映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 2010年代のサメ映画2本立ての解説◆2022.11.27(日) | トップページ | 1940年代のフィルムノワールなドラマ2本立ての解説◆2022.12.04(日) »

2022.11.28

Hollywood Express #946◆2022.11.26(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆ Chevalier (2022) の話題、混血児シュバリエが主人公の音楽ドラマ。フランス社交界を舞台にしたコスチュームプレイドラマ。全米2023年4月公開。
◆『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』 She Said (2022) から、ジェニファー・イーリーのインタビューがあります。
◆『マジック・マイク』シリーズ3作目 Magic Mike's Last Dance (2023) の話題。チャニング・テイタム主演。スティーヴン・ソダーバーグ監督が復帰してます。サルマ・ハエック共演。全米2023年2月公開。
◆『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) から、モニカ・バルバロのインタビューがあります。大ヒットでビックリといった感じ。
◆ファンタジーアドベンチャー『スランバーランド』 Slumberland (2022) の話題。ジェイソン・モモア主演。アクション俳優の定番路線変更で親しみのあるキャラクターを演じてます。マーロウ・バークリーとジェイソン・モモアのインタビューがあります。
◆ドキュメンタリー『ミッキーマウス: ザ・ストーリー』 Mickey: The Story of a Mouse (2022) の話題、ジェフ・モームバーグ監督のインタビューがあります。それはいいけどディデニーの策略でまた無理やりミッキーマウスの著作権を伸ばしてる話題はどうした?いつまで経っても著作権フリーにならない。

◆red carpet
◆『ザ・メニュー』 The Menu (2022) のプレミアの風景。アニャ・テイラー=ジョイ、ジョン・レグイザモ、ニコラス・ホルト、レイフ・ファインズ、ジュディス・ライトのインタビューがあります。

◆inside look
◆『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』 She Said (2022) のメイキング。キャリー・マリガンとゾーイ・カザン、パトリシア・クラークソンとアンドレ・ブラウアー、原作者コンビのジョディ・カンターとミーガン・トゥーイーのインタビューがあります。
◆金髪で押しが弱そうに見えるキャリー・マリガンはこれまで多くのセクハラをされていたと思えるが実際はそうでもないんでしょう。
◆パトリシア・クラークソンはベテランですがまだ頑張ってます。『ダーティハリー5』 The Dead Pool (1988) ではソンドラ・ロックのイミテーションみたいですぐに消えるのかと思ったらずっと出演作が途切れません。たいした物です。

◆The Inspection (2022) のメイキング。ガブリエル・ユニオンとジェレミー・ポープとエレガンス・プラットン監督のインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ドキュメンタリー『リミットレスWITHクリス・ヘムズワース』 Limitless (2022– ) から、クリス・ヘムズワースが健康上の理由で休養する話題。アルツハイマー病を発症する可能性が高いそうです。これは大変。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ The Fabelmans (2022) スティーヴン・スピルバーグ監督、ガブリエル・ラブレ、ミシェル・ウィリアムズ主演のスピルバーグ監督の半自伝ドラマ。スピルバーグ監督の子供時代の話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』 Strange World (2022) ドン・ホール、クイ・グエン監督、ジェイク・ギレンホール、ジャブーキー・ヤング=ホワイトVCの3D CGアニメ。おじいさんと冒険する話しのようです。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Prey for the Devil (2022) ダニエル・スタム監督、ジャクリーン・バイヤーズ、ヴァージニア・マドセン主演の悪魔祓いホラー。悪魔祓いでホラーする話しのようです。興行収入totalが1830万ドル。どこかで見たような黒人神父役は誰なんだ?→コリン・サーモンでした。『バイオハザード』(2002年)のサイコロステーキでおなじみの隊長役だった人です。なるほど。
◆9位が Drishya 2 (2021) アビシェクパタク監督、アジャイ・デーヴガン、イシター・ダッタ主演のボリウッド続編アクション。警察に追われる話しのようです。興行収入totalが100万ドル。
◆8位が Smile (2022) パーカー・フィン監督、ソシー・ベーコン、ジェシー・T・アッシャー主演の謎のスマイルホラー。スマイル患者でホラーする話しのようです。興行収入totalが1億450万ドル。
◆7位が『シング・フォー・ミー、ライル』 Lyle, Lyle, Crocodile (2022) ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック監督、ハビエル・バルデム、コンスタンス・ウー主演の実写とCGワニ・ミュージカル。屋根裏のワニがミュージカルする話しのようです。興行収入totalが4310万ドル。
◆6位が『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』 She Said (2022) マリア・シュラーダー監督、キャリー・マリガン、ゾーイ・カザン主演のセクハラ告発ドラマ。セクハラ取材で色々とある話しのようです。興行収入totalが220万ドル。
◆5位が『チケット・トゥ・パラダイス』 Ticket to Paradise (2022) オル・パーカー監督、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ主演のロマンティックコメディ。娘の結婚を阻止しよう悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが6150万ドル。
◆4位が『ブラックアダム』 Black Adam (2022) ジャウム・コレット=セラ監督、ドウェイン・ジョンソン、ピース・ブロスナン主演のDCアメコミアクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億5710万ドル。
◆3位が The Chosen (2017) ダラス・ジェンキンス監督、オースティン・リード・アルマン、ヨシ・バリガス主演のキリスト教原理ドラマ。TVシリーズ1話2話の再編集のいつもの話しのようです。興行収入totalが870万ドル。
◆2位が『ザ・メニュー』 The Menu (2022) マーク・マイロッド監督、レイフ・ファインズ、アニャ・テイラー=ジョイ主演の料理ホラーコメディ。孤島のレストランで色々とあり過ぎる話しのようです。興行収入totalが900万ドル。
◆1位が『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』 Black Panther: Wakanda Forever (2022) ライアン・クーグラー監督、レティーシャ・ライト、アンジェラ・バセット主演の『ブラックパンサー』シリーズ続編マーベルアメコミアクション大作。いつもの話しの続編のようです。興行収入totalが2億8710万ドル。2億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆“Mortar” from “Tár (2022”

◆Hildur Guðnadóttir – Mortar (from TÁR) feat. Cate Blanchett

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Outtakes - The Muddy Souls - Living Room Sessions - One Way or Another - Cover

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
『遊星からの物体X』(1982年)
◆ジョン・カーペンター監督、カート・ラッセル、A・ウィルフォード・ブリムリー、リチャード・ダイサート主演のSFホラーです。
◆南極基地にて宇宙からのドロドログチャグチャな怪物相手に悪戦苦闘する話しのようです。
◆最初から最後まで緊張感がある傑作のお勧めです。

◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『天井棧敷の人々 4K修復版』 Les enfants du paradis (1945)
◆マルセル・カルネ監督、アルレッティ、ジャン・ルイ・バロー、ピエール・ブラッスール主演の群像ドラマです。
◆色々な人達に色々とある話しのようです。
◆映画の勉強には最適の作品だと思えます。

◆『明日なき追撃』 Posse (1975)
◆カーク・ダグラス監督、カーク・ダグラス、ブルース・ダーン、ボー・ホプキンス、ジェームズ・ステイシー主演の政治ウエスタン。
◆例によって野心満々のカーク・ダグラス保安官が挫折する話しのようです。
◆カーク・ダグラス監督主演のでコテコテなドラマだと思えます。


◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 2010年代のサメ映画2本立ての解説◆2022.11.27(日) | トップページ | 1940年代のフィルムノワールなドラマ2本立ての解説◆2022.12.04(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年代のサメ映画2本立ての解説◆2022.11.27(日) | トップページ | 1940年代のフィルムノワールなドラマ2本立ての解説◆2022.12.04(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。