映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 中平康監督のコメディ2本立ての解説◆2022.06.19(日) | トップページ | 1930年代と1950年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.06.26(日) »

2022.06.20

Hollywood Express #923◆2022.06.18(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆『プレデター』シリーズ前日端 Prey (2022) の話題。300年前に最初のプレデターとコマンチ族の女が対決する話しのようです。果たして出来は?
◆ジュリア・ガーナーが Untitled Madonna Biopic のマドンナ役をオファーされた話題。マドンナが監督するマドンナの伝記映画。そうなるとマドンナからの注文がうるさすぎて途中降板しそう。果たしてどうなる。
◆ロブ・ゾンビ監督リメイクホラー The Munsters の話題。全米で秋に公開。
◆人種差別ドラマ The Walk (2022) と I'm Charlie Walker (2022) の話題。 The Walk (2022) で主演してるジャスティン・チャットウィンはお久しぶりといった感じ。最低映画と言われてる『ドラゴンボール EVOLUTION』(2009年)でおなじみです。地道にキャリアを積み重ねていたようです。
◆『ジュラシック・パーク』 Jurassic Park (1993) から、主演したアリアナ・リチャーズのインタビューがあります。
◆ドウェイン・ジョンソン主演のアメコミアクション『ブラックアダム』 Black Adam (2022) の話題。全米では12月公開。出来は普通か?
『スクリーム』(1996年)から、ネーブ・キャンベルが『スクリーム』シリーズの新作から降板した話題。出演料が少なかったらしい。自分を安売りしないのは偉い。

◆red carpet
◆3D CGアニメ『バズ・ライトイヤー』 Lightyear (2022) のプレミアの風景。クリス・エヴァンス、キキ・パーマー、デール・ソウルズ、エフレン・ラミレッツのインタビューがあります。何しろVCなので顔を合わすのは初めてだとか。

◆inside look
◆『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 Jurassic World Dominion (2022) のメイキング。ブライス・ダラス・ハワードとクリス・プラット、ジェフ・ゴールドブラム、コリン・トレヴォロウ監督のインタビューがあります。
◆また『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 Jurassic World Dominion (2022) のメイキング。ディワンダ・ワイズ、マネドゥ・アチー、イザベラ・サーモンのインタビューがあります。


◆Hollywood gossip
◆乱射事件のあったテキサス出身のマシュー・マコノヒーがホワイトハウスで銃規制に訴えるスピーチをした話題。こんな感じで欧米ではセレブの政治的発言は普通です。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『バズ・ライトイヤー』 Lightyear (2022) アンガス・マクレーン監督、クリス・エヴァンス、キキ・パーマーVCの3D CGアニメ。ハイパー航行で色々とある話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Brian and Charles (2022) ジム・アーチャー監督、デヴィッド・アール・クリス・ヘイワード主演の発明ドラマ。ロボットの友人チャーリーを作って色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Ante Sundharaniki (2022) ヴィヴェーク・アートレーヤ監督、ナーニ、ナスリア・ナシーム主演のボリウッドロマンティックコメディ。ロマンティックコメディな話しのようです。興行収入totalが60万ドル。
◆9位が『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』 Sonic the Hedgehog 2 (2022) ジェフ・ファウラー監督、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー主演の『ソニック』シリーズ続編アクション。またジム・キャリーと対戦する話しのようです。Marza Animation Planet/Blur Studio/Original Film/Sega Sammy Group/Paramount Pictures製作配給。興行収入totalが1億8980万ドル。
◆8位が『炎の少女チャーリー』 Firestarter (2022) キース・トーマス監督、ザック・エフロン、ライアン・キーラ・アームストロング主演のリメイクホラー。念力発火で色々とある話しのようです。興行収入totalが920万ドル。ドライブインシアターで『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 Jurassic World Dominion (2022) と同時上映でtop10に復帰してるそうです。
◆7位が Everything Everywhere All at Once (2022) ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート監督、ミシェル・ヨー、ジョナサン・キー・クァン主演のSF多次元アクションドラマ。ミシェル・ヨー姐さんが時空をかける話しのようです。興行収入totalが6300万ドル。
◆6位が Downton Abbey: A New Era (2022) サイモン・カーティス監督、ミシェル・ドッカリー、マギー・スミス主演の『ダウントン・アビー』シリーズ続編ドラマ。英国の人達が南フランスで色々とある話しのようです。興行収入totalが4010万ドル。
◆5位が The Bob's Burgers Movie (2022) ローレン・ブシャール、バーナード・デリマン監督、H.ジョン・ベンジャミン、クリステン・シャールVCの2Dリミテッドアニメのファミリーコメディ。ハンバーガーレストランを経営するベルチャー家の話しのようです。Wilo Productions/ Fox Family Films/Buck & Millie Productions/Fox Animation Studios (as Twentieth Century Animation)/20th Century Studios (as A 20th Century Studios Film)/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収入totalが2720万ドル。
◆4位が『バッドガイズ』 The Bad Guys (2022) ピエール・ペルフェル監督、サム・ロックウェル、マーク・マロンVCの3D CGアニメ。バッドガイズな話しのようです。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが9180万ドル。
◆3位が『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 Doctor Strange in the Multiverse of Madness (2022) サム・ライミ監督、ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン主演のマーベルアメコミアクション大作。マルチバースな話しのようです。興行収入totalが3億9810万ドル。
◆2位が『トップガン マーヴェリック』 Top Gun: Maverick (2022) ジョゼフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、マイルズ・テラー主演の『トップガン』 Top Gun (1986) の続編航空アクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが3億9510万ドル。3億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 Jurassic World Dominion (2022) コリン・トレボロウ監督、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード主演の『ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作で完結編。いつもの話しのようです。興行収入totalが1億4500万ドル。最初から1億ドルを突破してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Berlin's “Take my Breath Away” from “Top Gun (1986)”

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆One Way Or Another - Sandy School of Rock cover Blondie

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
◆今週もありません。


◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『アラベスク』 Arabesque (1966) スタンリー・ドーネン監督、グレゴリー・ペック、ソフィア・ローレン、アラン・バデル、キーロン・ムーア主演の巻き込まれサスペンス。佳作です。
→同じスタンリー・ドーネン監督監督の巻き込まれサスペンス『シャレード』(1963年)の感想ならあります。

◆『山猫 完全復元版』 Il gattopardo (1963) ルキノ・ヴィスコンティ監督、バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレ主演のコスチュームプレイ耽美ドラマ。傑作です。

◆『駅馬車』 Stagecoach (1939) ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン、トーマス・ミッチェル、クレア・トレバー、ジョン・キャラダイン主演の駅馬車ウエスタン。傑作です。
→砂漠で追跡アクションが共通してる『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)の感想ならあります。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。

映画フェイス - にほんブログ村



« 中平康監督のコメディ2本立ての解説◆2022.06.19(日) | トップページ | 1930年代と1950年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.06.26(日) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中平康監督のコメディ2本立ての解説◆2022.06.19(日) | トップページ | 1930年代と1950年代のフィルムノワール2本立ての解説◆2022.06.26(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。