映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『蛇の穴』(1948年) | トップページ | 『ソニック・ザ・ムービー』(2020年) »

2021.10.18

Hollywood Express #889◆2021.10.16(土)

◆この番組レポートはネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressのレポートです。BS193 WOWOWにて。


◆news flash
◆故チャドウィック・ボーズマンの名がついた奨学金制度が母校で設立された話題。日本で奨学金となると高利子の借金になります。とにかく金と時間を与えないのが国策になってます。金と時間があるとテロリストになると思ってるらしい。
◆ピーター・ディンクレイジ主演 ジョー・ライト監督の古典を元にしたミュージカル Cyrano (2021) の話題。全米公開は12月。果たして出来は?
◆TVシリーズ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』 The Sopranos TV Series(1999–2007)の前日譚 The Many Saints of Newark (2021) から、コリー・ストールのインタビューがあります。
◆リン・マニュエル・ミランダ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演のミュージカル 『tick, tick... BOOM!:チック、チック...ブーン!』 Tick, Tick... Boom! (2021) の話題。果たして出来は?
◆ミラ・ジョヴォヴィッチが出ないリブート作品『バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』 Resident Evil: Welcome to Raccoon City (2021) の予告編が公開させた話題。ゲームに忠実に映画化されいてるそうです。だからといって映画の出来がよいとは限らない。果たして出来は?
◆ Hotel Transylvania: Transformania (2022) は新作なのに劇場公開は無しで配信になった話題。Sony Pictures Animation/Media Rights Capital (MRC)/Columbia Pictures/Amazon Prime Video製作配給。
◆黒人キャストのロマンティックコメディ Boxing Day (2021) の話題。殴り合いのボクシング映画でないそうです。
◆『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 No Time to Die (2021) から、ビリー・アイリッシュの主題歌の話題。全主題歌を集めたアルバムに含まれるみたい。


◆red carpet
◆ダニエル・クレイグがハリウッドウォークオブフェイムに入ったセレモニーの風景。ダニエル・クレイグ、ラミ・マレック、製作マイケル・G・ウィルソンのスピーチがあります。


◆inside look
◆『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 No Time to Die (2021) のメイキング。TVプロデューサー ヴィクター・ルーカスのインタビューがあります。延々と製作と公開が延期になった経緯を説明してます。続いてケイリー・ジョージ・フクナガ監督、アナ・デ・アルマス、ベン・ウィショーのインタビューがあります。


◆Hollywood gossip
◆ドウェイン・ジョンソンがラッパーに進出した FACE OFF(Feat.Joey Cool, King Iso & Dwayne Johnson) の話題。ドウェイン・ジョンソンはプロレスのザ・ロックの頃からマイクパフォーマンスには定評があったのでラップをやっても軽くこなせるでしょう。


◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ハロウィン KILLS』 Halloween Kills (2021) デヴィッド・ゴードン・グリーン監督、ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア主演のシリーズ最新作ホラー。いつのもの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Needle in a Timestack (2021) ション・リドリー監督、レスリー・オドム Jr.、フリーダ・ピント主演のタイムトラベルSFアクション。タイムトラベルで三角関係を何とかする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。


◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ジャングル・クルーズ』 Jungle Cruise (2021) ジャウム・コレット=セラ監督、ドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント主演のディズニーランドアトラクション・アクションコメディ。ジャングル・クルーズで盛り上がる話しのようです。興行収入totalが1億1650万ドル。
◆9位が『キャンディマン』 Candyman (2021) ニア・ダコスタ監督、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、テヨナ・パリス主演のリメイク・ホラー。キャンディマンでホラーする話しのようです。興行収入totalが6000万ドル。
◆8位が Lamb (2021) ウラジミール・ヨハンソン監督、ノエミ・ラパス、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン主演の羊ドラマ。羊と色々あり過ぎる話しのようです。興行収入totalが100万ドル。
◆7位が『ディア・エヴァン・ハンセン』 Dear Evan Hansen (2021) スティーヴン・チョボスキー監督、ベン・プラット、ケイトリン・デヴァー主演のミュージカルドラマ。成り行きでスピーチする話しのようです。興行収入totalが1370万ドル。
◆6位が『フリー・ガイ』 Free Guy (2021) ショー・レヴィ監督、ライアン・レイノルズ、ジョディ・カマー主演のゲームの世界SFアクション。ゲームの世界で色々とある話しのようです。興行収入totalが1億1960万ドル。
◆5位が The Many Saints of Newark (2021) アラン・テイラー監督、アレッサンドロ・ニヴォラ、レスリー・オドム Jr.主演のTVシリーズ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』 The Sopranos TV Series(1999–2007)の前日譚をジェームズ・ガンドルフィーニの息子マイケル・ガンドルフィーニが演じるギャング映画。ギャング前日譚の話しのようです。興行収入totalが730万ドル。
◆4位が『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings (2021) デスティン・ダニエル・クレットン監督、シユ・リウ、トニー・レオン主演のアメコミアクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが2億1250万ドル。
◆3位が The Addams Family 2 (2021) グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン、ローラ・ブロソー監督、オスター・アイザック、シャーリーズ・セロンVCの3D CGアニメ。家族で旅行に行く話しのようです。BRON Studios (as BRON Creative)/BermanBraun/Cinesite Animation/Creative Wealth Media Finance/Glickmania/Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)/The Jackal Group/United Artists製作配給。興行収入totalが3120万ドル。
◆『ヴェノム: レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 Venom: Let There Be Carnage (2021) アンディ・サーキス監督、トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン主演の『ヴェノム』シリーズ続編のアメコミアクション大作。ヴェノム対ヴェノムの話しのようです。興行収入totalが1億4140万ドル。
◆1位が『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 No Time to Die (2021) キャリー・ジョージ・フクナガ監督、ダニエル・クレイグ・レア・セドゥ主演の『007』シリーズ最新作のアクション大作。いつもの話しのようです。興行収入totalが5520万ドル。『007』シリーズに忠実なファンの前売り券の観客が多いそうです。

◆ending
◆Bille Eilish's Thema somg from “No Time to Die (2021)”

◆私の好きなミュージックビデオ/音楽のみ
◆『Blondie/One Way Or Another』(1978年=昭和53年)のカバーで『Piper Perabo - One Way Or Another』

◆『Blondie/One Way Or Another』は色々な映画が使われています。

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想があるお勧めの作品。
◆今週もありません。何でそうなる。

◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『ラスト サムライ』 The Last Samurai (2003) エドワード・ズウィック監督、トム・クルーズ、ティモシー・スポール、渡辺謙主演の時代劇アクション。
◆『リバティ・バランスを射った男』 The Man Who Shot Liberty Valance (1962) ジョン・フォード監督、ジェームズ・スチュワート、ジョン・ウェイン、ヴェラ・マイルズ主演のウエスタン。

◆過去の名作は過剰な期待をせずに気楽に見れば面白いと思えます。
◆映画は説明セリフは少ない方がいい。これが基本です。
◆カット割りでわかりやすくするのが映画。メソッド演技はあまり映画的ではない。


映画フェイス - にほんブログ村



« 『蛇の穴』(1948年) | トップページ | 『ソニック・ザ・ムービー』(2020年) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『蛇の穴』(1948年) | トップページ | 『ソニック・ザ・ムービー』(2020年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。