映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #922◆2022.06.11(土) | トップページ | Hollywood Express #923◆2022.06.18(土) »

2022.06.19

中平康監督のコメディ2本立ての解説◆2022.06.19(日)

なおこの映画感想はネタバレ全開になってます。
私の映画感想は基本的に2本立てです。何の2本立てなのかの解説をやります。

1960年代は日本映画最後の黄金時代です。
何故か1960年代の日活映画はよく見てるような気がする。
川島雄三監督、中平康監督、鈴木清順監督くらいしか見ていないけど。
3人の中で少し落ちる鈴木清順監督はプログラムピクチャー専念の方がいい感じ。

『牛乳屋フランキー』(1956年)
◆中平康監督、フランキー堺、坪内美詠子、毛利充宏主演のホームドラマコメディ。
◆何で牛乳屋?何でフランキー?とタイトル名からして面白い。
◆そんなわけで本編ではちゃんと牛乳配達しているフランキー。そういう映画なんです。

『危いことなら銭になる』(1962年)
◆中平康監督、宍戸錠、長門裕之、草薙幸二郎、浅丘ルリ子主演のアクションコメディ。
◆偽札をめぐって色々とある話しです。これが面白いんです。
◆全体的によく出来た『ルパン三世』といった感じなんです。素晴らしい。
◆44マグナムの『ダーティハリー』(1971年)に先駆けて357マグナムで撃たれたら頭も吹っ飛ぶのセリフがあったりします。

そんなわけでお勧め2本立てなので見て読んで下さい。


映画フェイス - にほんブログ村



« Hollywood Express #922◆2022.06.11(土) | トップページ | Hollywood Express #923◆2022.06.18(土) »

映画2本立ての解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #922◆2022.06.11(土) | トップページ | Hollywood Express #923◆2022.06.18(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。