映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 2010年代と2020年代の海パニックホラー2本立ての解説◆2023.07.16(日) | トップページ | 1960年代と1970年代のドラマ2本立ての解説◆2023.07.23(日) »

2023.07.17

Hollywood Express #978◆2023.07.15(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆クロエ・グレース・モレッツVCの3D CGアニメ『ニモーナ』 Nimona (2023) の話題。変身出来るヒロインの設定です。クロエ・グレース・モレッツのインタビューがあります。中世が舞台のようです。Annapurna Animation/Annapurna Pictures/Netflix製作配給。
◆TVドキュメンタリー Rock Hudson: All That Heaven Allowed (2023) の話題。ロック・ハドソンはタフガイキャラだったけど実はゲイだったアンビバレンツな人なので話題性は十分です。そんな偏見で旧作を見れば何だか違うなと思えたりします。
◆バービー人形の実写映画『バービー』 Barbie (2023) から、ベトナム国内での上映が禁止になったとのこと。中国とは不仲なベトナム問題が絡んでいるそうです。色々と大変だ。
◆ジョディ・ターナー=スミスのインタビューから。『トロン』シリーズ3作目になる最新作 Tron: Ares (2025) に出演する話題。8月に撮影開始。
◆ラッセル・クロウのインタビューから。チェコ映画祭に出席したら自分は出ていない『グラディエーター』 Gladiator (2000)の 続編 Gladiator 2 (2024) の質問ばかりで閉口した話題。それでも『グラディエーター』 Gladiator (2000) は自分にとって出世作になった特別な作品だと認めています。
◆『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 Killers of the Flower Moon (2023) の予告編が公開された話題。アメリカ先住民が虐殺される話しらしい。10月に日米同時公開。アメリカ先住民はアジア大陸から勇敢にもベーリング海峡を越えて現アメリカ大陸に渡ったアジア系のお仲間なのです。
◆伝説のレゲエミュージシャン ボブ・マーリーの伝記映画 『ボブ・マーリー: ONE LOVE』 Bob Marley: One Love (2024) の話題。。全米2024年1月公開。日本でも2024年公開予定。

◆red carpet
◆リンゴ・スターの83歳の誕生パーティーの風景。リンゴ・スターとジョー・ウォルシュのインタビューがあります。
◆映画業界の組合と違ってミュージシャン組合はストライキはやっていないそうでこのようなイベントを催せるそうです。


◆inside look
◆ Joy Ride (2023) のメイキング。シェリー・コーラとアシュリー・パーク、ステファニー・シュートサブリナ・ウー、アデル・リム監督のインタビューがあります。
◆ Biosphere (2022) のメイキング。オッサン2人で世界の終わりの話しのようです。スターリング・K・ブラウンとマーク・デュプラスのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings (2021) のシム・リーが新作を待ち望んでいる話題。色々と大変だ。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ミッション: インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』 Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One (2023) クリストファー・マッカリー監督、トム・クルー、ヴァネッサ・カービー主演の『ミッション: インポッシブル』シリーズ最新作アクション大作。いつもの話しPart Oneのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。黄色いフィアット500が出てますがはハリウッド映画界ではいつものように『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)を知らないと言い張ってます。
◆ルパンついでに『ルパン三世 念力珍作戦』(1974年)の感想もあります。
◆『シアター・キャンプ』 Theater Camp (2023) モリー・ゴードン、ニック・リーバーマン監督、ベン・プラット、モリー・ゴードン主演のドラマ。演劇キャンプの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Ruby Gillman, Teenage Kraken (2023) カーク・デ・ミッコ、ファリン・パール監督、ラナ・コンドル、ジェーン・フォンダVCの3D CGアニメ。クラーケンのプリンセスの話しのようです。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが1160万ドル。やっぱりオリジナルのキャラとストーリーでは興行はイマイチなようです。
◆9位が『リトル・マーメイド』 The Little Mermaid (2023) ロブ・マーシャル監督、ハリー・ベイリー、ジョナ・ハウアー=キング主演の人魚ミュージカルドラマ。人魚姫な話しのようです。興行収入totalが2億8920万ドル。スタジオ側にとって物足りない興行で緩やかにランクを落としてます。
◆8位が『トランスフォーマー/ビースト覚醒』 Transformers: Rise of the Beasts (2023) スティーヴン・ケイプル・ジュニア監督、アンソニー・ラモス、ドミニク・フィッシュバック主演の『トランスフォーマー』シリーズ最新作アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億4680万ドル。
◆7位が No Hard Feelings (2023) ジーン・スタプニッキー監督、ジェニファー・ローレンス、アンドリュー・バース・フェルドマン主演のロマンティックコメディ。カネに困ったヒロインが雇われデートで色々とある話しのようです。ロマンティックコメディはこのくらいぶっ飛んだ設定なのがいいんです。興行収入totalが4050万ドル。
◆6位が Joy Ride (2023) アデル・リム監督、アシュリー・パーク、ステファニー・シュー主演のアジア系コメディー。アジア系アメリカ人4人がアジア旅行する話しのようです。興行収入totalが580万ドル。
◆5位が『スパイダーマン: アクロス・ザ・スパイダーバース』 Spider-Man: Across the Spider-Verse (2023) ホアキン・ドス・サントス、ケンプ・パワーズ、ジャスティン・K・トンプソン監督、シャメイク・ムーア、ヘイリー・スタインフェルドVCの続編アメコミ 3D CGアニメ超大作。アクロス・ザ・スパイダーバースの話しのようです。Sony Pictures Animation/Marvel Entertainment/Arad Productions/Lord Miller/Pascal Pictures/Sony Pictures Entertainment (SPE)/Columbia Pictures製作配給。興行収入totalが3億5760万ドル。
◆4位が『マイ・エレメント』Elemental (2023) ピーター・ソーン監督、リア・ルイス、マムドゥ・アチーVCの3D CGアニメ。火・水・土・風の街で色々とある話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが1億960万ドル。オリジナルのキャラとストーリーでも1億ドルを突破してます。おめでとうございます。
◆3位が Sound of Freedom (2023) アレハンドロ・モンテベルデ監督、ジム・カヴィーゼル、ビル・キャンプ主演の実録ドラマ。児童人身売買の話しのようです。興行収入totalが4160万ドル。
◆2位が『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 Indiana Jones and the Dial of Destiny (2023) ジェームズ・マンゴールド監督、ハリソン・フォード、フィービー・ウォーラー=ブリッジ主演の『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作。ハリソン・フォードのインディ・ジョーンズ最後の話しのようです。悪役は北欧の至宝マッツ・ミケルセンが務めてます。興行収入totalが1億2210万ドル。1億ドルに達してますがスタジオ側は物足りない。こまったものです。
◆1位が Insidious: The Red Door (2023) パトリック・ウィルソン監督、パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン主演の『インシディアス』シリーズの最新作ホラー。いつもの話しのようです。興行収入totalが3300万ドル。もう製作費の2倍以上稼いでいるそうです。

◆ending
◆Redbone's “Come and Get Your Love” from “Guardians of the Galaxy Vol. 3 (2023)”

◆Redbone - Come and Get Your Love (Official Music Video)

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Sabrina...one way or another

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
◆今週もありません。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『大人は判ってくれない』 Les quatre cents coups (1959)
◆フランソワ・トリュフォー監督、ジャン・ピエール・レオ、クレール・モーリエ、アルベール・レミー主演のドラマ。
◆孤独な少年に色々とある話しのようです。
◆ヌーベルバーグで有名な作品です。見て損はないと思えます。

◆『無法の王者 ジェシイ・ジェイムス』 The True Story of Jesse James (1957)
◆ニコラス・レイ監督、ロバート・ワグナー、ジェフリー・ハンター、ホープ・ラング主演のウエスタン。
◆ジェシーとフランクの無法者兄弟の話しのようです。
◆渋いキャストとニコラス・レイ監督なので風変わりなウエスタンだと思えます。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 2010年代と2020年代の海パニックホラー2本立ての解説◆2023.07.16(日) | トップページ | 1960年代と1970年代のドラマ2本立ての解説◆2023.07.23(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年代と2020年代の海パニックホラー2本立ての解説◆2023.07.16(日) | トップページ | 1960年代と1970年代のドラマ2本立ての解説◆2023.07.23(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。