映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『スペードの女王』(1949年) | トップページ | Hollywood Express #885◆2021.09.18(土) »

2021.09.19

『幻しの合唱』(1935年)

この横恋慕サスペンス映画の感想はネタバレ全開になっています。
スチュアート・ウォーカー監督、クロード・レインズ主演の横恋慕サスペンスのようです。


1935年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆86min.
原題◆Mystery of Edwin Drood
プロット◆横恋慕して破滅する話しのようです。
音楽◆Edward Ward

キャスト
クロード・レインズ→横恋慕の歌う司祭 ジョン・ジャスパー

ヘザー・エンジェル→孤児のローズ・バッド
デヴィッド・マナーズ→ジャスパーの甥 エドウィン・ドルード=ネッド

ダグラス・モンゴメリー→ちょい悪風なネビル・ランドレス
ヴァレリー・ホブソン→ネビルの妹 ヘレナ・ランドレス

フランシス・L・サリバン→牧師のクリスパークル
エセル・グリフィス→寄宿学校のツインクルトン夫人
ウォルター・キングスフォード→後見人のグルージャス
E・E・クライヴ→市長

ゼフィー・ティルブリー→アヘン窟のおばあさん (as Zeffie Tillbury)
フォレスター・ハーベイ→墓守のダードルズ
ベダ・バックランド→家政婦のトープ夫人 (as Vera Buckland)

スチュアート・ウォーカー監督の演出はよいと思います。
全体的にサスペンスドラマになってます。

クロード・レインズは屈折したキャラクターを演じるのが上手い。


コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクはあります。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『幻しの合唱』
Mystery of Edwin Drood
バックにはエンジン音がしてるのでUniversal Picturesです。

タイトル
Carl Laemmle presents

Claude Rains John Jasper
and
Douglass Montgomery Neville Landless
in
Charles Dickens'
Mystery of Edwin Drood

with
Heather Angel Rosa Bud
Valerie Hobson Helena Landless
David Manners Edwin Drood
Francis L. Sullivan Rev. Mr. Septimus Crisparkle
スタッフの紹介
タイトルバックは羊皮紙です。そこにタイトル文字が入る。

the players
Claude Rains John Jasper
Douglass Montgomery Neville Landless
Heather Angel Rosa Bud
David Manners Edwin Drood
Francis L. Sullivan Rev. Mr. Septimus Crisparkle
Valerie Hobson Helena Landless
Zeffie Tilbury The Opium Woman (as Zeffie Tillbury)
Ethel Griffies Miss Twinkleton
E.E. Clive Mayor Thomas Sapsea
Walter Kingsford Hiram Grewgious
Forrester Durdles
Veda Buckland Mrs. Tope (as Vera Buckland)
Elsa Buchanan Mrs. Tisher
George Ernest Deputy (as Georgie Ernest)
J.M. Kerrigan Chief Verger Tope

本編です。
ロンドン アヘン窟にて。
主人公のジョン・ジャスパーが登場。偽名ローリッチを使ってます。
ラリってるジャスパー。
ローザ。ジャスパーが横恋慕しています。
ネッド。ジャスパーの甥です。
そんな感じでキャラ紹介が入る。

他にもラリってる連中でいます。
おばあさんが見張ったり料金を回収したりする。
ジャスパーは何故かの他のラリラリな連中を尋問しています。当然要領を得ない。
それでジャスパーは10シリングを請求されるが5シリングしか払わずズラかっています。
おばあさんは人でなしとなじる。

教会にて。
ジャスパーは歌う司祭でした。吹き替えで歌ってます。
歌の途中で調子悪くなってるジャスパー。ラリラリ生活なので不摂生だと思う。

オッサンが3人です。
ジャスパーと息切れをしていると話し込んでます。
治療でロンドンに通ってるジャスパー。しかしアヘン窟に入り浸っていた。

ジャスパーの自宅にて。
甥のネッドが来ます。正式名はエドウィン・ドロッド。
ネッドが描いたローザの絵があります。大事に飾ってあります。
家政婦のトープ夫人。

会話からローザはネッドの婚約者です。これにジャスパーが横恋慕してるわけです。
で、仕事が嫌だと愚痴が出てるジャスパー。延々と愚痴が続く。
悪魔に心を売ってると口走る。一応聖職者なのにいいのか。
ネッドは仕事でエジプトに行く。ローザも連れて行くと言い出す。これはビックリのジャスパー。

ツインクルトン女子の寄宿学校にて。
ローザに面会です。ネッドが来ました。
校内は色々とうるさいので散歩に出かけるネッドとローザ。

街中にて。
散歩のネッドとローザ。
ローザはエジプト行きは乗り気ではありません。

ツインクルトン女子の寄宿学校にて。
先生に連れられて外出になる女子の面々。

郊外にて。
馬車が移動中。
乗ってるのがチョイ悪風のネビル。妹のヘレナ。
ネビルは御者と揉めて馬車から落ちてます。

その馬車に先生に連れられている女子一行が接近してる。
ネビルが落とした帽子をローザが拾う。そんな感じでお知り合いになってます。

ギルロフォードにて。
ここがツインクルトン女子の寄宿学校がある町です。
馬車が到着してます。ネビルとヘレナは出迎えを受ける。
オッサンのクリスパークルが登場。2人の面倒を見るとか。

クリスパークルの自宅にて。
ここに世話になるネビル。ヘレナはツインクルトン女子の寄宿学校へ。
ツインクルトン先生。転入生のヘレナですと紹介になってます。
兄のネビル。バッドさん。そんなこんなでローズと同室になるヘレナ。
ローズ・バッド=バラのつぼみと呼ばれているローズ。まあそう言われる。
何故かジャスパーどネッドが来てます。

食事になります。大勢います。
ネビルとローザがいい感じになってます。そうなるとイライラなジャスパー。
唐突にローザ18歳の乾杯の音頭を取るジャスパー。
ネビルはクリスパークルに話しがあるとここから出ています。

別室にて。
ネビルとクリスパークル。
今までいたとこで虐待されて我慢できずに逆らっていたと言い出すネビル。
クリスパークルは今までの人とは違うと言ってるネビル。あなたなら大丈夫だ。
で、ローザは結婚すると言われてます。

ジャスパーがピアノでローザが歌うシーンが入ります。
いきなりローザが泣いて中断する。
ジャスパーがローザを怖がらせたとネッドが言ってます。
10時になって女性一行は帰ります。向かいがツインクルトン女子の寄宿学校です。

街中にて。
ネッドとネビルが歩いてます。ジャスパーが尾行してます。
成り行きで口論になるネッドとネビル。ここはジャスパーが止めに入る。
ジャスパーと家に来て飲まないかと2人を誘う。

ツインクルトン女子の寄宿学にて。
相部屋のローザとヘレナ。
ジャスパーさんが怖いわと訴えるローザ。
着替える時に壁に目を感じる。いつも見られている・・・

ジャスパーの自宅にて。
ここに来てるネッドとネビル。
また口論になってます。ネッドは苦労していないと指摘するネビル。
売り言葉に買い言葉で苦労しないと賢明になれないのかとネッド。
そんなわけで喧嘩騒ぎになってます。これは大変。思わず刃物を振り回すネビル。
ジャスパーが止めてネビルは出て行く。彼は殺す気だったと指摘するジャスパー。

クリスパークルの自宅にて。
ネビルがクリスパークルに報告してます。カッとなって刃物を振り回した。
これはこまったなとなってるクリスパークル。
そんなこんなでもう寝ろと言われてるネビル。

来客です。玄関先で会うクリスパークル。
ジャスパーが来てます。ネビルの帽子を届けに来た。
この件は内密にしてくれと頼むクリスパークル。承知するジャスパー。

ジャスパーの自宅にて。
内密にしたはずのジャスパーですが家政婦のトープ夫人に話してます。
誰にも言わないようにと言ってますがそうはなりません。

トープ夫人から始まる噂のモンタージュが入ります。
あっという間に町中の噂になるわけです。
伝言ゲームの要領で話しに景気よく尾鰭がついて大袈裟になってます。これは大変。

ツインクルトン女子の寄宿学にて。
ネビルが来てローザに事情説明をしてます。
ローザはネッドに謝罪してとお願いしてます。
セイロン出身のネビル。エジプトの話題になるローザがおかしくなる。
溶暗になります。

場所がわからん。
後見人と面会のネビルとローザ。
ローザの母親の臨終の言葉から指輪の話題になります。
愛してるのなら指輪を受け取り愛してなかったら指輪を返す。そんな条件。
これで失礼すると後見人は帰ります。

町中にて。
ネッドとローザ。
これから親友ねと言い出すローザ。そうなるとネッドと結婚はしないみたい。
どうやらローザはネビルに乗り換えたようです。指輪はどうなる。
ネッドは指輪はそのうちにネビルに渡すと言ってます。何故かキスになってます。
そんなとこを遠くでジャスパーが見ています。2人は気が付かない。

ジャスパーの自宅にて。
寝ているネッドを見てるジャスパー。
手紙があります。
エドウィン・ドルード様。1月のエジプト行きについて。
奥様との2人分の船の予約は出来ました・・・
これを読んでるジャスパー。それでどうする。

墓場にて。
墓守のダードルズにコンタクトするジャスパー。
地下聖堂を案内してくれと依頼してます。何だか怪しい。
墓場を通過して地下聖堂に向かいます。そんなとこを少年がいたりする。
少年はダードルズが雇っているらしい。相手を見て石を投げて追っ払うのが仕事。

地下聖堂にて。
案内をしてもらうジャスパー。
石灰があります。ハンマーで叩いて空洞を調べる実演もあります。
塔に続いてる階段には鉄格子があります。鍵はダードルズだけが持っている。
ジャスパーが渡した酒を飲んで酔い潰れるダードルズ。
鍵を奪ってあちこち調べてるジャスパー。
塔にも登ってます。塔の全景はミニチュアです。

それから戻ったジャスパーは鍵の型をとってから鍵を戻します。
合鍵を作って何かやらかそうとしてるジャスパー。
ダードルズを叩き起こして引き上げています。
外出はまだ少年が残っていていジャスパーと揉めたりしてる。

町中にて。
ガス灯の時代です。街灯を点火してる。
クリスマスで子供4人が歌って小銭を稼いでいます。

ネビルとヘレナ。
何故か旅に出ると言い出すネビル。これからジャスパーのとこで夕食だ。

街中でネッドとおばあさん。
おばあさんが人を探してる言いつつ帰るには3シリング6ペンスが必要とねだる。
あんたはネッドか?と聞くおばあさん。否定するネッド。エドウィンだし。
ネッドは狙われていると主張するおばあさん。ネッドはこの場はジャックと名乗ってます。

クリスパークルの自宅の玄関先にて。
ジャスパーとクリスパークルが話し込んでます。
ネッドとネビルの和解はどうなるか?
それでジャスパーは帰ります。

ジャスパーの自宅にて。
ネッドとネビルが来てます。それでどうなる。
それはいいけど外は凄い嵐になってます。吹雪というか氷が降ってます。
街中の物が飛んだりもしてる。
溶暗になります。

翌日の町にて。
町全体の被害は甚大といった感じです。市長が演説してます。
ジャスパーがクリスパークルを探して私の甥ネッドはどこだ?と聞く。昨夜ネビルと出かけて戻らない。
町外れでネビルを見た目撃者もいたりします。そんなわけでネビル捜索になります。

捜索隊に見つかったネビル。抵抗するが拘束される。

市長のオフィスにて。
ネビルが連行されて事情聴取になります。
ネッド=エドウィンはどこだ?と詰問されるネビル。
それに嵐の夜にわざわざ出かける?と突っ込まれてます。
口論の原因は言えませんと黙秘するネビル。ローザに迷惑がかかるからです。
牢屋入りになるネビルですがクリスパークスの弁護でとりあえず放免となります。

夜にて。
ネッドの大捜索となってます。町を上げてやってます。
ネビルが犯人なので場所がわかるとネビルに張り付いてるオッサン2人がいます。
ローザはネビルに無実を信じてると言ってます。
そんなとこに川か池を捜索していたボートが懐中時計を発見します。
ネッドの懐中時計でした。それではネッドは死んでるのかとジャスパー。

ジャスパーの自宅にて。
グルージャス様がエドウィン様の件できましたと家政婦が知らせる。
ネッドとローザの後見人がグルージャスでした。

あなたの甥のネッドとローズは結婚式を目前にして決断を下していたとグルージャス。
結婚の取りやめを決断していました・・・
これを聞いてマジでビックリのジャスパー。
あなたが2人を見ていた時はその話をしていたのですと指摘するグルージャス。
倒れるジャスパー。溶暗になります。

告知です。
200ポンドの賞金が出ています。
エドウィン・ドルード事件の情報を求む。
ジョン・ジャスパー。

ツインクルトン女子の寄宿学にて。
ローザにジャスパーが面会に来てます。
もういると伝えたので居留守が使えなくなったローザ。
速攻で来てるジャスパー。ローザと面会になります。

音楽の指導に来たと主張するジャスパー。
それはもう辞めてるとローザ。
そんなことにはお構いなしにローザを口説いてるジャスパー。
私は君を愛していたとジャスパー。そんな話しが延々と続く。
ネッド殺しはネビルが犯人だと決めつけるジャスパー。ローザは否定する。
ローザが結婚してくれればネビルを見逃すと口走るジャスパー。こまったものです。

ローザはネビルのとこに行って怖いと訴える。
事情を話すローザ。ジャスパーがおかしなことを言ってる・・・
それからキスになってます。何でそうなる。
指輪はあなたに渡すはずだったとローザ。しかし今は指輪はどこにあるかわからない。
ネビルは身の潔白を証明したら戻ってくると言い出す。
溶暗になります。

市長のオフィスにて。
ジャスパーとクリスパークスが来てます。
彼は何も言わずに姿を消しました。ネビルのことです。
ジャスパーは殺人犯が逃げたと非難する。
市長はネビルを重要参考人として指名手配してます。

告知です。
ネビルが指名手配されています。

ジャスパーの近所にて。
ダッチェリーというおじいさんが部屋を借りに来てます。
家政婦のトープ夫人が相手をしてます。

ロンドンのアヘン窟にて。
また来ているジャスパー。

後見人ダードルズの自宅にて。
老紳士のダッチェリーはダードルズの変装でした。
ネビルがいます。打ち合わせになってます。
で、ジャスパーのトランクをゲットしていました。中身を調べます。
アヘン用のパイプが入っています。それから鍵の型取りもある。
そうなると鍵は何者かが禁じられていた場所に入ろうとしたとなる。
この鍵は棺桶の鍵に合うとか。そんな感じで結構な探偵ぶりを見せるダードルズ。

ロンドンのアヘン窟にて。
シャスパーは何故か手を縛られています。
いつも同じ夢を見ると主張するジャスパー。うわ言でネッド。何故私を殺さなかったと言ってます。速攻でバレてます。それでどうなる。
ローザの名前も出してます。ローザは私の女だと主張する。
ダメ押しといった感じですが聞いてるのはおばあさんのみ。

今度は何故かおばあさんの首を締めてます。
当然私を殺そうとしたと激怒してるおばあさん。
ジャスパーはまた料金を5シリングしか払わずズラかってます。意外とせこい。
2回目はないよと激怒してるおばあさん。

で、エドウィン・ドルードはネッドのことだと気が付くおばあさん。
ジョン・ジャスパーは200ポンドの賞金を出してる。
そんなわけで何か気がついたようです。

おばあさんは老紳士のダッチェリーにコンタクトする。
ここでローリッチはジャスパーのアヘン窟用の偽名だとわかった。そんなわけでジャスパーについて話し込んでます。
自宅の窓から2人を伺っているジャスパー。

おばあさんとダッチェリー。
ジャックの実名がネッドでなくてよかったと言ってるおばあさん。ネッドは危険な名前なんだと主張する。
ダッチェリーが外に出て。おばあさんと何者かを見る。

ダッチェリーが市長を呼んで来ます。
それで自宅に戻るとおばあさんが殺されていてビックリ。大騒ぎになります。
おばあさんは手に何かをつかんでます。黙って回収してるダッチェリー。

そんなとこにジャスパーが来ます。何事です?と聞く。
墓場の少年が来てジャスパーが犯人だと喚き立て速攻で逃げる。
ジャスパーは以前叱ったことがありましたと説明してます。もっともらしい。
溶暗になります。

墓場にて。
逃げてきた少年をダッチェリーが待っていて6ペンスで釣って聞き出してます。
色々と聞き出してダードルズに雇われていると主張する少年。

ダッチェリーはダードルズにコンタクトします。
ここでも色々と話しを聞き出してます。
それで今夜の午後10:00に地下聖堂を見せてくれと依頼する。
酒を持ってきてくれと忘れずにリクエストするダードルズ。

午後10:00の地下聖堂にて。
ダッチェリーとダードルズ
石灰が使われて空になってると不審そうなダードルズ。
で、ジャスパーに酒をもらい飲んで寝てしまった話しをする。
それから扉の鍵について話しこむ。
死体の埋まってる場所が音でわかる話しになります。
ハンマーで叩いて実践するダードルズ。以前は空の部分に入ってる音がしてビックリとなってます。

そんなとこに怪しい人影が迫る。
ダッチェリーはダードルズに市長を呼んでこいと送り出す。エドウィン・ドルードを発見したと・・・

ダッチェリーがフタを外そうと奮闘してると怪しい人影のジャスパーが鍵を開けて入り込んできます。
何故棺を開けると聞くジャスパー。ネビルに渡せば金になるぞと言う。

いきなりダッチェリーの首を締めるジャスパー。
そんなとこに市長一行が来てジャスパーを止めてます。
ダッチェリーの変装を解くと正体はネビルでした。グルージャスではなかった。これはビックリ。
だいたいグルージャスは市長一行にいました。

棺のフタを開けると中は白骨のみでした。そんなに早く白骨にはならない。これは石灰を使ったからです
白骨では身元がわからんとなるが証拠の指輪がありました。
グルージャスがこの指輪を持ってるのはネッドだと証言する。

そんなわけでジャスパーは逃走します。鉄格子にはしっかりと鍵をかけてます。
追う市長一行は鍵を開ける手間がかかり少し遅れる。

もう塔に逃げるしかないジャスパー。
塔の鐘が鳴っているので町中の人たちが出てきます。

一応私はとんでもない過ちをしたと言ってるジャスパー。ネッドに詫びています。
今更自分に嘘をついてもしょうがないのでマジでそう思ってるようです。
塔の上に出たジャスパーはローザこれで終わりだと叫び身を投げる。
そんなわけで町中が大騒ぎなってます。鐘が鳴ってます。

鐘から繋がってエピローグ。
ネビルとローザが結婚してます。
よかったよかったとなってエンドとなります。
キャスト表がまた出てきます。何とか云々と出てる。


そんなわけで横恋慕サスペンスで大時代的なドラマのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村


« 『スペードの女王』(1949年) | トップページ | Hollywood Express #885◆2021.09.18(土) »

映画」カテゴリの記事

1930年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『スペードの女王』(1949年) | トップページ | Hollywood Express #885◆2021.09.18(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。