映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『白いドレスの女』(1948年) | トップページ | Hollywood Express #888◆2021.10.09(土) »

2021.10.10

『恐怖の叫び』(1947年)

この疑惑サスペンス映画の感想はネタバレ全開になっています。
ピーター・ゴッドフリー監督、バーバラ・スタンウィック、エロール・フリン主演の疑惑サスペンスのようです。


1947年 Warner Bros.-First National Pictures Inc. アメリカ作品
ランニング・タイム◆84分
原題◆Cry Wolf
プロット◆遺産争いで色々とある話しのようです。
音楽監督◆レオニード・ラーブ
音楽◆フランツ・ワックスマン

キャスト
バーバラ・スタンウィック→サンドラ・マーシャル
エロール・フリン→当主のマーク・カードウェル
ジェラルディン・ブルックス→妹のジュリー・デマレスト
リチャード・ベースハート→兄のジェームズデマレスト
ジェローム・コーワン→カードウェル上院議員

ロリー・マリンソン→ベケット執事
不明→チャールズ執事
ヘレナ・シミグ→家政婦のマルタ (as Helen Thimig)
パトリシア・バリー→メイドのアンジェラ (as Patricia White)
バリー・バーナード→馬屋のロバーツ
ジョン・リジリー→猟場管理人のライデル

ピーター・ゴッドフリー監督の演出は良いと思います。
全体的に謎解きサスペンスになってます。

ニューロティックスリラーなのはいいけど血筋にせいにしたらまずいのでは?
何しろワーナーなのでそのへんはいいかげんです。

エロール・フリンが珍しく悪役なのかと思ったがワーナーがそんなことをやらせるわけがない。悪役というかそれっぽい役はB級作品専門のリチャード・ベースハートが担当してます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクはあります。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『恐怖の叫び』
Cry Wolf
バックには音楽が流れています。

タイトル
Errol Flynn Mark Caldwell
Barbara Stanwyck Sandra Marshall

in
Cry Wolf

with
Richard Basehart James Demarest
Jerome Cowan Senator Caldwell
and
introducing
Geraldine Brooks Julie Demarest
a Warner Bros.-First National Picture
スタッフの紹介 1部にマスクがかかる。
タイトルバックはモヤモヤです。

本編です。
郊外をクルマが走ってます。何故か馬と競争になってます。

屋敷にて。
ここにクルマが到着してます。
ベケット執事がお出迎えです。
男はお兄様と呼ばれています。同乗してたのがサンドラ・マーシャル。

ここは弟のマーク・カードウェルの屋敷です。
マークの兄がカードウェル議員。
サンドラはあまり歓迎されていない。よそよそしい雰囲気。

マークはロイドメガネにパイプです。エロール・フリンが演じてます。
兄から聞いたばかり甥のジェームズが死んだばかりと説明する。
サンドラの旦那がジェームズです。それでどうなる。

ミセス・ジェームズ・コールドウェル・デマレストとなってるサンドラ。
あなたの甥の妻よと名乗る。結婚証明書もある。ミセス・デマレストと呼んでとなる。

まずは証明書を確認してからだとマーク。彼は遺産を受け取るために結婚した。
あなたがジムの母親に書かせた遺言書云々・・・
ジムに娘のジュリーをあてがうつもりだっただろうとサンドラ。

サンドラはジムから大学資金の2000ドルをもらった。
半年後に離婚することにしていた。そんなわけで割り切った結婚のわけです。
結婚は5ヶ月前。愛してるわけではなかったとそこまで言ってます。
マークは2000ドルが200万ドルになるわけだと嫌味を言う。

遺言書もあると主張するサンドラ。
で、ジムの顔を見せてと要求するが棺はもう閉じたと言われる。

肖像画があります。誰なんだ?
チャールズ。これも執事みたい。
家政婦のマルタがサンドラを寝室に案内してます。

食事にて。
マーク。サンドラ。兄のコールドウェル議員。それにジュリー。
遅れて来たジュリー。義理の姉サンドラ・デマレストと紹介されています。
私の手紙を読まないでとマークと揉めてるジュリー。

もうおやすみなさいの挨拶になってます。
そうなるとすぐにジュリーがサンドラの寝室にやってきます。
兄のジムはエイミーに夢中だったとジュリー。マークが兄のじゃまをしている。
マークは兄の金を研究に使い込んでいると主張するジュリー。

ジュリーにジムの死因を聞くサンドラ。肺炎だとジュリー。
そんな感じでサンドラはこのへんの事情はさっぱりです。
部屋から出るジュリー。下のホールにはマークがいたりします。監視してるらしい。
溶暗になります

葬儀から帰りになってます。
兄の議員はすぐに帰りたがってます。マークが遺言書開封まで待てと止めてる。

書斎にて。
マーク。弁護士。ジュリー。それにサンドラ。
乗馬に行きましょうとサンドラを誘うジュリー。行くようです。
その前にマークと口論になるサンドラ。ジュリーを縛り過ぎなのよ・・・
そんなとこになれば君みたいになってしまうと嫌味を言うマーク。

ジュリーとサンドラの乗馬のシーンになってます。
これはスタント無しでやってます。

ジュリーは実はロニーに会うつもりだった。
都合よく使われたサンドラですがあまり気にしない。
ロニー・マニング。馬で来てます。手紙の相手です。
ここは2人だけにするためにこの場を離れるサンドラ。

そんなサンドラにマークが来てジュリーはどこだと聞く。
またジュリーについて口論になってます。
ジュリーが戻ってマークと口論になって乗馬鞭を振り回してマークが乗馬鞭を取り上げる。そんな感じで大騒ぎになってます。

馬屋にて。
ここに戻ってるサンドラ。馬担当のロバーツと少し話す。
あの別棟は何?と聞くサンドラ。作画合成の別棟です。
あれはご主人の研究室だとロバーツ。

寝室にて。
寝ているサンドラ。そんなとこにジュリーがきます。
男の人の叫び声が聞こえたと主張するジュリー。兄ジムの声に似ている。
マジで叫び声が聞こえてます。これはビックリのサンドラ。

ジュリーを連れて調べに行くサンドラ。
ラボへの通路に入る。しかし誰か来たので戻ります。

ジュリーの寝室に入る。ジュリーは寝たふりをする。サンドラは隠れる。
マークがジュリーが寝ているか見に来てます。
マークがいなくなってサンドラはジュリーに私が調べると言ってます。
ジュリーには私のことは内緒にしてと頼む。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
コールドウェル上院議員。対立党派の反対に苦しむ。

朝食にて。
新聞を読んでるのはマークです。
サンドラが来て、ジュリーも来ます。
ジュリーはラボから何か声が聞こえたとマークに訴える。
マークは気のせいだとごまかす。

ジムの部屋にて。
ここにサンドラを案内するジュリー。
アルバムを見ています。ジムと一緒にいるのがエイミー。
マークとジムが一緒に写ってる写真もあります。不仲ではない。
聞かれたジュリーはマークは言う通りにしてる時は機嫌がいいと答える。

会話からお母さんの遺産を相続するので揉めてるようです。
父親は病院で死んだ。それから母親は変わった。
この部屋から無くなった物は?と聞くサンドラ。ジュリーはわからんみたい。
ジムのパイプがないと指摘するサンドラ。クローゼットから運動用の服がないとわかります。そうなるとどうなる。

何だか興奮してるジュリー。落ち着かせるサンドラ。
ラボで兄のジムが大変だと興奮してるわけです。
揉めてるとこでノックの音がします。家政婦でした。サンドラに書斎でマーク様がお呼びですと伝える。

ジュリーを部屋で落ち着かせてから書斎に行くサンドラ。

書斎にて。
サンドラとマーク。
ジュリーを惑わすのはやめてくれと要求するマーク。
錯乱状態になったのは家政婦がもう伝えているようです。
イタリア語で『血の涙』という酒を出してるマーク。
遺言書が見つかることを祈ってと乾杯にする。

マークはサンドラを口説き始める。
全ての女性を分類してファイル分けしてるでしょうと皮肉を言うサンドラ。
何故かキスをするマーク。満更でもなさそうなサンドラ。
キスをしたのも研究のうちなのかマークは?
そんなわけでサンドラに顔を張られています。

保湿クリームをジュリーに貸したり。
タバコに火を付けるライターが点かなかったりしてるサンドラ。

ジュリーの部屋にて。
家政婦に意地悪されているジュリー。それでどうなる。
サンドラがノックすると家政婦にもうジュリー様はお休みですと言われてる。

サンドラの部屋にて。
若いメイドから色々と聞いてるサンドラ。
ラボには配膳用エレベーターを使っています。
ラボのマークにスコッチを届けます。
マークがラボにいるのは午前2時まで。
会話からメイドの名前はアンジェラとわかる。
目覚まし時計を午前3時に合わすサンドラ。

午前3時に起きてラボに行くサンドラ。
配膳用エレベーターを使います。電動ではなくロープを引くバラスト式。

そんなわけでラボに潜入するサンドラ。
何故かまだマークがいたりします。男と話し込んでいる。
そんなこんなでマークはエレベーターがいつもと違うことに気がつく。
エレベーター内には何か小物が落ちてます。マークがゲットしてます。
それでもマークはあっさりと奥に引き上げてます。

速攻でエレベーターで脱出してるサンドラ。
無事に見つからずに自室に引き上げています。

午後4時に悲鳴が聞こえてます。
サンドラが窓から見るが誰か庭を走ってます。何が起きた?

自室から出るサンドラ。
ジュリーの部屋に行くが家政婦がいるだけ。
ベランダに出るとジュリーは転落して庭に倒れています。
驚愕するサンドラ。
マークは自殺だと説明するがサンドラは信じない。

現場に行くともう医者がクルマが来てます。
保湿クリームかあります。これはサンドラから借りたので自分で荷物をまとめていたら持っていくはずがないと指摘するサンドラ。
溶暗になります。

家政婦が泣いてるメイドに気合を入れてます。
2人がいなくなって入れ替わりにサンドラはジュリーの部屋に入る。
しかしドアがロックされていて入れない。

物置みたいな部屋に入るサンドラ。
遠くにスリーヒルズ=三つの山が見えています。

窓から出て屋根伝いに移動するサンドラ。
サボの上に行き天窓から中に入り込む。
このへんは運動能力があるバーバラ・スタンウィックの見せ場といった感じ。

入って隣のドアを開けたらマークがいたりします。これはビックリ。
速攻で捕まってるサンドラ。開き直ってジムを探してると主張する。

マークはジュリーが死んだのはサンドラのせいだと言い出す。
男の叫び声は私も聞いたとサンドラ。それでどうなる。
そんなこんなで出てってくれと言い出すマーク。
配膳用エレベーターを使えと嫌味を言って落とし物を返してます。髪留めみたい。

ジュリーの葬儀にて。
棺桶が埋葬されています。

屋敷にて。
マークとサンドラ。
この屋敷を引き払うマーク。駅までクルマで送ろとう言ってます。
あの乗馬はジュリーにとって最後の乗馬だったとサンドラ。
マークはここも昔は幸せな家だったと言い出す。ジュリーの子供の頃の話しをする。

それから見せたいものがあると言い出すマーク。
金庫を開けて宝石箱を取り出す。思い出の宝石をサンドラに見せています。
ジュリーに送るはずの宝石をサンドラにやるマーク。

弁護士から連絡があって貸金庫から正式な遺言書が確認されたとマーク。
それでマークはワシントンに行く。サンドラはボストンの家に住みたまえとマーク。
サンドラに謝罪するマーク。それで最後に一緒に来てくれと言い出す。大丈夫なのか。

ラボにて。
愛想よくここにサンドラを入れているマーク。怪しい。
ライデルの名前を出すサンドラ。午前3時のラボに来てた男の名前です。猟場の管理人だと説明するマーク。
レイノルズ医師は?とか使用人のことも言ってるサンドラ。マークの言いなりの人たちだ。

何故ここを離れてワシントンに行く?と聞くサンドラ。
それで馬は売ると言ってるマーク。
これを聞いたサンドラは最後に馬に乗らせてと言い出す。
ここは馬屋にちゃんと連絡してるマーク。

馬屋にて。
馬に乗るサンドラ。ここはスタント無しで乗ってます。バーバラ・スタンウィックは運動能力があるんです。

馬担当のロバーツから話しを聞くサンドラ。
スリーヒルズは禁猟区で寂しい場所。寂れた小屋がある。行かない方がいい。

乗馬で森を移動中のサンドラ。
スリーヒルズに向かってます。何しろ怪しいので行くしかない。
ウサギを見て馬が暴走してます。これは大変。
そんなわけで落馬したサンドラ。怪我はない。
馬は行ってしまった。しょうがないので徒歩で移動する。

柵を登ってるサンドラ。どうやら寂れた小屋の敷地内に入り込んだようです。
何やら音がしてます。何だからわからん。茂み内を徒歩で移動のサンドラ。

おいジムと声が聞こえてます。
そうなるとジムともう1人がいるわけです。猟場の管理人ライデルです。

ジムに声をかけるサンドラ。
探していたと話すがジムは記憶がないみたい。
事故に遭ってから記憶が曖昧だと話すジム。ライデルが世話をしてくれた。

あなたの財産をマークから守るために結婚したのよとサンドラ。
ジムは全く忘れているみたい。あんたの葬儀が行われたのよと言うサンドラ。

会話からジムの妹がジュリーのようです。そうなるとどうなる。
ジュリーが死んだとジムに伝えるサンドラ。
それでジムもいなくなれば遺産はマークのものになる・・・
だからマークは屋敷を処分してワシントンに引っ越すわけだ。

ライデルがジムを呼んでます。それでどうする。
あとで行くから屋敷に残って待っててくれとジム。
サンドラはジムの言う通りにライデルの女房がクルマで戻った時に門から逃げる段取り。

ライデルの女房がクルマで戻ってきます。門を開けクルマを入れる。
この隙に門から外に逃げるサンドラ。あとは徒歩で移動となる。

屋敷にて。
サンドラはもうここに戻ってます。省略はなかったような感じでシーンが変わるともう戻っていました。
送るクルマが来てます。

サンドラとマーク。
落馬したと伝えるサンドラ。無事でよかったとマーク。
ロバーツに内線電話してるマーク。サンドラが戻った。これでお別れだ・・・

サンドラにもう行こうと言うマーク。
ここはマークだけ行かせて残りたいサンドラ。一晩泊まると言い出す。

何か言いたそうにしてるマーク。最後に君に伝えておく。
しかしマークはどこかに行った。すぐに戻るとサンドラが消えてる。
サンドラは窓から逃げてしまった。

庭にて。
人影がしたのでジムだと思ったサンドラが行くとマークでした。これは大変。
ジムに会ったとマークに言うサンドラ。

本当のことを言うとマーク。
2人の父親は精神障害で亡くなった。
そんなわけで2人には精神障害が遺伝してるので注意深く見守るしかなかった。
ジュリーはマジで自殺を図った。議員の兄の評判を守るために事故を偽装した。
ジムは人を殺してる。交通事故で揉めてスパナで殴って殺した。それでジムを匿った。
ジムは気が動転すると暴れるんだ。
そんなことを説明するマーク。一応ロジックは通ってるが何だか怪しい。

それはいいけどジムが来てます。それでどうなる。
いきなりマークを殴打するジム。そうなるとマークの言ったことは本当みたい。

ジムですがサンドラにマークに惚れたなと言いがかりをつける。
書類を焼いてクルマで一緒に逃げようと言うジム。何だかわからん。

サンドラは逃げる。窓を破って屋敷にないに逃げ込む。追うジム。
ジムに捕まるサンドラ。そんなとこをマークとライデルが接近してる。

マークはジムを説得しようしてます。この隙にライデルが接近する。
ライデルがタックルしてそんなこんなでジムはホールに転落して死に至る。

サンドラとマーク。
これでよかったんだとマーク。私のせいねとサンドラ。
取ってつけたよゔに2人でやり直そうといった雰囲気になってます。

エンドとなります。
a Warner Bros.-First National Picture
1部にマスクがかかる。

the players
キャスト表はあります。


そんなわけで疑惑サスペンスのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村

« 『白いドレスの女』(1948年) | トップページ | Hollywood Express #888◆2021.10.09(土) »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『白いドレスの女』(1948年) | トップページ | Hollywood Express #888◆2021.10.09(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。