映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1940年代と1950年代の脱獄フィルムノワール2本立ての解説◆2023.08.06(日) | トップページ | 2010年代の風変わりなサスペンスドラマ2本立ての解説◆2023.08.13(日) »

2023.08.07

Hollywood Express #981◆2023.08.05(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆ Oppenheimer (2023) から、エミリー・ブラントとマット・デイモンのインタビューがあります。マット・デイモンはキリアン・マーフィーをサポートしていたと力説してます。
◆映画館チェーンのamcが座席位置での料金差額を中止すると発表した話題。要するに真ん中の席が値上げになるだけだったわけです。
◆『ミュータント・タートル』シリーズ最新作3D CGアニメ『ミュータント・タートル: ミュータント・パニック!』 Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutant Mayhem (2023) がサンディエゴコミコンで20分の映像を公開した話題。全米8月公開。日本9月公開予定。
◆ Challengers (2023) が脚本と俳優組合のストライキで公開配信延期の話題。全米9月公開予定が来年に延期。8月ベネチア映画祭プレミアもキャンセル。
◆『哀れなるものたち』 Poor Things (2023) の全米公開が9月から12月に延期の話題。ベネチア映画祭プレミアは変更無し。
◆ヘレン・ミレンがイスラエルの首相を演じるドラマ Golda (2023) の映像が公開された話題。1970年台が舞台のようです。全米8月公開。
◆『エクソシスト』シリーズの最新作? The Exorcist: Believer (2023) のファーストルックの話題。90歳のエレン・バースティンが復帰してるそうです。全米10月公開。
◆ヴィオラ・デイヴィスのインタビューから、Amazon Prime Video製作のG20 を降板した話題。ストライキでも撮影許可が降りていたが・・・

◆red carpet
◆ディズニーアトラクションの映画化の系譜。
◆『ホーンテッド・マンション』 Haunted Mansion (2023) ですが最初がTV映画の『ホーンテッド・ホテル』 Tower of Terror (1997) だそうです。
◆『ミッション・トゥ・マーズ』 Mission to Mars (2000) もディズニーアトラクションの映画化だったのか。興行はまあまあ。
◆カントリージャンボリーの映画化が『カントリー・ベアーズ』 The Country Bears (2002) の興行はイマイチだった。
◆『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』 Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl (2003) の興行は大成功してシリーズ5作が製作された。
◆エディ・マーフィーの『ホーンテッドマンション』 The Haunted Mansion (2003) の興行はイマイチ。
◆『トゥモローランド』 Tomorrowland (2015) の興行はまあまあ。
◆『ジャングル・クルーズ』 Jungle Cruise (2021) の興行は大ヒット。続編 Jungle Cruise 2 も決まってるそうです。

◆inside look
◆『ビーニー・バブル』 The Beanie Bubble (2023) のメイキング。エリザベス・バンクス、ザック・ガリフィアナキス、クリスティン・ゴア監督とダミアン・クーラッシュ監督のインタビューがあります。


◆Hollywood gossip
◆ケヴィン・スペイシーがパワハラセクハラ裁判で無罪になった話題。これはパワハラセクハラをやっていなかったわけでなくてやっていたけど無罪になっただけだと思える。そんなわけで復帰したら以前とは変わらずパワハラセクハラに励むでしょう。こまったものです。
◆シンガーのトリー・ケリーが体調不調で倒れた話題。血栓が見つかったそうです。お大事に。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『MEG ザ・モンスターズ2』 Meg 2: The Trench (2023) ベン・ウィートリー監督、ジェイソン・ステイサム、ウー・ジン主演の『MEG ザ・モンスター』シリーズ続編モンスターパニックアクション超大作。いつもの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『ミュータント・タートル: ミュータント・パニック!』 Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutant Mayhem (2023) ジェフ・ロウ監督、シャモン・ブラウンJr.、ニコラス・カントゥVCの『ミュータント・タートル』シリーズ最新作3D CGアニメ。いつもの話しのようです。Nickelodeon Animation Studios/Point Grey Pictures/Image Comics/Nickelodeon Movies/Paramount Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『スパイダーマン: アクロス・ザ・スパイダーバース』 Spider-Man: Across the Spider-Verse (2023) ホアキン・ドス・サントス、ケンプ・パワーズ、ジャスティン・K・トンプソン監督、シャメイク・ムーア、ヘイリー・スタインフェルドVCの続編アメコミ 3D CGアニメ超大作。アクロス・ザ・スパイダーバースの話しのようです。Sony Pictures Animation/Marvel Entertainment/Arad Productions/Lord Miller/Pascal Pictures/Sony Pictures Entertainment (SPE)/Columbia Pictures製作配給。興行収入totalが3億7870万ドル。大ヒットして緩やかにランクを下げてます。
◆9位が Insidious: The Red Door (2023) パトリック・ウィルソン監督、パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン主演の『インシディアス』シリーズの最新作ホラー。いつもの話しのようです。興行収入totalが7810万ドル。
◆8位が『マイ・エレメント』Elemental (2023) ピーター・ソーン監督、リア・ルイス、マムドゥ・アチーVCの3D CGアニメ。火・水・土・風の街で色々とある話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが1億4500万ドル。スクーターに乗る時にヘルメットではなくゴーグルのみにするのが通好みです。走行風が直接当たると目にきついんです。
◆7位が『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 Indiana Jones and the Dial of Destiny (2023) ジェームズ・マンゴールド監督、ハリソン・フォード、フィービー・ウォーラー=ブリッジ主演の『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作。ハリソン・フォードのインディ・ジョーンズ最後の話しのようです。悪役は北欧の至宝マッツ・ミケルセンが務めてます。興行収入totalが1億6700万ドル。
◆6位が Talk to Me ( (2022) ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ監督、ソフィー・ワイルド、アレクサンドラ・ジェンセン主演のホラー。謎の手でホラーする話しのようです。興行収入totalが1040万ドル。
◆5位が『ミッション: インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』 Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One (2023) クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、ヴァネッサ・カービー、レベッカ・ファーガソン主演の『ミッション: インポッシブル』シリーズ最新作アクション大作。いつもの話しPart Oneのようです。興行収入totalが1億3910万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆4位が Sound of Freedom (2023) アレハンドロ・モンテベルデ監督、ジム・カヴィーゼル、ビル・キャンプ主演の実録ドラマ。児童人身売買の話しのようです。興行収入totalが1億4930万ドル。色々と話題になって何故かヒットしてます。謎だ。
◆3位が『ホーンテッド・マンション』 Haunted Mansion (2023) ジャスティン・シミエン監督、ロザリオ・ドーソン、オーウェン・ウィルソン主演のディズニーアトラクションホラー。いつものように謎の館でホラーする話しのようです。興行収入totalが2400万ドル。
◆2位が Oppenheimer (2023) クリストファー・ノーラン監督、キリアン・マーフィー、マット・デイモン、エミリー・ブラント主演の原爆開発ドラマ。原爆開発の話しのようです。興行収入totalが1億7450万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『バービー』 Barbie (2023) グレタ・ガーウィグ監督、マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング主演のバービー人形の実写映画。バービー人形な話しのようです。興行収入totalが3億5140万ドル。2億ドルをスキップして一気に3億ドルに達してます。おめでとうございます。


◆ending
◆Billie Eilish's “What was I made For?” from “Barbie (2023)”

◆Billie Eilish - What Was I Made For? (Official Music Video)

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆BLONDIE One Way Or Another - (Chords & Lyrics like a Karaoke) HD

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
『エビータ』(1996年)
原題◆Evita
◆アラン・パーカー監督、マドンナ、アントニオ・バンデラス、ジョナサン・プライス、ジミー・ネイル主演のミュージカルドラマ。
◆音楽はアンドリュー・ロイド・ウェバー、作詞ティム・ライスで素晴らしい出来になってます。
プロット◆エバ・ペロンの成り上がり物語の話しのようです。
◆全編に渡り歌のみで構成される形式になっています。そんなわけでセリフ演技がないので駄作しかないマドンナ作品では唯一の傑作になってます。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『オブリビオン』 Oblivion (2013)
◆ジョセフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズブロー主演のSFドラマ。
プロット◆地球監視員が謎に巻き込まれる話しのようです。
◆トム・クルーズ主演なのでそれだけで見られる作品だと思います。
◆オルガ・キュリレンコがいい感じ。

◆『OK牧場の決斗』 Gunfight at the O.K. Corral (1957)
◆ジョン・スタージェス監督、バート・ランカスター、カーク・ダグラス、ロンダ・フレミング、ジョン・アイアランド、ジョー・ヴァン・フリート、リー・ヴァン・クリーフ、デニス・ホッパー主演のウエスタン大作。
プロット◆有名なOK牧場の決斗の決闘の話しのようです。
◆日活が便乗作でOK牧場ならぬ大川牧場が舞台になる珍品『俺の故郷は大西部』(おれのこきょうはうぇすたん)(1960年)がありました。
◆それはともかくこの作品はオールスターキャストの佳作だと思えます。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 1940年代と1950年代の脱獄フィルムノワール2本立ての解説◆2023.08.06(日) | トップページ | 2010年代の風変わりなサスペンスドラマ2本立ての解説◆2023.08.13(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1940年代と1950年代の脱獄フィルムノワール2本立ての解説◆2023.08.06(日) | トップページ | 2010年代の風変わりなサスペンスドラマ2本立ての解説◆2023.08.13(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。