映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #902◆2022.01.22(土) | トップページ | 『生きてる死骸』(1941年) »

2022.01.29

『いのち短かし』(1947年)

この映画の感想はネタバレ全開になっています。
アンドレ・ド・トス監督、バーバラ・スタンウィック、デヴィッド・ニーヴン、リチャード・コンテ主演の難病ドラマのようです。


1947年 David Lewis production/Enterprise Productions,Inc. アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆The Other Love
プロット◆難病で色々とある話しのようです。
音楽監督◆モート・グリックマン、ルドルフ・ポルク
音楽◆ミクロス・ローザ

キャスト
バーバラ・スタンウィック→難病のピアニスト カレン・ダンカン
デヴィッド・ニーヴン→療養所のトニー・スタントン先生
リチャード・コンテ→金持ちでハンサムなポール・クレモント

マリア・パーマー→ナースのユベルタ
ジョーン・ロリング→入所患者のセレスティン・ミラー
リチャード・ヘイル→リナカー教授

ギルバート・ローランド→カジノのクルーピエ
レノア・オーバート→ポールの知人 イボンヌ・ディプレ

アンドレ・ド・トス監督の演出はよいと思います。
全体的に難病ドラマになってます。

バーバラ・スタンウィックはいつものように普通に好演。
デヴィッド・ニーヴンはライアン・ゴズリングみたい。
リチャード・コンテはジョン・カサベテスに似てると気がついた。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質まあまあ。カクカクはあります。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『いのち短かし』
The Other Love
バックには音楽が流れています。何だかわからん。

タイトル
まずピアノ演奏から入る。ピアノはスタンウェイ。
Enterprise Productions,Inc. presents

Barbara Stanwyck Karen Duncan
and
David Niven Dr. Anthony Stanton
Mr.Niven appears by arrangement with Samuel Goldwin
要するにデヴィッド・ニーヴンはサミュエル・ゴールドウィンの持ち物といった感じ。

in
the David Lewis production
of
Erich Maria Remarque's
The Other Love
タイトルバックは分厚いカーテンです。

with
Richard Conte Paul Clermont
Gilbert Roland Croupier
Joan Lorring Celestine Miller
Lenore Aubert Yvonne Dupré
Maria Palmer Huberta
Natalie Schafer Dora Shelton
Edward Ashley Richard Shelton
Richard Hale Professor Linnaker
スタッフの紹介。1部にマスクがかかる。

本編です。
スイスです。凄い高架を列車が走る。
ヴィエルジュ山療養所にて。
主人公のカレン・ダンカンが入所です。ピアニスト。タバコを吸う。
医者先生が来ます。トニー・スタントン先生。
会話からカレンは肺が悪いようです。タバコを吸っているけど。
レントゲンを撮って検査になってます。

17号室にて。
担当のナースはユベルタ。案内されるカレン。
窓から山が見えます。未踏峰のヴィエルジュ山。

時間が経過して着替えているカレン。先生と食事です。
部屋に花が届けられています。心当たりがないカレン。

食事にて。
花が気になるカレンは先生に聞くと私ではないとのこと。
食事の席で先生に電話がかかってきます。

カレンは白いランのことを花屋に聞きます。
17号室に毎晩届ける継続注文とのことです。昨日までしたが今日も届けてしまった。
昨夜までいたご婦人宛の花だった。花を返品してるカレン。

戻った先生から花のことを聞かれるカレン。
花の継続注文だけが残っていた。
17号室のご婦人は退所して注文主の男性と一緒になったと楽観論を言う先生。
これを信じない悲観的なカレン。

先生の電話ですがリナカー教授からとのこと。カレンが無事に着いたかの確認。
リナカー教授のことはカレンも知ってます。

夜、17号室にて。
物音で眠れないカレン。窓のカーテンが風に揺れています。
内線電話で先生を呼び出すカレン。

先生が来ました。
窓を叩く音がすると訴えるカレン。
先生はバルコニーに出てこれでしょうと松ぼっくりを見せる。
そんなこんなでよく寝てくださいと言って戻る先生。

翌朝にて。
先生が来てます。
カレンに禁煙ですと言い渡す。KDとついたライターも取り上げる。

ナースがいなくなると隣室のバルコニーからご婦人が声をかけてきます。
セレスティンと名乗ってます。旦那がいる。私は病気のふりをしてると主張する。

先生と散歩になるカレン。
近くの小屋にきてます。あとでわかりますが先生の個室です。
ピアノが置いてあります。しかしピアノ演奏はやめさせています。休養だと先生。
で、明日から1ヶ月は外出禁止を言い渡す先生。
溶暗になります。

馬車で街から戻るカレンと先生。これを見ているセレスティン。
外出してるので1ヶ月は経っているのか?よくわからん。

先生からレントゲンの検査結果を聞いてるカレン。
カレンにこの調子で頑張ってくれといった感じの先生。

花を買っているカレン。
先生の個室に花を飾ってます。
で、デスクの引き出しにはライターがいっぱい入ってます。患者を片っ端から禁煙にしてるようです。
そうなるとここは結核療養所なのか。
そんなとこに先生が来ました。カレンに薬入れをプレゼントする先生。

先生にピアノを弾かせてるカレン。
話し込んでいるともう時間だとなってる先生。

馬車で移動のカレン。1人だけです。そんなとこにスポーツカーが迫る。
馬車と衝突しそうになって事故ったスポーツカー。カレンは無事です。

お怪我は声を掛ける運転していた男。大丈夫ですとカレン。
クレルモンと名乗るの男。若くて金持ちでいい男です。
クルマを回収する手配でガレージまで乗せてくれと馬車に乗るポール。

移動中の馬車にて。
カレンとポール。
フルネームを名乗るポール。ポール・クレルモン。

街にて。
ホテルに到着します。熱心に食事に誘うポール。全部断ってるカレン。
とりあえず別れるカレンとポール。

セレテスティンと合流するカレン。
ポールのことをいい男ねと評するセレスティン。
それでもう少しで退所出来ると言い出すセレスティン。大丈夫なのか。

カレンとセレスティンは馬車で療養所へ移動中。
途中の事故現場を通りがかる。

療養所にて。
先生とリナカー教授。
妻が淹れるコーヒーはまずいと愚痴が出ているリナカー教授。
カレンの病気について話し込む。マジで悪いようです。

戻っているカレンとセレスティン。
リナカー教授を見つけて会おうとするカレン。
その前にリナカー教授はクルマで帰ってしまった。

カレンと先生。
男性に誘われたと言い出すカレン。
しばらく外出禁止だと言い出す先生。君のためだ。
そうなると薬の入ったコップを床に叩きつけて割ってるカレン。

そんなとこにセレスティンが来てカレンにお別れの挨拶になってます。
セレスティンがいなくなると咳き込む人が気になってるカレン。

先生の個室にて。
ここに来ているカレン。家政婦がいたりします。先生は不在です。
カレンのレコードがあります。プレーヤーにかけるカレン。
レコードに合わせてピアノを演奏するカレン。いきなり演奏をやめてレコードを叩きつけて割ってます。

ダンスホールにて。
バンドが演奏してます。
セレスティンと旦那がいます。
カレンにカーレースの話しをするセレスティン。ポールはリタイアした。
カレンに相続人になってと言い出すセレスティン。遺産とは療養所通行口の鍵です。鍵を渡してます。夜間でも通用口から入れる。これは役に立ちそう。

ポールがいます。コンタクトするカレン。
マネージャーのピート。全くは目立ちません。

療養所にて。
先生がカレンを探してます。カレンはいない。

ダンスホールにて。
女性歌手の歌が1曲入ってます。

カレンとポール。
窓から見える松明を持ったスキーヤー達の速度を計算するポール。
これには感心してるカレン。
ポールは旅行しようと誘う。パリ。ロンドン。ローマ・・・
そんな感じでカレンを熱心に口説いてるポール。

療養所にて。
夜遅く帰るカレン。さっそく通用口の鍵が役に立ってます。
病室から布に包まれた遺体が移動になってます。これを隠れて見ているカレン。
遺体は人目につかないように夜中に運ばれるわけです。表向きは退所したとなる。

そのセレスティンの部屋に行くカレン。
荷物はそのままの状態。ナースがいます。退所されましたとナース。
ショックのカレンを自室まで送るナース。

カレンは先生の自室に行く。
先生はセレスティンは出血でが死んだと説明する。
私もそうなるのかとカレン。で、何で教授が来たと聞きます。
私の余命は何ヶ月?とそこまで聞いてるカレン。
患者は機械ではなく人間よ。交換は出来ない。
先生はカレンに愛してる言うがカレンは信じない。
そんなわけでカレンはここから出ていくと言い出す。

ホテルにて。
バーで飲んでるポールにコンタクトするカレン。
ポールは歓迎する。豪華なクルマで移動となります。オープンカーですが電動で屋根が閉じてます。豪華です。
私はカレン・ダンカン。ピアニストと名乗ってるカレン。

ホテル・モナコにて。雨が降ってます。
目を覚ますカレン。ここはどこ状態。療養所と勘違いする。
それはいいけどもう午後2時です。メイドがいます。名前はマーゴ。
そんなとこにポールから内線電話です。
バルコニーに出て近くの部屋のポールと直接話しをする。7時に会おうとなってます。

花を持ってくるポール。しかし白いランです。パッケージも同じだ。
そんなわけで少しビックリのカレン。そんなこんなでキスになってます。

次のシーンでは部屋中が花だらけになってます。
白いランではなく赤いバラです。ポールからメッセージもある。

ボートのカレンとポール。
食事のカレンとポール。高価な指輪をプレゼントするポール。
カジのカレンとポール。イボンヌという女性が登場。ポールの知人です。ここは冷静な対応のカレン。

部屋にて。
ピアノを弾いてくれとポール。ピアノを弾くカレン。
色々と話し込んでいます。山とか海の話しです。
それからキスになってます。キスを拒んだりするカレンですがまたキスになってます。
いきなりポールから離れるカレン。

化粧室にて。
激しく咳き込んでいるカレン。掃除婦のおばさんに水を頼むカレン。
水を飲んだカレンはお礼を言ってここから出る。

カジノにて。
カレンとポール。ここは先に部屋に戻るカレン。

部屋にて。
カレンはピアノを激しく弾いてます。それでどうなる。
タバコを吸おうとするとKDのライターが出てきます。先生が来ていました。
自分のことはわかるからいいと主張するカレン。今が幸せだからいい。
先生に帰ってちょうだいと言ったらマジで先生は帰ってしまった。

カジノにて。
1人で飲んでるカレン。
そんなとこに有閑夫人2人が来て飲み比べしましょうと言い出す。

その頃ポールは先生にコンタクトしてます。
カレンの件で話し込む。彼女は病気でとても深刻な状態にあると説明する先生。
そんなわけで彼女を止めてくれとポールに頼む先生。止めないと君も殺人犯だと言う。療養所はどこでもいい。
しかしポールはこの話しを断ってます。

ポールがカレンのとこに行くと飲み過ぎなのかカレンは咳き込んでます。
そうではなく病気なのでカレンを連れて行くポール。

部屋にて。
カレンを部屋まで送るポール。中には入らない。今夜はやめとくとポール。

翌日にて。
豪華船でパーティーです。
ポールはカレンを個室に連れて行く。
君の部屋だ。このまま船に残って明日出航する。エジプトに行く。ピラミッドを半年借りた。
スタントンに会ったとポール。君を守ると言ってます。

1人になったカレンですがまた咳き込んでます。
薬入れを開けると薬は無くなってます。これは大変。
ドレスに毛皮コートのカレンはデッキに出てます。

街にて。雨が降ってます。
そのままのドレスに毛皮コート姿でタクシーを探してるカレン。タクシーは来ない。

店の前で具合が悪そうにしてるカレン。
中の男がカレンに気がついてコンタクトする。カジノにいましたね・・・
タクシーをお願いとカレン。

部屋で休みましょうとホテルに入ろうとする男。普通にナンパです。
無理やりにキスをしてきます。私は病気なのと言い出すカレン。そうなるとあっちの病気なのかと勘違いしそう。
助けてと泣いてるカレン。ようやくやる気を無くした男はカレンの頼みを聞いてます。
指輪を渡すカレン。念入りに鑑定してる男。
ヴィエルジュ山療養所に送ってとお願いとカレン。

そのヴィエルジュ山療養所にて。
先生とナース。カレンの容態について話し込む。
カレンは絶対安静の集中治療といった感じになってます。
先生に謝罪するカレン。

ポールが来てます。先生と面会します。
カレンは船では元気だったと話すポール。

カレンの病室に行くポールですが状態を見て中には入らない。
過去は僕の方だなとここから去るポール。
思い出にカレンが忘れた薬入れをもらっています。
溶暗になります。

雪が降ってます。先生の自室にて。
少し回復したようなカレンはここに寝ています。ナースもいる。
先生に愛想よくしているカレン。
何故か盛り上がってる先生は結婚しようとなる。一緒に暮らそうとキスになってます。
元気になったらこの家で何をしましょうとカレン。いつかは山に登れる。やりたいことがたくさんある・・・。

スキーを教えくれる?と先生に聞くカレン。
交換条件にピアノを教えてくれとカレンに頼む先生。
ピアノを弾く先生に指導するカレン。

外にて。雪が降ってます。
先生の自室をカメラが引いてエンドとなります。

the end
an Enterprise Production


そんなわけで普通の難病ドラマのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村


« Hollywood Express #902◆2022.01.22(土) | トップページ | 『生きてる死骸』(1941年) »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #902◆2022.01.22(土) | トップページ | 『生きてる死骸』(1941年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。