映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #903◆2022.01.29(土) | トップページ | 『ガンズ・アキンボ』(2019年) »

2022.02.05

『シークレット・ランナー』(2020年)

この映画の感想はネタバレ全開になっています。
コリン・クリッセル、ジェームズ・クリッセル監督、サマラ・ウィーヴィング、カーリー・チェイキン、ザック・エイヴァリー主演のフィルムノワールのようです。


2020年 Metalwork Pictures production/rogue black アメリカ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Last Moment of Clarity
プロット◆消えた彼女を探して色々とある話しのようです。
音楽◆Benjamin Patrick composer

キャスト
サマラ・ウィーヴィング→ブルネットのジョージア/ブロンドのローレン
カーリー・チェイキン→妙に協力的なキャット

ザック・エイヴァリー→ジョージアを探すサム
ハル・オズマン→ローレンの婚約者ヴィンス・マクドナルド

ブライアン・コックス→カフェの主人ジル
ウド・キア→大物のイバン・デミソブスキー
アレックス・フェルナンデス→ビル・ライス刑事
パーシャ・D・リチニコフ→カール親分 (as Pasha lynchnikoff)

コリン・クリッセル、ジェームズ・クリッセル監督の演出はよいと思います。
全体的にフィルムノワールになってます。これはビックリでいい感じ。

サマラ・ウィーヴィングは横顔での鼻の形がいい。セックスシーンではおっぱいを見せてます。いい感じ。

カーリー・チェイキンはエミー・ロッサムにそっくりです。
双子の妹ですと言われてもとおかしくないほど似ている。声もそっくり。もしかしてエミー・ロッサムが出ているかと疑ってしまうほど。そんなわけでもうエミー・ロッサムのつもりで見ていました。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧

『シークレット・ランナー』
(2020年)
アメリカ
音声は5.1chではありません。

Metalwork Pictures
rogue black
タイトル
a Metalwork Pictures production

Samara Weaving Georgia Outerbridge / Lauren Clerk
Carly Chaikin Kat Zaro
Zach Avery Sam Pivnic
Pasha D. Lychnikoff Karl Ristani (as Pasha lynchnikoff)
Hal Ozsan Vince Macdonald
Alex Fernandez Bill
Nicole Ansari-Cox Jean Outerbridge (as Nicole Ansari)
with
Brian Cox Gilles
and
Udo Kier Ivan Demisovski
スタッフの紹介
タイトルバックは壁に貼ってある新聞記事の切り抜きと赤い糸です。

黒味からプロローグ。
パリにて。
自宅アパートで目を覚ます主人公のサムが登場。
物音がするとナイフに手が行くサム。これは大変。
腕立て伏せをやったり。シャワー。花に水をやったり。
それから自転車で出かけます。

カフェにて。
オッサンと同席のサム。
すぐ自転車で出かけます。どうやら配達仕事をやってるようです。
道路にはクルマやバイクがやたらと駐車しています。さすがパリです。
図書館でコンピューターで検索します。ブルックリンで火災。不動産業者デミソフスキー。
映画館に行くサム。
尾行されているサム。待ち伏せてとっちめると間違いでした。

Last Moment of Clarity

本編です。
ポン・ヌフ橋にて。
指輪を持ってるサム。考え込んでます。

回想にて。
風呂に一緒に入ってるサムとジョージア。
女優志願のジョージア。盗撮の話題にもなってます。
君が売れても愛するよと言ってるサム。しかしギャンブルはやめてと言われてる。
回想から戻ります。

回想のサムはヒゲがないので現在のヒゲのあるサムとはまるで別人です。
カフェにて。
主人との会話からようやく主人公の名前がサムとわかった。
どうやら皿洗いと配達の仕事をしてるサム。恋人を作れよと言われてる。
ジョージアに逃げられたのかサムは。
黒味になります。

回想というかフラッシュバックによるとジョージアを撃たれた死んだらしい。
サムのいつもの日々のモンタージュが入ります。仕事2つをこなします。
フラッシュバックで盗撮してるサムとジョージア。サムに話しがあるのと言って撃たれたジョージア。

ジルという名前が出ててきます。実はカフェの主人の名前です。オッサンです。
荷物整理をやってるサム。どうやらこの部屋を片付けて住むシーンみたい。
荷物は捨ててくれと言ってるジル。自分でやると捨てられないとか。

帰宅するサム。ジョージアが倒れています。これは回想だ。

ポン・ヌフ橋にて。
指輪と花をセーヌ川に捨てるサム。

カフェにて。
ジルは店を売ってバリ島に行きたいと主張する。大丈夫なのか。

映画館にて。
サムが来てます。見てる映画にジョージアが出ているので驚愕するサム。
と言っても髪がブルネットではなくブロンドになって名前はローレン・クラークとなってます。それでどうなる。

カフェにて。
ローレン・クラークを検索するサム。小さい入れ墨は消えている。
ジルが来たので同じ女か?と聞くサム。ジルは別人だと言う。
本物の女と付き合えと助言するジル。

電話するサム。
ジョージアの母親ジーンに名前を伏せて電話してます。
しかしサムなのと言われて娘が死んだのは全部あんたのせいよと言われる。

母親はすぐにビル・ライス刑事に電話してます。
サムから連絡があったらすぐに刑事に伝えるように言われていた。
そうなるとサムは殺人容疑で追われているのか?

ポン・ヌフ橋にて。
考え込んでいるサム。

カフェにて。
ジルにLAに行くと言い出すサム。
無駄だと当然止めてるジル。しかしサムにお金を提供してます。
もう2度と会えないだろうとジル。

メトロ=地下鉄から旅客機からエスカレーターを登るとここはLAです。
歩道に星があるのでLAです。

カフェにて。
ジルに何者かが接近してます。どうやらビル刑事みたい。それでどうなる。
サムの部屋にビル刑事を案内するジル。カーテンを捲ると壁に新聞記事と赤い糸。それにローレン・クラークの写真があります。
ブルックリンが火災。7人死亡。現場から女性の死体。
これには驚愕してるジル。ビル刑事は反応なし。
彼の行き先は?となって黒味が入ります。

火事の現場の夢を見るサム。
ペリフェラルの試写会。ローレン・クラーク主演。
そんなわけで突撃するサム。

映画館にて。
受付で速攻で追い返されているサム。しょうがないのでファン達に紛れて待ち伏せる。
赤いドレスのローレンが来てます。ジョージアと呼び掛けるが全く反応はない。

一段落したとこでサム・ピブニックと呼びかけられるサム。
いきなりフルネームなのでさすがにビックリのサム。
呼んだのは受付の女の子です。サムの高校時代の友人ジョシュの妹キャット・ザロだと称してます。マジ?
よく遊びに来ていたサムのことを覚えていたキャット。
コーヒーでも飲まない?とキャット。25分なら空いてると言ってます。

映画館の向かいのカフェにて。
サムとキャット。マジで事情を話したサム。キャットは真面目に聞いてます。
ジョージアはガス爆発の火事で死んだことになってます。撃たれたことは警察沙汰にはなっていないみたい。
彼女は生きているローレン・クラークになったと主張するサム。

ローレン・クラークはジミーと契約してる女優だと説明するキャット。
俺は正常だと主張するサム。それが1番危ないんですが。
ローレンではなくジョージアを探してるとサム。

パーティにて。
サムを連れてきたキャット。
ローレンにコンタクトするキャット。サムを見てもらい反応を見る。
サムにアンタのことは知らないと言ってたと伝えるキャット。

ローレンに突撃するサム。
そんなとこに婚約者のヴィンスというのが出て来てサムからローレンを救出する。
ローレンはサムのことを全く知らない感じになってます。それでどうする。

駐車場にて。
話し込んでいるサムとキャット。
キャットのクルマは古いベンツ4ドアセダンです。
クルマで移動になってますう。

キャットの自宅アパートにて。
何故かここに入れてもらってるサム。
テーブルの引き出しにはリボルバーがあります。バッグにはスタンガンもあるキャット。
キャットはミュージシャン志望でLAに来てバンドで一応成功した。しかしバンドは解散した。そんな感じ。
キャットに変わった方がいいわよと言われているサム。

ベッドにしっかりと寝ているサム。キャットも寝ています。
そうなるとジョージアと一緒に風呂に入っていたことを思い出す。
夜中に目を覚ますサム。キャットに何か言われています。

翌日にて。
1人で出かけるサムを止めているキャット。
そんなわけで2人でクルマで移動になってます。

事務所にて。
ミーシャ。ジャネットからプレミアの小切手は?かと話し込んでるキャット。
意味がわからん。
ローレンは撮影監督のヴィンス・マクドナルドと住んでいる。
会話からジョージアが消えて3年経っているようです。
サムに愛はタイミングなのよと忠告してるキャット。

またクルマで移動です。
山坂道に来ているのでどうやらスターの豪邸地帯に来ているようです。

屋敷にて。
キャットは張り込みをすると言ってます。まずは食事になってます。
時間が経過して夜になってます。屋敷からクルマが出てきます。尾行となります。

バーにて。
ローレン一行を追って入るサムとキャット。
キャットから普通の顔にして言われているサム。今更無理そうだけど。
ジュークボックスでローレンの気を引く歌をかけるサム。聞いたことがあるジョージアと歌い出す歌でした。ストレートです。
それでも無反応のローレン。

化粧室にて。
ここに来てるローレンに突撃するサム。ホトンド変質者のストーカーです。
似た人を知っていると始める。自分はラ・シエナガ・ホテルにいるとサム。
ローレンのネックレスが自分がプレゼントした物だと主張するサム。ローレンは自分で買った物だと言う。
そんなこんなで防犯スプレーを出して向けるローレン。ここから出ていきます。
そんわけで大失敗です。それでサムはどうする。

カウンター席のキャットに合流するサム。
人違いだったとサム。そうなるのか。
それはいいけど隣の席に何だか知った顔の男がいたりします。
いきなり酒瓶で男を殴打して逃げるサム。

外にて。
追って来た男と揉み合いになるサム。そんなとこをキャットがスタンガンで助ける。
クルマで逃げるサムとキャット。

移動中のクルマにて。
サムとキャット。
とりあえず財布を奪ったので調べるてます。誰なんだ?

駐車場にて。
話し込むサムとキャット。
説明するサム。俺は殺人でマフィアに追われてパリの街に身を隠した。
もう明日にはLAを出ると言い出すサム。パリ以外のところへ。メキシコでも・・・
行きましょうと言い出すキャット。どっちにしろキャットも街を出るので一緒の方がいいとなってます。
スタンガンをサムに渡してチケットの手配に行ったキャット。
その前にキスになってます。

別の手下がミカエルがスタンガンでやられたとボスに電話報告してます。
受けてるボス カール親分はパリにいます。俺もLAに行くと言い出す。

サムの泊まってるホテルにて。
荷物をまとめているサム。
フラッシュバックです。病院。イバン。サンウェイ医師。何だかわからん。

そんなとこにノックの音がします。
誰が来たのかと思ったらローレンです。うまく行っていたのにといった感じのジョージアです。そうなの。
サムがジョージアと呼ぶとその名前は捨てたと吐き捨てるローレン。

サムの借金のことを責めるローレン。東欧のマフィアが来た。
マフィアに隠れてパリに隠れていたサム。しかし借金ではなく殺人の仇討ちで隠れていたわけです。
そんなこんなでローレンの誤解は解けたが私には婚約者がいるとローレン。
毎週ポン・ヌフ橋で君を思ったと話すサム。
何だか盛り上がってキスになってます。キスからセックスになってます。どうにも止まらない。

フラッシュバックで2人で風呂のシーンも入ります。
セックスの後になってます。一緒に寝てるサムとローレン。それでどうなる。

ローレンのフラッシュバックによると。
ジョージアを撃った弾丸は貫通してガス管に穴を開けた。
貫通銃傷のジョージアはそれでも非常階段から脱出したとこでガス爆発から火事になった。火災で7人死亡。
ジョージアが失踪したことは母親だけが知っていた。
サムに何でヒゲなのと聞いてるローレン。

夜の空港にて。カール親分が来てます。
ホテルにて。カール親分が部屋に入るとビル刑事がいたりします。どうやらカール親分はサムに弟を殺された恨みがあるようです。サムの正当防衛ですがそんなことは知ったこっちゃない。
イバンはそんなに長くない言ってるカール親分。誰なんだ。→イバン・デミソブスキー。カール親分の依頼主です。
何だか色々と事情があるようですがよくわからん。

ホテルにて。
起きているサム。まだローレンはいます。大丈夫なのか。
ローレンは夜7時に自宅に来てと言ってます。駆け落ちするのか。サムとヨリを戻すつもりらしい。そうなるとキャットはどうなる。サムも忙しい男だ。

ホテル前にて。
クルマから降りたキャットは部屋から出るローレンを見てしまう。それでどうなる。

ホテルにて。
サムの部屋にキャットが来ました。
状況が変わったと話すサム。それでもう1つ頼みがあると言い出す。

病院の屋上にて。
クルマ内で話し込むサムとキャット。
どうやらサムはイバンに直談判するようです。
白衣と聴診器を調達してサンジェイ医師に頼まれた医師として病室に入る。

病室にて。
サムとイバン。マジで直談判してるサム。
私は女を絞殺したとイバン。そこを向かいの部屋のサムとジョージアに盗撮された。
そんなわけで殺し屋を雇ったイバン。それがカール親分の弟一行だったわけです。それがサムに抵抗されて死人が出たりガス爆発と火事になったわけです。
何となく話しが弾んでるサムとイバン。イバンはサムを襲わせない約束する。

病院の屋上にて。
戻ってきたサム。キャットにイバンと話しをつけたと報告します。

キャットの自宅アパートにて。
ヒゲをバリカンで落としてるサム。
そんなとこにビル刑事が接近してます。ドアを開錠してサプレッサー付ハンドガンを持って入るビル刑事。
サムとキャットがいるとこにビル刑事が入ってきます。これは大変。
そんなとこでイバンから中止命令が入ったビル刑事。そんなわけでイバンに忠実なビル刑事は中止にしてます。
病院からカール親分が殺せと命じても俺のボスはイバンだと聞かないビル刑事。
サムとキャットにイバンの慈悲だと言って帰るビル刑事。

病院にて。
イバンとカール親分が口論になってます。
カール親分は激昂してイバンをズタボロにして殺してます。
そうなるとまたサム殺人指令は復活してしまう。ビル刑事は関係ないけど。

クルマで移動のサムとキャット。

ローレンの自宅にて。
サムを待っていたローレンですがヴィンスがサプライズ帰宅をしてしまう。
これはビックリのローレン。それでどうなる。

私には秘密がたくさんあるのと言い出すローレン。
ローレンではないし・・・

門の外にて。クルマで待っているサムとキャット。
こっちはこっちでお別れの挨拶になってます。それでもキスになってます。いいのか。

ローレンの自宅にて。
ノックの音がします。サムが来てしまった。それでどうなる。
ヴィンスが出てサムと対峙します。

クルマで移動中のキャット。
信号で止まったとこで対向車に気が付く。ガール親分と子分達です。
そんなわけで速攻でUターンしているキャット。
カール親分はイバンを片づけて盛り上がったのやる気満々です。これは大変。

ローレンの自宅にて。
サムとヴィンス。
何だか妙に話しがわかる男のヴィンス。マジ?
そんなとこに銃声がしたような。これとビックリのサムとヴィンス。
奴らが来たとキャットが知らせに来てます。

玄関のチャイムが鳴ってます。ローレンが出ようとするが。
こっちは武器がないので物置に隠れるサム、ローレン、それにヴィンス。
ハンマーに手が行くサム。

キャットは台所に隠れています。

物置にて。
銃声がしたのでサムがハンマーを持って出ていく。

手下1人をハンマーの釘抜き部分で頭を突いて片づけたサム。
もう1人の手下は台所でキャットと撃ち合う。ここはキャットが撃って片づけた。
手下2人が弱すぎと思えるが相手が素人だと思って舐めていたのでしょう。

物置のヴィンスはローレンを連れて逃げます。
サムはキャットを連れて逃げます。
この辺で3人目の手下が撃たれたのか?よくわからん。

ローレンはヴィンスに庭に下ろされて逃げろと言われて逃げるが・・・
プールのとこでカール親分が出てきます。ここはヴィンスが格闘アクションに持ち込むが押されています。何しろ素人なもので。

そんなとこにサムとキャットが合流する。
サムはカール親分を撃って片付ける。これで終わった。

しかし、サムとキャット。ヴィンスとローレン。このカップルで何故か対峙する。
サムとジョージアの風呂のシーンが入ったりします。
それでどうなるとなったとこで黒味になります。

エピローグ。
パリにて。カフェの主人ジルにメキシコの絵葉書が届く。
サムはメキシコにいるようです。誰と?それが問題だ。
自分が変わったと感じたとサム・・・

そんなわけで海岸にて。
寝そべってるサム。一緒にいたのはキャットでした。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ。


そんなわけでフィルムノワールのよい作品でした。佳作です。


映画フェイス - にほんブログ村



« Hollywood Express #903◆2022.01.29(土) | トップページ | 『ガンズ・アキンボ』(2019年) »

映画」カテゴリの記事

2020年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #903◆2022.01.29(土) | トップページ | 『ガンズ・アキンボ』(2019年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。