映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« ジョニー・トー&ワイ・カーファイ監督コンビのロマンティックコメディ2本立ての解説◆2022.07.17(日) | トップページ | 1940年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.07.24(日) »

2022.07.18

Hollywood Express #927◆2022.07.16(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆『ミニオンズ フィーバー』Minions: The Rise of Gru (2022) から、スティーブ・カレルのインタビューがあります。アラン・アーキンを尊敬してるそうです。アラン・アーキンといえば『暗くなるまで待って』(1967年)の悪役が印象的です。
◆『NOPE/ノープ』 Nope (2022) から、ジョーダン・ピール監督が映画関連のジュピターズクレイムのサイトを公開した話題。映画のネタバレはないそうです。
◆『ソー: ラブ&サンダー』 Thor: Love and Thunder (2022) から、悪役を演じたクリスチャン・ベールのインタビューがあります。
◆ジェームズ・キャメロン監督のインタビューから、『アバター』 Avatar (2009) の続編 Avatar: The Way of Water (2022) について。
◆ The Woman King (2022) から、ビオラ・デイビス主演のアフリカを舞台に実在した女性兵士ドラマについて。全米9月公開。
◆デビッド・O・ラッセル監督の新作 Amsterdam (2022) の話題。豪華キャスト3人で他も豪華なキャストになってます。
◆ケイティ・ホームズ主演の Alone Together (I) (2022) の話題。コロナ禍の人間ドラマ。監督脚本もケイティ・ホームズ。全米7月公開。

◆red carpet
◆『ソー: ラブ&サンダー』 Thor: Love and Thunder (2022) のロンドンプレミアの風景。ナタリー・ポートマン、テッサ・トンプソン、キーロン・L・ダイヤー、タイカ・ワイティティ監督のインタビューがあります。

◆inside look
◆『ソー: ラブ&サンダー』 Thor: Love and Thunder (2022) のメイキング。ナタリー・ポートマンのインタビューがあります。ナタリー・ポートマンは背が高くないので見せ方が難しいと思える。
◆『ザ・プリンセス』 The Princess (2022) のメイキング。ジョーイ・キング、レ・ヴァン・キエ監督のインタビューがあります。ジョーイ・キングですが出来るだけスタントをこなしたそうです。

◆Hollywood gossip
◆ジェームズ・カーンが亡くなった話題。享年82歳。代表作は『ゴッドファーザー』 The Godfather (1972) だそうです。
◆私の映画感想だとジェームズ・カーンのデュー作『不意打ち』(1964年)があります。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Mrs. Harris Goes to Paris (2022) アンソニー・ファビアン監督、レスリー・マンヴィル、イザベル・ユペール主演の人生ドラマ。1950年代のパリで色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Where the Crawdads Sing (2022) オリヴィア・ニューマン監督、デイジー・エドガー=ジョーンズ、テイラー・ジョン・スミス主演のスワンプウォーター・サスペンスドラマ。1950年代のルイジアナ州の沼地=スワンプウォーターで色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆ついにミシェル・ヨー主演の Everything Everywhere All at Once (2022) がtop10から落ちてしまった。
◆10位が『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 Doctor Strange in the Multiverse of Madness (2022) サム・ライミ監督、ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン主演のマーベルアメコミアクション大作。マルチバースな話しのようです。興行収入totalが4億1100万ドル。
◆9位が Mr. Malcolm's List (2022) エマ・ホリー・ジョーンズ監督、フリーダ・ピント、ソープ・ディリス、テオ・ジェームズ・ゾーイ・アシュトン主演のコスチュームプレイ・ロマンティックコメディ。19世紀の英国でロマンティックコメディな話しのようです。興行収入totalが160万ドル。
◆8位が Marcel the Shell with Shoes On (2021) ディーン・フライシャー・キャンプ
監督、ジェニー・スレイト、イザベラ・ロッセリーニVCの3Dコマ撮りアニメ。巻貝な話しのようです。Chiodo Brothers Productions/Strongman/Cinereach/A24製作配給。興行収入totalが90万ドル。
◆7位が『バズ・ライトイヤー』 Lightyear (2022) アンガス・マクレーン監督、クリス・エヴァンス、キキ・パーマーVCの3D CGアニメ。謎の惑星で色々とある話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが1億1250万ドル。
◆6位が『ブラック・フォン』 The Black Phone (2021) スコット・デリクソン監督、イーサン・ホーク、メイソン・テムズ主演の誘拐ホラー。誘拐されホラーする話しのようです。興行収入totalが6240万ドル。
◆5位が『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 Jurassic World Dominion (2022) コリン・トレボロウ監督、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード主演の『ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作で完結編。いつもの話しのようです。興行収入totalが3億5050万ドル。
◆4位が『エルヴィス』 Elvis (2022) バズ・ラーマン監督オースティン・バトラー、トム・ハンクス主演のエルヴィス・プレスリーの伝記ミュージカル映画。エルヴィス・プレスリーとマネージャーの葛藤の話しのようです。興行収入totalが9130万ドル。
◆3位が『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) ジョゼフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、マイルズ・テラー主演の『トップガン』 Top Gun (1986) の続編航空アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが5億9740万ドル。
◆2位が『ミニオンズ フィーバー』 Minions: The Rise of Gru (2022) カイル・バルダ、ブラッド・エイブルソン、ジョナサン・デル・ヴァル監督、スティーヴ・カレル、タラジ・P・ヘンソンVCの3D CGアニメ。いつものの話しのようです。Illumination Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが2億1060万ドル。2億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『ソー: ラブ&サンダー』 Thor: Love and Thunder (2022) タイカ・ワイティティ監督、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン主演のマーベルアメコミアクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億4410万ドル。最初から1億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆ Diana Ross & Tame Impala's “Turn Up Sunshine” from “Minions: The Rise of Gru (2022)”

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆[READY PLAYER ONE OST ] Blondie - One Way or Another Drum Cover

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
『燃えよドラゴン』(1973年)
◆ロバート・クローズ監督、ブルース・リー、ジョン・サクソン、シー・キエン、ジム・ケリー主演のカンフーアクション。
◆ブルース・リーの存在だけで傑作です。プロローグの弟子役でサモ・ハン・キンポー。途中の戦闘員役でジャッキー・チェンが出ています。

◆私の感想がないお勧めの作品。
『悪い種子』 The Bad Seed (1956)
◆マービン・ルロイ監督、ナンシー・ケリー、パティ・マコーマック、ウィリアム・ホッパー主演の恐るべき子供サスペンスドラマ。
◆当時としてはショッキングな設定なドラマになってます。

◆『草原の野獣』 Gunman's Walk (1958)
◆フィル・カールソン監督、ヴァン・ヘフリン、タブ・ハンター、ジェームズ・ダーレン、キャスリン・グラント主演のウエスタン。
◆普通のウエスタンといった感じ。プログラムピクチャーはいい。


◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« ジョニー・トー&ワイ・カーファイ監督コンビのロマンティックコメディ2本立ての解説◆2022.07.17(日) | トップページ | 1940年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.07.24(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョニー・トー&ワイ・カーファイ監督コンビのロマンティックコメディ2本立ての解説◆2022.07.17(日) | トップページ | 1940年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.07.24(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。