映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1940年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.09.25(日) | トップページ | 森一生監督、市川雷蔵主演の『ある殺し屋』2本立ての解説◆2022.10.02(日) »

2022.09.26

Hollywood Express #937◆2022.09.24(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆『バビロン』 Babylon (2022) のファーストルックの話題。1920年台のハリウッドを舞台にしたドラマ。デイミアン・チャゼル監督、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー主演。12月限定公開から拡大公開へ。
◆デヴィッド・ハーバーのインタビューから、ゲーム原作の新作『グランツーリスモ』 Gran Turismo の主演に決定した話題。監督はニール・ブロムカンプ。2023年8月公開予定。果たして出来は?
◆ミア・ゴス主演の『X エックス』 X (2022) の続編前日譚ホラー Pearl (2022) の話題。3部作の3作目 MaXXXine も制作されるそうです。
◆『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』 I Wanna Dance with Somebody (2022) の予告編が公開された話題。全米12月公開。
◆ 21 Bullets から、ベーシスト ニッキー・シックス(モトリー・クルー)のインタビューがあります。新作スリラー The Retaliators (2021) のサウンドトラックを担当するらしい。音楽ネタはサッパリなので何だかわからん。
◆ The Fabelmans (2022) がトロント国際映画祭で最高賞を授与された話題。これでアカデミー作品賞ノミネートは確実だそうです。
◆タイカ・ワイティティ監督のインタビューから、新作 Next Goal Wins (2023) はワールドカップで大敗したサモアのサッカーチームのコメディだそうです。全米2023年4月公開。

◆red carpet
◆ Halloween horror Nights のプレミアの風景。何故か阪神タイガースの帽子をかぶってるブランド・ペレア、それにグレッグ・ニコテロ監督、ジョン・マーディ監督、ジェイミー・リー・カーティスのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Confess, Fletch (2022) のメイキング。グレッグ・モットーラ監督とジョン・ハム、ロレンツァ・イッツォ、ロイ・ウッド Jr.のインタビューがあります。果たしてシリーズ化が出来るでしょうか?→多分無理だろ。
◆ Hell of a Cruise (2022) のメイキング。新型コロナで話題だったダイヤモンド・プリンセス号のドキュメンタリー。ニック・クエストテッド監督のインタビューがあります。日本にとってコロナ禍がここから始まった事件なので興味深い。

◆Hollywood gossip
◆ライアン・レイノルズと友人の一般人ロブ・マケルヘニーが実際に結腸内視鏡検査を受けた映像でバズった話題。ライアン・レイノルズは色々とネタを提供してくれる人です。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ドント・ウォーリー・ダーリン』 Don't Worry Darling (2022) オリヴィア・ワイルド監督主演、フローレンス・ピュー・ハリー・スタイルズ主演の浮気サスペンス?。ヒロインに色々とあり過ぎる話しのようです。私のゴーストですが出来はよいと囁いてます。
◆オリジナル再編集版『アバター: ジェームズ・キャメロン 3Dマスター』 Avatar (2009) ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ主演のSFドラマ。別のキャラになる話しのようです。私のゴーストですが出来はよいと囁いてますというか、もう評価されている作品です。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ムーンエイジ・デイドリーム〜月世界の白昼夢〜』 Moonage Daydream (2022) ブレット・モーゲン監督、デヴィッド・ボウイのドキュメンタリー。デヴィッド・ボウイの話しのようです。興行収入totalが120万ドル。
◆9位が『ミニオンズ フィーバー』 Minions: The Rise of Gru (2022) カイル・バルダ、ブラッド・エイブルソン、ジョナサン・デル・ヴァル監督、スティーヴ・カレル、タラジ・P・ヘンソンVCの3D CGアニメ。いつものの話しのようです。Illumination Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが3億6410万ドル。
◆8位が The Invitation (II) (2022) ジェシカ・M・トンプソン監督、ナタリー・エマニュエル、トーマス・ドハティ主演のお屋敷ホラー。結婚してホラーする話しのようです。興行収入totalが2150万ドル。
◆7位が『DC がんばれ!スーパーペット』 DC League of Super-Pets (2022) ジャレッド・スターン、サム・レヴィン監督、ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハートVCの3D CGアニメ。スーパーマンを助けようと動物達が奔走する話しのようです。A Stern Talking To/Seven Bucks Productions/DC Entertainment/Warner Animation Group/Warner Bros製作配給。興行収入totalが8780万ドル。
◆6位が『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) ジョゼフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、マイルズ・テラー主演の『トップガン』 Top Gun (1986) の続編航空アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが7億910万ドル。
◆5位が『ブレット・トレイン』 Bullet Train (2022) デヴィッド・リーチ監督、ブラッド・ピット、ジョーイ・キング主演の殺し屋アクションコメディ。殺し屋が新幹線で悪戦苦闘する話しのようです。ブリーフケースは典型的なマクガフィンです。興行収入totalが9640万ドル。
◆4位が See How They Run (2022) トム・ジョージ監督、サム・ロックウェル、シアーシャ・ローナン主演の推理サスペンスコメディ。1950年代のロンドンの殺人事件を凸凹警官コンビが捜査する話しのようです。興行収入totalが300万ドル。
◆3位がPearl (2022) タイ・ウエスト監督、ミア・ゴス、デヴィッド・コレンウェット主演の『X エックス』 X (2022) の前日譚ホラー。オーディションでホラーする話しのようです。興行収入totalが300万ドル。
◆2位が Barbarian (2022) ザック・クレッガー監督、ジョージナ・キャンベル、ビル・スカルスガルド主演の家ホラー。泊まった家でホラーする話しのようです。興行収入totalが2110万ドル。
◆1位が The Woman King (2022) ジーナ・プリンス=バイスウッド監督、ヴィオラ・デイヴィス、ラシャーナ・リンチのアクションドラマ。アフリカ民族が独立で色々とある話しのようです。興行収入totalが1900万ドル。


◆ending
◆ a-ha's “I'm in” from “a-ha: True North (2022)”

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Blondie's One Way Or Another, cover song live performance by Maryjane &The Gang

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
『追跡』(1947年)
◆ラオール・ウォルシュ監督、ロバート・ミッチャム、テレサ・ライト、ジュディス・アンダーソン、ディーン・ジャガー主演のウエスタン。
◆ラオール・ウォルシュ監督は本物の職人監督です。ウエスタンやサスペンスやアクションの佳作を連発していました。
◆そんなわけで出来はよいと思います。

◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『斬る』(1962年)
◆三隅研次監督、市川雷蔵、藤村志保、天知茂、渚まゆみ、万里昌代主演の時代劇。
◆様式美全開不条理時代劇の傑作です。
◆公開当時の併映が増村保造監督、田宮二郎、叶順子、高松英郎主演の産業スパイハードボイルドメロドラマの傑作『黒の試走車』(1962年)でした。日本映画史上最高のプログラムピクチャー2本立てだと思います。

◆『Mr.&Mrs.スミス』 Mr. & Mrs. Smith (2005)
◆ダグ・リーマン監督、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー主演の夫婦アクションドラマ。
◆主演2人が結婚するきっかけになった作品ですが泥沼離婚の今になって見ると味わい深いものがあると思えます。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 1940年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.09.25(日) | トップページ | 森一生監督、市川雷蔵主演の『ある殺し屋』2本立ての解説◆2022.10.02(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1940年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.09.25(日) | トップページ | 森一生監督、市川雷蔵主演の『ある殺し屋』2本立ての解説◆2022.10.02(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。