映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『フライングハイ』(1980年) | トップページ | 『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(2019年) »

2021.04.26

Hollywood Express番外 私の映画索引1939年◆2021.04.26(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響でこの番組も休止となっています。そんなわけで私の索引ネタになっています。

私の映画索引1930年代ということで・・・
◆サイレント映画からトーキー映画に完全に変わった1930年代からの流れ。
◆1920年代のサイレント映画で視覚的な手法は完成していました。
◆1928年頃からトーキー映画に移行しました。
◆1930年代はサイレント映画の視覚的な手法にトーキー映画のセリフ、音楽,効果音を組み合わせて基本的な映画的手法が完成しました。あとは付け足しみたいものです。
◆1950年代頃からカラーとワイドスクリーンになった。テクニカラーの時代です。
◆1980年代頃からサウンドがDolbystereo5.1chになってきました。
◆2010年代頃から古いブルーバックのスクリーンプロセスからグリーンバックのデジタル合成になった。それにCGIもあります。デジタル合成とCGI、この2点は魔法です。

◆映画手法そのものに注目すれば何でも見れます。
◆サイレントでもトーキーでも。モノクロでもカラーでも。画面サイズがスタンダードでもワイドでも。古くても新しくても。アニメでも実写でも。日本映画でも外国映画でも。何でも見れます。
◆それでも見るジャンルは個人の好みで色々あります。そのへんは適当に・・・

◆この頃の作品でおっぱい丸出しの作品があります。
◆直接描写はさすがにないが近親相姦ネタもある。
◆そんなわけで検閲となります。基本的にキリスト教原理主義のヘイズオフィスコードです。とにかく細かく色々とあります。
◆キスは何秒以内とか、もちろん中絶はダメとか。ベッドから脚が出て床に付いてはいけないとか・・・
◆この検閲が延々と続いて1960年代でようやく終わり新時代になると思ったが・・・
◆検閲の制約がなくなって1971年は傑作が多かったが単なるエログロ作品も多くそんなわけで新しい検閲が出来て1980年代へと突入します。

自分の映画索引から色々と思えてきます。
1939年の作品から。
1939年はハリウッドのビンテージイヤーと呼ばれて傑作が多いと言われています。

女優さんは・・・
マール・オベロン。ローズマリー・レイン。ジュディ・ガーランド。モーリン・オハラ。バーバラ・オニール。マレーネ・ディートリッヒ。アイダ・ルピノ。

傑作。佳作。普通。まあまあ。イマイチの5段階評価になってます。
イマイチだと思われる作品は最初から見ないのでめったにない。

『嵐ケ丘』(1939年)→ウィリアム・ワイラー監督、ローレンス・オリヴィエ、マール・オベロン、デヴィッド・ニーヴン主演の荒野のメロドラマ。佳作です。
『オクラホマ・キッド』(1939年)→ロイド・ベーコン監督、ジェームズ・キャグニー、ハンフリー・ボガート、ローズマリー・レイン主演の仇討ちウエスタン。キャスト2人で佳作です。例によってこの作品は1938年作品で何故か1939年になっていました。こまったものです。
『オズの魔法使』(1939年)→ヴィクター・フレミング監督、ジュディ・ガーランド、バート・ラー、ジャック・ヘイリー、レイ・ボルジャー主演のファンタジーミュージカル。傑作です。
『巌窟の野獣』(1939年)→アルフレッド・ヒッチコック監督、チャールズ・ロートン、モーリン・オハラ、レスリー・バンクス主演のコスチュームプレイドラマ。出来は普通です。ヒッチコック監督ですがチャールズ・ロートンをこき下ろしてます。自分に似てるので嫌いなんでしょう。
『恐怖のロンドン塔』(1939年)→ローランド・V・リー監督、ベイジル・ラスボーン、ボリス・カーロフ、バーバラ・オニール主演のリチャード三世が主役のコスチュームプレイドラマ。佳作です。
『砂塵』(1939年)→ジョージ・マーシャル監督、マレーネ・ディートリッヒ、ジェームズ・スチュワート、ブライアン・ドンレヴィ主演のウエスタン。佳作です。
『地獄への道』(1939年)→ヘンリー・キング監督、タイロン・パワー、ヘンリー・フォンダ、ジョン・キャラダイン主演のジェシー・ジェームズが主役のウエスタン。佳作です。
ベイジル・ラスボーン版ホームズ『バスカヴィル家の犬』(1939年)→シドニー・ランフィールド監督、ベイジル・ラスボーン、ナイジェル・ブルース、リチャード・グリーン主演のホームズ映画。佳作です。
ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズの冒険』(1939年)→アルフレッド・ワーカー監督、ベイジル・ラスボーン、ナイジェル・ブルース、アイダ・ルピノ主演のホームズ映画。出来は普通です。
『ドクターXの帰還』(1939年)→ヴィンセント・シャーマン監督、ハンフリー・ボガート、ローズマリー・レイン、ウェイン・モリス主演の医者ホラー。出来は普通です。怪人役のハンフリー・ボガートは真面目にやってます。偉い。
『フランケンシュタインの復活』(1939年)→ローランド・V・リー監督、ボリス・カーロフ、ベラ・ルゴシ、ベイジル・ラスボーン主演のモンスターホラー。出来は普通です。
『ボー・ジェスト』(1939年)→ウィリアム・A・ウェルマン監督、ゲイリー・クーパー、レイ・ミランド、ロバート・プレストン、ブライアン・ドンレヴィ主演の外人部隊アドベンチャーアクション。傑作です。
『ミドルトン一家、ニューヨーク万博に行く』(1939年)→ロバート・R・スノディ監督、マージョリー・ロード、ジミー・ライドン、ルース・リー主演の万博ドラマ。出来は普通です。

Top Box Office (US)
Weekend of April 16 - 18, 2021
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks

Godzilla vs. Kong ◆$7.7M ◆$80.5M ◆3
→Adam Wingard監督、Alexander Skarsgård, Millie Bobby Brown, Rebecca Hall主演の『モンスターバース』シリーズの最新作の怪獣映画。

Nobody ◆$2.5M ◆$19.1M ◆4
→Ilya Naishuller監督、 Bob Odenkirk, Aleksey Serebryakov, Connie Nielsen主演のクライム・アクション。

The Unholy ◆$2.1M ◆$9.6M ◆3
→Evan Spiliotopoulos監督、Jeffrey Dean Morgan, Cricket Brown, William Sadler主演のホラー。

Raya and the Last Dragon ◆$1.9M ◆$37.7M ◆7
→Don Hall、Carlos López Estrada、Paul Briggs、John Ripa監督、Kelly Marie Tran, Awkwafina, Gemma ChanVCの3D CGIアニメ。

Tom and Jerry ◆$1.1M ◆$42.6M ◆8
→Tim Story監督、 Chloë Grace Moretz, Michael Peña, Colin Jost主演のアニメと実写のトムとジェリー・コメディ。

Voyagers ◆$790K ◆$2.6M ◆2
→Neil Burger監督、Colin Farrell, Tye Sheridan, Lily-Rose Depp主演のSFアドベンチャーサスペンス。

In the Earth ◆$506K ◆$506K ◆1
→Ben Wheatley監督、Joel Fry, Reece Shearsmith, Hayley Squires主演の森ホラー。

The Courier ◆$463K ◆$5.5M ◆5
→Dominic Cooke監督、Benedict Cumberbatch, Merab Ninidze, Rachel Brosnahan主演のサスペンス。

The Girl Who Believes in Miracles ◆$399K ◆$1.8M ◆3
→Richard Correll (as Rich Correll) 監督、Mira Sorvino, Austyn Johnson, Kevin Sorbo主演のファミリードラマ。

The Croods: A New Age ◆$310K ◆$57.1M ◆21
→Joel Crawford監督、Nicolas Cage, Emma Stone, Ryan ReynoldsVCの3D CGIアニメのアドベンチャー・コメディ。
Reported by Box Office Mojo © 2021

私の好きなミュージックビデオではなく音楽のみ
山口百恵/I Came From横須賀

→阿木陽子の京浜急行の横須賀から始まる歌詞がいい。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村



« 『フライングハイ』(1980年) | トップページ | 『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(2019年) »

私の映画索引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『フライングハイ』(1980年) | トップページ | 『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(2019年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。