映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『魔の家』(1932年) | トップページ | Hollywood Express #882◆2021.08.28(土) »

2021.08.29

『フリークス 怪物團』(1932年)

このフリークスホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
トッド・ブラウニング監督、オルガ・バクラノヴァ他主演のフリークスホラーのようです。

1932年 Tod Browning's production/Metro-Goldwyn-Mayer (MGM) アメリカ作品
ランニング・タイム◆62min.
原題◆Freaks
プロット◆サーカスで色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆不明

キャスト
ウォーレス・フォード→ピエロのフロソ
レイラ・ハイアムズ→ビーナス

オルガ・バクラノヴァ→花形スターのクレオパトラ
ヘンリー・ヴィクター→ヘラクレス

ハリー・アールズ→小人のハンス
デイジー・アールズ→小人のフリーダ

ロスコー・エイツ→シャム双生児の旦那ロスコー
デメトリアス・アレクシス→シャム双生児の旦那ロジャース (uncredited)

ローズ・ディオン→引率のテトラリニ夫人
デイジー・ヒルトン→シャム双生児のデイジー Siamese Twin
ヴァイオレット・ヒルトン→シャム双生児のバイオレット Siamese Twin

ジョゼフィン・ジョゼフ→半分男女 Half Woman-Half Man
ジョニー・エック→上半身男 Half Boy

フランシス・オコーナー→手なし女 Armless Girl
マーサ・モリス→手なし女 Armless Girl

プリンス・ラディアン→ダルマ男 The Living Torso (as Rardion)
ピーター・ロビンソン→骨男 Human Skeleton
オルガ・ロデリック→ヒゲ女 Bearded Lady

シュリッツ→Pin Head
エルビラ・スノー→Pinhead (as Zip)
ジェニー・リー・スノー→Pinhead (as Pip)

クー・クー→スーツ姿の小人 By Herself
エリザベス・グリーン→Bird Girl
アンジェロ・ロシット→Angeleno

エドワード・ブロフィ→Rollo Brother
マット・マクフュー→Rollo Brother (as Mat McHugh)

トッド・ブラウニング監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の復讐ドラマになってます。
シーン転換は必ず溶暗になってます。編集しすぎです。シーンがぶつ切りで編集でつないだだけといった感じ。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクはあります。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『フリークス 怪物團』
Freaks
バックにはライオンの鳴き声が入ってます。

タイトル
Metro-Goldwyn-Mayer presents
Tod Browning's production
of
Freaks
suggested by Tod Robins story “spurs”
マスクがあります。
controlled by Loew's Incorporated

このタイトル部分の紙を破ってプロローグ。
サーカスにて。
オッサンが口上を述べて客たちを案内してます。
ここにいるのは正真正銘本物の怪物たちです。
1人を怒らされば全員を怒らせることになると前振りが入る。
彼女はかつて美しい女性でした。それが・・・

回想になります。
サーカスにて。
小人のハンス
小人のフリーダ
そんな感じで小人のカップルです。
花形スターのクレオパトラはハンスを馬鹿にしてる。

森にて。
オッサン2人が登場。
地主のデュバル
使用人のジョン。そう呼ばれてる。
怪物がいますと話すジョン。マジでいました。これはビックリの2人。

引率のテトラリニ夫人と怪物たち。
サーカスですと普通に説明するテトラリニ夫人。
空いてる時間は日光浴でもと説明してます。
下半身のない男。
手足ののないダルマ男。
その他といった感じです。
溶暗になります。

サーカスにて。
ロロ兄弟のアクロバット。
テトラリニ夫人
ジョセフィーヌ・ジョセフ 半身が男で半身女。
それから女装してる男とヘラクレスが登場。

クレオパトラは花を送ってくれたハンスにありがとうと礼を述べる。
1000フラン借りたいのとストレートに金づるにする気満々のクレオパトラ。

オットセイの芸人の女が登場。名前はビーナス。
ヘラクレスと付き合っていたが別れ話になってます。
そんなわけでビーナスはヘラクレスのトレーラーハウスから出て行きます。

ビーナスはピエロのフロソと話し込む。
フロソはピーナスのトレーラーハウスに入る。
ビーナスにアル中にはなるなと説教してるフロソ。

外に出たフロソはシャム双生児デイジーとバイオレットと話し込む。
シャム双生児の旦那がいます。2人まとめてではなく1人ずつです。

クレオパトラのトレーラーハウスにて。
ヘラクレスがやって来てクレオパトラと話し込む。それでキスになってます。
そんなとこをジョセフィーヌ・ジョセフが見てたりします。
気が付いたヘラクレスがジョセフィーヌ・ジョセフを殴打する。

ハンスとフリーダ。
口論になってます。クレオパトラはハンスを騙す気だと主張するフリーダ。

クレオパトラのトレーラーハウスにて。
ヘラクレスもいます。
ハンスがきます。クレオパトラは面倒なのでドアも開けずに風呂に入ってると追い返す。
そんなわけで大笑いのクレオパトラとヘラクレス。
溶暗になります。

フリーダとビーナス。
ハンスのことが心配なフリーダ。
クレオパトラは誰にでも色目を使うのよとビーナス。
ハンスにクレオパトラがつきまとってしょうがないと愚痴が出てるフリーダ。

オッサンたちが雑談中。離れたとこにハンスもいる。
ハンスは雑談のネタに怒って抗議する。
そんなとこにクレオバトラが来てハンスに背中をさすらせる。
ハンスがさすってるのを馬鹿にしてにクレオバトラとオッサンたち。

フロソとビーナス。
そんなとこに下半身無し男が来ます。
ビーナス、ジョニーと名前が出てます。下半身無し男がジョニーらしい。
フロソがビーナスに巨大ハンマーで頭を殴らせる芸を見せています。殴られると頭が引っ込むわけです。
そんなとこに見にこいとお呼びがかかります。髭女に赤ちゃんが産まれた。

髭女の旦那が赤ちゃんが産まれたと喜ぶ。旦那は痩せ男です。

トレーラーハウスにて。
シャム双生児と旦那です。
片方が酔っ払うと片方もそうなるみたい。

小人の男と太った女が登場。
クレオパトラとハンスの話題になってます。いいカモにされているハンス。
太った女は手が無い。足だけで何でもこなしてます。

ダルマ男とおっさんが登場。
もっと大きいとこで働きたいと愚痴が出てます。結構普通です。

キャラ紹介のシーンになります。
シュリッツ。Pin Headとフロソ。
エルバイラ。Pinhead
ジェニーリー。Pinhead
何だかわからん。単なるキャラ紹介なのか?
フランシス Armless Girl
ロロはオッサン。
おばさんもいる。何だかわからん。

クレオパトラとハンス。
ワインを飲んでます。

ビーナスとフロソ。
風呂に入る芸の練習をしてるフロソ。
ビーナスはデートに行くつもりでおめかししたがフロソは忘れている。
そんなわけで機嫌が悪くなるビーナス。
ご機嫌取りでキスをするフロソ。満更でもないビーナス。いい感じになってます。
どうやらキスは初めてだった2人。

シャム双生児と違う旦那。
それぞれに旦那がいるわけです。どうするんだ?
結婚してくれと旦那。

フロソとシャム双生児の旦那。
クレオパトラとハンスを見てます。カモにされてるなといった感じ。
シャム双生児の旦那の名前はロスコーとロジャースでした。
ロスコーがデイジー。ロジャースがバイオレット。このカップルだと思う。

トレーラーハウスにて。
ハンスにコンタクトするフリーダ。
クオレパトラに関して話し込んでます。ハンスはクレオバトラに夢中。
サーカスの皆が2人を笑ってるいるとフリーダ。
そんなわけで別れ話になってます。それでどうなる。

トレーラーハウスにて。
クレオパトラとヘラクレス。
ハンスからのプレゼントのネックレスがいくらだと盛り上がってる。大笑い。
そんな感じでハンスをいい金づるにしてます。
そんなとこにフリーダが来ます。ヘラクレスは隠れる。
フリーダは適当にあしらわれています。ハンスを遊ばないでと抗議するフリーダ。
ハンスと結婚してやるわと馬鹿にするクレオパトラ。
フリーダはハンスの財産の話しを口走ってしまう。そうなるとどうなる。
あなたも財産のことを聞いていたのとクレオパトラ。それでハンスから搾り取る気です。

フリーダが帰るとヘラクレスが出てきてハンスの財産の話しになる。
どうやってハンスの財産を手に入れようか・・・
金目当てで結婚すると主張するクレオパトラ。それから病気にさせて殺す段取り。

結婚披露宴にて。
クレオパトラとヘラクレス。ハンスと他のフリークスの面々。
ワインに毒を仕込んでるクレオパトラ。ハンスに飲ませてます。
クークー スーツ姿の小人
教授 普通のオッサンっぽいが剣を飲む芸人です。
火を吹くボルケーノ そのまんまだ。

クレオパトラは大笑いで上機嫌です。それでどうなる。
何故かヘラクレスとキスになってます。そうなるとどうなる。
落ち込んでるフリーダは席を外し去って行きます。テトラリニ夫人が追って行く。

クレオパトラを仲間に迎えようと口上を述べる小人の男クークー。
歌いながら大きいグラスの酒を回し飲みさせてます。
何だかマジになって嫌がってるクレオパトラ。
大きいグラスを飲めとクレオパトラに迫る小人の男。それでどうなる。

クレオパトラは発作的にフリークスたちに消えろと罵る。
何故かハンスに八つ当たりしてます。何でそうなる。
ハンスを肩車して大騒ぎのクレオパトラ。それにヘラクレス。

トレーラーハウスにて。
一応ハンスに謝っているクレオパトラとヘラクレス。
ヘラクレスは自分は無関係だと主張してる。
ハンスは君は悪くないとクレオパトラを許してます。
そんなとこに覗いてる小人クークーがいます。
ハンスですが結婚はジョークだったのはようやく気が付いたのか?それで倒れます。
酒が効いたのか毒が効いたのかそんな感じ。ハンスを運ぶクレオパトラ。
どうやらハンスのトレーラーハウスに運び込んでます。
これを見ているフリークスの面々。

シーンは変わって寝込んでるハンス。
医者の先生が来ててこれは毒だと診断してます。プトマイン中毒。
一応クレオパトラもいます。

フリーダとビーナス。
ハンスに無理やり飲ませたと愚痴が出ているフリーダ。

ヘラクレスに意見するビーナス。
ワインに何か混ぜたわねとストレートに聞いてます。通報するわとなる。
白状しないと警察に行くわとたたみかけるビーナス。それでどうなる。

フリークスの面々はこの成り行きをずっと注目してます。

ヘラクレスとオカマ男。
オカマ男はもしかしてシャム双生児のの旦那ロスコーなのか?似ている。

寝込んで1週間のハンス。一応看病のクレオパトラ。
ハンスのご機嫌を取ってるクレオパトラですが薬に毒を入れてます。
この成り行きを外からずっと見ている小人クークー。
スプーンで薬を飲ませています。ハンスはハンスで隠れてタオルに薬を吐き出してる。
君が僕にしてくれたことは忘れないよと意味深なセリフのハンス。

クレオパトラが外に出るとフリークスの面々が周りをうろつく。
自分のトレーラーハウスに入るクレオパトラ。

小人クークーがハンスのとこに来てます。
ハンスは今夜決行すると言ってます。やる気満々です。大したものだ。
クレオパトラのセリフを復唱してるハンス。醜悪な化け物め・・・

嵐の夜にて。雷も鳴ってます。
フリークスの面々が集合して決行となります。
サーカスは移動中です。馬がトレーラーハウスを引いてます。
ヘラクレスは自分のとこから出ています。どこに行くんだ?
フリーダはフロソにヘラクレスのことで何か言ってます。ビーナスにバレてる。

ハンスのとこにクレオパトラが来てます。他のフリークスがいるので早く帰んなさいとフリークスを追っ払うクレオパトラ。
またスプーンで薬を飲ませようとするがもうハンスは飲まない。
フリークスの1人がスイッチナイフを出す。1人がハンドガンを出す。そんな感じで物騒になってます。
さすがにこれはまずいなとなってるクレオパトラ。それでどうする。
ハンスに毒で殺すつもりだったんだろうと言われる。

ヘラクレスはビーナスのトレーラーハウスに押し入ろうとしてます。
鍵のかかったドアをぶち破る。
捕まったビーナスをフロソが助けに来る。ヘラクレスと格闘アクションになるが押されています。

ハンスののトレーラーハウスが転覆する。
クレオパトラが外に逃げる。追うフリークス。

フロソ対ヘラクレスの格闘アクションにて。外に出て続いてる。
何だが旗色が悪いフロソ。マジでやられそう。そこにフリークスが助けに入る。
フリークスが投げナイフがヘラクレスに刺さります。これで動きが悪くなる。
そんなとこにナイフを持ったフリークスの面々が迫ります。色々といます。

逃げるクレオパトラ。追うフリークスの面々。
ここでシーンが途切れ回想が終わります。

エピローグ
プロローグのサーカスに戻ります。
口上のオッサンはいったい何が彼女をこんなことをと盛り上げる。
それでどうなったかと見るとクレオパトラは鶏人間になっていました。

屋敷にて。
誰にも会わないことにしてるハンス。ここ数年誰とも会っていない。
ハンスのとこに執事がお客様ですと知らせる。帰ってもらえとハンス。

しかしお客様が来ています。フロソとビーナスです。
会って欲しい人がいるとフリーダを連れていました。

そんなわけで感動の再会となるハンスとフリーダ。
2人を見てフロソとビーナスは引き上げる。
これでハンスとフリーダは一緒に暮らせることになった。

エンドとなります。このエンドはMGMではなくコスミック出版のエンドマークです。
キャスト表はあります。


そんなわけでフリークスは出てるけど普通のホラーのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村

« 『魔の家』(1932年) | トップページ | Hollywood Express #882◆2021.08.28(土) »

映画」カテゴリの記事

1930年代」カテゴリの記事

クラシックホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『魔の家』(1932年) | トップページ | Hollywood Express #882◆2021.08.28(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。