンJr.、ニコラス・カントゥVCの『ミュータント・タートル』シリーズ最新作3D CGアニメ。いつもの話しのようです。Nickelodeon Animation Studios/Point Grey Pictures/Image Comics/Nickelodeon Movies/Paramount Pictures製作配給。興行収入totalが7230万ドル。
◆2位が Oppenheimer (2023) クリストファー・ノーラン監督、キリアン・マーフィー、マット・デイモン、エミリー・ブラント主演の原爆開発ドラマ。原爆開発の話しのようです。興行収入totalが2億6420万ドル。
◆1位が『バービー』 Barbie (2023) グレタ・ガーウィグ監督、マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング主演のバービー人形の実写人間ドラマ。バービー人形な話しのようです。興行収入totalが5億2640万ドル。5億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Ryan Gosling's “I'm Just Ken” from “Barbie (2023)”

◆Barbie Music Video - Just Ken (2023)

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Blondie - One Way Or Another Bass Cover (with tabs)

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
『ブレードランナー ファイナル・カット』(1982年/2007年)
◆リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモス、ダリル・ハンナ主演のSFドラマ。傑作です。
原題◆Blade Runner:Final Cut
プロット◆レプリカント達がやって来て寿命が尽きる話しと主人公の男とレプリカントのヒロインのラブロマンスの2本立てになっているようです。
◆この作品はフィルムノワールでもあります。

『追跡』(1947年)
◆ラオール・ウォルシュ監督、ロバート・ミッチャム、テレサ・ライト、ジュディス・アンダーソン、ディーン・ジャガー主演のウエスタン。
原題◆Pursued
プロット◆しつこく追われる話しのようです。
◆本物の職人ラオール・ウォルシュ監督なので出来はいいはずなんですがプロデューサーの意向が入っているのかドラマ重視な仕上がりになってます。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『ミラクル・ニール!』 Absolutely Anything (2015)
◆テリー・ジョーンズ監督、サイモン・ペッグ、ケイト・ベッキンセイル主演、ロビン・ウィリアムス(声の出演)のSFコメディ。
◆全知全能になって悪戦苦闘する話しのようです。
『H.G.ウェルズの奇蹟人間』(1936年)のリメイクなのかと思ったが違うみたい。
◆全体的に無難な出来になっていると思います。


◆『パリは燃えているか』 Paris brûle-t-il? (1966)
◆ルネ・クレマン監督、ジャン・ポール・ベルモンド、シャルル・ボワイエ、アラン・ドロン、イヴ・モンタン、カーク・ダグラス、グレン・フォード、ゲルト・フレーベ、アンソニー・パーキンス、ピエール・バネック、ジャン・ピエール・カッセル、オーソン・ウェルズ主演のオールスター戦争映画。
◆パリを解放するする作戦の話しのようです。
◆オールスター映画なのでそんな感じの出来だと思います。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村



« 1980年代のニンジャとサムライのアクション2本立ての解説◆2023.08.20(日) | トップページ | 2000年代と2010年代の列車と殺し屋のサスペンスアクション2本立ての解説◆2023.08.27(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1980年代のニンジャとサムライのアクション2本立ての解説◆2023.08.20(日) | トップページ | 2000年代と2010年代の列車と殺し屋のサスペンスアクション2本立ての解説◆2023.08.27(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。