映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1940年代のホラーとゴシックロマンス2本立ての解説◆2023.04.23(日) | トップページ | 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の17作目18作目2本立ての解説◆2023.04.30(日) »

2023.04.24

Hollywood Express #966◆2023.04.22(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組Hollywood Expressレポートです。BS191 WOWOWプライムにて。


◆news flash
◆マーベルアメコミの最新作『マーベルズ』 The Marvels (2023) の予告編が公開された話題。日米11月公開。出来はいつもの通りでしょう。
◆メリッサ・マッカーシーのインタビューから、シネコン=全米劇場所有者協会からシネマベリテ賞を授与される話題。メリッサ・マッカーシーの新作は『リトル・マーメイド』 The Little Mermaid (2023) です。
◆ミシェル・ドッカリーのインタビューから、新作はリチャード・マグワイヤのグラフィックノベルの作品 Here だそうです。
◆アリアナ・デボーズがトニー賞のホストを務める話題。何だかわからん。
◆ビリー・ポーターのスピーチから、有名な作家ジェームズ・ボールドウィンの伝記映画 Untitled James Baldwin Biopic に主演する話題。何だかわからん。
◆『また、あなたとブッククラブで』 Book Club (2018) の続編 Book Club: The Next Chapter (2023) の話題。ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンディス・バーゲン、メアリー・スティーンバージェンのお姐さん4人がローマを旅する話しのようです。全米5月公開。出来はいつもの通りでしょう。
◆アリ・アスター監督、ホアキン・フェニックスの新作 Beau Is Afraid (2023) の話題。限定公開での興行がいいそうです。そうなると拡大公開です。出来はよさそう。
◆ The Miracle Club (2023) のファーストルックの話題。ローラ・リニー、マギー・スミス、キャシー・ベイツ主演のドラマ。アイルランド人がフランスを旅行する話しのようです。全米夏に公開。果たして出来は?

◆red carpet
◆ Beau Is Afraid (2023) のプレミアの風景。ゾーイ・リスター=ジョーンズ、リチャード・カインド、アリ・アスター監督、アーメン・ナハペティアンのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Renfield (2023) のメイキング。ニコラス・ホルトとニコラス・ケイジのインタビューがあります。ニコラス・ケイジはロン・チェイニーに触れていますがどちらかというとベラ・ルゴシな感じです。クリス・マッケイ監督、原案脚本ロバート・カークマンのインタビューがあります。
◆ Paint (2023) のメイキング。芸術的も問題もいいけど金銭的な方はどうなんだ?。オーウェン・ウィルソン、ミカエラ・ワトキンス、ブリット・マクアダムズ監督、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ジェレミー・レナーが大怪我から復帰した話題。無事にインタビューを受けています。おめでとうございますとまだお大事にといった感じ。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Chevalier (2022) スティーヴン・ウィリアムズ監督、ケルヴィン・ハリソン Jr.、サマラ・ウィーヴィング主演のコスチュームプレイ音楽ドラマ。黒人バイオリニストがフランス社交界で色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Evil Dead Rise (2023) リー・クローニン監督、ミラバイ・ピース、リチャード・クラウチリー、リリー・サリバン、アリッサ・サザーランド主演の『死霊のはらわた』シリーズ最新作ホラー。またホラーする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Nefarious (2023) チャック・コンツェルマン、ケイリー・ソロモン監督、ショーン・パトリック・フラナリー、ジョーダン・ベルフィ主演のホラーサスペンス。死刑囚が自分は悪魔だと主張する話しのようです。興行収入totalが130万ドル。
◆9位が『スクリーム6』 Scream VI (2023) マット・ベティネッリ=オルピン、タイラー・ジレット監督、メリッサ・バレラ、コートニー・コックス主演のホラーシリーズ『スクリーム』の最新作。毎度の殺人鬼を相手に悪戦苦闘するの話しのようです。興行収入totalが1億680万ドル。
◆8位が Mafia Mamma (2023) キャサリン・ハードウィック監督、トニ・コレット、モニカ・ベルッチ主演のマフィアコメディ。普通のおばさんが遺言でマフィアのボスになって悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが200万ドル。
◆7位が『すずめの戸締り』 Suzume (2022) 新海誠監督、原菜乃華、松村北斗VCのファンタジーアニメ。成り行きで日本各地を旅する話しのようです。Aniplex/CoMix Wave Films/East Japan Marketing & Communications Inc./Kadokawa/Lawson Entertainment/Story/Toho Company/Voque Ting/Toho/Crunchyroll製作配給。興行収入totalが500万ドル。
◆6位が『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』 Dungeons & Dragons: Honor Among Thieves (2023) ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー監督、クリス・パイン、ミシェル・ロドリゲス主演のRPGゲームファンタジーアクション大作。RPGゲームな話しのようです。興行収入totalが7420万ドル。
◆5位が『AIR/エア』 Air (2023) ベン・アフレック監督、マット・デイモン、ベン・アフレック主演のナイキバスケシューズドラマ。負け組企業ナイキがマイケル・ジョーダンで1発当てる話しのようです。興行収入totalが3340万ドル。
◆4位が Renfield (2023) クリス・マッケイ監督、ニコラス・ケイジ、ニコラス・ホルト主演のバンパイアコメディ。現代に甦ったドラキュラにこき使われて悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが800万ドル。
◆3位が『ジョン・ウィック: コンセクエンス』 John Wick: Chapter 4 (2023) チャド・スタエルスキ監督、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン他主演の『ジョン・ウィック』シリーズ最新アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億6020万ドル。
◆2位が The Pope's Exorcist (2023) ジュリアス・エイヴァリー監督、ラッセル・クロウ、フランコ・ネロ主演のエクソシストホラー。エクソシストでホラーする話しのようです。興行収入totalが900万ドル。
◆1位が『ザ・スーバーマリオブラザーズ・ムービー』 The Super Mario Bros. Movie (2023) マーロン・ホーヴァス、マイケル・ジェレニック、ピエール・ルディック監督、クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイVCの3D CGアニメ。任天堂な話しのようです。Nintendo/Illumination Entertainment/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが3億5310万ドル。3億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Jack Black's “Peachs” from “The Super Mario Bros. Movie (2023)”

◆Jack Black - Peaches (Directed by Cole Bennett) The Super Mario Bros. Movie

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆One Way or Another Blondie cover

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
『ナイト&デイ』(2010年)
◆原題 Knight and Day
◆ジェームズ・マンゴールド監督、ム・クルーズ、キャメロン・ディアス、ピーター・サースガード、ポール・ダノ主演の巻き込まれアクションコメディ。
◆お知り合いの彼が凄腕エージェントで色々とあり過ぎる話しのようです。
◆普通のアクションコメディで安心して見られます。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『ガンファイターの最後』 Death of a Gunfighter (1969)
◆アラン・スミシー監督、リチャード・ウィドマーク、レナ・ホーン、キャロル・オコナーのウエスタン。
◆成り行きで保安官が泥沼な状況にハマる話しのようです。
◆ロバート・トッテンからドン・シーゲルに監督が変更になって2人ともクレジットを拒否したので初めての架空の変名アラン・スミシー監督でクレジットされた作品で有名です。そうなると出来は?となるが・・・

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村




« 1940年代のホラーとゴシックロマンス2本立ての解説◆2023.04.23(日) | トップページ | 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の17作目18作目2本立ての解説◆2023.04.30(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1940年代のホラーとゴシックロマンス2本立ての解説◆2023.04.23(日) | トップページ | 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の17作目18作目2本立ての解説◆2023.04.30(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。