映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ずっとお城で暮らしてる』(2019年) | トップページ | Hollywood Express #877◆2021.07.24(土) »

2021.07.25

『サラブレッド』(2017年)

この継父殺しサスペンス映画の感想はネタバレ全開になっています。
コリー・フィンリー監督、アニャ・テイラー=ジョイ、オリヴィア・クック、アントン・イェルチン主演の継父殺しサスペンスのようです。


2017年 June Pictures / B Story production/Big Indie Pictures/comcast company/Focus Features/Parco アメリカ作品
ランニング・タイム◆92分
原題◆Thoroughbreds
プロット◆継父を何とかしようとする話のようです。
音楽◆エリク・フリートランダー
音楽監修◆スーザン・ジェイコブス

キャスト
アニャ・テイラー=ジョイ→お嬢様のリリー
オリヴィア・クック→ゴスのアマンダ
アントン・イェルチン→ヤク売りのティム

ポール・スパークス→継父のマーク
フランシー・スウィフト→リリーのママ シンシア
カイリ・バーノフ→アマンダのママ カレン

コリー・フィンリー監督の演出はよいと思います。
全体的にトム・フォード監督作品に似たスタイリッシュな感じになってます。

この作品は~で見ました。
パルコ/株式会社ハピネット発売のDVDにて。
画質は普通です。DVDクオリティ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は Dolby Digital 3/2.1ch

著作権のアラート
健康のため云々の余計なお世話なアラート

Parco
Focus Features
a comcast company
June Pictures
タイトル
B Story
Focus Features presents
in association with June Pictures

a June Pictures / B Story production
in association with Big Indie Pictures

黒味の合間にシーンが入る。
馬と対峙する女性が登場。オリヴィア・クック扮するアマンダです。
ナイフに手がいってるアマンダ。
→馬にナイフというとシャーロック・ホームズかと連想する。

Thoroughbreds

リリーの自宅にて。お屋敷です。
クルマでアマンダがやってきます。
リリーは普通のお嬢様でアマンダは過激な不思議ちゃん。

呼ばれてるリリーですがなかなか来ない。
待ち時間にあちこち見ているアマンダ。封筒に現金とか。

壁に刀が飾ってあります。興味津々なアマンダ。
そんなとこにリリーがようやく来てます。

Chapter1
第1章
リリーとアマンダで勉強で読解をやってます。馬が出てくる文章です。
それから抽象的な問答になってます。

アマンダは他人の感情表現を真似するのか得意らしい。
精神科にかかっていて色々な病名を言われいてる。
実は時給200ドルでアマンダのママから頼まれていたリリー。アマンダがママの電子メールを読んだらしい。
そんなこんなでアマンダは帰ります。

アマンダの自宅にて。
ラップトップコンピューターでゲームをしてるアマンダ。

リリーの自宅にて。
また来てるアマンダ。リリーと勉強になってます。
お金ではなくあなたに会いたかったのよとフォローしてるリリー。
そんなとこに継父のマークが来ますが会話は弾まない。すぐにいなくなる。

アマンダはリリーにマークが憎いのねとストレートに言ってます。
ママはマークに支配されてるといった感じ。

まだリリーとアマンダの会話はぎこちない。
いきなり抱き合ったりしてます。

シーンは変わって風呂上がりのアマンダ。

古い映画を見てるリリーとアマンダ。
フィルムノワールでエドモンド・オブライエンが出ています。
どうやら『都会の牙』(1949年)みたい。
あの女は嘘泣きよとか、これに出てる人達はもう死んでるか老人だろうとそんな話題になってます。

何故か泣いてるアマンダ。しかしこれは訓練して出来ると言う。いつでも泣ける。
興味津々のリリーはその方法を教えてもらってます。

そんなとこにマークが来ます。
もう遅いからとアマンダをクルマで送る送らないともめてます。
ようやくマークがいなくなるとマークは肉とジュースの食事療法をやってる話題になる。
死なないかなと言い出すリリー。

台所にて。
リリーとアマンダ。
隣のワインセラーからワインを出しています。
コルクを開けるとビンの方を回してます。そういうやり方の方がいいのか?
で、リリーは殺人は嫌よと言ってます。
それから走れない馬の話題になってます。それでどうなる。
アマンダに帰ってと言い出すリリー。

アマンダの自宅にて。
ベッドで寝てるアマンダ。携帯電話でリリーのことを調べます。
ACPに電話する。インターン制度はありません。
フィリップアカデミーに電話する。商品の配送な件でさぐりを入れる。

リリーの自宅にて。
口紅をつけてるリリー。

Chapter2
第2章
ママを呼ぶリリーですがマークから家の中で大声を出すなと叱られる。
で、ママは地下室で日焼けマシンに入ってました。クルマのキーを借りるリリー。

どこかのホームパーティーにて。
リリーが来てます。とりあえず普通にしてます。
口論で揉めています。ヤクの売人ティムが登場。この中で歳を食ってる。

外にて。
クルマで帰ろうとするリリー。ティムがいます。
リリーにヤクの売り込みを始めるティム。断るリリー。
色々としつこくリリーに聞くティム。迷惑なリリー。
学校は中退して実業家になったほうがいいと力説してるティム。

リリーの自宅にて。
芝刈りが来てます。2台の芝刈り機が作業中。
親子3人で食事中ですがリリーは携帯電話でメッセージにかかりきり。
寝てるリリーは何だか色々な音が聞こえます。目を開けると音は消える。

アマンダの自宅にて。
リリーが来てます。アマンダのママが出るがめんくらってます。
アマンダは裏庭に佇んでます。何だか普通ではない。

家の中のリリーとアマンダ。

次はプールで泳いでるリリーとアマンダ。
30秒潜ったが溺れるリリー。アマンダが引き上げてくれた。

プールから出たリリーとアマンダ。まだ水着のままです。
何故捕まると思うと言い出すリリー。アマンダならどうすると聞く。
私はやらないとアマンダ。それでどうなる。

リリーの自宅にて。
ママがリリーの新学期から再入学の申請書を読んでます。
申請には親の署名がいるのでこうなってます。
ブルックモアがいいと言ってるママ。素行に問題がある生徒が入る女子校です。
当然リリーは不満です。
そんなとこにマークが来て嫌味を言う。もう学費は全額払い込んであるので文句を言うなといった感じ。
最悪の展開になるリリー。それでどうなる。

ガレージにて
赤いスポーツカーがあります。何だかわからん。
リリーはマークの自転車の前輪アクスルのネジを緩めてます。それでどうなる。

リビングのTVで映画を見ているリリー。
それから色々とシーンが変わる。時間が経過してるのか?

自室にて。
ラップトップコンピューターてチャットしてるリリー。
途中で歯磨きをしています。
それで肝心のチャットがどうなってるのかわからん。

時間が経過してます。
マークは鼻に絆創膏を貼っています。どうやら成果はこれだけみたい。
ママがマークの心配をするがマークはイライラしてます。そんな感じでママに当たり散らしてます。子供か。

アマンダの自宅にて。
庭にいるリリーとアマンダ。巨大な駒でチェスをしてるアマンダ。
脚を折った馬の話題になってます。どうやらアマンダの馬の話しらしい。
自分で安楽死させようと色々と調べて実行したアマンダ。ナイフもその一環らしい。
リリーはやるべきだと主張する。マーク殺しのことです。
それはともかくアマンダは動物虐待で裁判沙汰になってらしい。色々と大変だ。
やるんだったちちゃんとやれとアマンダ。

Chapter3
第3章
老人ホームにて。
受付で入居者の方に面会したいと来てるリリーとアマンダ。
入居者の名前なんてわからないがアマンダは届いてる郵便物の名前を出してここを突破してます。
歩き回るリリーとアマンダは仕事中のティムを見つけてコンタクトする。

クルマ内にて。どうやらティムのクルマで。ハンドルマークはホンダです。
リリーとアマンダ。それにティム。交渉になります。
銃を持ってるか談義になってます。ティムは勢いで持ってると口走る。

リリーの自宅にて。
歌が流れる中で家に入るリリーとアマンダ。それにティム。
ここで細かい打ち合わせと交渉になるようです。
怪しい者が忍び込んでマークを射殺。強盗に見せかけるために何かを盗む。。
いきなりハンドガンを出すティム。俺に指図するなといった感じ。
ハンドガンですがコルト・ガバメントです。さすがに古いような感じ。現在ならグロックでしょう。

アマンダはティムとの会話を携帯電話で録音してました。
これを脅迫の材料にしてます。それからティムをこき下ろす。
老人ホームに勤めて子供にヤクを売るのがティムの正体です。こまったものです。
子供に売ってるのは同業者とのトラブルを避けるため。

頭にきたティムがアマンダを押し倒すが成り行きでハンドガンを持っていたリリーがティムをホールドアップする。
リリーに撃てないだろうと挑発するティム。実際に撃てなかったリリー。
そんなとこを後ろからアマンダが電気スタンドでティムを殴打する。

バスタブにティムを入れたリリーとアマンダ。
ティムの頭のけがは応急処置してます。
実は父親と一緒に住んでるティム。こんなことをやって何て言い訳する?と嘆く。
段々と情けなくなってます。それでどうなる。

録音をネタにティムに言うことを聞かせるリリーとアマンダ。
色々とやらかしてるティムは今回しくじると15年はくらいこむようです。
それでどうなる。

ママとエステ旅行のリリー。
白いバスローブで食事になってます。
脚を洗っています。

リリーの自宅にて。
マークの寝込みをティムが襲うようです。
庭のセンサー付きライトが点灯したりします。
ハンドガンは庭の所定の位置に置かれてます。ゲットするティム。
マークは庭のライトが点灯してるのに気が付いて起き出してます。
火かき棒に手がいくマーク。

ママとエステ旅行のリリー。
ペディキュアのリリー。一瞬係員の女性がマークに見えたりしてます。

時間が経過してエステの受付にて。
マークが迎えに来てママをびっくりさせてます。驚愕するリリー。

リリーの自宅にて。
ハンドガンを確認するリリー。ありません。そうなるとティムは逃げたわけだ。

アマンダと相談するリリー。失敗した。
これでは収まらないリリー。アマンダはそうでもない。
アマンダはリリーに突っ込みを入れる。学校は退学。インターンは嘘。
そんなとこにマークが帰宅したのでとりあえず休戦です。

リリーはタバコを吸ってる。アマンダは包丁を持って隠れてる。
タバコのリリーに説教するマーク。
マークに離婚してよと言い出すリリー。そうなるとマークの説教がエスカレートします。
学校までは金を出してやる。あとは知らんと無責任な態度のマーク。

マークがいなくなり泣いてるリリー。隠れて話しを聞いていたアマンダ。
私のパパの葬式で一緒に泣いてくれたあなたは演技だったのと聞くリリー。
そうだとアマンダ。

Chapter4
第4章
マークは機械相手にテニスのレシーブ練習をやってます。
ベランダから見てるリリーに気が付くマーク。それだけ。

夜になります。
アマンダが来ました。また2人でTVで古い映画を見てます。
今度の映画は普通のドラマなので何だかわからん。
3日音沙汰無しでいきなりメールがあったので来たアマンダ。

生きる価値について話し込んでます。感情がないと生きる価値がない・・・
リリーは唐突に飲み物を飲むのはやめろ言い出す。睡眠薬を入れた。

マークを殺す段取りの話しを聞いて何故か一気飲みをするアマンダ。
寝ているアマンダにナイフを持たせる。これを聞いて一気飲みになった。

アマンダは私は有能な模倣者なのよと言いつつ寝てしまった。
リリーは段取り通りに行動するようです。2階へ行った。
この辺からずっと長回しのワンショット撮影になってます。
寝ているアマンダをカメラがずっと撮ってます。全く動いていないアマンダ。

リリーが戻って来ました。ゴム手袋をして血だらけです。
そうなると首尾よくマーク殺しは完了したようです。
段取り通りにアマンダに血を付けてます。ナイフは持たせていない。
何故かリリーはアマンダと一緒に寝っ転がってます。気が変わったのか。

女性は血液反応で出ても容疑者にはならないだっけ?
→生理の血でそうなるらしい。これが本当なのかはわからん。

何やら音がして黒味になります。

街にて。
ちょっとこぎれいになった制服のティム。
ここにやって来たリリーがティムに話しかけてきます。
ティムに動揺し過ぎと突っ込むリリー。
大学の面接ミーティングに来たとのこと。面接官が私の継父の友達だった。
過去形になるので継父マークは無事に死んだらしい。

お悔やみをとティム。
リリーは全くは気にしていない。ティムは面食らう。
どうやらホテルのドアマンをやってるティム。そんなわけでクルマをお願いねとキーを渡すリリー。

ティムに実行しなかったことを感謝してると言うリリー。
彼女は違うみたいとアマンダの話題になります。1週間前に手紙が来た。

アマンダの手紙です。
ここも悪くない。精神病院の療養所のことです。
馬の絵を描いてるアマンダ。
夢の話をするアマンダ。サラブレッドしかいない街の夢だ。

リリーとティム。
手紙は読まないで捨てたと言ってるリリー。
黒味になってエンドとなります。

後タイトル
Thoroughbreds

in memory of Anton Yelchin

スタッフの紹介

Olivia Cooke Amanda
Anya Taylor-Joy Lily
Anton Yelchin Tim
Paul Sparks Mark
Francie Swift Cynthia

a Cory Finley film

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで女優さん2人で持ってるよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村



« 『ずっとお城で暮らしてる』(2019年) | トップページ | Hollywood Express #877◆2021.07.24(土) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ずっとお城で暮らしてる』(2019年) | トップページ | Hollywood Express #877◆2021.07.24(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。