映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ポラロイド』 | トップページ | Hollywood Express番外 私の映画索引1990年◆2021.01.11(月) »

2021.01.10

『スキンウォーカー』

このB級SFストーカー映画の感想はネタバレ全開になっています。
ジャスティン・マコーネル監督、ローラ・バーク主演のB級SFストーカードラマのようです。

2018年 Unstable Ground productiond/9 Light Entertainment/Federgreen Entertainment/Uncork'd Entertainment/Raven Banner カナダ作品
ランニング・タイム◆84分
原題◆Lifechanger
プロット◆ストーカーになった謎の生命体の話しのようです。
音楽◆ショーン・モトリー

キャスト
ローラ・バーク→一目ぼれされてるジュリア
ビル・オバースト Jr.→ドリュー モノローグの声。

エリツァ・ベイコ→最初のエミリー
スティーヴ・カサン→フレディ・ランソン刑事
サム・ジェームズ・ホワイト→歯医者のサム・リチャードソン
レイチェル・バンデューザー→サムの愛人レイチェル
ジャック・フォーリー→長髪で髭のロバート
ピーター・ヒギンソン→普通のじいさんアンドリュー

アダム・ブラー→エミリーの亭主ジェームズ
ライ・バーレット→ジュリアの亭主リチャード
ブライアン・クインテロ→レイチェルの亭主トミー
マーク・レインメーカー→バーでナンパのジョン

ミシェル・ダレッサンドロ・ハート→サムの奥さんメアリー
キム・モーガン→農場のコリーンおばさん
ウーチ・アマ→バーテンのジェン
シャノン・ハマー→女性タクシー運転手

ジャスティン・マコーネル監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFドラマになってます。
別の邦題◆寄生体XXX

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。カナダなのに。

Raven Banner
Uncork'd Entertainment
Federgreen Entertainment
Unstable Ground
9 Light Entertainment

タイトル
Uncork'd Entertainment and Raven Banner Entertainment presents
a Federgreen Entertainment/Unstable Ground production
in association with 9 Light Entertainment

プロローグ
ベッドで寝てる女性が登場。

モノローグです。
二日酔いにならないと踏んでいたが・・・
この女、意外と飲んでた。

隣りに干からびた死体があります。
おっぱい丸出しで寝ていた女性。胸に血の手形が付いてきます。
キズもあります。ナイフもある。

Lifechanger

本編です。
死体を洗ってる女性。
モノローグです。
わかっているがこうするしかないんだ。

どうやらこの女性が主人公のようです。
普通に証拠隠滅をやってます。
だが確かに本物の愛は存在する・・・

死体を畑で燃やして納屋に捨てている女性。ルーティンな作業です。

カフェにて。
私はエミリー・ロバーツと携帯電話で練習してます。
そんな感じでまずはエミリーになってるようです。

自宅にて。
帰宅するエミリー。水槽に亀。ビー玉をいじってるエミリー。
旦那が来ていままでどこに行ってたとエミリーを責める。
会話からエミリーは3日間失踪していた。警察にも届けてる。
旦那の名前はジェームズ。

警察に電話するジェームズをコルク抜きで首筋を刺して片づけるエミリー。
モノローグでこんなことはしたくなかったと言ってる。

死体処理のルーティンになってます。
梱包して血を拭きとる。それから歯を磨いてる。
腐敗が始まると現実に引き戻される。タイムリミットは6時間。
若い頃はもって持っていたと愚痴が出ています。

そんなとこに刑事が訪ねてきます。ランソン刑事。
いつお戻りで?と聞かれるエミリー。
ジェームズはいますか?とランソン刑事。

ランソン刑事にコーヒーを出してます。
エミリーはランソン刑事の両手を掴む。そうなるとどうなる。
どうやら接触して乗り換えるようです。
黒味が入ります。

刑事のフレディですと練習しています。フレディ・ランソン刑事。
そんなわけでランソン刑事の抜け殻も残ってます。
荷物をまとめているランソン刑事。それに抜け殻の歯をとってるのか?
室内に燃料をまいてます。そんなところに配達人が来ます。

ランソン刑事は無視して出かけようすとるが荷物は受け取る。
配達人はおカネを払ってくれと言い出す。代引きなのか。
そんなわけでまた無視してクルマを出してます。配達人は火事だと大騒ぎ。

雨の夜。クルマで移動中のランソン刑事。
無線機が応答願いますと連絡するが無視してます。
腐敗をごまかすためにコカインを探すとなってるランソン刑事。

街にて。
売人にコンタクトするランソン刑事。
そんなこんなでコカインがゲットするランソン刑事。
クルマの中で吸ってるランソン刑事。
落ち着くといつも思うのは彼女のことだ。

モナーク酒場にて。
野良犬マックスがランソン刑事に懐いてます。誰でもいいのかもしれない。

カウンターの女性にコンタクトするランソン刑事。
この女性の名前はジュリアです。ナンパになるランソン刑事。
モノローグで君に会いに来たと言ってる。

外に出て上手い具合にジュリアとキスになってるランソン刑事。
ここで具合が悪くなるランソン刑事。ジュリアを追っ払う。
これまでとは体調が違うと困惑してます。

このへんでは低音が凄く入ってます。スーパーウーハーがよく鳴ってます。

ようやくクルマに戻るランソン刑事。と思ったら他のクルマに行く。
カップルのクルマにコンタクトするランソン刑事。
女は追っ払い男を助手席に追いやります。代わりに死んでもらうとランソン刑事。
黒味が入ります。

次の男になってます。あとでわかりますが名前はサム。
サムはランソン刑事の抜け殻を処理します。
そんなことに電話です。メアリーから。奥さんでしょう。

サムの自宅にて。
クリスマスのイルミネーションの飾り付けがしてあります。
奥さんはいるけど機嫌は悪い。まあそうなる。
寝ている子供を見るサム。
いよいよ夫婦のベッドに入るサム。枕元には外してあった結婚指輪が置いてあります。
そんなわけで浮気がバレバレ。それは奥さんの機嫌が悪い。

朝にて。
寝てるサムを女の子が起こす。不機嫌なので罵声を浴びせるサム。
女の子は驚いて逃げてしまった。

朝食にて。
奥さん。兄と妹がいます。大きい兄。小さい妹。
言い訳のサム。仕事だと食わずに出かける。

歯医者にて。
先生と呼ばれているサム。歯医者なのか。
少年の患者ティムに担当のリチャードソンだと言ってるサム。
麻酔をかけるサム。黒味になります。これから大惨事になるのかと思えた。
シーンは変わってちゃんとティムを治療したサム。仕事はちゃんと出来るみたい。
そんな感じで乗り移った相手の記憶は利用出来る設定です。

ダイナーにて。
食事中のサム。クルマのジュリアを見つける。
そんなわけでタクシーに乗ってあのクルマを追ってくれととなるが女性運転手はそれは出来ませんと断る。
ガックリのサム。彼女の住所が知りたかった。

映画館にて。
1人で映画を見てるサム。大笑いして他の客から物を投げられる。

サムの自宅にて。
居心地が悪そうなサム。

モナーク酒場にて。
ここに来てるサム。
本物の家族から残ったものは1つだけ。例のビー玉がそれらしい。

ジュリアから話しかけられるサム。
口説きにかかるが逆に家族がいるでしょと言われてるサム。
私にも夫と息子がいたと言い始めるジュリア。
息子のテイラーは数年前に百日咳の合併症で3歳で亡くなった。
夫のリチャードはある日を最後の晩餐とセックスのあと失踪した。

逆に何で逃げたいの?と聞かれるサム。
怖いんだ。この先どうしていいのかわからないとサム。

トイレにて。
手を洗ってるサム。何だか手がおかしい。斑点が出てます。それでどうする。

モーテルにて。
ここで寝ているサム。コカインを吸ってます。
しかし少し寝てたら顔にまで斑点が出来てます。これは大変。
携帯電話で呼び出しをします。どうやら歯医者の女の子を呼ぶみたい。
話し相手が欲しいんだと説得にかかるサム。
トミーはもう寝たと言ってる。旦那らしい。

マジでモーテルに来てる女の子。名前がわからん。
何でモーテル?と不満そうですがとりあえずノックして室内に入る。
サムがベッドで寝ています。接近します。そうなると黒味が入ります。

もう歯医者の女の子になってます。名前はまだわからん。
旦那のトミーから電話です。ここはすぐ帰るとごまかす。
まずこの抜け殻を何とかしないといけない。

そんなわけでまた畑で死体を焼いて納屋に捨てる。
納屋で一段落してると来客です。おばさんがフランクと呼んでる。
ここはフランクの農場です。当然は勝手に使っています。
おばさんの名前はコリーン。
コリーンおばさんを無視してクルマでズラかる女の子。

歯医者にて。
抗生物質をゲットする女の子。中指を立てて受付を通過する。

自宅にて。
ちょうどよくトミーは留守です。
抗生物質を飲んでる女の子。段々と量が増えていきます。

いつものバーにて。
クルマで来てる女の子。まだ名前がわからん。
野良犬マックスですが懐いてます。匂いは関係ないのか誰でもいいのかは不明。

ジュリアにコンタクトする女の子。
ところでクリスマスの時期のようです。電飾があります。
ジェンと名前が出ます。バーテンの黒人女性がジェンです。
ジュリアは小説みたいなを書いてるとか。セラピストの提案でそうしてるとか。
ドリューと名前が出るが誰なんだ?

ジュリアから前に見かけたと言われるレイチェル。
IMDbのキャストとフォトギャラリーを調べてようやくわかった。

いきなり1970年代の話題を出してるレイチェル。
面食らってるジュリア。まあそうなる。

そんなこんなでジュリアから名刺をもらうレイチェル。
実はカウンセラーなのと言ってるジュリア。そうなの?
これは渡りに船といった感じのレイチェル。堂々とコンタクトが出来る。

男がナンパしてきます。肝心のジュリアは席を外す。
しょうがないの相手をしてるレイチェル。

ジュリアは長髪とヒゲのオッサンといい感じになってます。
これが気になるレイチェル。
TVニュースでこの女性が重要参考人で危険とやってます。レイチェルのことみたい。
ナンパ男を誘って外に出るレイチェル。クルマで移動する。

男の自宅アパートにて。
レイチェルと男。まずはコカインを吸ってます。
そんなわけでやらせろと迫ってくる男。
しつこいのでぶち切れたレイチェルはナイフを持ち出す。
そんな感じで格闘アクションになります。
部屋から出て廊下に出てる男の背中をナイフでめった刺しにするレイチェル。

部屋に戻って荷物をまとめてるレイチェル。
着替えてます。ドレスからシャツとジーパンにしてる。

廊下にて。
住人のおばさんが男の死体を発見して通報してます。
レイチェルを見て通報したと言ってる。
そんなレイチェルは無関心で通過して外に出てる。

外にて。
ちょうどパトカーが来てます。
レイチェルは怪しさ全開でこの場を去ってます。絵に描いたような不審者です。

モノローグで警察の目は節穴だと余裕です。
どこかのガレージが物置に隠れているレイチェル。寝てる。

夜が明けてます。目を覚ますレイチェル。
野良犬マックスがいます。それはいいけどまた手に斑点が出来てる。
これが嫌なのか野良犬マックスは逃げてしまった。

探しに来たトミーに見つかってしまったレイチェル。
ここで初めてトミーがレイチェルと呼んでので名前がわかった。
トミーを張り倒して逃げるレイチェル。気がついたトミーが追ってきます。

路上駐車のトラックに隠れてるレイチェルにトミーが迫る。
しかしレイチェルは消えていた。トミーは他に行った。
実はレイチェルはトラックの荷台に隠れていました。
それはいいけどまた移らないと大変なことなる。それでどうする。
モノローグが彼女に本当のことを話して終わりにしようと言ってる。

ジュリアとオッサンがカフェにいます。
これを離れて見ているレイチェル。もう腕から体液が出ています。
そうなるとオッサンを狙うことにするレイチェル。

オッサンの自宅アパートにて。
配達ですとコンタクトするレイチェル。
黒味になります。

オッサンに移ったらさっそくジュリアに電話してます。
会話からオッサンの名前がロバートだとわかる。
ジュリアを口説いてるロバート。
困惑してるがまんざらでもなさそうなジュリア。
ロバートの記憶はあるのでそんなに見当違いなことはやらかさないはず。
君の家で会おうとなります。

ジュリアの自宅アパートにて。
ロバートが来てます。LPレコードをかけてるジュリア。
ワインで乾杯になります。いい感じになってるジュリアとロバート。
キスになってます。
いよいよで服を脱ぐと手当したキズがあるロバート。ここは適当にごまかす。
このキズは移る時に出来るのか抵抗されてキズが出来るのかは不明。
セックスになってます。それでどうなる。

朝になってます。
ベッドで目を覚ますジュリア。
台所ではロバートはハムエッグを作ってます。

ジュリアとロバート。
クリスマスツリーを買ったり。映画を見に行ったり。
そんな生活になってます。

ロバートの自宅アパートにて。
帰宅するロバート。トランクには抜け殻が入ってます。
ルーティンの抜け殻の片づけとなります。

今度は農場は無理なので抜け殻を橋の下に捨てるロバート。
ついでではないと思うけどジュリアとデートに来てる。
モノローグです。やがて全てが終わる。今が大切。

ロバートの自宅アパートにて。
TVニュースで死の農場事件が放映されています。興味津々で見てるジュリア。
6人の身元が判明しましたとかやってます。元容疑者の女性の死体もある。

ロバートはそんなニュースを見るなと言う。
しかしこのニュースは違うのよとジュリア。知ってる人達がいる。バーで話してた。
僕が君を守るよとロバート。

それはいいけどロバートは薬をまた飲んでます。斑点も出てきた。これは大変。
そんなわけでトイレでゲロを吐いてるロバート。ここはごまかす。

ジュリアに話しがあると言い出すロバート。初めて人に話す。
12歳の頃だった。僕のせいで母が死んだ。1954年のことだ。
僕が母を取り込んだ時・・・
僕は人から奪う。それが正体だ。他の人間になるんだ。
誰か見つけないと死んでしまうとロバート。全て奪うんだ。
みんなはここにいると自分の頭を指すロバート。

ジュリアは全く信じない。まあそうなる。
家に帰ると言い出すジュリア。精神異常者だと思ってます。普通の人だと思っていたのにと愚痴が出てます。

ホントの名前を君に教えた。ドリューだ。
ロバートになる前に何度も君に会っていた。
リチャードの記憶で君を知った。

リチャードのことがわかるの?と逆に聞くジュリア。
ルー・リードの歌のことを言うロバート。確かにこれはジュリアとリチャードしかわからんことでした。
リチャードは今どこにいる?となるがあの農場の納屋にいるわけです。

僕は誰なんだろうと言い出すロバート。
他人に変身するスキンウォーカー伝説。

もう帰らせてジュリア。止めるロバート。
とっておきのスタンガンを出すジュリア。マジで使ってロバートをダウンさせる。
そんなこんなでもみ合いになってジュリアの両腕を掴むロバート。
そうなるとジュリアになってしまった。
黒味が入ります。

ジュリアになって泣いてます。抜け殻のジュリアがある。

バーにて。
ここに来てるジュリア。バーテンのジェンにお礼を言う。
モノローグです。自分が止めるしかないと知っていた・・・

自宅アパートにて。
ジュリアのままを続けています。これで自殺するようです。
黒味になります。

残ったは巨大な内蔵と触手です。
そこから出てきたの人間の手です。意外と普通だ。
全身が出てきます。普通のオッサンです。これは意外だ。

生きている。何故だ。となってるオッサン。私は何なんだ?
永遠に続くものはないと母が言っていたがそれは違うかもしれない。

公園にて。
ベンチに座ってるオッサン。野良犬マックスが懐いてきます。
自分の正体など誰にもわからないのだ・・・
いきなり黒味になってエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Lora Burke Julia
Jack Foley Robert
Elitsa Bako Emily
Sam White Sam Richardson (as Sam James White)
Rachel VanDuzer Rachel
Steve Kasan Detective Freddie Ransone
and
Bill Oberst Jr. Drew (voice)

スタッフの紹介
スクロールする
キャスト
スタッフ


そんなわけでB級SF異色ストーカードラマのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村



« 『ポラロイド』 | トップページ | Hollywood Express番外 私の映画索引1990年◆2021.01.11(月) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ポラロイド』 | トップページ | Hollywood Express番外 私の映画索引1990年◆2021.01.11(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。