映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 2010年代のホラーとサスペンス2本立ての解説◆2023.07.02(日) | トップページ | 1940年代と1950年代のフィムルノワール風ドラマ2本立ての解説◆2023.07.09(日) »

2023.07.03

Hollywood Express #976◆2023.07.01(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆『ザ・フラッシュ』 The Flash (2023) から、スーパーガール役のサッシャ・カジャのインタビューがあります。
◆ Challengers (2023) の予告編が公開された話題。ルカ・グァダニーノ監督、ゼンデイヤ主演の三角関係テニスドラマ。全米9月公開。
◆全米脚本家組合のデモの話題。ストライキが迫ってます。全米映画俳優組合や全米映画監督組合は全米脚本家組合を支持してるそうです。全米脚本家組合のダニー・トッリのスピーチがあります。
◆アカデミー作品賞にノミネートされるには劇場公開期間も条件になる話題。そんなわけでノミネート目的で1館1日のみ公開する方法はダメになるようです。
◆三角関係ドラマ Past Lives (2023) から、セリーヌ・ソン監督のインタビューがあります。
◆ビリー・クリスタルがワシントンDCでケネディセンター名誉賞を授与される話題。。アメリカ文化に貢献した人に送られる賞だそうです。
◆投資コメディ Dumb Money (2023) の話題。ポール・ダノ主演。全米9月公開。

◆red carpet
◆『ミッション: インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』Mission: Impossible - Dead Reckoning Part Oneのロンドンプレミアの風景。トム・クルーズ、クリストファー・マッカリー監督、ポム・クレメンティエフ、サイモン・ペッグのインタビューがあります。

◆inside look
◆風変わりなドラマ『アステロイド・シティ』 Asteroid City (2023) のメイキング。ジェイソン・シュワルツマン、ルパート・フレンド、ジェフリー・ライト、マヤ・ホーク、スカーレット・ヨハンソンのインタビューがあります。
◆風変わりなウエスタン Surrounded (2023) のメイキング。アンソニー・マンドラー監督、レティーシャ・ライト、ジェイミー・ベルのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆4件のセクハラでもめていたリュック・ベンソン監督が最後の裁判で無罪になった話題。これで晴れてセクハラ問題を解決したそうです。
◆この手の問題ですが女はセクハラだ男は枕営業だと不毛な水掛け論になるのがこまったものです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 Indiana Jones and the Dial of Destiny (2023) ジェームズ・マンゴールド監督、ハリソン・フォード、フィービー・ウォーラー=ブリッジ主演の『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作。ハリソン・フォードのインディ・ジョーンズ最後の話しのようです。悪役は北欧の至宝マッツ・ミケルセンが務めてます。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Ruby Gillman, Teenage Kraken (2023) カーク・デ・ミッコ、ファリン・パール監督、ラナ・コンドル、ジェーン・フォンダVCの3D CGアニメ。普通の女の子が実はクラーケンのプリンセスでさあ大変という話しのようです。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ブギーマン』 The Boogeyman (2023) ロブ・サヴェージ監督、ソフィー・サッチャー、クリス・メッシーナ主演のスティーヴンキング原作のホラー。いつもの話しのようです。興行収入totalが3770万ドル。
◆9位が The Blackening (2022) ティム・ストーリー監督、アントワネット・ロバートソン、ドウェイン・パーキンス主演のホラーコメディ。ボードゲームでホラーする話しのようです。興行収入totalが1220万ドル。
◆8位が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: VOLUME 3』 Guardians of the Galaxy Volume 3 (2023) ジェームズ・ガン監督、クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ主演の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ最新作のアメコミ大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが3億5100万ドル。
◆7位が『リトル・マーメイド』 The Little Mermaid (2023) ロブ・マーシャル監督、ハリー・ベイリー、ジョナ・ハウアー=キング主演の人魚ミュージカルドラマ。人魚姫な話しのようです。興行収入totalが2億7010万ドル。
◆6位が『アステロイド・シティ』 Asteroid City (2023) アンダーソン監督、ジェイソン・シュワルツマン、スカーレット・ヨハンソン主演のドラマ。アステロイド・シティの話しのようです。興行収入totalが1020万ドル。拡大公開でランクアップしてます。
◆5位が『トランスフォーマー/ビースト覚醒』 Transformers: Rise of the Beasts (2023) スティーヴン・ケイプル・ジュニア監督、アンソニー・ラモス、ドミニク・フィッシュバック主演の『トランスフォーマー』シリーズ最新作アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億2310万ドル。
◆4位が No Hard Feelings (2023) ジーン・スタプニッキー監督、ジェニファー・ローレンス、アンドリュー・バース・フェルドマン主演のロマンティックコメディ。カネに困ったヒロインが雇われデートで色々とある話しのようです。ロマンティックコメディはこのくらいぶっ飛んだ設定なのがいいんです。興行収入totalが1500万ドル。
◆3位が『ザ・フラッシュ』 The Flash (2023) アンディ・ムスキエティ監督、エズラ・ミラー、マイケル・キートン主演のアメコミアクション大作。過去改変して色々とある話しのようです。現在のバットマンはベン・アフレック。過去のバットマンがマイケル・キートンになっているようです。興行収入totalが8750万ドル。1週目興行が低調で2週目興行の落ちが激しい。ダブルパンチでこれは大変。
◆2位が『マイ・エレメント』Elemental (2023) ピーター・ソーン監督、リア・ルイス、マムドゥ・アチーVCの3D CGアニメ。火・水・土・風の街で色々とある話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが6540万ドル。1週目興行は低調でしたが2週目興行の落ちは少ない。そうなると作品の出来はよさそうです。
◆1位が『スパイダーマン: アクロス・ザ・スパイダーバース』 Spider-Man: Across the Spider-Verse (2023) ホアキン・ドス・サントス、ケンプ・パワーズ、ジャスティン・K・トンプソン監督、シャメイク・ムーア、ヘイリー・スタインフェルドVCの続編アメコミ 3D CGアニメ超大作。アクロス・ザ・スパイダーバースの話しのようです。Sony Pictures Animation/Marvel Entertainment/Arad Productions/Lord Miller/Pascal Pictures/Sony Pictures Entertainment (SPE)/Columbia Pictures製作配給。興行収入totalが3億1670万ドル。1位にカムバックして興行は3億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆John Williams' music from “Indiana Jones and the Dial of Destiny (2023)”

◆JOHN WILLIAMS 🎵 Full Concert 🎺 at INDIANA JONES & the DIAL OF DESTINY Premiere!

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Kristen Bell - Veronica Mars - Sings - One Way or Another

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
◆今週もありません。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『限りなき追跡』 Gun Fury (1953)
◆ラオール・ウォルシュ監督、ロック・ハドソン、ドナ・リード、フィリップ・ケイリー、リー・マービン主演の追跡ウエスタン。
◆恋人を誘拐されて追跡する話しのようです。
◆本物の職人監督ラオール・ウォルシュなので出来はよいと思います。
◆若いリー・マービンがどんなキャラなのか興味深い。


◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村



« 2010年代のホラーとサスペンス2本立ての解説◆2023.07.02(日) | トップページ | 1940年代と1950年代のフィムルノワール風ドラマ2本立ての解説◆2023.07.09(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年代のホラーとサスペンス2本立ての解説◆2023.07.02(日) | トップページ | 1940年代と1950年代のフィムルノワール風ドラマ2本立ての解説◆2023.07.09(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。