映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『シー・フィーバー 深海の怪物』(2019年) | トップページ | 『見知らぬ訪問者』(1952年) »

2021.06.28

Hollywood Express #873◆2021.06.26(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『イン・ザ・ハイツ』 In the Heights (2021) から、キャストの人種的問題の話題。いつものように主役が白過ぎるというケースです。それでどうなる。
◆ブラッド・ピット主演作 Bullet Train (2022) の公開日が決まった話題。2022年4月公開。原作が日本の小説だそうです。
◆ 12 Mighty Orphans (2021) から、監督、脚本、製作のタイ・ロバーツのインタビューがあります。1930年代の大恐慌時代の話らしい。
◆『トゥモロー・ウォー』 The Tomorrow War (2021) から、予告編公開の話題。SFアクション大作。クリス・プラット主演。女優さんはイヴォンヌ・ストラホフスキー、。出来は大味な感じ。7月からネット配信。
◆シンシア・エリヴォのインタビューから。アレサ・フランクリンの実話TVシリーズ Genius TV Series (2017– ) に続いて『ローズ』 The Rose (1979) のリメイク The Rose に出るそうです。
◆1969年の音楽ドキュメンタリー『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』 Summer of Soul (...Or, When the Revolution Could Not Be Televised) (2021) の話題。の予告編が公開された話題。8月公開
◆ Good Joe Bell (2020) から、マーク・ウォールバーグ主演のゲイが主人公の実話ドラマ。7月公開。
◆3D CGアニメ Hotel Transylvania: Transformania (2021) の話題。『モンスター・ホテル』シリーズ4作目。公開が10月に延期されたそうです。

◆inside look
◆ Hitman's Wife's Bodyguard (2021) のメイキング。シリーズ続編。サミュエル・L・ジャクソン、ライアン・レイノルズ、サルマ・ハエックのキャスト3人は続投。悪役はアントニオ・バンデラス。出来は普通だと思える。『デスペラード』(1995年)のアントニオ・バンデラスとサルマ・ハエックの共演がいい。
◆『あの夏のルカ』 Luca (2021) のメイキング。シーモンスターが主役。ジャイコブ・トレンブレイ、ジャック・ディラン・グレイザーのインタビューがあります。
◆ The Sparks Brothers (2021) のメイキング。ザ・スパークスの音楽ドキュメンタリー。エドガー・ライト監督、ヴォーカル担当のラッセルメイル、キーボード担当のロン・メイルのインタビューがあります。誰だかわからん。

◆Hollywood gossip
◆ウィル・スミスが自叙伝を出版する話題。11月発売。果たしてどんな内容なのか興味深い。多分自己顕示と自己正当化でお腹がいっぱいだと思える。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』 F9 (2021) ジャスティン・リン監督、ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス主演の『ワイルド・スピード』シリーズ最新作のカーアクション大作。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆The Ice Road (2021) ジョナサン・ヘンズリー監督、リーアム・ニーソン、ローレンス・フィッシュバーン主演のトラック野郎アクション。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ False Positive (2021) ジョン・リー監督、イラナ・グレイザー、ジャスティン・セロー、ピアース・ブロスナン主演の妊娠オカルトサスペンス。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Wrath of Man (2021) ガイ・リッチー監督、ジェイソン・ステイサム、ジェフリー・ドノヴァン主演のサスペンスアクション。興行収入totalが2680万ドル。
◆9位が The House Next Door: Meet the Black's Twa(2021) デオン・テイラー監督、マイク・エップス、カット・ウィリアムズ主演の黒人キャストコメディ。興行収入totalが200万ドル。
◆8位が12 Mighty Orphans (2021) タイ・ロバーツ監督、ルーク・ウィルソン、マーティン・シーン主演のアメフト・ドラマ。興行収入totalが120万ドル。
◆7位が Spirit Untamed (2021) エレイン・ボーガン、エンニオ・トレサン監督、イザベラ・メルセード、ジェイク・ギレンホールVCの馬と少女の3D CGIアニメ。DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収入totalが1370万ドル。
◆6位が『イン・ザ・ハイツ』 In the Heights (2021) ジョン・M・チュウ監督、アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンス主演のラテン系ミュージカル。興行収入totalが1960万ドル。
◆5位が『クルエラ』 Cruella (2021) クレイグ・ギレスピー監督、エマ・ストーン、エマ・トンプソン主演の悪役キャラ クルエラの前日譚ドラマ。興行収入totalが6440万ドル。
◆4位が『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』 The Conjuring: The Devil Made Me Do It (2021) マイケル・チャベス監督、パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ主演の『死霊館』シリーズの最新作ホラー。興行収入totalが5340万ドル。
◆3位が『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』 Peter Rabbit 2: The Runaway (2021) ウィル・グラック監督、ドーナル・グリーソン、ローズ・バーン主演の『ピーターラビット』シリーズ続編コメディ。興行収入totalが2030万ドル。
◆2位が『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』 A Quiet Place Part II (2020) ジョン・クラシンスキー監督、エミリー・ブラント、キリアン・マーフィ主演の『クワイエット・プレイス』シリーズ続編の謎の存在ホラー。興行収入totalが1億2490万ドル。
◆1位が Hitman's Wife's Bodyguard (2021) パトリック・ヒューズ監督、ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン主演の『ヒットマンズ・ボディガード』 The Hitman's Bodyguard (2017) の続編アクション・コメディ。興行収入totalが1670万ドル。

◆『ゴジラvsコング』 Godzilla vs. Kong (2021) が興行収入total1億ドルを超えた話題もあります。ようやく超えたといった感じです。コロナ禍以降で初の興行収入total1億ドルになると思ったがそうではなかった。まあ色々と事情がありそう。

◆ending
◆Sparks' “Left Out in the Cold”


映画フェイス - にほんブログ村


« 『シー・フィーバー 深海の怪物』(2019年) | トップページ | 『見知らぬ訪問者』(1952年) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『シー・フィーバー 深海の怪物』(2019年) | トップページ | 『見知らぬ訪問者』(1952年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。