映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #871◆2021.06.12(土) | トップページ | 『泳ぐひと』(1968年) »

2021.06.19

『危険な愛の季節』(1975年)

この再会メロドラマ映画の感想はネタバレ全開になっています。
アラン・ブリッジス監督、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、スーザン・ジョージ、クリフ・ロバートソン主演の再会メロドラマのようです。


1975年 Lorimar Production/E.M.I. Film Distributors Ltd英国作品
ランニング・タイム◆87分
原題◆Out of Season
プロット◆20年ぶりに来た男が親子丼ぶりになる話しのようです。
音楽◆ジョン・キャメロン

キャスト
ヴァネッサ・レッドグレーヴ→母親のアン
スーザン・ジョージ→娘のジョアンナ

クリフ・ロバートソン→20年ぶりの男ジョー

エドワード・エヴァンス→客のオッサン チャーリー
フランク・ジャービス→郵便配達の男

アラン・ブリッジス監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のメロドラマになってます。

ヴァネッサ・レッドグレーヴの若い頃の作品は全く見ていない。
見ているのは歳をとってからの『ミッション:インポッシブル』(1996年)ぐらいです。
この作品のヘアスタイルはショートボブです。素敵。

スーザン・ジョージはいつものイケイケタイプです。とういうかこれしかない。
代表作『わらの犬』(1971年)が原因です。まあしょうがない。
代表作がゼロよりはいいでしょう。女優は代表作が2作品もあれば運がいい。そんな格言があります。

ギャラリー表参道発売のDVDにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

studio canal
そうなると画質はいいはず。ここの画面は黒枠ですが。
タイトル
Nat Cohen
present for E.M.I. Film Distributors Ltd
A Lorimar Production

Vanessa Redgrave Ann / mother
Cliff Robertson Joe / Ann's ex-boyfriend
Susan George Joanna / Ann's daughter
in

Out of Season

with
Edward Evans Charlie
Frank Jarvis Postman
スタッフの紹介
タイトルバックは海岸沿いのイラストです。

本編です。
イラストから実写になってます。
トランクはを下げた男がやって来ます。あとでわかりますが名前はジョー。
何故かある備え付けの望遠鏡を覗いてます。料金はいらないみたい。
誰かに呼ばれたのかと思ったら犬の名前でした。トッド。

このへん印象ですがマジで画質がいい。
画面もスタンダードが左右に黒味ありになってます。

ホテルにて。
郵便配達が来ます。ここの娘ジョアンナと話し込む。
ジョアンナのボーイフレンドかと思ったらそうではないみたい。

母親のアンと娘のジョアンナ。
シャツのボタンをとめなさいと注意するアン。
そんな感じで母子の関係は上手く行ってないようです。

アンとジョアンナの日常の風景になります。
もう口論になってます。これが日常らしい。こまったものです。

そんなところにジョーがやってきます。
相手をしたジョアンナにアンはいるかと聞くジョー。知らない仲ではないみたい。
君のお母さんだと言ってます。ターナーと名乗ってます。ジョー・ターナー。
部屋は浜の見える4号室がいいとジョー。そんなわけで前には来たことがある。
ジョーとは別に客のオッサンがいます。
それからジョーとアンの再会になってます。それでどうなる。

シーンが変わり時間が経過してます。
アンとジョーが仲よくしてるのを見ているジョアンナ。酒を作って飲んでます。
会話から20年ぶりだとわかりました。それはまた久しぶりだ。
アンが音楽をかけていい感じになってます。ダンスになってます。
これを見て面白くないジョアンナ。ジュークボックスで今風の音楽をかけてじゃまをしてます。

そんなわけでダンスは中止するアンとジョー。
昔の2人の写真の整理をやってます。
互いに結婚していたジョーは離婚。アンは死別したとか。
おやすみと行ったジョアンナがまた2階から降りて来たりします。

そんなこんなでジョーを残してアンはおやすみの挨拶をしていなくなる。
灯を消してと言われたがスイッチがわからんジョー。どこだ?となってます。
そうしたらジョアンナがまた来てます。ディスコに行ってたと言ってるけど。こんな町にディスコなんてあるのか?
アンがかけていた音楽をかけるジョアンナ。それから灯を消しています。
階段を上がってコートを脱ぐと全裸のジョアンナ。それでどうなる。

そうなるとこの話しは親子丼で男が悪戦苦闘する話しなのか?
それもそれでいいけど。

4号室にて。
部屋に戻るジョー。何かあると思ったが・・・

次の日にて。
犬を散歩に出してるジョアンナ。放し飼いです。当時はこれでよかったみたい。
ジョアンナはジョーに酒を出してます。
ジョーは灯台の話題をしてます。地元の人みたいねと評するジョアンナ。
ママは町から離れないと主張するジョアンナ。
で、冬になると必ずママに男が訪ねてくるとジョーを煽ってます。

海岸にて。
散歩のジョー。犬に絡まれています。
客のオッサンがいます。アメリカから来たアンの古い友人となってるジョー。
犬の名前がトッド。名前の由来はジョアンナに聞いた方がいいとオッサン。

ホテルにて。
ジョアンナに肩をもんでもらってるアン。
ジョーをどう思う。そんな話題を振っているジョアンナ。
私には関係ないと主張するジョアンナですが全然そうは見えません。

それからいつもの口論になってます。
そんなこんなでジョアンナに謝るアン。
と思ったらまた口論になってます。忙しい。
とうやらジョアンナは一時期施設送りになっていたようです。いわゆる元々ひねくれていたが更にひねくれたようです。こまったものです。

アンはカードをやってジョアンナはジグソーパズルをやってます。
ホテルを売る話しを始めるアン。

海岸にて。
アンとジョーのデートを隠れて見ているジョアンナ。
ジョアンナは犬と一緒にクルマで来てます。ミニのワゴンです。
→1972 Mini Clubman Estate [ADO20]

ホテルにて。
階段を登るジョアンナ。ガウン姿でやる気満々といった感じ。4号室を伺う。

4号室にて。
しかし先客がアンがいたりします。ジョーとセックスです。
もうセックスは終わって服を着てるアン。そんなわけで少しヌードがあります。
アンが部屋から出るとジョアンナはもうズラかっていました。

ロビーにて。
階段を降りてきたジョアンナと話し込むジョー。
男の話しを始めるジョアンナ。これは作り話でした。

台所にて。
ジョアンナとジョー。
また男の話しを始めるジョアンナ。これも作り話でした。
今度はジョアンナがジョーに付き合ってた女のことをしつこく聞く。
ジョーの部屋にママが1時間いたと言い始めるジョアンナ。それでどうなる。

海岸にて。
客のオッサンが魚を獲ってます。

ホテルにて。
卓球をやってるアンとジョアンナ。
卓球は英語ではテーブルテニスと言います。いい和訳だと思う。
普通のテニスが庭球となるわけです。昔の和訳はセンスがいい。

アンとジョー。
ホテル売却の話しするアン。ジョーと昔話もしてます。
旦那の名前は?と聞くジョー。自分が帰ったあとすぐに結婚したのか。
会話から2ヶ月後にアンは結婚したとのことです。
それから口論になってます。それでどうなる。

町にて。
トランクを下げて徒歩で移動中のジョー。どうやら町から去るようです。
そこをクルマで接近するジョアンナ。ジョーを止めにきたようです。
しかしクルマはジョーを残して行ってしまった。それでジョーはどうする。

ホテルにて。
ジョーは戻ってきました。それでどうなる。
あっさりと4号室に戻っています。チェックアウトはしてなかったのか。

何故か違うベッドに誰かがいます。
アンかと思ったら違うようです。そうなるとジョアンナしかいない。
素っ裸です。ボカシはない。それでどうなった。

海岸にて。
このシーンが少し入ってます。そうなると時間が経過したのか。

ホテルにて。
客のオッサンがトーストのおかわりを頼んでいるが無視されています。

台所にて。
アンとジョアンナのところに何故か上機嫌のジョーが来ます。
しかしアンとジョアンナはそうではない。そんな感じで気まずい雰囲気になる。

そんなこんなでアンとジョーの2人になります。
何で帰ってきたと言われるジョー。君のためだと主張するジョー。
ホテルは今日売ると言い出すアン。

ロビーにて。
郵便配達が来ました。ジョアンナはあまり元気がない。
ジョアンナに元気を出してと言って速攻で帰る郵便配達。

ジョアンナとジョー。
奥さんとどんな風に別れたのと聞かれるジョー。
クルマと家を残してそのまま出ていったとのこと。

ジョアンナはある旅人の話しを始める。
大切な場所に戻った。しかし目的を忘れてしまった。
部屋に戻ったけど彼女がいることに気がつかなかった。
聞いてるジョーは酒を飲んでます。

シーンが飛んでます。
またアンとジョーがダンスになってます。これを見ているジョアンナ。
寝なさいと言われてるジョアンナ。テーブルに脚を上げて下着が見えてるジョアンナ。
そんな感じで睨み合い?が続く。ダンスシーンが延々と続く。

アンとジョー。ジョアンナはいない。
私の部屋に来てと言い出すアン。ジョーを口説いてます。それでどうなる。

そんなところにおやすみしたはずのジョアンナがコーヒーを持って来ます。
船が沈んで日本製の人形が大量に流れ着いた。そんな話しをするジョアンナ。
トッドの母親の話になってます。犬のことなのか?。

ジョアンナに厳しく部屋に戻れと言い出すアン。
そんなこんなでジョアンナは部屋に引き上げてる。
ジョアンナはジョーに何か言ってと頼んでる。どうして疲れているのか言って・・・
要するに昨夜のことを言ってとなってます。
そうなると昨夜ベッドにいたのはジョアンナだとハッキリします。
アンが激怒してジョアンナを部屋にたたき込んで鍵をかけます。

そんなわけでアンとジョーは気まずい雰囲気になる。
ジョーに出てってくれと言い出すアン。
1ヶ月で戻ると主張するジョー。
アンは待ってると言う。数週間のお別れねとなる。
それで1人になってジョーはどうする?。

閉じこめられた部屋の窓から脱出したジョアンナ。
玄関からロビーに入ってきます。寝ているジョーに接近する。

あなたが眠ったあとにコートを借りたから返しに来たと言い出すジョアンナ。
意味深な話しを続けるジョアンナ。何だかわからん。
君はセックスもゲームなのかとジョー。それでどうなる。

20年ぶりに会いに来たがアンはもう母親になっていた。
そんなわけであなたが会いに来たのは私なのよと主張するジョアンナ。
これもこれでロジックが通っているような気がしないでもない。

コートを脱いで全裸で迫るジョアンナ。
そんなわけでいい感じになってるジョアンナとジョー。

そんなところにアンが来て私は未婚の母だと言い出す。夫が死んだ話しは嘘だ。
そうなるとジョアンナの父親はジョーと言うことになります。
これがホントなのか腹立ちまぎれの嘘なのかはわからん。

そうなるとジョーは自分の娘とセックスしていたのか。
文字通りと親子丼だ。何だか思っていたのと意味が違ってるけど。

シーンは変わって駅にて。
列車に乗り込む女性がいますが顔が見えないので誰だかわからん。
多分アンだと思える。とにかく男ではない。

町にて。
郵便配達がホテルに配達してます。

ホテルにて。
郵便物を受け取ってるジョー。そうなると残ったのはジョーでした。
青いガウンと来た女性と打ち合わせになってるジョー。
女性の顔は見えない。

海岸にて。
郵便配達の自転車が走ってストップモーションで絵になってます。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールする
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通のメロドラマのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村


« Hollywood Express #871◆2021.06.12(土) | トップページ | 『泳ぐひと』(1968年) »

映画」カテゴリの記事

1970年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #871◆2021.06.12(土) | トップページ | 『泳ぐひと』(1968年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。