映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #936◆2022.09.17(土) | トップページ | Hollywood Express #937◆2022.09.24(土) »

2022.09.25

1940年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.09.25(日)

なおこの映画感想はネタバレ全開になってます。
私の映画感想は基本的に2本立てです。何の2本立てなのかの解説をやります。


フィルムノワールとは主に1940年代のアメリカのモノクロ低予算映画です。
語源はフランス語ですがフランス映画はあまり言われません。
モノクロ。ハイコントラストな撮影が特徴です。夜のシーンがいい。
サスペンス。犯罪な話し。運命な女=ファムファタールなヒロイン。
低予算なので派手なアクションはありません。
当時の検閲によって主人公が犯罪者の場合は犯罪は引き合わないエンドになります。それなのに何故か後味がよく描写されるハリウッドテイストになってます。
何しろ低予算の当時のフィルムノワールは現在ならスプラッタやホラーと同じ扱いだったと思われます。

『犯罪王ディリンジャー』(1945年)
◆マックス・ノセック監督、ローレンス・ティアニー主演の犯罪サスペンス。フィルムノワールです。
◆時代はずれているけど。似た名前の俳優でローレンス・ティアニーとローレンス・ハーベイを混同していました。こまったものです。
◆肝心のこの作品の出来は佳作だと思います。

◆ジョン・デリンジャーを主役にした作品は数多くあります。
◆『犯罪王ディリンジャー』 Dillinger (1945) ※1945年3月公開(日本公開1952年7月)、マックス・ノセック監督、ローレンス・ティアニー主演。
◆『ギャング王デリンジャー』 Young Dillinger (1965) ※1965年4月公開(日本公開1965年7月)、テリー・O・モース監督、ニック・アダムス主演。
◆『デリンジャー』 Dillinger (1973) ※1973年7月公開(日本公開1974年10月)、ジョン・ミリアス監督、ウォーレン・オーツ主演。この作品が1番の出来だと思います。
◆『デリンジャーVSカポネ/抗争の街』 Dillinger and Capone (1995 Video) ※1995年公開(日本ではビデオスルー)、ジョン・パーディ監督、マーティン・シーン主演。
◆『パブリック・エネミーズ』 Public Enemies (2009) ※2009年7月公開、マイケル・マン監督、ジョニー・デップ主演。

『情無用の街』(1948年)
◆ウィリアム・キーリー監督、マーク・スティーヴンス、リチャード・ウィドマーク主演の潜入サスペンス。フィルムノワールです。
◆地味なスター、ロイド・ノーランが出ているので20世紀フォックス作品です。女優さんがまた地味で20世紀フォックス作品です。
◆それでも主演のマーク・スティーヴンス、リチャード・ウィドマークはがんばっています。
◆リチャード・ウィドマークですが車椅子の老婆を階段下に突き落とすのが印象的な悪役で有名になった『死の接吻』(1947年)に続いて2作目なので強面で当時としては激しい暴力シーンがあります。

そんなわけでお勧め2本立てなので見て読んで下さい。


映画フェイス - にほんブログ村


« Hollywood Express #936◆2022.09.17(土) | トップページ | Hollywood Express #937◆2022.09.24(土) »

映画2本立ての解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #936◆2022.09.17(土) | トップページ | Hollywood Express #937◆2022.09.24(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。