映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『犯人を逃がすな』(1951年) | トップページ | Hollywood Express #876◆2021.07.17(土) »

2021.07.18

『暗黒街の復讐』(1947年)

この出所フィルムノワール映画の感想はネタバレ全開になっています。
バイロン・ハスキン監督、バート・ランカスター、カーク・ダグラス、リザベス・スコット主演の出所フィルムノワールのようです。


1947年 Hal Wallis Productions, inc. アメリカ作品
ランニング・タイム◆97分
原題◆I Walk Alone
プロット◆相棒に復讐をする話のようです。
音楽◆ヴィクター・ヤング

キャスト
バート・ランカスター→ムショ帰りのフランキー
リザベス・スコット→歌手のケイ

カーク・ダグラス→クラブオーナーのノル
ウェンデル・コーリイ→クラブ会計のデイブ
マイク・マズルキ→ドアマンのダン
ジョルジュ・リゴー→ノルの相棒モリス

クリスティン・ミラー→金持ちのリチャードソン夫人

マーク・ローレンス→ギャングのニック・パレストロ
ミッキー・ノックス→手下の若いスキナー。
デウエイ ロビンソン→手下のハインツ
フレディ・スティール→手下のタイガーローズ

バイロン・ハスキン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のフィルムノワールになってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクはあります。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『暗黒街の復讐』
I Walk Alone
バックには音楽が流れています。

タイトル
Hal Wallis Productions, inc. presents

Burt Lancaster Frankie Madison
Lizabeth Scott Kay Lawrence

in
I Walk Alone

with
Wendell Corey Dave
Kirk Douglas Noll 'Dink' Turner

and
Kristine Miller Mrs. Alexis Richardson
George Rigaud Maurice
Marc Lawrence Nick Palestro
Mike Mazurki Dan
Mickey Knox Skinner
Roger Neury Felix
スタッフの紹介 1部にマスクがかかる。
Hal B. Wallis Production
タイトルバックは立ってる男のイラストです。

本編です。
列車が走って駅にて。
男が待っています。名前はデイブ。
男がやってきます。名前はフランキー。14年勤めたムショ上がりです。

クルマで移動中にて。
フランキーとデイブ。ムショ暮らし14年の話しになってます。

ホテルにて。
フランキーとデイブ。
いたせりつくせりの段取りをしてるデイブ。
ウエーターが食事を持って来ました。

ノルの名前が出ます。それに世話役のモリス。
デイブにノルに脅されてるのかと聞くフランキー。
どうやらフランクはムショ行きでシャバのノルは上手くやってるらしい。

リージェント・クラブにて。
ドアマンの名前がダン。マイク・マズルキが演じてます。

事務所にて。
デイブがノルに報告してます。他にもう1人います。モリスです。
ノルはフランキーを懐柔するつもりなのか?
そんなとこにブランズウィックラガーが1箱届きます。
これは禁酒法時代に運んでいたブランドのようです。フランキーが送ってきた。

時間が経過して夜です。リージェント・クラブにて。
フランキーが来ました。ドアマンのダンに挨拶する。
ピアノを弾いてるケイに声を掛けるフランキー。

事務所にて。
ノルはモリスと打ち合わせをしていよいよフランキーと対峙する。
刑務所にいたから日光浴をしていたと嫌味のフランキー。
商売のために面会に行けなかったと言い訳のノル。

デイブに何故この店の権利をやらないんだと指摘するフランキー。
ノルはデスク裏のボタンを押しています。
取りあえずフランキーを店に行かせて呼んだモリスと相談のノル。

デイブはフランクを案内してケイと挨拶させたりしてます。
フランキーはカウンター席の有閑夫人の隣に座る。リチャードソン夫人と名乗る。

事務所にて。
ネルはケイと店の拡張計画の話しをしてます。
それでケイにフランキーと食事して聞き込みをしろと言ってます。
そんなとこにノルは問題発生と呼ばれる。

カウンター席にて。
フランキーとリチャードソン夫人がもめてます。
ノルが来てこの場を収めようとする。

個室にて。
食事のフランキーとケイ。
いい感じになってます。ここは生バンドまで付いてます。
『ロマンティックではない』をリクエストするフランキー。
バンドですがエレキギターが入ってます。

事務所にて。
ネルはリチャードソン夫人とキスになってます。
一緒に島に行きましょと言ってるリチャードソン夫人。とにかくカネはありそう。

個室にて。
フランキーとケイ。
1933年のシャンパンが出てくると機嫌が悪くなるフランキー。
いよいよフランキーの経歴を聞くケイ。当然あまり答えない。
『心と魂』をリクエストしてダンスになってます。

会話が進み海兵隊ではなく刑務所に14年いたんだと激昂するフランキー。
1933年は俺が捕まった年だ。
あんたと正直な男ねと評するケイ。

事務所にて。
ネルとモリス。
フランキーのことで相談です。
インターホンでニックがフランキーに会うと知らせが届く。

個室にて。
フランキーとケイ。話し込んでます。
禁酒法の時代の話しになっています。カナダとの国境で・・・

回想になります。
トラックで移動中のフランキーとネル。
前方には強奪団のクルマが待ち伏せています。
ここは強行突破でカーチェイスになります。

カーチェイスにて。
走行しながら撃ちあってます。
上手い具合に強奪団のクルマをクラッシュさせてます。
これで逃げられるとなるが今度は警察が来る。
そんなわけでここで別れようとなります。必ず分前は五分五分だとなる。
トラックから降りるネル。
そのまま運転したフランキーは捕まった。ネルは逃げ切った。
回想から戻ります。

フランキーとケイ。
ネルは逃げて俺は罪を着て14年の刑務所ぐらしとなった。

店にて。
フランキーは知人のニックと会ってます。情報をくれとフランキー。

事務所にて。
ネルとケイ。打ち合わせになってます。
ケイから平等に分ける話しはどうなったのと突っ込まれてるネル。
そんなとこにドアの外で会話を聞いててフランキーが入ってきます。激怒してる。

ネルはデイブにフランキーの資料を持ってこいと呼ぶ。
フランキーに説明するネルですが等分というのは以前持っていた店のことだと言い出す。
そんなわけで2912ドルだとネル。半端だから3000ドルにしてやろうと恩を着せる。

激昂したフランキーは3000ドルの小切手を破いて捨てる。
14年分の利息はどうなんだと要求してネルを殴打する。
そんなわけで面目丸潰れのネルはどうする。
ケイはケイで私はおとりの鳩なのかと怒ってます。

電話で使える男5~6人を呼ぶフランキー。

ケイの歌のシーンが入ります。
合間にリチャードソン夫人はノルと結婚すると話してます。
嫌がらせなのかケイの持ち歌以外をリクエストするリチャードソン夫人。

厨房にて。
ここに来てるネル。
ケイがリチャードソン夫人が『失恋』の歌詞を覚えろと無理を言うと訴える。
ネルはクラブに箔がつくのでリチャードソン夫人と結婚すると言い出す。ケイとはこれまで通りの関係でいいだろうとなる。
当然激怒するケイ。

楽屋にて。
着替えているケイ。

ホテルにて。
フランキーが戻るとケイがいました。
食事の席に関して言い訳するケイ。事情を知らなかった・・・
そんなわけで泣いてるケイ。これで仲直りするようです。

キスになると思ったらノックの音がします。
来客です。ニックと集められて男たちが来ました。
若いスキナー。ハインツ。タイガーローズ。3人だけでした。ニックもいるけど。

フランキーはクラブを襲撃すると言ってます。
そんなこんなでニックと3人が帰ってます。何だか気まずい雰囲気です。
ケイは帰ってしまった。

リージェント・クラブにて。
ピアノを弾いてるケイ。
ニックと3人はいます。フランキーも来ました。
事務所ではノルは気が付いて対策を練ってます。

事務所にて。
フランキー。ニックと3人が押し込んできます。
ネルはフランキーを時代遅れだと言い始める。会社組織にして色々とあるんだ・・・
期限は30秒だとカウントダウンのフランキー。

デイブは色々と面倒くさいんだと説明に入る。
そんな感じで面倒くさい会社組織に説明になるデイブ。3つの会社になってる・・・
ネルからもう時代が違うんだと言われてるフランキー。
そんなわけでニックと3人も情勢が悪いので降りるような感じ。これでフランキーの面目は丸潰れになってます。

荒れるフランキーはデイブに八つ当たりしようすとるがドアマンのダンに捕まる。
ネルは袋叩きにしろといった感じです。連行されるフランキー。

ネルとモリス。
今回はやり過ぎだと一応ネルに警告してるモリス。

裏口付近にて。
ドアマンと他2人から袋叩きにされてるフランキー。ズタボロになってます。
ズタボロのフランキーを少し離れたゴミ捨て場に放置する。
昔は最強だったとフランキーを過去形にしてるドアマン。

ドアマンたちが引き上げると入れ替わりにデイブが来ます。
フランキーを助けようとする。

店にて。
ケイの歌が入ります。フランキーを始末してご満悦のネル。
それでケイがフランキーのことを聞くと知らないととぼけるネル。
で、裏通りに捨ててやったとうそぶく。

裏通りにて。
フランキーとデイブ。そんなところにケイがやってきます。
仕方なかったとフランキーに謝罪するデイブ。これで和解したようです。
デイブは後でホテルで説明するといなくなる。

事務所にて。
ネルにリチャードソン夫人から電話です。
今夜は男とセックスなので明日の朝迎えに来いとのこと。そんな感じ。

デイブが来ました。もうネルとは袂を分つと伝える。
どうやらデイブは小切手偽造で弱みを握られていたようです。
あんたと俺しか知らない裏帳簿があるとデイブ。
俺たちはもう代償を支払った。今度はあんたの番だとデイブ。
デイブが帰ってネルはどうする。

店にて。
公衆電話でフランキーのホテルに電話してるデイブ。
しかしフランキーは不在です。怪我の治療でケイのアパートにいるんです。
店の外には怪しい男がいたりします。

夜の街中にて。
デイブが歩くと尾行されています。
いきなり撃たれるデイブ。そのまま退場となります。

ケイの自宅アパートにて。
治療中のフランキー。
弱気になってるフランキーを叱咤激励するケイ。
顔を洗ったフランキー。台所のケイのところに来ました。
ケイの父親は夫人に死なれたりして1人きりだったので叱咤激励にすることには慣れてたケイ。そんな話しになってます。

事務所にて。
警察から事情聴取されてるネル。
ここは自分の都合のいいことを並べています。

ケイの自宅アパートにて。
ここから出ているフランキーとケイ。
スキナーを見たらとそんな話しになってます。何だかわからん。
パトカーの音が聞こえてます。関わりたくないフランキー。
まだパトカーは自分のことではないと思ってるフランキーはデイブにペンを買ってやろうと店に入る。

殺人事件の号外が出てます。ケイに買ってもらう。
路地に隠れてるフランキーに号外を見せます。F・マディソンに殺人容疑。
思い切りフランキーのことです。殺されたのはデイブ。驚愕するフランキーとケイ。

ネルに確認すると意気込むフランキー。しかしクルマがないと動きが取れない。
ニックに電話して中古車を調達してもらうことになる。電話はケイがします。
キスをして別れてます。

タクシーで段取りの場所に来たフランキーとケイ。街中です。
クルマですがどうやらタクシーのようです。それはいいけど警官が怪しんでます。
隠れるフランキーとケイ。警官は行ってしまった。

タクシーで移動するフランキーとケイ。
運転手がフランキー。客がケイです。

検問というか料金所を通過してます。橋なのか?
客役のケイがが泣いてて運転手のフランキーがフォローする。そういう段取り。

ネルの屋敷にて。
到着したフランキーとケイ。
どこか鍵が開いてないか探ってると玄関から出てきたネルがリボルバーでホールドアップする。

そのまま書斎にて。
警察なら俺が呼ぶよとネルを挑発するフランキー。
ケイがフランキーのアリバイは私よと言う。それでどうなる。
隙を見て電気スタンドを倒して暗闇に紛れて隠れるフランキー。
そのリボルバーは後何発だ?と挑発してます。

残り3発だとフランキー。
そんなこんなでネルの後ろから首を絞めて拘束するフランキー。
灯りを点け逆にリボルバーでネルをホールドアップします。
次はドライブだとなります。

マジで3人でクルマで移動中になってます。
ネルは今更になってケイを口説いてよりを戻そうするがダメです。
誰がデイブを殺したと詰問するフランキー。
料金所も無難に通過する。

街に戻ってリージェント・クラブにて。
ここに入るフランキーとケイ。それにネル。
従業員のオッサンがいましたがお疲れさんと帰った。

事務所で対峙する3人。
ネルに金庫を開けさせます。普通はリボルバーが入っていたりしますがそれはなかった。
2912ドルでいいと言い出すフランキー。
ネルがデイブから回収したペンで領収書を書かせてサインもする。

ネルを壁まで歩かせるフランキー。ケイに10分後に警察に電話しろと言う。
そのまま厨房に行くフランキーとネル。

厨房にて。
フランキーとネル。
誰がデイブを殺した?と改めて聞くフランキー。
ネルに自白書を書けと強要します。冷凍庫に入れる。凍る前に書けとなってます。

事務所のケイは10分経って警察に電話してます。
あっという間にパトカーが来ました。

自白書を警察に渡すフランキー。
ネルは脅迫されたので無効だ主張する。
しかしフランキーはリボルバーを持っていなかった。ポケットに入っていたのはデイブにプレゼントするはずのペンでした。

そんなわけで警察に連行されるネル。
バーのとこで最後に一杯飲みたいと言って警察が許可する。
しかしネルはカウンター内のリボルバーをゲットして警察2人をホールドアップする。
この往生際の悪さはさすがカーク・ダグラスといった感じ。

そのまま事務所に突入してフランキーとケイを片付けるつもりネル。
もう銃は使わないと言ってるフランキーですがこれは大変。

事務所から出て来たフランキーとケイを撃つネルですが外れた。
ネルは事務所にいた警官に撃たれて死に至ります。

警察にて。
ここから出てくるフランキーとケイ。
これで終わったとフランキー。
一緒に好きなところに行こうとなります。
エンドとなります。
cast of characters


そんなわけで普通のフィルムノワールのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村



« 『犯人を逃がすな』(1951年) | トップページ | Hollywood Express #876◆2021.07.17(土) »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『犯人を逃がすな』(1951年) | トップページ | Hollywood Express #876◆2021.07.17(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。