映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 1940年代と1950年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.08.28(日) | トップページ | ジェラール・フィリップは夢を見る2本立ての解説◆2022.09.04(日) »

2022.08.29

Hollywood Express #933◆2022.08.27(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆アカデミー賞の映画芸術科学アカデミーが1973年授賞式に出席したサチーン・リトルフェザーに謝罪した話題。随分と古い話しですが謝罪したわけです。当時は先住民を代理に出すなんてマーロン・プランドは発狂したと言われていたような。
◆『デイ・シフト』 Day Shift (2022) から、J・J・ペリー監督のインタビューがあります。ハイライトシーンは1つのキャラを4人で撮ったそうです。演出。演技。スタント。特殊効果。編集。これが映画だといった感じ。
◆ Call Jane (2022) から、シガニー・ウィーバー、エリザベス・バンクス主演の1970年代を舞台にした当時というか現在でも禁止されている中絶を扱ったドラマ。全米10月公開。
◆おなじみなダイアナ妃を扱ったドキュメンタリー『プリンセス・ダイアナ』 The Princess (2022) の話題。今作はダイアナ妃を追い回すマスコミに焦点を当てているそうです。エド・パーキンス監督のインタビューがあります。日本9月公開。
◆黒澤明監督、志村喬主演の人生ドラマ『生きる』(1952年)のリメイクドラマ Living (2022) の話題。第2次世界大戦後の設定。ビル・ナイなら志村喬に引けをとっていない。全米12月公開。果たして出来は?
◆ A Love Song (2022) から、デイル・ディッキー、ウェス・ステュディ主演のドラマ。批評はいいそうです。全米拡大公開中。

◆red carpet
◆『ビースト』 Beast (2022) のプレミアの風景。子役のリア・ジェフリーズ、イヤナ・ハーレイのインタビューがあります。お世辞なのかイドリス・エルバとシャールト・コプリーには親切にされたと感謝してます。2人とも見た目は怖いが子供には優しいようです。

◆inside look
◆『ビースト』 Beast (2022) のメイキング。バルタザール・コルマウクル監督のインタビューがあります。長回しで集中が途切れないようにしたそうです。イドリス・エルバ、シャールト・コプリー、製作ウィル・パッカーのインタビューがあります。
◆ Spin Me Round (2022) のメイキング。アリソン・ブリーのインタビューがあります。脚本も書いたそうです。


◆Hollywood gossip
◆FBIの資料にブラッド・ピットの家庭内暴力の模様が記録されていた話題。結局は不起訴になってるそうです。ブラッド・ピットも色々と大変だ。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Breakin (2022) アビ・ダマリス・コービン監督、ジョン・ボイエガ、マイケル・K・ウィリアムズ主演の銀行強盗ドラマ。爆弾抱えて銀行をハイジャックする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。シドニー・ルメット監督、アル・パチーノ主演の銀行強盗ドラマの傑作『狼たちの午後』Dog Day Afternoon (1975) と比べるのは酷なのでそれなりに出来ていればよろしい。
◆ Three Thousand Years of Longing (2022) ジョージ・ミラー監督、ティルダ・スウィントン、イドリス・エルバ主演のファンタジードラマ。孤独な中年女性が魔法の精霊と色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来はよいと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Bodies Bodies Bodies (2022) ハリナ・ライン監督、アマンドラ・ステンバーグ、マリア・バカローヴァ主演のホームパーティーホラー。ハリケーンの夜にホラーする話しのようです。興行収入totalが760万ドル。
◆9位が Where the Crawdads Sing (2022) オリヴィア・ニューマン監督、デイジー・エドガー=ジョーンズ、テイラー・ジョン・スミス主演のスワンプウォーター・サスペンスドラマ。1950年代のノースカロライナ州の沼地=スワンプウォーターで色々とある話しのようです。興行収入totalが7770万ドル。
◆8位が『NOPE/ノープ』 Nope (2022) ジョーダン・ピール監督、ダニエル・カルーヤ、キキ・パーマー主演の謎ホラー。UFOでホラーする話しのようです。興行収入totalが1億1370万ドル。
◆7位が『ミニオンズ フィーバー』 Minions: The Rise of Gru (2022) カイル・バルダ、ブラッド・エイブルソン、ジョナサン・デル・ヴァル監督、スティーヴ・カレル、タラジ・P・ヘンソンVCの3D CGアニメ。いつものの話しのようです。Illumination Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが3億5020万ドル。
◆6位が『ソー: ラブ&サンダー』 Thor: Love and Thunder (2022) タイカ・ワイティティ監督、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン主演のマーベルアメコミアクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが3億3210万ドル。
◆5位が『DC がんばれ!スーパーペット』 DC League of Super-Pets (2022) ジャレッド・スターン、サム・レヴィン監督、ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハートVCの3D CGアニメ。スーパーマンを助けようと動物達が奔走する話しのようです。A Stern Talking To/Seven Bucks Productions/DC Entertainment/Warner Animation Group/Warner Bros製作配給。興行収入totalが6730万ドル。
◆4位が『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) ジョゼフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、マイルズ・テラー主演の『トップガン』 Top Gun (1986) の続編航空アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが6億8340万ドル。
◆3位が『ブレット・トレイン』 Bullet Train (2022) デヴィッド・リーチ監督、ブラッド・ピット、ジョーイ・キング主演の殺し屋アクションコメディ。殺し屋が新幹線で悪戦苦闘する話しのようです。ブリーフケースは典型的なマクガフィンです。興行収入totalが6900万ドル。
◆2位が『ビースト』 Beast (2022) バルタザール・コルマウクル監督、イドリス・エルバ、シャールト・コプリー主演の猛獣アクション。アフリカにて凶暴なライオンに悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが1150万ドル。
◆1位が『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』 Dragon Ball Super: Super Hero (2022) 児玉徹郎監督、ショーン・シュメル、クリストファー・サバトVCの2Dリミテッドアニメアクション。いつのも話しのようです。Bird Studios (as Bird Studio)/Shueisha/Bandai/Fuji Television Network/Toei Animation/Toei Company (as TOEI)/Fox International Productions/Crunchyroll製作配給。興行収入totalが2100万ドル。

◆ending
◆Jamie Foxx & The BSB Boys' “Bud(Mowing Down Vamps)” from “Day Shift (2022)”

◆BUD (Mowing Down Vamps) Jamie Foxx & The BSB Boys


◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆“One Way or Another” cover ft. Jodi Mindnich of the Doubting Toms - Oct 2021

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
◆今週もありません。

◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『黄昏』 Carrie (1952)
◆ウィリアム・ワイラー監督、ローレンス・オリビエ、ジェニファー・ジョーンズ、ミリアム・ホプキンス主演の不倫ドラマ。
◆ウィリアム・ワイラー監督なので出来はよいと思います。


◆『3時10分、決断のとき』 3:10 to Yuma (2007)
◆ジェームズ・マンゴールド監督、ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベール、ピーター・フォンダ主演の『決断の3時10分』 3:10 to Yuma (1957) のリメイク・ウエスタン。
◆オリジナルもリメイクも出来はよさそうです。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村



« 1940年代と1950年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.08.28(日) | トップページ | ジェラール・フィリップは夢を見る2本立ての解説◆2022.09.04(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1940年代と1950年代フィルムノワール2本立ての解説◆2022.08.28(日) | トップページ | ジェラール・フィリップは夢を見る2本立ての解説◆2022.09.04(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。