映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 森一生監督、市川雷蔵主演の『ある殺し屋』2本立ての解説◆2022.10.02(日) | トップページ | 1940年代と1950年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.10.09(日) »

2022.10.03

Hollywood Express #938◆2022.10.01(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆『コンスタンティン』 Constantine (2005) の続編 Constantine 2 の制作が決まった話題。フランシス・ローレンス監督とキアヌ・リーブスは続投。それでどうなる。
◆最新作『ビバリーヒルズ・コップ』 Beverly Hills Cop: Axel Foley で、『ビバリーヒルズ・コップ』 Beverly Hills Cop (1984) でオリジナルキャストのジョン・アシュトンとジャッジ・ライホルドが出演する話題。ポール・ライザー他も出るそうです。それはいいけど老人ばかりで大丈夫なのか?
◆3D CGアニメ。『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』 Strange World (2022) の話題。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。日米11月同時公開。よくわからん。
◆M・ナイト・シャマラン監督の最新作 Knock at the Cabin (2023) の話題。全米2023年2月公開。SFホラーなのか?果たして出来は?
◆メジャースタジオのR指定ゲイロマンティックコメディ Bros (2022) の話題。ユニバーサルはLGBTに厳しい中東では公開はしないとのことです。
◆コロンビア映画 Los reyes del mundo (2022) 英題 The Kings of the World がサンセバスチャン国際映画祭で評価された話題。
◆ジョン・シナが慈善活動で評価された話題。 make a wish で願いを叶えた人数で最多記録だそうです。

◆red carpet
◆ The Fabelmans (2022) のトロント国際映画祭でのプレミアの風景。スティーヴン・スピルバーグ監督、ミシェル・ウィリアムズ、ポール・ダノのインタビューがあります。

◆inside look
◆オリジナル再編集版『アバター: ジェームズ・キャメロン 3Dマスター』 Avatar (2009) のメイキング。映画誌編集者クリス・ゴアのインタビューがあります。『アバター: ウェイ・オブ・ウォーター』 Avatar: The Way of Water (2022) についても少しあります。
◆『LOU/ルー』 Lou (2022) のメイキング。アリソン・ジャネイ主演のサスペンス。アリソン・ジャネイのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆アレック・ボールドウィンとヒラリア夫妻に女の子が誕生した話題。6人目です。それはいいけど誤発死亡撮影事故でアレック・ボールドウィンの責任は?という話題はどうなった。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Bros (2022) ニコラス・ストーラー監督、ルーク・マクファーレン、ビリー・アイクナー主演のR指定ゲイロマンティックコメディ。ゲイのロマンティックコメディな話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆The Good House (2021) マヤ・フォーブス、ウォレス・ウォロダースキー監督、シガニー・ウィーヴァー、ケヴィン・クライン主演の中年ロマンティックコメディ。中年のロマンティックコメディな話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ミニオンズ フィーバー』 Minions: The Rise of Gru (2022) カイル・バルダ、ブラッド・エイブルソン、ジョナサン・デル・ヴァル監督、スティーヴ・カレル、タラジ・P・ヘンソンVCの3D CGアニメ。いつものの話しのようです。Illumination Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが3億6550万ドル。
◆9位が『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) ジョゼフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、マイルズ・テラー主演の『トップガン』 Top Gun (1986) の続編航空アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが7億1160万ドル。
◆8位が『DC がんばれ!スーパーペット』 DC League of Super-Pets (2022) ジャレッド・スターン、サム・レヴィン監督、ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハートVCの3D CGアニメ。スーパーマンを助けようと動物達が奔走する話しのようです。A Stern Talking To/Seven Bucks Productions/DC Entertainment/Warner Animation Group/Warner Bros製作配給。興行収入totalが9000万ドル。
◆7位が『ブレット・トレイン』 Bullet Train (2022) デヴィッド・リーチ監督、ブラッド・ピット、ジョーイ・キング主演の殺し屋アクションコメディ。殺し屋が新幹線で悪戦苦闘する話しのようです。ブリーフケースは典型的なマクガフィンです。興行収入totalが9920万ドル。
◆6位が Pearl (2022) タイ・ウエスト監督、ミア・ゴス、デヴィッド・コレンウェット主演の『X エックス』 X (2022) の前日譚ホラー。オーディションでホラーする話しのようです。興行収入totalが660万ドル。
◆5位が See How They Run (2022) トム・ジョージ監督、サム・ロックウェル、シアーシャ・ローナン主演の推理サスペンスコメディ。1950年代のロンドンの殺人事件を凸凹警官コンビが捜査する話しのようです。興行収入totalが610万ドル。
◆4位が Barbarian (2022) ザック・クレッガー監督、ジョージナ・キャンベル、ビル・スカルスガルド主演の家ホラー。泊まった家でホラーする話しのようです。興行収入totalが2840万ドル。
◆3位が『アバター: ジェームズ・キャメロン 3Dマスター』 Avatar (2009) ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ主演のSFドラマ。別のキャラになる話しのようです。興行収入totalが7億7100万ドル。
◆2位が The Woman King (2022) ジーナ・プリンス=バイスウッド監督、ヴィオラ・デイヴィス、ラシャーナ・リンチのアクションドラマ。アフリカ民族が独立で色々とある話しのようです。興行収入totalが3610万ドル。
◆1位が『ドント・ウォーリー・ダーリン』 Don't Worry Darling (2022) オリヴィア・ワイルド監督主演、フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズ主演の浮気サスペンス?。ヒロインに色々とあり過ぎる話しのようです。興行収入totalが1930万ドル。

◆ending
◆Maren Morris' “The Bones” from “The Good House (2021)”

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Fernanda - One Way or Another (Bossa Cover)

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
◆今週はありません。


◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『悲しみは空の彼方に』 Imitation of Life (1959)
◆ダグラス・サーク監督、ラナ・ターナー、ジョン・ギャビン、サンドラ・ディー、スーザン・コーナー、ファニタ・ムーア主演のメロドラマ
◆ヒロイン2人に色々とある話しのようです。
◆ダグラス・サーク監督なので佳作だと思えます。よい監督は会話シーンだけでも面白く撮れるのです。

◆『シマロン』 Cimarron (1960)
◆アンソニー・マン監督、グレン・フォード、マリア・シェル、アン・バクスター、アーサー・オコンネル、ハリー・モーガン主演のウエスタン大作
◆西部女傑一代記な話しのようです。
◆アンソニー・マン監督なので大雑把になりがちな大作ですが出来はそんなに悪くないと思えます

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村



« 森一生監督、市川雷蔵主演の『ある殺し屋』2本立ての解説◆2022.10.02(日) | トップページ | 1940年代と1950年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.10.09(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森一生監督、市川雷蔵主演の『ある殺し屋』2本立ての解説◆2022.10.02(日) | トップページ | 1940年代と1950年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.10.09(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。