映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ブラック・リッジ』(2020年) | トップページ | 『ギャングを狙う男』(1953年) »

2022.02.21

Hollywood Express #906◆2022.02.19(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆アカデミーノミネート特集。
◆『ベルファスト』 Belfast (2021) が7部門。
◆『コーダ あいのうた』CODA (2021)のトロイ・コッツァーが耳の不自由人で2人目のノミネートとなった話題。1人目は『愛は静けさの中に』 Children of a Lesser God (1986) マーリー・マトリンでこの作品にも出てます。
◆ Madres paralelas (2021) のペネロペ・クルスと『愛すべき夫妻の秘密』 Being the Ricardos (2021) のハビエル・バルデムが夫婦で同時ノミネート。前例はエリザベス・テイラーとリチャード・バートン。
◆『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 The Power of the Dog (2021) の実質夫婦のジェシー・プレモンスとキルステン・ダンストも同時ノミネート。

◆『tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!』 tick, tick...BOOM! (2021) でノミネートのアンドリュー・ガーフィールドは衣装デザイナー組合からスポットライト賞を授与される話題。
◆ Scream (2022) が予算2千万ドルで全世界興行が1億ドル以上のヒットになったので続編製作決定の話題。
◆『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 The Power of the Dog (2021) がロンドン映画批評家協会賞で4冠受賞の話題。
◆リン=マニュエル・ミランダのインタビューから。グリニッジ国際映画祭でチェンジメイカー賞を授与される話題。ミランダ財団の活動が評価されたそうです。
◆ Out of Death (2021) から、2021年に8本の映画に出演したブルース・ウィリスの話題。すっかりB級アクション俳優になったようです。そんなわけでラジー賞がブルース・ウィリス専用の賞を用意したそうです。他に diana the musical が9部門ノミネート。何だかわからん。


◆red carpet
◆『マリー・ミー』 Marry Me (2022) のプレミアの風景。ジェニファー・ロペス、クロエ・コールマン、カット・コイロ監督のインタビューがあります。


◆inside look
◆『マリー・ミー』 Marry Me (2022) のメイキング。ジェニファー・ロペス、オーウェン・ウィルソン、マルーマのインタビューがあります。
◆ The In Between (2022) のメイキング。ジョーイ・キング、カイル・アレン、セレステ・オコナーのインタビューがあります。すれ違いSFメロドラマらしい。ジョーイ・キングは誰かに似ていると思っていたが高峰秀子かジーン・ティアニーに似ていると気がついた。


◆Hollywood gossip
◆ゼンデンヤのロンドン・マダム・タッソー蝋人形の話題。似ていないといつのもパターン。似ているという意見もあるらしい。


◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Dog (2022) リード・キャロリン、チャニング・テイタム監督、チャニング・テイタム、クオリアンカ・キルファー主演の犬ロードコメディドラマ。犬と色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『アンチャーテッド』 Uncharted (2022) ルーベン・フライシャー監督、トム・ホランド、マーク・ウォールバーグ、アントニオ・バンデラス主演のゲームの映画化アクション。お宝探しの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。マーク・ウォールバーグはジョン・ガーフィールドに似てきた。


◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆今週はNFLスーパーボウル ロサンゼルス・ラムズvs.シンシナティ・ベンガルズがあったので全体的に興行は低調だったそうです。
◆試合直前まで1番盛り上がるがいざ始まると大差になるパターンのスーパーボウルですが珍しく接戦になってました。同点のフィールドゴールでオーバータイムまで行くと思ったがそうはならず。
◆10位が『ザ・ビートルズ Get Back: ルーフトップ・コンサート』 The Beatles: Get Back - The Rooftop Concert (2022) ピーター・ジャクソン監督のビートルズ・ドキュメンタリー。1969年のビートルズの話しのようです。興行収入totalが90万ドル。
◆9位が『リコリス・ピザ』 Licorice Pizza (2021) ポール・トーマス・アンダーソン監督、アラナ・ハイム、クーパー・ホフマン主演の青春ドラマ。1970年代青春ロマンスの話しのようです。興行収入totalが1400万ドル。
◆8位が Moonfall (2022) ローランド・エメリッヒ監督、ハリー・ベリー、パトリック・ウィルソン主演の月落下パニックアクション大作。月が落下してパニックする話しのようです。興行収入totalが1520万ドル。ランクもタイトル通りに落下してるそうです。
◆7位が Scream (2022) マット・ベティネッリ=オルピン、タイラー・ジレット監督、ネーヴ・キャンベル、コートニー・コックス主演の『スクリーム』シリーズ最新作ホラー。いつもの殺人鬼に悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが7320万ドル。
◆6位が『SING/シング: ネクストステージ』 Sing 2 (2021) カース・ジェニングス監督、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーンVCの『SING/シング』シリーズ続編3D CGアニメミュージカル。ミュージカルする話しのようです。Illumination Entertainment (as A Chris Meledandri Production)/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが1億4350万ドル。
◆5位が Blacklight (2022) マーク・ウィリアムズ監督、リーアム・ニーソン、エイダン・クイン主演のアクション。娘と孫を誘拐され反撃する話しのようです。興行収入totalが350万ドル。
◆4位が『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム』 Spider-Man: No Way Home (2021) ジョン・ワッツ監督、トム・ホランド、ゼンデンヤ主演の『スパイダーマン』シリーズ最新作。スパイダーマンの正体がバレて悪戦苦闘する話しのようです。興行収入totalが7億5930万ドル。
◆3位が『マリー・ミー』 Marry Me (2022) カット・コイロ監督、ジェニファー・ロペス、オーウェン・ウィルソン主演のロマンティックコメディ。大スターと普通の男で色々とある話しのようです。興行収入totalが790万ドル。
◆2位が Jackass Forever (2022) ジェフ・トレイマン監督、ジョニー・ノックスビル、スティーヴォー主演のおバカTVドキュメンタリー。TVタレントが体を張る話しのようです。興行収入totalが3740万ドル。普通にヒットしてます。これはビックリ。
◆1位がナイル殺人事件』Death on the Nile (2022) ケネス・ブラナー監督、ケネス・ブラナー、ガル・ガドット主演のオールスターサスペンス。ナイルで殺人の話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。興行収入totalが1280万ドル。ケネス・ブラナーのポアロの髭が地味になってます。さすがに前作『オリエント急行殺人事件』 Murder on the Orient Express (2017) での髭はやり過ぎだったのかもしれない。

◆ending
◆Jay-Z,Rihanna and Ye's “Run this Town” from “The 355 (2022)”

◆Jay z ft Rihanna and Kanye west - Run this town

◆私の好きなミュージックビデオ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバー。

◆One way or another - Blondie (cover) by Noa Neal


◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
『ウィンチェスター銃'73』(1950年) アンソニー・マン監督、ジェームズ・スチュワート、シェリー・ウィンタース、ダン・デュリエ、スティーブン・マクナリー主演のウエスタン。傑作です。
『ファンタスティック・プラネット』(1973年) ルネ・ラルー監督、ジェニファー・ドレイク、エリック・ボージャン、ジャン・バルモンVCのアートシアターアバンギャルドアニメ。この感想ではそんなにほめてませんが現在では気が変わって傑作だと思ってます。

◆私の感想がないお勧めの作品。
◆今週もありません。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。
◆全編説明セリフがないと話しがわからないという人は映画には向いてないのでTVの字幕付きバラエティ番組を見てた方がいいと思える。


映画フェイス - にほんブログ村


« 『ブラック・リッジ』(2020年) | トップページ | 『ギャングを狙う男』(1953年) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ブラック・リッジ』(2020年) | トップページ | 『ギャングを狙う男』(1953年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。