映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ダイヤル1119』(1950年) | トップページ | 『フローズン・ブレイク』(2019年) »

2021.08.16

Hollywood Express #880◆2021.08.13(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆リドリー・スコット監督の新作グッチ一族のスキャンダルドラマ House of Gucci (2021) の予告編が公開された話題。オールスターキャストです。そんなわけで本物のグッチ一族の評判は悪い。その方が面白いけど。11月に全米公開。
◆絵本『大きな赤いクリフォード』の実写版 Clifford the Big Red Dog の全米公開が延期して11月になった話題。
◆サンダンス映画祭の関係者にワクチン接種証明書が必要な話題。オンラインでも公開はするそうです。
◆ケリー・ワシントンの次回作はジャーナリスト役という話題。よくわからん。
◆ミュージカルの方の『シンデレラ』 Cinderella (2021) の話題。カミラ・カベロ主演。果たして出来は?9月から配信スタート。
◆コメディの監督と俳優のメル・ブルックスが99歳で初めて回顧録を出す話題。全米で11月に出版。まだ健在だったのか。これはビックリ。映画のお勧めはヒッチコックのパロディ『メル・ブルックス 新サイコ』(1977年)です。他にも色々とあります。
◆ Nine Days (2020) から、ウィンストン・デュークのインタビューがあります。
◆クリント・イーストウッドの新作 Cry Macho (2021) の話題。全米で9月から劇場公開と配信がスタート。さすがにアクションシーンはジャイアント馬場の16文キックを待っているプロレスみたいになってます。まあしょうがない。

◆red carpet
◆『フリー・ガイ』 Free Guy (2021) のプレミアの風景。ライアン・レイノルズ、ショーン・レヴィ監督のインタビューがあります。

◆inside look
◆『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』 The Suicide Squad (2021) のメイキング。ジェームズ・ガン監督、マーゴット・ロビー、ジョン・シナ、デヴィッド・ダストマルチャンのインタビューがあります。『スーパー!』(2010年)は見たけど出来は微妙でなんだかなといった感じでした。
◆ Nine Days (2020) のメイキング。ウィンストン・デューク、アリアンナ・オルティス、ベネディクト・ウォン、トニー・ヘイル、ザジー・ピーツのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ケイト・ボスワースが離婚した話題。円満な離婚だとなってます。それでは何で離婚するんだとなるが色々とあるんでしょう。それはともかくケイト・ボスワースはヌードのリーク画像からわかったけど自撮り構図のセンスがいいんです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『フリー・ガイ』 Free Guy (2021) ショー・レヴィ監督、ライアン・レイノルズ、ジョディ・カマー主演のゲームの世界SFアクション。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Respect (2021) リースル・トミー監督、ジェニファー・ハドソン、フォレストウィテカー主演のアレサ・フランクリンの実録ドラマのミュージカル。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』 F9 (2021) ジャスティン・リン監督、ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス主演の『ワイルド・スピード』シリーズ最新作のカーアクション大作。興行収入totalが1億7100万ドル。
◆9位が Escape Room: Tournament of Champions (2021) アダム・ロビテル監督、テイラー・ラッセル、ローガン・ミラー主演の『エスケープ・ルーム』シリーズ続編の脱出アクション。興行収入totalが2300万ドル。
◆8位が『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』 Snake Eyes: G.I. Joe Origins (2021) ロベルト・シュヴェンケ監督、ヘンリー・ゴールディング、アンドリュー・小路主演のアメコミアクション大作。興行収入totalが2600万ドル。日本ロケはあったそうです。
◆7位が『スペース・プレイヤーズ』 Space Jam: A New Legacy (2021) マルコム・D・リー監督、レブロン・ジェームズ、ドン・チードル主演のNBAアクションコメディ。実写とアニメの組み合わせです。ウサギのバックス・バーニーが出てるのでワーナーです。SpringHill Entertainment/Aero Mock-Ups (Aircraft mock-up rental)/Proximity/Warner Bros. Animation/Warner Bros.製作配給。興行収入totalが6560万ドル。
◆6位が The Green Knight (2021) デヴィッド・ロウリー監督、デヴ・パテル、アリシア・ヴィカンダー主演のコスチュープレイ・アクション。興行収入totalが1210万ドル。
◆5位が Stillwater (2021) トム・マッカーシー監督、マット・デイモン、アビゲイル・ブレスリン主演の娘救出サスペンスアクション。興行収入totalが990万ドル。
◆4位が『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2021) ケイト・ショートランド監督、スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー主演のマーベルアメコミアクション大作。興行収入totalが1億7400万ドル。
◆3位が『オールド』 Old (2021) M・ナイト・シャマラン監督、ガエル・ガルシア・ベルナル、ヴィッキー・クリープス主演の謎の老化ドラマ。興行収入totalが3840万ドル。
◆2位が『ジャングル・クルーズ』 Jungle Cruise (2021) ジャウム・コレット=セラ監督、ドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント主演のディズニーランドアトラクション・アクションコメディ。興行収入totalが6540万ドル。
◆1位が『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』 The Suicide Squad (2021) ジェームズ・ガン監督、マーゴット・ロビー、イドリス・エルバ主演のアメコミアクション大作。興行収入totalが2620万ドル。スタジオ側からすれば期待外れの興行のようです。

◆ending
Jennifer Hudson's “Here I Am” from “Respect (2021)”

◆私の好きなミュージックビデオ/音楽のみ
◆『森高千里/今度私どこか連れていって下さいよ』(1989年=昭和64年/平成元年)

この歌は何となくいいのでお気に入りです。

◆今週のNHK BSシネマでのお勧め映画
◆私の感想がある『地獄への逆襲』(1940年)にしておきます。ホラーか怪獣映画みたいなタイトル名ですが続編ウエスタンです。

◆私の感想がないお勧めの作品。
◆『麗しのサブリナ』 Sabrina (1954) ビリー・ワイルダー監督、オードリー・ヘプバーン、ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデン主演のロマンティックコメディ。傑作です。

映画フェイス - にほんブログ村

« 『ダイヤル1119』(1950年) | トップページ | 『フローズン・ブレイク』(2019年) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ダイヤル1119』(1950年) | トップページ | 『フローズン・ブレイク』(2019年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。