映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« ドイツ巨匠監督2人のドキュメンタリー2本立ての解説◆2022.07.03(日) | トップページ | 1940年代と1950年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.07.10(日) »

2022.07.04

Hollywood Express #925◆2022.07.02(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆ Jerry & Marge Go Large (2022) から、レイン・ウィルソンのインタビューがあります。映画のシーンとロケ地が全く違う話題。季節も違うようです。映画撮影ではよくあるです。
◆レア・セドゥのインタビューから、『DUNE/デューン・砂の惑星』 Dune: Part One (2021) の続編 Dune: Part Two (2023) に出る話題。
◆ My Big Fat Greek Wedding 2 (2016) から、ニア・バルダロスがシリーズ3作目 My Big Fat Greek Wedding 3を撮影すると発表した話題。脚本主演に加えて監督もするそうです。
◆タイムトラベル・ロマンスドラマ Press Play (2022) の話題、タイムトラベルですが当時のアイテムと念じるだけでいいジャック・フィニイ方式のようです。安上がりでいい。
◆『エルヴィス』 Elvis (2022) から、オリヴィア・デヨングのインタビューがあります。メソッド演技で役に成り切ったそうです。
◆ The Human Trial (2022) から、糖尿病ドキュメンタリーのようです。これは大変。
◆『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) から、トム・クルーズのキャリア初の全世界興業10億ドルを突破した作品になった話題。ロシアと中国では未公開なのに大したものです。
◆ White Bird: A Wonder Story (2022) から、ナチス占領下フランスを舞台にしたドラマ。全米11月公開。


◆red carpet
◆『ブラック・フォン』 The Black Phone (2021) のプレミアの風景。スコット・デリクソン監督、マデリーン・マックグロウ、メイソン・テムズののインタビューがあります。


◆inside look
◆『エルヴィス』 Elvis (2022) のメイキング。オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督のインタビューがあります。
◆続いてまた『エルヴィス』 Elvis (2022) のメイキング。オースティン・バトラー、、ヨラとアルトン・メイソン、ケルヴィン・ハリソン・ジュニアのインタビューがあります。リトル・リチャード。BB・キングと実在の人物を演じた話題。
◆腰の振り方もいいけど白人なのに黒人のブルースが歌える。これがエルヴィス・プレスリーの特徴だそうです。それまでそんな人はいなかった。

◆Hollywood gossip
◆自分が逮捕されればニュースになり宣伝になると活動家としても有名なマーティン・シーンは芸名にしたこと後悔してる話題。本名はラモン・エステベス。これでは本人の白人的ルックスに全く合ってない。芸名をしょうがないと思えます。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ミニオンズ フィーバー』Minions: The Rise of Gru (2022) カイル・バルダ、ブラッド・エイブルソン、ジョナサン・デル・ヴァル監督、スティーヴ・カレル、タラジ・P・ヘンソンVCの3D CGアニメ。いつものの話しのようです。Illumination Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Mr. Malcolm's List (2022) エマ・ホリー・ジョーンズ監督、フリーダ・ピント、Sope Dirisu、テオ・ジェームズ・ゾーイ・アシュトン主演のコスチュームプレイ・ロマンティックコメディ。19世紀の英国でロマンティックコメディな話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『バッドガイズ』 The Bad Guys (2022) ピエール・ペルフェル監督、サム・ロックウェル、マーク・マロンVCの3D CGアニメ。バッドガイズな話しのようです。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが9550万ドル。
◆9位が The Bob's Burgers Movie (2022) ローレン・ブシャール、バーナード・デリマン監督、H.ジョン・ベンジャミン、クリステン・シャールVCの2Dリミテッドアニメのファミリーコメディ。ハンバーガーレストランを経営するベルチャー家の話しのようです。Wilo Productions/ Fox Family Films/Buck & Millie Productions/Fox Animation Studios (as Twentieth Century Animation)/20th Century Studios (as A 20th Century Studios Film)/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが3100万ドル。
◆8位が Everything Everywhere All at Once (2022) ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート監督、ミシェル・ヨー、ジョナサン・キー・クァン主演のSF多次元アクションドラマ。ミシェル・ヨー姐さんが時空をかける話しのようです。興行収入totalが6600万ドル。
◆7位が Jug Jugg Jeeyo (2022) ラージ・メフタ監督、ヴァルン・ダワン、キアラ・アドヴァニ主演のボリウッドロマンティックコメディミュージカル。話しのようです。興行収入totalが60万ドル。
◆6位が『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 Doctor Strange in the Multiverse of Madness (2022) サム・ライミ監督、ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン主演のマーベルアメコミアクション大作。マルチバースな話しのようです。興行収入totalが4億920万ドル。
◆5位がバズ・ライトイヤー』 Lightyear (2022) アンガス・マクレーン監督、クリス・エヴァンス、キキ・パーマーVCの3D CGアニメ。ハイパー航行で色々とある話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが8920万ドル。
◆4位が『ブラック・フォン』 The Black Phone (2021) スコット・デリクソン監督、イーサン・ホーク、メイソン・テムズ主演の誘拐ホラー。誘拐されホラーする話しのようです。興行収入totalが2360万ドル。
◆3位が『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 Jurassic World Dominion (2022) コリン・トレボロウ監督、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード主演の『ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作で完結編。いつもの話しのようです。興行収入totalが3億300万ドル。3億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆2位が『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) ジョゼフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、マイルズ・テラー主演の『トップガン』 Top Gun (1986) の続編航空アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが5億2080万ドル。5億ドルに達してます。全世界興業は10億ドルを突破したそうです。おめでとうございます。
◆1位が『エルヴィス』 Elvis (2022) バズ・ラーマン監督オースティン・バトラー、トム・ハンクス主演のエルヴィス・プレスリーの伝記ミュージカル映画。エルヴィス・プレスリーとマネージャーの葛藤の話しのようです。興行収入totalが3120万ドル。

◆ending
◆Doja Cat's “Vegas” from “Elvis (2022)”

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆Hocus Pocus 2 - "One Way Or Another" Full Song [UPDATED VERSION]

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
◆今週もありません。

◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『11人のカウボーイ』 The Cowboys (1972) マーク・ライデル監督、ジョン・ウェイン、ロスコー・リー・ブラウン、ブルース・ダーン主演の牛追いウエスタン。
◆ジョン・ウェインがいつもと違う結末になることで有名な作品です。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« ドイツ巨匠監督2人のドキュメンタリー2本立ての解説◆2022.07.03(日) | トップページ | 1940年代と1950年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.07.10(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ巨匠監督2人のドキュメンタリー2本立ての解説◆2022.07.03(日) | トップページ | 1940年代と1950年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.07.10(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。