映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『シカゴ・コーリング』(1951年) | トップページ | Hollywood Express #894◆2021.11.20(土) »

2021.11.21

『三人の波紋』(1946年)

この群像ドラマ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ジーン・ネグレスコ監督、ジェラルディン・フィッツジェラルド、シドニー・グリーンストリート、ピーター・ローレ主演の群像ドラマのようです。


1946年 Warner Bros. - First National アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆Three Strangers
プロット◆観音像から色々とある話しのようです。
音楽監督◆レオ・F・フォーブステイン
音楽◆アドルフ・ドイッチ

キャスト
ジェラルディン・フィッツジェラルド→クリスタル・シャックルフォード夫人
シドニー・グリーンストリート→ジェローム・K・アルバトニー弁護士
ピーター・ローレ→アル中のジョニー・ウエスト

アラン・ネイピア→旦那のデイビッド・シャックルフォード
マージョリー・リオーダン→デイビッドの恋人 ジャネット
ホームズ・ハーバート→ロバート卿

ジョーン・ロリング→ジョニーの恋人 アイシー
ロバート・シェーン→被告のバートラム・ファロン
ピーター・ウィットニー→共犯のギャビー
スタンリー・ローガン→証人のビーチ大佐
コリン・ケニー→パブの主人アルフレッド/Innkeeper

ロザリンド・アーバン→金持ちのベラドン夫人
ジョン・アルビン→若い事務員
クリフォード・ブルック→じいさんの事務員

ジョン・バートン→ナレーター (uncredited)

ジーン・ネグレスコ監督の演出はよいと思います。
全体的に群像ドラマになってます。

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『三人の波紋』
Three Strangers
バックには音楽が流れています。ワーナーです。

タイトル
Sydney Greenstreet Jerome K. Arbutny
Geraldine Fitzgerald Crystal Shackleford
Peter Lorre Johnny West
1人ずつ出ています。

in
Three Strangers

with
Joan Lorring Icey Crane
Robert Shayne Bertram Fallon
Marjorie Riordan Janet Elliott
Arthur Shields Prosecutor

Rosalind Ivan Lady Rhea Belladon
John Alvin Junior Clerk
Peter Whitney Timothy Delaney aka Gabby
Alan Napier David Shackleford
Clifford Brooke Senior Clerk
Doris Lloyd Mrs. Proctor
a Warner Bros. - First National picture
スタッフの紹介 1部にマスクがかかる。
この作品は脚本ジョン・ヒューストンが売りになってます。
タイトルバックは観音像です。

前節字幕が入ります。長くて延々と続きます。
自分の行動の責任を転換出来るよう
偶像をでっち上げるのが人間の常だ。
この物語に登場する3人はおそらく
観音像がなければ交わることもなかった。
そこで出会わなければ3人の人生は
それぞれに別の展開があっただろう。
あるいは出会いとは関係なく
同じ道を歩んでいたのかもしれない。

本編です。
字幕です。ロンドン 1938年 春
街中にて。
歩き回るジェラルディン・フィッツジェラルド演じるクリスタル・シャックルフォード夫人が登場。
シドニー・グリーンストリート演じるジェローム・K・アルバトニー弁護士が尾行する。

クリスタルは尾行に気がついてます。普通に話しかけるアルバトニー。
何となくクリスタルの自宅アパートに入る。

自宅アパートにて。
クリスタルの部屋にはもうピーター・ローレ演じるジョニー・ウエストがいます。
いつも一緒に出てるピーター・ローレとシドニー・グリーンストリートなのでジョニーとアルバトニーは知り合いなのかと思ってしまうが違います。

赤の他人の男2人を自分の部屋に入れているクリスタル。そんな状況です。
警戒してるアルバトニー。ピアノを弾いてるジョニー。
観音に会わせるために2人を呼んだとクリスタル。
観音は古代中国から伝わる女神だ。幸運と運命の女神。そして生と死の・・・

3人の他人の前で観音は目と心を開く。それが今夜なのだと力説するクリスタル。
その時刻の午前0時まであと5分となります。

3人共通の願いでないとダメだと言い出すクリスタル。
そうなるとお金だろうと一致します。
宝くじ馬券を出すジョニー。当たった賞金で馬券を買い勝てば大儲けになる。
3等分で3シリング出すとなります。ちゃんと書類を作るアルバトニー。

ここで名前がわかります。
クリスタル・シャックルフォード
ジョニー・ウエスト
ジェローム・K・アルバトニー

宝くじ馬券を観音像の台の引き出しにしまいます。
アルバトニーは事務弁護士とのこと。
クリスタルは夫と長年別居してる。
そんなこんなであと30秒になります。電気の照明を消してロウソクを点ける。

午前0時にて。
観音像に注目する3人。目は元々薄目なのか。よくわからん。
窓から風が吹き込みロウソクが消える。真っ暗なので灯りをと大騒ぎになってます。
ようやくマッチを点けてます。
結局観音像の状態はよくわからん。クリスタルは目を開いて微笑んだと主張する。
イベントが終わったので男2人は帰ります。

アパートの廊下にて。
ジョニー・ウエスト。ジェローム・K・アルバトニー。改めて自己紹介してます。
そんなとこに階段で男とすれ違う。どうやらクリスタルの旦那みたい。

クリスタルの部屋にて。
旦那がやってきます。名前はデイビッド・シャックルフォード。
歓迎するクリスタル。デイビッドはそうでもない。
我々の関係はもう終わってると言い出すデイビッド。
自治領省の要職に付くデイビッドはカナダ人のガールフレンド ジャネットがいる。もうロンドンに来てるとのこと。
そんなわけで絶対に離婚はしないと主張するクリスタル。
デイビッドは帰ります。それでどうなる。

この作品はシーン転換にゆらゆらと画面効果が入ります。回想なのかと思ったら単なるシーン転換でした。あまりに見たことがない手法です。
普通ゆらゆらは回想なんだけど。

ブルー・クラウンにて。酒場です。英国なのでパブ。
飲んでいるジョニー。ガールフレンドのアイシーが来ます。
パブの主人の名前はアルフレッド。
ジョニーにキャビーが怒ってると伝えるアイシー。

安アパートにて。
ここに入るジョニーとアイシー。
管理人のおばさんは新聞を読んで見出しにチェックをしてます。
ベルトラム・ファロン。共犯の疑いの2人は名を明かすのは拒否・・・

ギャビーの部屋にて。
ここに入る前にアイシーはギャビーに名前を言ってから入る。
そんなわけで警戒してるギャビー。潜伏先といった感じ。
それはいいけどギャビーは女ではなくむさ苦しいオッサンでした。変な名前だ。
アル中のジョニーに気合を入れているギャビー。帰ろうとすると殴打してノックアウトさせる。
ファロンが出した逃走資金で飲むがいいとギャビー。状況がよくわからん。
ジョニーとギャビーが潜伏。アイシーが面倒を見てる。そんな感じ。
アイシーは出かけます。

法廷にて。
ファロンが被告です。
証人が警備員のドナルド・フライ。ブラウン巡査。
ファロンと2人の共犯者に投降を求めましたが殺害されたと罪状認否が入る。
フライ警備員やカミングス巡査の証言が入る。

安アパートにて。
ジョニーとギャビー。
新聞を読んで情報収集のジョニー。ギャビーは投げナイフが得意です。
裁判のことで話し込んでます。何しろ当事者だ。

そんなとこにノックの音がします。
大家のおばさんプロクターが来て家賃の取り立てです。
10ギニーと吹っかけるのでナイフに手がいくギャビー。止めてるジョニー。
ここは言い値で支払うジョニー。大家のおばさんが安心したとこでそのままトンズラにかかります。

J・アルバトニー弁護士事務所にて。
部下の若い男に怒鳴り散らすアルバトニー。
若い男と同僚のじいさんに愚痴を言う。2人の名前は最後までわからないままでした。
John Alvin Junior Clerk
Clifford Brooke Senior Clerk

そんなとこにご婦人が来ます。ベラドン様と呼ばれてます。
配当金の受け取りに来たベラドン夫人。しかしアルパトニー銀行に預けましたと言って払わないみたい。
ベラドン夫人は2年前に死んだ旦那ロビンと通信できると主張してます。大丈夫なのか。
とりあえずベラドン夫人は帰ります。

電話するアルバトニー。
株券を売るとかそんな話しになってます。
信託資金流用に関する法定刑なる本を読んでます。こっちも大丈夫なのかといった感じ。

ファロンと弁護士、それにアイシー。打ち合わせになってます。
証人のビーチ少佐を呼ぼうとなってます。雇われ証人らしい。
この弁護士役の俳優はよく見る顔ですが名前はわからん。ドイツ人顔です。

弁護士がいなくなりアイシーはファロンにカネを要求する。
カネを出さないと証言しないわよと脅迫までしてます。
しょうがないのでカネを出すファロン。

法廷にて。
ファロン氏といましたとアリバイ証言をするアイシー。
ピーチ少佐の証言になります。同じようにアリバイ証言になる。
しかし反対尋問で色々と突っ込まれるビーチ少佐。まずあなたは少佐ではないから始まって犯罪歴まで事細かに突っ込まれて固まってます。
途中で法廷から引き上げてるアイシー。
そんなわけでビーチ少佐の証人作戦は大失敗になってます。
それでオックスフォード運動とは何だ?わからん。時事ネタか?

ファロンは有罪を認めて死刑を免れる戦術にしてます。
そうなるとあの2人を差し出すことになるがそんなことは知ったことはではない。
当然ジョニーどギャビーの名前を出してます。それでどうなる。

潜伏先にて。橋の下らしい。
ジョニーとギャビーは新聞を見てビックリ。
アイシーが差し入れに来ました。アバディンに行ってくれとアイシー。
バーニー修道士がクルマを手配する。ジョニーが受け取って・・・

橋の上のシーンが入る。警官が歩いてます。
時間が経過する描写らしい。

ジョニーとギャビー。それにアイシー。夜になってます。
街の灯りを見て話し込むジョニーとアイシー。あの灯りの1つ1つに・・・
どうやらアイシーはジョニーに惚れて入れ込んでいるようです。
クルマを取りに行くジョニーですがギャビーから酒を飲むなと念を押されている。
ブルー・クラウンの前で会おうとなる。
酔ったりしないと言って出かけるジョニー。

ブルー・クラウン前にて。
クルマで来たジョニー。ここまではよかった。
まだギャビーとアイシーは来ない。
花売りのおばさんを追っ払ってるジョニー。

ブルー・クラウンに入って気が変わってスミレを買ってるジョニー。
刑事のマークされるジョニー。警察に行こうとなる。これは大変。

路地に隠れているギャビーとアイシーは連行されるジョニーを見る。
それでアイシーはどうする。

警察にて。
連行されたジョニーは留置所に入れられる。
レコードプレーヤーがあったりします。レコードをかけるジョニー。

ユニオンリーグクラブにて。
ロバート卿にコンタクトするクリスタル。夫のことで相談する。
夫の外での行状をご存知かしら・・・

クリスタルの自宅アパートにて。
旦那のデイビッドが来ます。待っていたクリスタル。
私を呼び出した理由は?とデイビッド。ロバート卿のことで揉めてます。
クリスタルはデイビッドとの関係を元に戻そうとするが無理っぽい。
キスしたらそっぽを向くデイビッド。タバコの火をデイビッドの手に押し付けるクリスタル。
発作的にクリスタルの首を絞めるデイビッドですがさすがにやめてます。
そんな感じで最悪の関係になってます。
デイビッドは帰ります。それでどうする。
ドルー探偵社に電話するクリスタル。もっと情報を集めてと続行を依頼してます。

レストランにて。
デイビッドとジャネット。食事中です。
ジャネットがクリスタルに会うと言い出すがデイビッドは反対する。
クリスタルは危険な女だと警告するデイビッド。

ホテルにて。
戻ってるジャネット。クリスタルが待っていました。これはビックリ。
赤ちゃんが産まれると言い出すクリスタル。マジ?
これは打撃になるジャネット。そんな感じでご満悦で帰るクリスタル。
泣いてるジャネット。

アルバトニーの事務所にて。
火曜までに追加補償金2千ポンドを入金しなければあなたの口座は封鎖する。
そんな電報が届いて大変なアルバトニー。電話で金策するが当然ダメです。
また電話するアルバトニー。
若い男とじいさんは宝くじ馬券を買った話題になってます。
アルバトニーはレア・ベラドン夫人に電話してます。

ベラドン夫人の屋敷にて。
アルバトニーが来てます。
どうやらベラドン夫人を口説いて遺産を手に入れるつもりです。それでどうなる。
しかし夫が来るので帰ってくれと言われてしまう。しょうがないで帰ります。

アルバトニーの事務所にて。
新聞の見出しです。ジョニー・ウエスト、殺人で有罪。
若い男とじいさんが雑談になる。

そんなとこにベラドン夫人がやって来ます。
アルバトニーに夫があなたを疑っていると主張します。
それで夫のためにアルバトニーの帳簿を調べると言い出す。もう会計士が来ています。
これは大変なアルバトニー。
そんなこんなでベラドン夫人と会計士は帰ります。

アルバトニーと珍しく若い男にありがとうと言って午後は帰っていいと言う。
そんなわけでじいさんに珍しいことがあったと話す若い男。速攻で帰る2人。

レア・ベラドン夫人に手紙を書くアルバトニー。
いよいよ引き出しからリボルバーを取り出す。英国なので中折れ式のエンフィールドかウェブリーのリボルバーです。ハリウッド映画は銃器に関しては正確だ。

そんなとこに電話です。出ないアルバトニー。
床に新聞紙を引いて椅子を置く。リボルバーを自分の頭に当てる。
ふと新聞の見出しで目に入ります。観音が1番人気云々。これを見てビックリ。

クリスタルの自宅アパートにて
ここに来てるアルバトニー。クリスタルに交渉する。
殺人犯ジョニーはどうする?→当然分け前はいらないだろうとなる。
1万ポンド以上だとアルバトニー。会話から当たった賞金は競馬に賭けるのが普通らしい。賭けずに当たった分だけ受け取ることも出来る。

しかしレースの前に売らないと約束したと主張するクリスタル。
アルバトニーと即金が必要なので賭けるのはやめてくれとお願いする。
破滅するのは自業自得なのよとクリスタル。アルバトニーを部屋から送り出す。

弁護士事務所にて。多分そうだ。
アイシーは弁護士にジョニーは無実なのよと訴える。
今更証言は変えられませんと普通の対応の弁護士。
私はどうなってもいいとアイシー。そうなると偽証罪になると言われる。

列車にて。
護送中のファロン。あとは刑務所で何とかやるといった感じ。死刑よりいい。
段取り通りに共犯者ギャビーとジョニーの2人を差し出して懲役で済ませたようです。

そんなとこにギャビーがナイフを持って接近してます。
ファロンをブスリとやって捕まるギャビー。気が済んだのか逃げない。
しっかりとファロンは死んだようです。

警察の留置所にて。
レコードを聞いてるジョニー。そんなとこに看守が出ろと言う。
ファロンが殺された。犯人のティモシー・ディレイニー ギャビーも捕まった。
ファロンが死ぬ前にお前の無罪を証言した。そんなわけで無罪になったジョニー。

出たとこで留置所のギャビーとコンタクトするジョニー。
元気かと言われてるジョニー。ギャビーにタバコをやります。
アイシーと偽証罪で投獄されたがすぐに釈放だろうとギャビー。
これでお別れになります。

公園にて。
自由の身になったジョニー。猿と遊んだりする。
ベンチに座ると隣のオッサンが競馬の話しを始める。
絶好のレース日和。グランドナショナル。新聞の見出しにシャックルフォード夫人の名前が出ています。
オッサンはくじに当たった夫人がカネを1人じめするつもりだと憤る。
ジョニーはオッサンが1人で喋ってるとこでベンチから離れています。

ホテルにて。
エリオットさんを訪ねて来たデイビッド。ジャネットのことです。
1昨日にチェックアウトされましたとフロント。これはビックリのデイビッド。
カナダ行きの船に間に合うように出た。伝言はない。
デイビッドの奥様の話しが出ています。デイビッドはあいつがやったなとなる。
奥様が来てジャネット様と会談した・・・

公衆電話にて。
必死こいて電話してるアルバトニー。
宝くじ馬券を渡すから小切手をと交渉してます。

競馬場にて。
ライブフィルムの流用でレースが始まってます。

クリスタルの自宅アパートにて。
アルバトニーが来て宝くじ馬券を渡せとなります。当然断るクリスタル。
そんなとこにノックの音がします。ジョニーが来ました。これはビックリの2人。
アルバトニーとジョニーに助けを求める。賭ける余裕はない。株に手を出して大損した。
何だかわからんジョニーは同意する。

クリスタルに交渉するアルバトニーですがもうレースは始まってる。
錯乱するアルバトニー。
クリスタルですが私も破滅したと言い出す。

いよいよ宝くじ馬券を出せとなるアルバトニー。
そんな感じで観音像でクリスタルを思い切り殴打してます。
倒れたクリスタルは死に至る。

競馬レースの方はスタートしてます。
クリスタルは死んでると指摘するジョニー。アルバトニーは固まってる。
競馬の結果はコーンクラッカーが1着。観音の馬が買った。
そんなわけで殺さなければよかったと思い切り後悔してるアルバトニー。馬券は3万ポンドになったのに

このまま2人はトンズラすればいいが足がつく宝くじ馬券は捨てないといけない。
君の話しを陪審員が信じるのかとジョニーは突っ込み宝くじ馬券は処分すると言う。

彼女は悪魔だと今更なとことを言ってるアルバトニー。
ジョニーと美人だったと褒めてます。
それでここからトンズラする2人。

アパート前にて。
デイビッドが来てます。これはこれで大変なことになるかラッキーになるのか。
ジョニーとアルバトニーともう逃げています。

ポケットに手を入れてるデイビッド。何か凶器でも握ってるのか。
部屋に入るとこれはビックリとなってます。下手打つと犯人にされそう。
そのまま逃げてます。

街中にて。
錯乱してるアルバトニー。殺人があったと大騒ぎ。
そのうちに警察が来てます。死体があると主張するアルバトニー。
ジョニーはズラかってます。

パブにて。
ジョニーが飲んでます。主人にある女はくじに当たったとそんな話しをしてます。
そんなとこにアイシーが来ます。釈放されたらしい。
中国の女神には関わるな。ひどい目にあっとたジョニー。
アイシーに宝くじ馬券を見せて破り捨てて燃やしてます。
何だかわからんアイシーは冗談だと思ってます。
2人で笑ってエンドとなります。

the end
Warner Bros. - First National picture
1部にマスクがかかる。


そんなわけで群像ドラマのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村


« 『シカゴ・コーリング』(1951年) | トップページ | Hollywood Express #894◆2021.11.20(土) »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『シカゴ・コーリング』(1951年) | トップページ | Hollywood Express #894◆2021.11.20(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。