映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express番外 私の映画索引1930年◆2021.02.22(月) | トップページ | 『殺人夜想曲』 »

2021.02.27

『青いガーディニア』

この思い込み疑惑サスペンス映画の感想はネタバレ全開になっています。
フリッツ・ラング監督、アン・バクスター、リチャード・コンテ主演の思い込み疑惑サスペンスようです。

1953年 Warner Bros. アメリカ作品
ランニング・タイム◆88分
原題◆The Blue Gardenia
プロット◆酔っぱらって記憶を無くして悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ラオール・クロウシャー
Music by
Raoul Kraushaar
Dave Kahn (uncredited)

キャスト
アン・バクスター→電話交換手のノラ・ラーキン
アン・サザーン→ノラの同僚でルームメイト クリスタル・カーペンター
ジェフ・ドネル→ノラの同僚でルームメイト サリー・エリス

リチャード・コンテ→ケイシー・メイヨ記者
リチャード・イードマン→カメラマンのアル

ルース・ストーレイ→レコード店のローズ・ミラー

レイモンド・バー→絵描きのハリー・プレブル
ジョージ・リーヴス→サム・ヘインズ警部
レイ・ウォーカー→クリスタルの元旦那がホーマー

ナット・キング・コール→本人で歌あり。

フリッツ・ラング監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のサスペンスになってます。

レイモンド・バーが出ています。何だかうれしい。フィルム・ノワールの悪役でおなじみです。
ジョージ・リーヴスはスーパーマンなのか?→そのようです。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクは目立たない。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『青いガーディニア』
The Blue Gardenia
バックにはワーナー風の音楽が流れています。

タイトル
Anne Baxter Norah Larkin
Richard Conte Casey Mayo
Ann Sothern Crystal Carpenter

in
The Blue Gardenia

with
Raymond Burr Harry Prebble
Jeff Donnell Sally Ellis
Richard Erdman Al
George Reeves Police Capt. Sam Haynes
Ruth Storey Rose Miller
Ray Walker Homer

and
Nat 'King' Cole Nat 'King' Cole
introducing
Blue Gardenia
by Bob Russel & Lester Lee
スタッフの紹介 1部にマスクがかかってます。
タイトルバックはハイウェイ。ロサンゼルス市庁舎。

本編にて。
クルマが移動中の男2人が登場。
新聞記者のケイシー・メイヨとカメラマンのアル。

西海岸電話会社にて。
ここに取材に入るメイヨ記者。
売店にクロニクル紙記者ケイシー・メイヨと大きく出ています。有名記者らしい。

電話交換手を取材するメイヨ記者。
これとは別に画家のハリー・プレブルが電話交換手の似顔絵を描いてます。
プラニット1466の電話番号。

アン・バクスターは電話交換手役でした。ノラ・ラーキン。
同僚でルームメイトが2人。
アン・サザーン クリスタル・カーペンター
ジェフ・ドネル サリー・エリス

サリーは1人残ってハリーとデート出来る感じになってます。
しかしクリスタルに呼ばれています。

ハリーに電話です。
で、ハリーは相手にここには電話するなと迷惑そうにしてる。
電話の相手はローズです。ローズ・ミラー。
そんなわけで適当にあしらってるハリー。

3人の自宅にて。借家です。
ノラはボーイフレンドが韓国にいるとのとこ。朝鮮戦争の頃です。
電話です。サリーにです。どうやらデートの誘いらしい。

クリスタルの元旦那がホーマー。そのホーマーが来てます。
ホーマーからプレゼントをもらうノラ。
クリスタルはホーマーと一緒に出かけた。

ノラは韓国にいるボーイフレンドを思って食事になります。
照明を消してロウソクを点けてシャンパンを飲みます。おもむろに手紙を読むと・・・

親愛なるノラ。
負傷して東京の病院でナース アンジェラと知り合っていい仲になった。
アンジェラは命の恩人だ。退院したら彼女と結婚する。
そんなわけで別れようとなってます。

これはビックリのノラ。とんだ手紙でした。
そんなところに電話です。ハリーからで相手はサリーだと思ってる。
食事でもしないかとハリー。青いガーディニアで会おう。
ふられたばかりなので承知するノラ。

サリーが帰宅して入れ替わりに出かけるノラ。
推理小説マニアのサリー。そいう設定です。
サリーですがノラが丸めた手紙を読んでいます。

青いガーディニアにて。
料理の注文をしてるテーブル席のハリー。カウンター席にメイヨ記者がいたります。
電話するメイヨ記者。そんなところにノラが来ます。

面食らうハリーに代わりに来たと言うノラ。
レイモンド・バーが珍しくモテる男ハリーを演じてます。そうなると殺され役か。

まずはトロピカルなカクテルをストローで飲んでるハリーとノラ。
ストローでガンガン飲むと酔っ払いやすいでは?

おばあさんの花売りがガーディニアを売りに来ます。買ってるハリー。
その声はプレブルさんねとおばあさん。そうなると目が不自由なのか。

ここで青いガーディニアの歌が入ります。
本物のナット・キング・コールが歌ってます。丸々1曲流れてます。

ノラはいい感じで酔っぱらっています。
この店のイスですが籐イスであのエマニエル夫人の籐イスです。何だかおかしい。

クルマで移動中のハリーとノラ。
思い切り酔っ払い運転ですがこの当時はこれでよかったらしい。
オープンカーですが雨が降ったら電動で屋根を閉じてます。さすがアメリカ。

ハリーの自宅アパートにて。
まだノラにシャンパンを飲ませてるハリー。やる気満々です。
すっかり悪酔いといった感じのノラ。
レコードを掛けてムードを出すハリー。

ソファで寝てるノラ。コーヒーを飲めと言われてる。飲むノラ。
またソファで寝ているノラ。ハリーは照明を消してます。
それから酔っぱらってるノラに迫りキスになってるハリー。

急に帰りたがるノラ。それでも迫るハリー。
ノラは火かき棒を振り回し鏡を割ったりハリーを殴打したのか?
渦巻きがオーバーラップしてます。

渦巻きが終わってノラが気が付きます。そのまま帰ってます。
パンプスも脱いだままで裸足で雨の中を変える。

3人の自宅にて。
目覚ましが鳴って起きてるクリスタル。
ノラは帰ってます。ドレスを脱いでそのまま寝ていた。
二日酔いで何も覚えていないノラ。
サリーから手紙を読んだと言われます。

ハリーの自宅アパートにて。
警察が入り現場検証になってます。
家政婦のおばさんが事情聴取されています。
しかしおばさんは現場をいじっていました。火かき棒やカップも片づけた。
そんなわけで警察はこまったもんだとなってます。
23cmの婦人靴が玄関にあった報告があります。これもおばさんがソファ付近にあったのを片づけたとのとこ。

メイヨ記者とカメラマンが来ます。
警部と話し込みます。ブルーガーディニアの花が落ちていた。
メイヨ記者は初めてハリーが死んだと気がついてます。挨拶程度の知り合いだった。

西海岸電話会社にて。
別の交換手が呼ばれた時に鏡を割ったのを見て不安になるノラ。

花売りおばあさんの自宅アパートにて。
ここに取材に来てるメイヨ記者。
店にいた女のドレスはタフタ。娘みたいな女の子が流行は黒と指摘する。
声を覚えている。低い声。

西海岸電話会社にて。
仕事中のノラ。呼ばれて戻って来た交換手から話しを聞く。警察が来た。
これでめまいがすると早退するノラ。

売店にて。
最新の夕刊はまだ到着していないと聞くノラ。待ちます。
その最新の夕刊が到着しました。見出しを読む売店のオッサン。
画家の殺害。凶器は火かき棒。
ノラは夕刊も買わずにいなくなってます。見出しだけで十分なのか。
会社から出ようとしたら警官がいるのでビックリのノラ。

メイヨ記者のオフィスにて。
それでどうする。

3人の自宅にて。
殺人の話題になってます。
殺されるとあんな男でもロマンティックに見えると評するサリー。

夜中にて。
ミッキー・マレット著 血まみれのナイフの本を持って寝てるサリー。
クリスタルは寝てる。
ノラは布団を被ってラジオを聞いてます。

起き出したノラは黒いドレスを始末しようとする。
捜査線上に金髪の殺人鬼という見出しの新聞にドレスを包んでます。

外に出て焼却炉で燃やしてます。
そんなとこにパトカーが止まる。夜間に燃やすのは違法だと指摘する。
二度とするなと説教だけですんでるノラ。
もう火が点いてるしそれに美人は得だ。
溶暗になります。

メイヨ記者のオフィスにて。
タイプライターを打つメイヨ記者。
警察より先に犯人を見つけて取材すると意気込んでいます。

そんなところに編集長が来ます。2日後に出張だと言い出す。
無料で水爆実験が見物出来るとか言ってます。

メイヨ記者ですが犯人宛てに手紙を打っていました。
まだ見ぬ殺人犯へ・・・

新聞の見出しです。
ケイシー・メイヨからまだ見ぬ殺人犯へ・・・
新聞の印刷から色々な人か新聞を読むモンタージュが入ります。

ノラも当然読んでいます。
君を助けたい。警察を出し抜く。そんな感じの記事になってるらしい。
ケイシー・メイヨの電話番号の案内も載ってます。

メイヨ記者のオフィスにて。
カメラマンのアル。速記の女性社員がいます。
電話を受けるメイヨ記者ですが当然偽者達が押し寄せて来ます。

3人の自宅にて。
電話です。青いガーディニアかいと言われてビックリして電話を切ってるノラ。
今度はクリスタルが出ます。ホーマーです。ふざけて青いガーディニアかいと言ったら電話を切られたと言ってる。

で、挙動不審のノラは他の2人からあんたおかしいわよと言われる。
ほっといてと出かけるノラですがドアを開けたら警官がいたのでビックリ。
警官はここの管理人の居場所を聞いただけでした。

メイヨ記者のオフィスにて。
偽者達の電話で難儀してるメイヨ記者。
新聞に載りたいならまず殺さなきゃダメだと説教する。
ハリーに邪険にされたガールフレンドのローズからもかかってます。足のサイズは26cmと言ったとこで偽者と認定されてます。

今度は誰なんだ?女性ですがわからん。電話が変わると男が君の友人だと言い出す。
男は警部でした。女性警官に電話させたらしい。
余計なことをするなと嫌味を連発する警部。

また電話です。今度はマジでノラからです。
ハンカチで受話器を覆ってると見破ってるメイヨ記者。
靴のサイズは23cmで左のヒールが取れかけてるとピタリとあってます。
アルに逆探知を指示するメイヨ記者。

GSの公衆電話にて。
ここから電話していたノラ。そんなところに偶然にパトカーが接近してます。
そんなわけでノラは逃げてしまった。外れた受話器がぶら下がったまま。

外れた受話器を怪しむ警官。
電話で警官のマクナマスですとメイヨ記者に名乗ってる。
女性はもういませんよと伝える。
メイヨ記者はハンカチがあったら証拠物件として届けろと指示してます。
これはノラはまずいことをしたな。

メイヨ記者のオフィスにて。
アルが場所は海辺の給油所だと伝える。しかしもう遅い。

夜の街にて。
歩き回ってるノラ。

メイヨ記者のオフィスにて。
1人残ってるメイヨ記者。
電話です。警察からです。ハンカチは犯人の物だとのこと。
また電話です。ノラからです。それでメイヨ記者はどうする。
まず警察の電話は適当なことを言って切ります。

ノラの話しを聞くメイヨ記者。
どこかで会わない?とノラ。新聞社のエレベーターを教えるメイヨ記者。

時間が経過してマジでエレベーターでやって来たノラ。
声を掛けるメイヨ記者。

メイヨ記者の身の上話しからいよいよノラの言い分になる。話してくれ・・・
ノラは友人に頼まれてきたと代理人を騙ってます。それでどうなる。
取材させてくれれば支援すると言い出すメイヨ記者。警察より親切だ。

メイヨ記者はハリーが交換手を口説いていたのは見ています。
そんなわけであてずっぽうで電話交換手なのかと聞く。

殺人を覚えていないことはありえる?とノラ。
都合の悪いことを忘れるとメイヨ記者。地方検事には通用しないけど。

灰皿をわざとノラの服にこぼすメイヨ記者。
ハンカチは?となるがノラはハンカチを持っていました。
これでメイヨ記者はノラを代理人だと思い込んだみたい。

ダイナーにて。
ハンバーガーを食べているノラとメイヨ記者。
買った花や歌は覚えいているとノラ。
テーブルの小型ジュークボックスで青いガーディニアをかけるメイヨ記者。
ハリーにキスをされてそれっきり覚えていないノラ。
メイヨ記者は警察は相当調べているから彼女を呼んでくれと要求する。
明日の3:40だ。夕刊の締め切りに間に合う時間とのこと。
何だかいい感じになってるノラとメイヨ記者。
友達に伝えるとまだ代理人のノラ。

ノラを送ろうとしたメイヨ記者ですが知人の酔っ払い2人に絡まれる。
この隙にノラはタクシーで去ってしまった。

メイヨ記者の自宅アパートにて。だと思う。
カメラマンのアルがルームメイトのようです。
メイヨ記者は彼女は好みのタイプだと言ってます。大丈夫なのか。
トランクに服を入れて荷造りもやってます。そういえば出張もあった。

3人の自宅にて。
帰宅するノラ。サリーは寝てる。クリスタルは起きて待っていました。
ブルーガーディニアから帰ったと言ってるクリスタル。
で、タフタのドレスが無くなっていたと突っ込む。パンプスもない。
そんなわけで泣いてるノラ。

ダイナーにて。
メイヨ記者が来ました。主人に待ち人は?と聞く。
待ち人はノラではなくクリスタルでした。とにかく話を聞くメイヨ記者。
実は犯人は私ではないのと言い出すクリスタル。本人が自白したがってる。
その本人はあそこにいると言います。

メイヨ記者がそこに行くとノラがいるわけです。
これはビックリのメイヨ記者。ノラが代理人だと思い込んでいたからです。
話しを始めるノラ。まずはふられた手紙から始まる。
あなたを信用しているわとノラ。それでどうなる。

かなり状況は悪いと言い出すメイヨ記者。
助ける気はないのねと激昂するノラ。
君が本人だとは知らなかったと弁解のメイヨ記者。
また男にだまされたと愚痴が出ています。

ダイナーを出るノラですが警部一行がもう控えていて逮捕されます。
これではまるでメイヨ記者がノラを警察に売ったと同然です。それでどうなる。
警部はメイヨ記者に今回は俺の勝ちだなと嫌味を忘れない。それに厳罰だぞと脅かす。
ダイナーの主人ビルが警察に密告したとわかります。ビルは平静を装ってる。

警察にて。
念入りに指紋をとられるノラ。この描写は『探偵物語』(1951年)でありました。
マスコミのカメラマン達が撮られるノラ。さらし者です。

この事件の号外が出ています。

空港にて。
待ち時間のメイヨ記者とカメラマンのアル。会話でアルの名前がようやくわかる。
号外売りが来ますがいらないと追っ払ってます。
マジで後悔してるメイヨ記者。それでどうする。
構内に音楽が流れます。歌だとなるメイヨ記者。曲が違うと気がつく。

メイヨ記者はこの線で警部に聞き込みの協力を求める。
ハリーが何のレコードを買った?これが狙いです。

レコード店にて。
聞き込みのメイヨ記者と警部。
ハリーの担当はミラーさんですと主人。
そのミラーさんとはローズ・ミラーです。ハリーに邪険に扱われていた。

トイレにて。
呼ばれたけど洗面台に行くローズ。
コップを割って手首を切ったみたい。
しばらくして別の女性社員がトイレに行って悲鳴で大騒ぎになってます。

警察病院にて。
治療されているローズ。死んではいない。
自白するローズ。ノラが来てます。警部もメイヨ記者もいる。

ローズはしつこくノックしてハリーの部屋に入っていた。
ちょうどハリーは火かき棒も持っていた。そうなるとノラが暴れて出ていったのと入れ替わりになった時です。
そんなわけでハンカチを拾ったハリーを見てで発作的に火かき棒で殺したローズ。
そのまま逃げたローズ。

裁判所にて。
無罪放免になったノラ。3人でカメラマン達に撮られています。
メイヨ記者が来たけどまだ無愛想にしてるノラ。これはクリスタルの指導です。
まだまだよといった感じのクリスタル。彼が電話してきてもクールにね。

メイヨ記者は電話番号を調べています。この手帳をアルに渡してる
何故か手帳に感心してるアル。意味がわからん。
エンドとなります。
distributed Warner Bros.


そんなわけで疑惑サスペンス・フィルム・ノワールのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村


« Hollywood Express番外 私の映画索引1930年◆2021.02.22(月) | トップページ | 『殺人夜想曲』 »

映画」カテゴリの記事

1950年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express番外 私の映画索引1930年◆2021.02.22(月) | トップページ | 『殺人夜想曲』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。