映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #876◆2021.07.17(土) | トップページ | 『サラブレッド』(2017年) »

2021.07.24

『ずっとお城で暮らしてる』(2019年)

このお城映画の感想はネタバレ全開になっています。
ステイシー・パッソン監督、タイッサ・ファーミガ、アレクサンドラ・ダダリオ主演のお城で暮らすドラマのようです。


2019年 Furthur Films production/Mighty Engine production/Albyn Media Ltd./Merlin films/Great Point Media アメリカ作品
ランニング・タイム◆96分
原題◆We have always lived in the castle
プロット◆お城で色々とある話のようです。
音楽◆アンドリュー・ヒューイット
音楽監修◆マギー・フィリップス
Music by
Andrew Hewitt
Andreas Lucas ... co-composer

キャスト
タイッサ・ファーミガ→妹のメリキャット
アレクサンドラ・ダダリオ→姉のコンスタンス

クリスピン・グローヴァー→伯父のジュリアン
セバスチャン・スタン→従兄弟のチャールズ

ポーラ・マルコムソン→親類のヘレン夫人
ピーター・オメーラ→旦那のサム・クラーク
アンナ・ニュージェント→同伴のルシル

ジョアンヌ・クロフォード→ダイナーのステラおばさん
イアン・トナー→消防署のジム

ステイシー・パッソン監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりなドラマになってます。

ところでこの作品の時代設定はいつなんだ?
髪型やメイク服装やクルマなどから1960年代だと思われます。

アレクサンドラ・ダダリオですが相変わらずおっぱいが凄い。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧

『ずっとお城で暮らしてる』
(2019年)
アメリカ
音声は5.1chです。

Great Point Media
タイトル
Great Point Media presents
a Furthur Films production
a Mighty Engine production
in association with Albyn Media Ltd.
in association with Merlin films

ここは廃屋のようなところです。
モノローグで始まります。
メリキャット・ブラックウッド。18歳。
姉さんのコンスタンスと暮らしている。
ここからは動かないとモノローグで主張してます。
でも変化が訪れる・・・

風見鶏が映されます。
We have always lived in the castle

先週の火曜日
レコードで朗読を聞いてます。
廃屋ではなく普通の部屋です。妹のメリキャットが登場。
姉のコンスタンス。
車椅子のオッサンが伯父のジュリアン。

新聞の見出しです。
ブラックウッド家の屋敷の恐怖・・・

お使いに出かけるメリキャット。お使いは嫌いです。
私有地立ち入り禁止と表示されている門を出ています。

6年前に家族を毒殺しジュリアン伯父さんを不随にしたと疑われた姉コンスタンスは町の人々から煙たがられていた。
それでも一緒に暮らしてます。

町にて。
面倒くさい買物をようやく終えたメリキャット。
ダイナーに寄ってます。ここの主人がステラおばさん。

消防署のジムから声をかけられるメリキャット。
お姉さんと引っ越すのかと絡まれる。
コーヒーにタバコを入れられています。そんなわけで追い出されてます。
町を歩けば子供に罵声を浴びせられる。

メリキャットはダイナーでスプーンをゲットしていました。
このスプーンをびんに入れ森に埋めてます。おまじないらしい。

屋敷にて。
帰宅するメリキャット。それぞれいつもの風景になってます。
食事になってます。

ベッドで一緒の姉妹。
街の様子を聞かれてるメリキャット。
窓から見える月を見て月に行く話しになってます。

コンスタンスはレコードをかけて着替えをしてます。
メリキャットは部屋に厳重に戸締りをしておまじないをしてます。ロウソクを点けて防御の魔法を展開してるらしい。
同じようなことを森でもやっていたわけです。

先週の水曜日
クルマで3人がやってきます。親類です。
→1954 Cadillac Series 62
旦那のサムが運転してその夫人ヘレン。それに別の御夫人がルシル。
その夫はクルマで引き上げてます。また迎えにくる段取り。

コンスタンスはここから出た方がいいと言われてます。
メリキャットは不満そう。台所でビンを割ったりしてます。

ルシル・ライトです。伯父のジュリアンですと自己紹介してます。
とりとめのない会話が続いてます。何だかわからん。
ヒ素の話題になります。

ルシルはジュリアンと台所に行った。
ヒ素で父親と母親が死んだ。
そんなとこでクルマのクラクションが鳴って旦那が迎えに来ました。
ジュリアンはこの件について本を書くと意気込んでます。

夜、メリキャットは何か気になるようです。
また部屋を戸締りしてと思ったらコンスタンスが来てます。

先週の水曜日
コンスタンスは足りない食材ルバーブパイ用の砂糖の買物をメリキャットに頼む。
買物は嫌だとメリキャットですが行くことになる。

買物のメリキャット。
砂糖を買ったら速攻で帰宅してます。

屋敷にて。
メリキャットが帰宅すると従兄弟のチャールズが来てます。
赤いクルマは町でも見ていたメリキャット。チャールズとは話しをしない。
→1962 Austin-Healey 3000 Series II

また森に行っておまじないをやってるメリキャット。
と言うより寝ています。

先週の金曜日
原稿を書いてるジュリアン。
森からメリキャットが帰宅してます。まだチャールズとは話しをしない。
コンスタンスはチャールズとは何だかいい関係になってます。
チャールズを追い出そうと考えているメリキャット。

庭にて。
ジュリアンとチャールズ。
庭に植えた樹について話し込んでます。

屋敷にて。
姉妹は家の掃除をやってます。
チャールズのシャツのボタンをゲットするメリキャット。
どうやらその人の持ち物を瓶に入れて森に埋める段取りのようです。

食事にて。
3人いてメリキャットが遅れて食事になってます。
チャールズがベネチアに行った話しをしてます。
ジュリアンは書いてる本の話し。父親の兄なので伯父になるわけです。
外階段が壊れているのを修理しようと言い出すチャールズ。火曜日の買物もやると言ってやる気を見せています。当分居座るのか。
何だかそれぞれが勝手に喋ってます。会話ではない。

ジュリアンの部屋にて。
チャールズが来てます。寝かされてるジュリアン。
壁に新聞記事が貼ってあります。これが気になるチャールズ。
記事に触れないでくれと言うジュリアン。無視して触るチャールズ。

先週末。
階段の修理をしてるチャールズ。
コンスタンスがチャールズと気安くしてるので気になるメリキャット。

おまじないが効かないとモノローグが入る。
何しろチャールズは居座りっぱなしなんです。
もっと強い魔法が必要だとモノローグが入る。

庭にて。
チャールズがメリキャットに金の腕時計が埋まってると指摘する。
コンスタンスはガーデニングなのよと言ってる。
この腕時計は売ったら金になると主張するチャールズ。

風呂に入ってるチャールズ。
そんななとこにコンスタンスがタオルを持ってきてチャールズと鉢合わせになる。
怪しい感じになるがここはチャールズがドアを閉めて何でもなかった。

リビングにて。
チャールズがしばらくいると聞いてガッカリしてるメリキャット。
そのチャールズですがちゃっかりと腕時計をしている。

チャールズを呼んでお願いするメリキャット。お引き取りを・・・
で、チャールズは妹には嫌われているが姉には好意を持たれていると主張する。
そんなわけでまだ居座るようです。

チャールズは段々と父親のように振る舞うとモノローグが入る。
コンスタンスとも親しくしてる。

月曜日。
階段を修理してるチャールズは階段下から箱を見つける。箱には硬貨が入ってました。
コンスタンスに銀貨が40枚も入ってると怒るチャールズ。金庫に入れとけとなる。
遊びなのよとあまり気にしないコンスタンス。
これは問題だ。ことを大袈裟にするチャールズ。それでどうなる。

町にて。
買物に来たチャールズ。
ダイナーに入るチャールズ。外からメリキャットが伺ってます。
オッサンがいいクルマに乗ってるなとチャールズに絡んできます。
で、チャールズが屋敷に人間だと知ると周りの態度が一変する。色々と言われる。

外ではメリキャットがチャールズのクルマに傷をつけてます。
このシーンは傷をつける効果音のみで映像はない。低予算なのでそうなる。

屋敷にて。
帰宅したメリキャット。コンスタンスと話し込む。
コンスタンスはチャールズは悪い人ではないと言ってます。
メリキャットは不満です。

そんなとこにチャールズが帰宅します。
父親の書類が見たいので金庫を開けてくれと要求する。
それからメリキャットに1ヶ月後にどっちが残る?と挑発する。

森に行ってるメリキャット。
おまじないとアイテムが掘り出されていてビックリ。

屋敷にて。
コンスタンスとチャールズはいい感じになってます。
ダンスしてる2人を窓の外から覗いてるメリキャット。

火曜日。
寝ているメリキャット。
チャールズはコンスタンスを呼んでます。

メリキャットは森で集めた木の枝などをベッドにぶちまけてます。
それから色々な材料をぶちまけて水をかけてます。鏡を割ったりもする。
おまじないの集大成といった感じ。単なる嫌がらせにも見えたりする。

台所にて。
メリキャットがいると激昂したチャールズが来ます。
何をしたとメリキャットを責める。
そんなこんなでもめごとがこじれてます。それでどうなる。
ジュリアンはチャールズに出てけと言うがチャールズは居座るつもり。
そんな感じでジュリアンとチャールズは噛み合わない口論になってます。

メリキャットは森に逃げる。
おまじないのアイテムのビンが全部破られています。驚愕するメリキャット。
呪いだとなるがメリキャットだって呪ってる。お互い様だ。

何故か近くに椅子に座った父親と母親がいたります。
罰を与えないとと主張する父親。

猫を抱っこして屋敷に戻るメリキャット。

屋敷にて。
3人で食事になってます。
そんなとこにメリキャットが戻ってきます。そうなるとどうなる。
何故嫌うとメリキャットに絡むチャールズ。
そんなこんで俺は助言しに来たので見返りをよこせと言い始めるチャールズ。

食事の席から抜け出して寝室に来てるメリキャット。
火が残ってるパイプをゴミ箱に捨てています。速攻で点火して火事になる。

食事の席に戻りまた毒の話を始めるメリキャット。
そうなるはまた激昂するチャールズ。メリキャットを捕まえて階段を登る。

階段でメリキャットを押さえつけるチャールズですが何かおかしいと感じる。
あれは何だとなるが火事です。
コンスタンスに金庫からカネを出せと言い出すチャールズ。そうなるのか。

チャールズはクルマで助けを呼ぶと言っていなくなる。
残った3人。ジュリアンは自室に入り鍵をかける。
メリキャットとコンスタンスは右往左往している。

町にて。
ダイナーのおばさんが屋敷がブラックウッド家が火事よと知らせる。
そんなわけで消防と野次馬が屋敷に向かう。

屋敷にて。
ジュリアンは自室に入って出てこない。
コンタタンスは火事を見て呆然としてる。
メリキャットはコンスタンスを連れて安全な場所を探す。
コンスタンスはジュリアンの自室をノックするが開かない。

消防車が到着しておざなりな消防活動を始める。
野次馬はしばらく燃えろと騒いで見ていたが消防活動が終わると略奪を始める。
そんなわけで大騒ぎになってます。

いつの間にか戻ったチャールズは金庫を死守してます。
しかし肝心の金庫が開かない。こじ開けようとするがダメです。

メリキャットとコンスタンスは窓から外に脱出する。
しかし野次馬に捕まったコンタスタンスは乱暴な目にあう。

親類夫婦がクルマで来てますがどうにもならない。
旦那がリボルバーで威嚇射撃をすると略奪は一斉に終わる。静かになります。
ジュリアン・ブラックウッドは死んだと叫ぶ旦那。

チャールズはクルマで引き上げてます。

メリキャットとコンスタンスは森に逃げる。そのまま2人で寝てます。
未明になって月が見えてます。目を覚ます2人。
やっと月に来れたと話すメリキャット。

屋敷にて。
ようやく戻ったメリキャットとコンスタンス。
屋敷は荒れ果てています。ドアには出て行けと書かれている。

台所にて。
ここに入るメリキャットとコンスタンス。猫は無事でした。
コンスタンスは台所を片付けてます。

毒を入れて皆殺しにしたいと言い出すメリキャット。前みたいに口を滑らす。
父さんは邪悪な人だったとコンスタンス。私に辛く当たっていた。
しかしコンスタンスは毒のことはもう言わないでと言う。

誰か来ました。コンスタンスを呼んでます。
どうやらヘレンとサムの親類のおばさん夫婦です。
居留守の姉妹。メリキャットに出るなとコンスタンス。
外でジュリアンの葬式は明後日だと言って帰るヘレンとサム。

しばらくしてまた誰か来ます。コンスタンスを呼んでます。
町のオッサンです。チキンを持ってきた。どうやら略奪のお詫びのつもりらしい。
椅子を壊した謝罪だと言ってる。
居留守の姉妹。
そんな感じで町の人たちからの差し入れで玄関はいっぱいになってます。

台所ですがガスコンロは点きます。
食事を作ってるコンスタンス。

そんなところにチャールズが戻ってきました。
コンスタンスを呼んでます。居留守のにするがしつこく呼び続ける。それでどうなる。
ところで台所に残っていたスノードームの中はピサの斜塔でした。

いよいよ台所に入り込んできたチャールズ。
捕まるコンスタンス。
メリキャットスノードームでチャールズの後ろから頭を殴打します。
割れたスノードームのピサの斜塔でまた殴打してます。
そんなわけで血塗れで死に至るチャールズ。それでどうする。

森か庭にチャールズの死体を埋めてる姉妹。
おまじないと忘れないメリキャット。

屋敷に戻る姉妹。
チャールズのクルマを押して動かして始末してます。

プロローグに戻ってます。
箱を開けるメリキャット。ジュリアンの原稿が入ってます。
どうやらメリキャットは原稿の続きを書くようです。
私はメリキャット・ブラックウッド・・・

町の子供2人が謝罪に来たらしい。メリキャットを呼ぶ。
しかしメリキャットが出てこないので悪態をつき始める。
マジでメリキャットが出てきたら子供2人は逃げた。

昼食は?となる姉妹。
コンスタンスから大好きよと言われるメリキャット。
メリキャットが嬉しそうに笑う。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介
Michael Douglas executive producerの名前があります。

Taissa Farmiga Merricat Blackwood
Alexandra Daddario Constance Blackwood
Crispin Glover Uncle Julian
and
Sebastian Stan Charles Blackwood

We have always lived in the castle


そんなわけで風変わりなドラマのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村



« Hollywood Express #876◆2021.07.17(土) | トップページ | 『サラブレッド』(2017年) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #876◆2021.07.17(土) | トップページ | 『サラブレッド』(2017年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。