映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『暗黒街の復讐』(1947年) | トップページ | 『ずっとお城で暮らしてる』(2019年) »

2021.07.19

Hollywood Express #876◆2021.07.17(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆滅多にプライベートを見せないジュリア・ロバーツが珍しくインスタグラムにプライベート画像を載せた話題。単なる気まぐれなのかも。
◆『パディントン2』 Padinton2 (2017) から、カンヌ映画祭でスタジオカナルが3作目の新作の撮影が決定した話題。
◆リチャード・ドナー監督が亡くなった話題。『スーパーマン』 Superman (1978) 等が有名。最も商業的に成功した職人監督だと思います。
◆ Queenpins (2021) の話題。クーポンで色々ある話しのようです。コメディ。9月公開予定。
◆マット・デイモン、アビゲイル・プレスリン主演のサスペンス。 Stillwater (2021) の話題。カンヌ映画祭では評判がよかったそうです。アメリカでは7月公開予定。
◆『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2021) から、デヴィッド・ハーバーのインタビューがあります。
◆1969年の音楽ドキュメンタリー『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』 Summer of Soul (...Or, When the Revolution Could Not Be Televised) (2021) の話題。興行収入totalが140万ドルでアメリカで今年1番ヒットしたドキュメンタリーになったそうです。
◆ Whirlybird (2020) から、1980年代にヘリコプターを使った追っかけ特種スクープの形式を始めたドキュメンタリー。アメリカ国内8月に公開とネット配信予定。

◆red carpet
◆『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 The Boss Baby: Family Business (2021) のプレミアの風景。トム・マクグラス監督、エイミー・セダリスとアレック・ボールドウィンのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2021) のメイキング。家族の話しでもあるようです。スカーレット・ヨハンソンのインタビューがあります。
◆『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2021) のメイキング。フローレンス・ピュー、デヴィッド・ハーバー、ケイト・ショートランド監督のインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆『クイーン&スリム』 Queen & Slim (2019) のジョディ・ターナー・スミスがカンヌ映画祭のホテルで泥棒の被害に遭った話題。色々と大変だったようです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『スペース・プレイヤーズ』 Space Jam: A New Legacy (2021) マルコム・D・リー監督、レブロン・ジェームズ、ドン・チードル主演のNBAアクションコメディ。実写とアニメの組み合わせです。ウサギのバックス・バーニーが出てるのでワーナーです。SpringHill Entertainment/Aero Mock-Ups (Aircraft mock-up rental)/Proximity/Warner Bros. Animation/Warner Bros.製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Escape Room: Tournament of Champions (2021) アダム・ロビテル監督、テイラー・ラッセル、ローガン・ミラー主演の『エスケープ・ルーム』シリーズ続編の脱出アクション。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Zola (2020) ジャニクザ・ブラボー監督、テイラー・ペイジ、ライリー・キーオ主演のツイッタードラマ。興行収入totalが350万ドル。
◆同じ10位が『イン・ザ・ハイツ』 In the Heights (2021) ジョン・M・チュウ監督、アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンス主演のラテン系ミュージカル。興行収入totalが2830万ドル。
◆9位が『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』 The Conjuring: The Devil Made Me Do It (2021) マイケル・チャベス監督、パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ主演の『死霊館』シリーズの最新作ホラー。興行収入totalが6380万ドル。
◆8位が『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』 Peter Rabbit 2: The Runaway (2021) ウィル・グラック監督、ドーナル・グリーソン、ローズ・バーン主演の『ピーターラビット』シリーズ続編コメディ。興行収入totalが3770万ドル。
◆7位が The Hitman's Wife's Bodyguard (2021) パトリック・ヒューズ監督、ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン主演の『ヒットマンズ・ボディガード』 The Hitman's Bodyguard (2017) の続編アクション・コメディ。興行収入totalが3500万ドル。
◆6位が『クルエラ』 Cruella (2021) クレイグ・ギレスピー監督、エマ・ストーン、エマ・トンプソン主演の悪役キャラ クルエラの前日譚ドラマ。興行収入totalが8090万ドル。
◆5位が『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』 A Quiet Place Part II (2020) ジョン・クラシンスキー監督、エミリー・ブラント、キリアン・マーフィ主演の『クワイエット・プレイス』シリーズ続編の謎の存在ホラー。興行収入totalが1億5080万ドル。
◆4位が The Forever Purge (2021) エベラルド・ゴウト監督、アナ・デ・レゲラ、テノッチ・ウエルタ主演の『パージ』シリーズ最新作の無法アクション。興行収入totalが2780万ドル。
◆3位が『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 The Boss Baby: Family Business (2021) トム・マクグラス監督、アレックス・ボールドウィン、ジェームズ・マースデンVCの続編コメディ。3D CGIアニメ。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが3490万ドル。
◆2位が『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』 F9 (2021) ジャスティン・リン監督、ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス主演の『ワイルド・スピード』シリーズ最新作のカーアクション大作。興行収入totalが1億4180万ドル。
◆1位が『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2021) ケイト・ショートランド監督、スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー主演のマーベルアメコミアクション大作。興行収入totalが8030万ドル。コロナ禍1週目で最大のヒットになってるそうです。

◆ending
“Fast Lane” from “F9: The Fast Saga”

◆私の好きなミュージックビデオ 音楽のみ
ヴァージンVSから『さらば青春のハイウェイ』

◆今週のBS1でのお勧め映画
◆クリント・イーストウッド監督主演のウエスタン『許されざる者』 Unforgiven (1992) がお勧めです。自分の感想はありません。
クリント・イーストウッドと言えば
マカロニウエスタンの最高傑作『続・夕陽のガンマン』(1966年)
刑事アクションの最高傑作『ダーティハリー』(1971年)
オッサン対決の佳作『ザ・シークレット・サービス』(1993年)
この3作品がお勧めです。

映画フェイス - にほんブログ村


« 『暗黒街の復讐』(1947年) | トップページ | 『ずっとお城で暮らしてる』(2019年) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『暗黒街の復讐』(1947年) | トップページ | 『ずっとお城で暮らしてる』(2019年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。