映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の15作目16作目2本立ての解説◆2023.04.16(日) | トップページ | 1940年代のホラーとゴシックロマンス2本立ての解説◆2023.04.23(日) »

2023.04.17

Hollywood Express #965◆2023.04.15(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆ドウェイン・ジョンソンからのお知らせで『モアナと伝説の海』 Moana (2016) が実写映画になるそうです。当然ドウェイン・ジョンソンはそのまんまで出れます。
◆『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 Indiana Jones and the Dial of Destiny (2023) から、ワールドプレミアがカンヌ映画祭で行われる話題。6月末に全世界同時公開。出来はいつもの通りでしょう。
◆ラテン系初のスーパーヒーローアクション。 Blue Beetle (2023) の話題。全米8月公開。果たして出来は?
◆アメコミ 3D CGアニメ『スパイダーマン: アクロス・ザ・スパイダーバース』 Spider-Man: Across the Spider-Verse (2023) から。最新予告編が公開された話題。全米6月公開。果たして出来は?
◆『STILL: マイケル・J・フォックス ストーリー』 Still (2023) から、仕事と病気で大変なマイケル・J・フォックスの半生ドキュメンタリーの話題。AppleTV+で5月配信。
◆3D CGアニメ Migration (2023) から、鴨が主人公です。Illumination Entertainment/Universal Pictures製作配給。全米クリスマスに公開。果たして出来は?。
◆ティモシー・シャラメの新作 ボブ・ディランの伝記映画の話題。ジェームズ・マンゴールド監督によるとティモシー・シャラメ本人が歌うとのことです。果たして出来は?

◆red carpet
◆3DCGアニメ『ザ・スーバーマリオブラザーズ・ムービー』 The Super Mario Bros. Movie (2023) のハリウッドプレミアの風景。任天堂代表取締役フェローの宮本茂、クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイのインタビューがあります。
◆製作配給はNintendo/Illumination Entertainment/Universal Picturesです。批評も興行も実績があるIllumination Entertainmentに作らせたのは非常によかったと思えます。

◆inside look
◆3DCGアニメ『ザ・スーバーマリオブラザーズ・ムービー』 The Super Mario Bros. Movie (2023) のメイキング。チャーリー・デイとクリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイ、ジャック・ブラック、キーガン=マイケル・キー、セス・ローゲンのインタビューがあります。
◆『AIR/エア』 Air (2023) のメイキング。負け組企業ナイキはNBAマイケル・ジョーダンで1発当てたのか。初めて知った。マット・デイモン、ジェイソン・ベイトマン、ベン・アフレック、ヴィオラ・デイヴィスのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆以前から皮膚ガン症状があったヒュー・ジャックマンが今回の皮膚ガン検査で陰性だった話題。そんなわけで日焼け止めを忘れずにとなってます。


◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Renfield (2023) クリス・マッケイ監督、ニコラス・ケイジ、ニコラス・ホルト主演のバンパイアコメディ。現代に甦ったドラキュラにこき使われて悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Mafia Mamma (2023) キャサリン・ハードウィック監督、トニ・コレット、モニカ・ベルッチ主演のマフィアコメディ。普通のおばさんが遺言でマフィアのボスになって悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Paint (2023) ブリット・マクアダムズ監督、オーウェン・ウィルソン、エリザベス・ヘンリー主演のTV番組『ボブの絵画教室』で有名なボブ・ロスの実録ドラマ。ボブ・ロスの芸術的葛藤な話しのようです。興行収入totalが50万ドル。
◆9位が A Thousand and One (2023) A・V・ロックウェル監督、テヤナ・テイラー・アーロン・キングズレー・アデトラ主演の母子ドラマ。母子で色々とある話しのようです。興行収入totalが290万ドル。
◆8位が『シャザム!〜神々の怒り〜』 Shazam! Fury of the Gods (2023) デヴィッド・F・サンドバーグ監督、ザッカリー・リーヴァイ、ヘレン・ミレン主演のDCアメコミ『シャザム!』シリーズ最新作のアクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが5650万ドル。興行はイマイチでランクはズルズルと下がる。スタジオ側はどうする?
◆7位が『クリード 過去の逆襲』Creed III (2023) マイケル・B・ジョーダン監督、マイケル・B・ジョーダン、ジョナサン・メジャース主演の『クリード』シリーズ最新作。因縁の旧友と試合で勝負する話しのようです。興行収入totalが1億5320万ドル。
◆6位が His Only Son (2023) デヴィッド・ヘリング監督、ニコラス・ムアワッド、サラ・セイエド主演のキリスト教原理主義ドラマ。聖書な話しのようです。興行収入totalが1100万ドル。
◆5位が Scream VI (2023) マット・ベティネッリ=オルピン、タイラー・ジレット監督、メリッサ・バレラ、コートニー・コックス主演のホラーシリーズ『スクリーム』の最新作。毎度の殺人鬼を相手に悪戦苦闘するの話しのようです。興行収入totalが1億390万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆4位が『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』 Dungeons & Dragons: Honor Among Thieves (2023) ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー監督、クリス・パイン、ミシェル・ロドリゲス主演のRPGゲームファンタジーアクション大作。RPGゲームな話しのようです。興行収入totalが6160万ドル。
◆3位が『AIR/エア』 Air (2023) ベン・アフレック監督、マット・デイモン、ベン・アフレック主演のナイキバスケシューズドラマ。負け組企業ナイキがマイケル・ジョーダンで1発当てる話しのようです。興行収入totalが2020万ドル。
◆2位が『ジョン・ウィック: コンセクエンス』 John Wick: Chapter 4 (2023) チャド・スタエルスキ監督、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン他主演の『ジョン・ウィック』シリーズ最新アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億4690万ドル。
◆1位が『ザ・スーバーマリオブラザーズ・ムービー』 The Super Mario Bros. Movie (2023) マーロン・ホーヴァス、マイケル・ジェレニック、ピエール・ルディック監督、クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイVCの3D CGアニメ。任天堂な話しのようです。Nintendo/Illumination Entertainment/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが2億460万ドル。2億ドルに達してます。今シーズン最高の興行になってます。おめでとうございます。

◆ending
◆Heart' “Barracuda” from “Paint (2023)”

◆Heart - "Barracuda" (1977)

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆One Way Or Another - Blondie | Drum cover by Kalonica Nicx

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
『ペリカン文書』(1993年)
◆アラン・J・パクラ監督、ジュリア・ロバーツ、デンゼル・ワシントン、サム・シェパード主演のサスペンスドラマ。
◆仮説文書で色々とあり過ぎる話のようです。
◆正直言ってそんなお勧めではなかったりします。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『42~世界を変えた男~』 42 (2013)
◆ブライアン・ヘルゲランド監督、チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー主演の野球ドラマ。
◆黒人初のMLB選手ジャッキー・ロビンソンの話しです。
◆熱演のチャドウィック・ボーズマン。儲け役のハリソン・フォード。実際そんなものです。

◆『ベニスに死す』 Morte a Venezia (1971)
◆ルキノ・ヴィスコンティ監督、ダーク・ボガード、ビョルン・アンドレセン、シルヴァーナ・マンガーノ主演の美少年ドラマ。
◆美少年の一目惚れしたオッサンが悪戦苦闘する話しのようです。
◆ビョルン・アンドレセンは少女漫画キャラの見本みたいです。

◆『11人のカウボーイ』 The Cowboys (1972)
◆マーク・ライデル監督、ジョン・ウェイン、ロスコー・リー・ブラウン、ブルース・ダーン主演の牛追いウエスタン。
◆牛追いで少年達が成長する話しのようです。
◆ジョン・ウェインが初めてアレな役の作品で有名です。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の15作目16作目2本立ての解説◆2023.04.16(日) | トップページ | 1940年代のホラーとゴシックロマンス2本立ての解説◆2023.04.23(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の15作目16作目2本立ての解説◆2023.04.16(日) | トップページ | 1940年代のホラーとゴシックロマンス2本立ての解説◆2023.04.23(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。