映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1930年代ホラー2本立ての解説◆2023.05.07(日) | トップページ | 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の19作目20作目2本立ての解説◆2023.05.14(日) »

2023.05.08

Hollywood Express #968◆2023.05.06(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆アメコミ大作『ザ・フラッシュ』 The Flash (2023) から、最新予告編が公開された話題。果たして出来は?興行は?と興味深い。6月日米同時公開。
◆デンゼル・ワシントン主演のアクション『イコライザー』シリーズ最新作 The Equalizer 3 (2023) から、作品が完成した話題。南イタリアでマフィアと戦う話しのようです。全米9月公開。出来はいつもの通りでしょう。
◆ Next Goal Wins (2023) から、マイケル・ファスベンダー主演のサッカードラマ。最弱のサモア代表チームを立て直す話しのようです。全米11月公開。果たして出来は?
◆『トランスフォーマー』シリーズ最新作でいいのか?『トランスフォーマー/ビースト覚醒』 Transformers: Rise of the Beasts (2023) の話題、全米6月日本8月公開。出来はいつもの通りでしょう。
◆姉の結婚を阻止するボリウッドアクション Polite Society (2023) の話題。プリア・カンサラのインタビューがあります。
◆3DCGアニメ『ウィッシュ』 Wish (2023) の話題。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Pictures/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。全米11月公開。ディズニーアニメはここんとこスタジオ側の皮算用より興行が不調なので果たしてどうなる?
◆『ザ・スーバーマリオブラザーズ・ムービー』 The Super Mario Bros. Movie (2023) から、海賊版の話題。Twitterで900万回再生とのことです。こまったものです。いつの間にかTwitterで1時間以上の動画が公開出来るようになってるらしい。よくわからん。

◆red carpet
◆ Big George Foreman: The Miraculous Story of the Once and Future Heavyweight Champion of the World (2023) のプレミアの風景。ジャスミン・マシューズ、ローレンス・ギリアードJr.、サリヴァン・ジョーンズ、ジョージ・ティルマンJr.監督、クリス・デイヴィスのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Big George Foreman: The Miraculous Story of the Once and Future Heavyweight Champion of the World (2023) のメイキング。クリス・デイヴィス、ジョージ・フォアマン本人、フォレスト・ウィテカーのインタビューがあります。
◆ Chevalier (2022) のメイキング。ケルヴィン・ハリソンJr.、サマラ・ウィーヴィング、スティーヴン・ウィリアムズ監督と脚本ステファニー・ロビンソン、ルーシー・ボーイントンのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆エヴァ・グリーンが裁判で未完成作品の出演料を請求した話題。無事に出演料を獲得したそうです。製作中止を自分を原因にされたので裁判したとのことです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: VOLUME 3』 Guardians of the Galaxy Volume 3 (2023) ジェームズ・ガン監督、クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ主演の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ最新作のアメコミ大作。いつもの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ What's Love Got to Do with It? (2022) シェカール・カプール監督、リリー・ジェームズ、シャザド・ラティフ主演のロマンティックコメディ。見合いのドキュメンタリーを撮ってるヒロインに色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆リリー・ジェームズですが不倫スキャンダルでリメイク『レベッカ』 Rebecca (2020) の興行を台無しにしていたが地道に出演作は続いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Sisu (2022) ヤルマリ・ヘランダー監督、ヨルマ・トンミラ、アクセル・ヘニー主演の風変わり戦争アクション。ナチスから黄金を守る話しのようです。興行収入totalが330万ドル。
◆9位が The Covenant (2023) ガイ・リッチー監督、ジェイク・ギレンホール、ダー・サリム主演の戦争アクションドラマ。恩人を救いに行く話しのようです。興行収入totalが1220万ドル。
◆8位が Ponniyin Selvan: Part Two (2023) マニ・ラトナム監督、ヴィクラム、カールティ主演の続編ボリウッドアクション。10世紀のチョーラ帝国でアクションする話しのようです。興行収入totalが380万ドル。
◆7位が『AIR/エア』 Air (2023) ベン・アフレック監督、マット・デイモン、ベン・アフレック主演のナイキバスケシューズドラマ。負け組企業ナイキがマイケル・ジョーダンで1発当てる話しのようです。興行収入totalが4760万ドル。
◆6位が『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』 Dungeons & Dragons: Honor Among Thieves (2023) ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー監督、クリス・パイン、ミシェル・ロドリゲス主演のRPGゲームファンタジーアクション大作。RPGゲームな話しのようです。興行収入totalが8820万ドル。地道にヒットしてるようです。日本ではダメだったけど。
◆5位が『ジョン・ウィック: コンセクエンス』 John Wick: Chapter 4 (2023) チャド・スタエルスキ監督、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン他主演の『ジョン・ウィック』シリーズ最新アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億7600万ドル。
◆4位が『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』 Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi (1983) リチャード・マーカンド監督、マーク・ハミル、ハリソン・フォード主演の『スター・ウォーズ』シリーズの限定再公開。ジェダイの復讐からジェダイの帰還の話しのようです。興行収入totalが510万ドル。旧邦題は『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』 Return of the Jedi (1983) です。
◆3位が Are You There God? It's Me, Margaret. (2023) ケイリー・フレモン・クレイグ監督、アビー・ライダー・フォードソン、レイチェル・マクアダムズ主演の思春期ドラマ。女の子色々な話しのようです。興行収入totalが670万ドル。
◆2位が Evil Dead Rise (2023) リー・クローニン監督、ミラバイ・ピース、リチャード・クラウチリー、リリー・サリバン、アリッサ・サザーランド主演の『死霊のはらわた』シリーズ最新作ホラー。またホラーする話しのようです。興行収入totalが4430万ドル。
◆1位が『ザ・スーバーマリオブラザーズ・ムービー』 The Super Mario Bros. Movie (2023) マーロン・ホーヴァス、マイケル・ジェレニック、ピエール・ルディック監督、クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイVCの3D CGアニメ。任天堂な話しのようです。Nintendo/Illumination Entertainment/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが4億9080万ドル。全世界興行では10億ドル越えだそうです。おめでとうございます。

◆ending
◆Florence and the Machine's “Dog Days are Over” from “Guardians of the Galaxy Volume 3 (2023)”

◆Florence + The Machine - Dog Days Are Over (2010 Version)

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆ダブル・ミッション 挿入曲「One Way Or Another」訳詞付Ver.

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
◆今週はありません。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『スタンピード』 The Rare Breed (1966)
◆アンドリュー・V・マクラグレン監督、ジェームズ・スチュワート、モーリン・オハラ、ブライアン・キース主演のウエスタン。
◆牛を巡って色々ある話しのようです。
◆普通のウエスタンで監督キャストから安心して見れると思います。

◆『ケープ・フィアー』Cape Fear (1991)
◆マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ、ニック・ノルティ、ジェシカ・ラング、ジュリエット・ルイス、グレゴリー・ペック、ロバート・ミッチャム、マーティン・バルサム主演のリメイク復讐サスペンス。
◆逆恨みで復讐されて悪戦苦闘する話しのようです。
◆ロバート・デ・ニーロが逆恨みのサイコキャラを怪演するのが見どころです。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村



« 1930年代ホラー2本立ての解説◆2023.05.07(日) | トップページ | 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の19作目20作目2本立ての解説◆2023.05.14(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1930年代ホラー2本立ての解説◆2023.05.07(日) | トップページ | 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の19作目20作目2本立ての解説◆2023.05.14(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。