映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の09作目10作目2本立ての解説◆2023.02.12(日) | トップページ | 2010年代のサメ映画2本立ての解説◆2023.02.19(日) »

2023.02.13

Hollywood Express #956◆2023.02.11(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆原作スティーヴン・キングのホラー The Boogeyman (2023) の予告編が解禁された話題。全米6月公開予定。出来はあまり期待しない方がいいような。
◆撮影監督で有名なロジャー・ディーキンスがアメリカンシネマテイク主催の賞で生涯功労賞を授与される話題。
◆『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) から、全米退職者協会主催の大人のための映画賞で作品賞になった話題。他のノミネート作品は『エルヴィス』 Elvis (2022) 、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 Everything Everywhere All at Once (2022) 、『フェイブルマンズ』 The Fabelmans (2022) 、『ウーマン・トーキング 私たちの選択』 Women Talking (2022) 、 The Woman King (2022) 等。
◆ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが『バッドボーイズ』シリーズ最新作 Bad Boys 4 の製作を発表した話題。出来はいつもと同じでしょう。
◆コメディアン ハサン・ミナジのインタビューから、今年のインディペンデントスピリット賞のホストに決まった話題。誰だかわからん。
◆独立系作品の人間ドラマ To Leslie (2022) の主演きアンドレア・ライズボローがアカデミー主演女優賞にノミネートの話題。ネットでの宣伝活動云々で問題になったとか。
◆ジョージ・フォアマンの伝記ドラマ Big George Foreman: The Miraculous Story of the Once and Future Heavyweight Champion of the World (2023) の話題。ジョージ・ティルマン Jr. 監督、クリス・デイビス、フォレスト・ウィテカー主演。全米8月公開。ドキュメンタリーかと思ったら映画でした。
◆『ノック 終末の訪問者』 Knock at the Cabin (2023) から、デイヴ・バウティスタのインタビューがあります。アクション映画ではない作品に出演したことについて。

◆red carpet
◆ 80 for Brady (2023) のプレミアの風景。カイル・マーヴィン監督、リリー・トムリン、ハリー・ハムリン、サリー・フィールド、リタ・モレノのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ノック 終末の訪問者』 Knock at the Cabin (2023) のメイキング。デイヴ・バウティスタ、ジョナサン・グロフとベン・オルドリッジ、ルパート・グリントのインタビューがあります。
◆実話を元にした海洋ドラマ 『トゥルー・スピリット』 True Spirit (2023) のメイキング。ティーガン・クロフトと原作ジェシカ・ワトソン、サラ・スピレイン監督のインタビューがあります。もしかしてヨットで航海中にも衛星携帯電話を使ってるのか?

◆Hollywood gossip
◆『キューティ・ブロンド』 Cutie Blonde (2001) のジェニファー・クーリッジが再ブレイクしてる話題。『キューティ・ブロンド』シリーズ最新作 Legally Blonde 3 にも出るとのことです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『マジック・マイク ラストダンス』 Magic Mike's Last Dance (2023) スティーヴン・ソダーバーグ監督、チャニング・テイタム、サルマ・ハエック主演の『マジック・マイク』シリーズ最新作のダンスドラマ。英国でダンス公演する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『タイタニック: ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』 Titanic (1997) ジェームズ・キャメロン監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット主演のメロドラマ。豪華客船タイタニック号の処女航海で色々とあり過ぎる話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Pathaan (2023) シャダールト・アーナンド監督、シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン主演のボリウッドアクション。いつものボリウッドアクションな話しのようです。興行収入totalが1420万ドル。
◆9位が The Chosen (TV Series) Sustenance (2023) ダラス・ジェンキンス監督、シャハー・アイザック、ジョナサン・ルーミー主演のキリスト教原理主義ドラマ。キリスト教原理主義な話しのようです。興行収入totalが520万ドル。
◆8位が Missing (2023) ニコラス・D・ジョンソン、ウィル・メリック監督、ストーム・リード、ニア・ロング主演の『search/サーチ』 Searching (2018) の続編サスペンス。ママが失踪で色々とある話しのようです。興行収入totalが2300万ドル。
◆7位が『M3GAN/ミーガン』 M3GAN (2022) ジェラルド・ジョンストン監督、アリソン・ウィリアムズ、ヴァイオレット・マッグロウ主演のSFホラードラマ。普通の家庭にAIアンドロイドが来て色々とあり過ぎる話しのようです。興行収入totalが8760万ドル。
◆6位が『オットーという男』 A Man Called Otto (2022) マーク・フォースター監督、トム・ハンクス、マリアナ・トレビーニョ主演の人間ドラマ。偏屈なオッサンに色々とある話しのようです。興行収入totalが5300万ドル。
◆5位が BTS: Yet to Come in Cinemas (2023) オ・ユンドン監督、BTS出演の釜山ライブのコンサート映画。BTSライブコンサートです。とはいえカット割りにクローズアップ等々があるので映画になります。興行収入totalが780万ドル。
◆4位が『長ぐつをはいたネコと9つの命』 Puss in Boots: The Last Wish (2022) ジェエル・クロフォード監督、アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエックVCの『長ぐつをはいたネコ』シリーズ最新作3D CGアニメ。命の使いすぎで命があと1つになり悪戦苦闘する話しのようです。Pacific Data Images (PDI)/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが1億5120万ドル。
◆3位が『アバター: ウェイ・オブ・ウォーター』 Avatar: The Way of Water (2022) ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ主演の続編SFアクション超大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが6億3690万ドル。
◆2位が 80 for Brady (2023) カイル・マーヴィン監督、ジェーン・フォンダ、リタ・モレノ、サリー・フィールド、リリー・トムリン主演のスポーツコメディ。トム・ブレイディが出るスーパーボウルを見に行く話しのようです。興行収入totalが1270万ドル。
◆1位が『ノック 終末の訪問者』 Knock at the Cabin (2023) M・ナイト・シャマラン監督、デイヴ・バウティスタ、ジョナサン・グロフ主演の山小屋サスペンス。山小屋で色々あり過ぎる話しのようです。興行収入totalが1410万ドル。

◆ending
◆Logic's “Highlife” from “Clerks III (2022)”

◆Logic - Highlife (Official Video)

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆One Way or Another - Cover by Amelia Jones

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品
◆今週はありません。

◆私の感想がないお勧めの作品
◆『日本沈没』(1973年)
◆森谷司郎監督、藤岡弘、、いしだあゆみ、小林桂樹、丹波哲郎、島田正吾主演のSFパニクドラマ。
◆日本が沈没する話のようです。
◆森谷司郎監督独特の緊張感のある演出、豪華なキャスト、中野爆発の特撮、どれも出来がよい傑作になってます。

◆『ゴースト ニューヨークの幻』 Ghost (1990)
◆ジェリー・ザッカー監督、パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ主演のファンタジーラブロマンス。
◆死んだ男が恋人を守ろうと悪戦苦闘する話しのようです。
◆そんな感じで出来のよいラブロマンスになっていると思います。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の09作目10作目2本立ての解説◆2023.02.12(日) | トップページ | 2010年代のサメ映画2本立ての解説◆2023.02.19(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸川乱歩 土曜ワイド劇場の09作目10作目2本立ての解説◆2023.02.12(日) | トップページ | 2010年代のサメ映画2本立ての解説◆2023.02.19(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。