映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ディレイルド 脱線』(2018年) | トップページ | 『犯人を逃がすな』(1951年) »

2021.07.12

Hollywood Express #875◆2021.07.10(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆TCLチャイニーズシアター広場が再開された話題。スターの手形や足型で有名です。
◆『DUNE/デューン砂の惑星』 Dune (2021) のアメリカ劇場公開がまた3週間延期で10.22になった話題。同じティモシー・シャラメ主演の『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』 The French Dispatch (2021) と同じとのことです。
◆ドウェイン・ジョンソンの会社がアマゾンスタジオとタッグを組んでホリデーシーズン映画を撮る話題。2023年の年末公開予定。
◆ドウェイン・ジョンソンとエミリー・ブラントが『ジャングル・クルーズ』 Jungle Cruise (2021) の宣伝を務める話題。それぞれ主演だと主張する予告編があるようです。
◆ネット配信が始まったSFアクション大作『トゥモロー・ウォー』 The Tomorrow War (2021) の話題。主演と製作総指揮のクリス・プラットのインタビューがあります。
◆『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』The Sopranos (1999–2007) の前日譚 The Many Saints of Newark (2021) の話題。ジェームズ・ガンドルフィーニの実の息子マイケル・ガンドルフィーニが主演。
◆絵本『大きな赤いクリフォード』 Clifford the Big Red Dog が原作の Clifford the Big Red Dog (2021) の話題。実写映画です。9月公開。

◆red carpet
◆『トゥモロー・ウォー』 The Tomorrow War (2021) のプレミアの風景。クリス・プラット、ジャスミン・マシューズ、セイチェル・カブリエル、イヴォンヌ・ストラホフスキーJ・K・シモンズのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 The Boss Baby: Family Business (2021) のメイキング。アレック・ボールドウィンとエイミー・セダリス、監督脚本トム・マクグラスのインタビューがあります。
◆『トゥモロー・ウォー』 The Tomorrow War (2021) のメイキング。クリス・プラットとエドウィン・ホッジ、サム・リチャードソンのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ジェームズ・フランコがセクハラの訴えを220万ドルで示談にした話題。それでカネは払ったけどセクハラしていないと主張してるそうです。こまったものです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2021) ケイト・ショートランド監督、スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー主演のマーベルアメコミアクション大作。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Summertime (2020) カルロス・ロペス・エストラーダ監督、オースティン・アントワーン、マルケシャ・ババーズ主演の群像ドラマ。ダンスも入ってます。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『イン・ザ・ハイツ』 In the Heights (2021) ジョン・M・チュウ監督、アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンス主演のラテン系ミュージカル。興行収入totalが2710万ドル。
◆9位が Zola (2020) ジャニクザ・ブラボー監督、テイラー・ペイジ、ライリー・キーオ主演のツイッタードラマ。興行収入totalが240万ドル。
◆8位が『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』 The Conjuring: The Devil Made Me Do It (2021) マイケル・チャベス監督、パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ主演の『死霊館』シリーズの最新作ホラー。興行収入totalが6240万ドル。
◆7位が『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』 Peter Rabbit 2: The Runaway (2021) ウィル・グラック監督、ドーナル・グリーソン、ローズ・バーン主演の『ピーターラビット』シリーズ続編コメディ。興行収入totalが3500万ドル。
◆6位が『クルエラ』 Cruella (2021) クレイグ・ギレスピー監督、エマ・ストーン、エマ・トンプソン主演の悪役キャラ クルエラの前日譚ドラマ。興行収入totalが7710万ドル。
◆5位が Hitman's Wife's Bodyguard (2021) パトリック・ヒューズ監督、ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン主演の『ヒットマンズ・ボディガード』 The Hitman's Bodyguard (2017) の続編アクション・コメディ。興行収入totalが3220万ドル。
◆4位が『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』 A Quiet Place Part II (2020) ジョン・クラシンスキー監督、エミリー・ブラント、キリアン・マーフィ主演の『クワイエット・プレイス』シリーズ続編の謎の存在ホラー。興行収入totalが1億2550万ドル。
◆3位が The Forever Purge (2021) エベラルド・ゴウト監督、アナ・デ・レゲラ、テノッチ・ウエルタ主演の『パージ』シリーズ最新作のアクション。興行収入totalが1570万ドル。
◆2位が『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 The Boss Baby: Family Business (2021) トム・マクグラス監督、アレックス・ボールドウィン、ジェームズ・マースデンVCの続編コメディ。3D CGIアニメ。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが1960万ドル。
◆1位が『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』 F9 (2021) ジャスティン・リン監督、ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス主演の『ワイルド・スピード』シリーズ最新作のカーアクション大作。興行収入totalが1億2220万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆music from “Hitman's Wife's Bodyguard (2021)”

◆私の好きなミュージックビデオ 音楽のみ
ヴァージンVSからベスパップスカウトがないのでサントワマミイ

◆今週のBS1でのお勧め映画
◆パニック映画の傑作『ポセイドン・アドベンチャー』(1972年)がお勧めです。自分の感想はありません。

◆少し前に放映があった『ダイヤルMを廻せ!』(1954年)もお勧めです。
◆amazonの批評では不倫してるに被害者面してるとこき下ろされていました。そう思い込めばそうなんですが何しろ演じてるのがグレース・ケリーなんで見ててそんなことは全くありません。
◆『刑事コロンボ』シリーズでお馴染みのあらかじめ犯人がわかってる倒叙形式。
◆妻が不倫してるのを知ったヒモ亭主が旧友のスケコマシを脅迫して殺し屋に仕立てるが段取り通りに行かずに色々とある話しです。
◆スケコマシが一旦殺しの依頼を断る理由が殺人が嫌なわけではなく報酬が少ないというのもこまったものです。ヒモ亭主に脅迫され嫌々殺し屋になってます。
◆実家が富裕な不倫妻。妻のカネが頼りのヒモ亭主。ケチなスケコマシ殺人犯。不倫相手は人がいいだけの探偵作家。英国スタイルの警部。このように挙げるとロクなキャラしかいませんが1950年代の作品なので何となくゴージャスな雰囲気で監督もアルフレッド・ヒッチコックなので見てて面白いのです。
◆セリフは膨大ですが決めのシーンはセリフ無しでやってます。ここがいい。
◆低価格で映画ソフトが手に入るので買っても損がない作品です。

映画フェイス - にほんブログ村


« 『ディレイルド 脱線』(2018年) | トップページ | 『犯人を逃がすな』(1951年) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ディレイルド 脱線』(2018年) | トップページ | 『犯人を逃がすな』(1951年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。