映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1940年代のフィルムノワールなドラマ2本立ての解説◆2022.12.04(日) | トップページ | ある映画ファンのワールドカップサッカー日記 2022カタール大会1次リーグ・E組『日本対ドイツ』 »

2022.12.05

Hollywood Express #947◆2022.12.03(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート監督、ミシェル・ヨー主演のSF多次元アクションドラマ『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』Everything Everywhere All at Once (2022) がインデペンデンススピリット賞で8部門最多ノミネートの話題。日本2023年3月公開。
◆トッド・フィールド監督、ケイト・ブランシェット主演の音楽ドラマ Tár (2022) がインデペンデンススピリット賞で7部門ノミネートの話題。
◆サラ・ポーリー監督、ルーニー・マーラ主演の女性ドラマ Women Talking (2022) がロバート・アルトマン賞を授与された話題。
◆セクハラ告発ドラマ『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』 She Said (2022) から、キャリー・マリガンとゾーイ・カザンのインタビューがあります。
◆『アバター: ウェイ・オブ・ウォーター』 Avatar: The Way of Water (2022) から、最後の予告編が公開された話題。ランニングタイムは192分。12月日米同時公開。
◆ケリー・マリー・トランのインタビューから、カルロス・ロペス・エストラーダ監督と共同で映画制作会社を設立した話題。いわゆるポリコレ作品制作が目的のようです。
◆1920年代のハリウッド内幕群像ドラマ 『バビロン』 Babylon (2022) の話題。サイレントからトーキーに変わる時期なので面白いネタが満載だと思えます。トーキーになって音声が入るとルックスだけの英語訛りが酷いスター達はお払い箱になったりと色々とあります。

◆red carpet
◆『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』 Strange World (2022) のプレミアの風景。ガブリエル・ユニオン、ジェイク・ギレンホール、制作総指揮ジェニファー・リーとディズニー・アニメーションスタジオ社長クラーク・スペンサーのインタビューがあります。

◆inside look
◆『フェイブルマンズ』 The Fabelmans (2022) のメイキング。セス・ローゲン、ポール・ダノとミシェル・ウィリアムズ、ガブリエル・ラベルのインタビューがあります。
◆セス・ローゲンのルックスが変わって安いロビン・ウィリアムズみたいになってます。何かしら意図があって変えているのか?→それは盟友だったがセクハラで失脚したジェームズ・フランコと決別したからでしょう。
◆『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』 Strange World (2022) のメイキング。ジャブーキー・ヤング=ホワイトとデニス・クエイド、ドン・ホール監督、クイ・グエン脚本/共同監督のインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆アイス・キューブがコロナワクチンを打たなかったせいでソニーのコメディ大作から降板させられた話題。その人にはその人のやりたいことがあるんです。
◆『タイタニック』 Titanic (1997) のジェームズ・キャメロン監督が雑誌インタビューでレオナルド・ディカプリオとオーディションで揉めた話題。本読みだと思っていたら演技しろとなってそんなこと聞いてないよとごねるディカプリオですが演技をすれば役に成り切ったとのことです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『自由への道』Emancipation (2022) アントワン・フークワ監督、ウィル・スミス、ベン・フォスター主演の人種差別ドラマ。南北戦争で色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『バイオレント・ナイト』 Violent Night (2022) トミー・ウィルコラ監督、デヴィッド・ハーバー、ジョン・レグイザモ主演のサンタ・ファンタスティックアクションコメディ。サンタを信じない首領の強盗団とアル中のサンタクロース(本物)が死闘を繰り返す話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』 She Said (2022) マリア・シュラーダー監督、キャリー・マリガン、ゾーイ・カザン主演のセクハラ告発ドラマ。セクハラ取材で色々とある話しのようです。興行収入totalが430万ドル。
◆9位が The Chosen (2017) ダラス・ジェンキンス監督、オースティン・リード・アルマン、ヨシ・バリガス主演のキリスト教原理ドラマ。TVシリーズ1話2話の再編集のいつもの話しのようです。興行収入totalが1300万ドル。
◆8位が『チケット・トゥ・パラダイス』 Ticket to Paradise (2022) オル・パーカー監督、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ主演のロマンティックコメディ。娘の結婚を阻止しよう悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが6500万ドル。
◆7位が『ボーンズ アンド オール』 Bones and All (2022) ルカ・グァダニーノ監督、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル主演のホラードラマ。人肉を食べたくなり色々とある話しのようです。興行収入totalが370万ドル。
◆人肉食といえばガイ・ピアース主演の人肉食で超人になろう設定のホラードラマ 『ラビナス』(1999年)があります。お勧めです。
◆6位が『フェイブルマンズ』 The Fabelmans (2022) スティーヴン・スピルバーグ監督、ガブリエル・ラブレ、ミシェル・ウィリアムズ主演のスピルバーグ監督の半自伝ドラマ。スピルバーグ監督の子供時代の話しのようです。興行収入totalが340万ドル。
◆5位が『ブラックアダム』 Black Adam (2022) ジャウム・コレット=セラ監督、ドウェイン・ジョンソン、ピース・ブロスナン主演のDCアメコミアクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億6280万ドル。
◆4位が『ザ・メニュー』 The Menu (2022) マーク・マイロッド監督、レイフ・ファインズ、アニャ・テイラー=ジョイ主演の料理ホラーコメディ。孤島のレストランで色々とあり過ぎる話しのようです。興行収入totalが1890万ドル。
◆3位が Devotion (II) (2022) J・D・ディラード監督、ジョナサン・メジャース、グレン・パウエル主演の航空アクション。朝鮮戦争が舞台。プロペラ戦闘機からジェット戦闘機に移行する時期のようです。いつものアメリカ万歳な話しのようです。興行収入totalが1890万ドル。
◆2位が『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』 Strange World (2022) ドン・ホール、クイ・グエン監督、ジェイク・ギレンホール、ジャブーキー・ヤング=ホワイトVCの3D CGアニメ。おじいさんと冒険する話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが1880万ドル。
◆1位が『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』 Black Panther: Wakanda Forever (2022) ライアン・クーグラー監督、レティーシャ・ライト、アンジェラ・バセット主演の『ブラックパンサー』シリーズ続編マーベルアメコミアクション大作。いつもの話しの続編のようです。興行収入totalが3億6740万ドル。3億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Joe Jonas and Khalid's “Not Alone” from “Devotion (2022)”

◆Joe Jonas & Khalid - Not Alone (from Devotion) (Official Music Video)

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Blondie One Way Or Another Guitar Lesson + Tutorial

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
『大砂塵』(1954年)
◆ニコラス・レイ監督、ジョーン・クロフォード、スターリング・ヘイドン、スコット・ブラディ、マーセデス・マッケンブリッジ主演の異色ウエスタン。
◆土地を巡って女同士の決闘になる話しのようです。
◆ジョーン・クロフォード対マーセデス・マッケンブリッジが凄い。女優版『キングコング対ゴジラ』(1962年)です。


◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『ブレードランナー 2049』 Blade Runner 2049 (2017)
◆ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス他主演の続編SFドラマ大作。
◆伝説のブレードランナー デッカード捜査官を追って色々と話しのようです。
◆続編ですが出来はよさそうです。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村



« 1940年代のフィルムノワールなドラマ2本立ての解説◆2022.12.04(日) | トップページ | ある映画ファンのワールドカップサッカー日記 2022カタール大会1次リーグ・E組『日本対ドイツ』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1940年代のフィルムノワールなドラマ2本立ての解説◆2022.12.04(日) | トップページ | ある映画ファンのワールドカップサッカー日記 2022カタール大会1次リーグ・E組『日本対ドイツ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。