映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『スタング 人喰い巨大蜂の襲来』 | トップページ | Hollywood Express番外 私の映画索引1996年◆2020.11.02(月) »

2020.11.01

『スパイダー・シティ』

このB級SF蜘蛛アクション映画の感想はネタバレ全開になっています。
グリフ・ファースト監督、バグ・ホール他主演のB級SF蜘蛛アクションのようです。

2012年 Active Entertainment/Syfy presents アメリカ作品
ランニング・タイム◆84分
原題◆Arachnoquake
プロット◆謎のクモに襲われて悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆アンドリュー・モーガン・スミス

キャスト
バグ・ホール→主人公のポール
オリヴィア・ハート→妹のペトラ
イーサン・フィリップス→父親のロイ

エドワード・ファーロング→運転手のチャーリー
トレイシー・ゴールド→生物学教師のケイトリン
メーガン・アデル→娘のアナベル
スカイ・ムーア→息子のジャスティン

デイン・ローズ→南部男Jean Jacques
ネッド・ユセフ→手下の白人 ギョーム
ダミアン・モーゼス→手下の黒人 マーティン (as Damien Anthony Moses)

ラッキー・ジョンソン→黒人のグレン
ティアラ・アシュリー→ガールフレンドのティナ (as Tiara Gathright)

グレン・ワーン→トラクターのじいさん
グラント・ジェームズ→杖のじいさん

グリフ・ファースト監督の演出は~と思います。
全体的に普通のB級SFになってすま。
別題◆モンスター・スパイダー (ユニバーサルチャンネル)

エドワード・ファーロングは主役のポールだろうと思わせるキャスティングがこの作品の1番いいところです。自分もだまされた。
ポール役のバグ・ホールはいかにもエドワード・ファーロングがうらぶれたらこんな感じなのかと思えるルックスなんです。
実際のエドワード・ファーロングは普通のオッサンになっていました。

スカパー! CS227 ザ・シネマにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧
音声はわからん。

Syfy presents
Active Entertainment

字幕です。ルイジアナ州。
森の倉庫にて。
卵をパックで出荷してます。
黒人と白人の男2人で作業中。
違うおじいさんが夕べ何かに噛まれたと言い出す。
ボスみたいな太ったオッサンもいます。

森にて。
じいさんがトラクターで移動中。

倉庫にて。
クモがタマゴケースに入ってトラックで出荷されています。

森にて。
じいさんは断層の地割れを発見します。
背中に違和感のじいさんは服を脱いでトラクターのミラーでよく見ようとする。
何だか腫れて膿がたまってます。破裂したらクモが出てきます。これは大変。
クモを見て後ずさりしたじいさんは地割れに落ちて退場となります。

トラックにて。
ニューオーリンズまで10マイルを標識を過ぎていく。

Arachnoquake

主人公のボールが登場。
これがエドワード・ファーロングなのかと思ったら違います。

Tracey Gold Katelynn
Edward Furlong Charlie
Bug Hall Paul
Ethan Phillips Roy
スタッフの紹介
タイトルバックは街を歩くポールです。

昨夜は女と1発やってようやく仕事になるポール。
父親の観光業手伝いで気楽にやってるポールですが父親の説教はある。
2時間遅刻だとさっそく説教です。
女の子が登場。妹のペトラです。
ボートを行方不明にしたので観光バス担当だと言われてるポール。

パスターミナルにて。
白人一家も登場。
スクールバスも来ます。
寝坊してるバーブを起こしに行くチャーリー。
ベッドのバーブは何だか大変な状態。救急車が必要です。
何だかわからんシーンです。

街にて。
観光バスのボール。トロリーバスと言ってますが電気モーターで動くわけではない。
運転席で寝ているポール。
そんなところにじいさんがドアをこじ開けて入り込む。
グレンとティナの黒人カップルが登場。予約の観光客です。じいさんもそのようです。

予約用紙を見てブラックウェル一家が来ないとポール。点呼をとる。
じいさんの名前はグレアム何とかさん。
そんなとこにブラックウェル一家が到着します。
ママのケイトリン
息子のジャスティン
娘のアナベル
パパのチャーリーはスクールバスの運転仕事とか。

観光案内ドライブになってます。
昨夜の地震の話しをするケイトリン。
いきなりバスがストップします。道路が陥没してそこからクモが出てきます。
まだ小さいので捕まえて容器に入れてるアナベル。
ケイトリンですが生物学の教師だそうです。そんなわけで詳しい。

ポールの肩にクモがいます。これはビックリ。
そのクモをおじいさんが杖で打って飛ばし地割れに入る。

今度は大きめのクモがバスの上に乗ってます。
ここはポールが蛇行運転で来クモを振り落とす。
意味もなくCM用の溶暗が入ってます。

GSにて。
ここに入る観光バス。給油してます。トロリーではない。
黒人カップルは殺虫剤を買いに売店に入る。子供2人と行った。

ケイトリンはアレは新種なのよとポールに言う。
ポールに笑っていれば済むわけには行かないわよと説教するケイトリン。
そんなとこにでかいクモが接近してます。

売店にて。
グレンとティナ。子供2人。じいさん。ケイトリンも来てます。
店員に通報しろと言ってようやく電話する店員ですが倒れる。
店員はもうクモが体内にいたようです。店員の目を吸ってるクモ。
どうやら出荷されたタマゴケースからクモが出てきたようです。

そんなわけで店内を逃げまわる一行。
ボールは何だか逃げてしまった。
殺虫スプレーはそんなに効かないみたい。これは大変。
それぞれ対応はしてます。
ヘアスプレーとライターで火炎放射器にしてたりする。これは効果がある。

ポールとグレイのコンビは呼ばれています。
地元の観光ガイドなので頼りにはされているポール。

ポールは父親に電話します。
ボートの回収中の父親はまた何かやらかしたのかといった感じ。
そんなわけでポールは自分で解決しろと言われてる。

ケイトリンの息子が携帯電話で検索してます。
シェール層はヒューストンまで到達してる。そんな話題になります。

森にて。
スクールバスが移動中。女の子ばかり乗ってます。
運転手のチャーリーがエドワード・ファーロングです。すっかりオッサン化してる。

売店にて。
またクモが侵入して大騒ぎになってます。
グレンが俺が引きつける間に皆は逃げろとカッコいいとこを見せてます。
とりあえず逃げる他の面々。

外にて。
さすがにおじいさんは遅れています。他の面々はバスに乗り込んでる。
おじいさんはクモにやられて退場となった。
CMの溶暗が入ります。

川にて。
行方不明のボートを回収してる父親とペトラ。
まずはロープで牽引して動かせるようにする。
牽引中にワニの死体を発見します。蜘蛛の巣が張り付いている。
アルマンドと名前で呼んでる父親。顔見知りのワニなのか。そんな感じ。
それから父親が回収したボートを運転してます。

街にて。
観光バスにて。さてどうするとなる一行。
事故渋滞に遭遇してストップする。
そうなるとグレンが俺が運転すると言い出す。そんなわけでもめてます。
遠くで建物が燃えてます。
大きめなクモが接近してます。逃げます。
ケイトリンの体調が悪くなります。

ボートは船着き場に戻ってます。
父親はフレンチクオーターで煙が上がってるのを見てまたポールが不始末かとなって電話するが留守電になってます。
そんなわけで急行する。ペトラはここで待機です。

街にて。
警察がクモを撃って対処してます。
アナベルはチャーリーに電話してます。クモがたくさんいると伝える。

森にて。
移動中のスクールバスの前方にクモが出現する。
そのまま轢いてしまう。それはいいけどスリップして道路から外れてしまう。
樹に激突してストップするスクールバス。

街にて。
何とか移動してる観光バス。ケイトリンの吸入器を買いに薬局を目指す。
運転手はグレンになってます。
ここでポールは吸入器代わりにスキューバのヘリオックスが使えるのでは?と提案する。
それは船着き場のボートにある。

そんなとこに父親のクルマがやって来ます。
これが赤いフォード・マスタングです。カッコいい。
このへんはクモだらけだ。俺に付いてこいと頼りになるとこを見せています。

森にて。
スクールバスはスタックしてます。
とりあえず全員で押して道路に戻ろうとするがダメです。
生徒の1人の名前がタミー。
またクモが出現します。これは大変。

シーンの合間に街の俯瞰シーンが入ってます。
特に意味はない。

船着き場にて。
ペトラはまだ待機です。
そんなところに父親とポールに他の面々が戻ってきます。
グレンはひどい旅行になったカネを返せとクレーマーになってます。
それから演説を始めるグレン。いきなりクモの糸に捕まって退場となります。どこかで見たようなシーンです。
『ディープ・ブルー』(1999年)のサミュエル・L・ジャクソンでした。

クモが接近してきます。これは大変。全員ボートに逃げます。
父親はショットガンがクモを撃ちつつカッコよくボートに乗ってます。

森にて。
スクールバスはスタックしたまま。
クモを迎え撃つつもりのチャーリー。木製バットを構える。
チャーリーではない女の子がカッコよくバットでクモを打って片づけてます。
それはいいけどクモが地面に激突すると燃えたりしてます。
CM用の溶暗が入ります。

ボートで移動中です。
ケイトリンの呼吸器の代わりのヘリオックスは上手く行ったようです。

森にて。
スクールバスはスタックしたままです。もうろう城するしかない。
あのクモは火を吹いたとかそんな話題になってます。
窓のとこにクモがいたりします。

移動中のボートにて。
別のボートが見えますがクモにやられたようです。
ティナは錯乱してます。それはいいけど。運転席に押しかけてスロットル全開にして大変なことになってます。
この勢いでペトラが落ちかけるポールが手を掴んで落ちずにすんだ。

クモですが水面を歩くことが出来るようです。そうなると大変だ。
何とかペトラはボートに復帰してます。
運転席ではまだ父親とティナがハンドルの奪い合いになってる。

そんなわけで浅瀬に突っ込んでスタックするボート。
この勢いでティナを川岸に放り出される。
しょうがないの全員ボートから降りています。
ティナにはクモが迫ってアッサリと退場になってます。

またクモが接近してます。
父親は俺が囮になると行ってしまう。ショットガンはポールに渡す。

ナイフを用意する父親。
しかしクモは火炎を放射する。やられる父親。

これを見ていたポールとペトラは父親を助けに行ってしまった。
そんな感じでグダグダな展開になってます。妙にリアルでもある。

ポールとペトラの後からクモが接近してます。
ここは何故かワニがクモを片づけてくれた。どうやらクモを仇討ちしたようです。
とりあえず助かった。

森にて。
まだスタックしてるスクールバス。もう外側はクモの糸で覆われてる。
泣いてる女の子たち。チャーリーは為す術がない。
そんなとこに軍隊が来ています。これは助かるかも。

隊長がタミーと呼んでます。父親なのか。私用で来てていいのか?
それはともかくこれで助かります。
クモの死骸を木製バットで叩いて威嚇してるチャーリー。とにかくそうなってる。

森を移動中の他の6人。
何だか怪しい雰囲気になる。
いきなり出たのは自警団なのか?プロローグの太ったオッサンと手下2人でした。
ジャン・ジャックは俺のバイユーだと何だかわからんことを言ってるオッサン。
父親の認識票を見て付いてこい言うオッサン。軍隊経験者=ベテランには親近感を持ってるようです。

オッサンのベースにて。
ケイトリンはクモの死骸を解剖すれば何かわかるかも?と提案する。
とにかくクモを捕獲してみようとなります。

森にて。
スクールバスから救出作業で女の子達はトラックに乗り移る。
コーチのチャーリー・ブラックウェルです。隊長の少佐。そんな自己紹介になる。
ヒューストンまで送ろうと言われたチャーリーですが家族がいるニューオーリンズに行くと主張する。
ニューオーリンズは危険だと警告する隊長。
何だか成り行きでチャーリーとニューオーリンズに行くみたいな隊長。

森にて。
オッサンの手下2人がクモを捕獲しようとする。
囮を引いてクモを誘導してます。上手い具合に落とし穴に落とす。
穴の底には尖った杭がありクモを貫いています。

森のベースにて。
ケイトリンがクモの解剖にかかってます。
声帯がある。これで連絡をとってる。
シェールガス層にいたとわかる。それで火を吐く。火袋がある。
産卵管があって生きてる他の動物に突き刺して産卵するす。そんなわけで人間からクモが出た。
脳がない。運動神経を制御する機構はある。
そんなところに奴らが来たと手下2人が知らせに来ました。

外にて。
マジでクモが大量にいます。
ここは銃を撃ちまくり何とかしようとする。
ギョーム。これが白人の手下の名前のようです。
そうなると黒人の方はとなるがわからん。
ギョームですがぼう然となったとこを火を吐かれて火だるまになって退場となります。
森を逃げる黒人ですが先ほどの落とし穴に落ちて串刺しになり退場となります。

森にて。
ケイトリン一行3人が逃げています。それに太ったオッサンが合流してます。
霧が出てきてケイトリンがさらわれる。これは大変。
ケイトリンを追ってアナベルが行ってしまった。

ポール一行3人の方は父親が遅れてポールが助けに行く。
てんでバラバラでグダグダな対応なんですが実際そんなものだ。

父親にクモが迫ってます。そんなわけでやられてしまう。
ポールが助けにきます。父親はポールに遺言を残し始める。
ペトラを連れて安全地帯に行け・・・

ポールが戻るとショットガンが残されているのみ。ペトラがいない。
連れてきた父親は死に至ります。それでどうする。
そんなとこにオッサンとケイトリンの息子が合流してきます。

ポールは単独で助けに行くと主張する。
オッサンとケイトリンの息子は別行動みたい。

座礁したボートにて。
ポールが来ました。何故かアナベルがいます。
合流するのかと思ったらアナベルはまた森に行ってしまった。
とりあえず尾行するポール。

森にて。
アナベルはクモの巣穴にアッサリと飛び込んでます。
しょうがないのでポールも飛び込む。

巣穴内部にて。
オッカナビックリで内部を進むポール。アナベルは見えない。
繭みたいのがあります。中は腐乱死体だ。

巣穴奥には巨大なクモがいます。そうなるとこれが女王グモなのか?
クモの糸に包まれてるペトラを救出するポール。無事みたい。
ペトラから父親はどうしたの?と聞かれるポール。
死んだと言うしかないポール。色々と大変だ。

アナベルとケイトリンに合流するポールとペトラ。
ケイトリンはアレが女王グモで全てのクモの頭脳だと指摘する。
そんなわけで女王グモを倒せば全てのクモが機能停止するとのこと。

そんなことを言ってると女王グモが視界から消えてます。
いきなり女王グモが近くにいたのでビックリの一行4人。逃げます。
何とか巣穴から脱出してる。

森にて。
とりあえず逃げてる一行4人。ボートに向かってるみたい。

ボートにて。
ようやっとボートに乗り込んでる4人。
船着き場以外でボートに乗り込むのが大変なのがわかります。

何とかエンジン始動してポールはポートを押して動かそうとする。
ボートが発進したけど水面でも女王グモが追ってきました。これは大変。
溶暗が入ります。

街にて。
あちこちでCGIの黒煙が上がってます。安上がりな感じ。

会話からケイトリンの息子の名前がジャスティンとわかる。遅い。
パパのチャーリーと再会するジャスティン。

ボートにて。
女王グモに追われてます。水面も普通に移動出来るので大変だ。
そんなところに攻撃ヘリが接近してます。アナベルは1人で盛り上がってる。
それはいいけどケイトリンの具合が悪くなってます。これは大変。

街にて。
軍隊はバズーカ砲を装備してます。これで何とかなるのか?
隊長は女王グモが街に入る前に仕留めろと命じてます。

しかし女王グモはもう街に入り込んでます。
軍隊は自動小銃で迎撃してますがあまり効果はない。
反対にクモの火炎放射攻撃に苦戦してます。
攻撃ヘリ1機が上空にいますがあまり見せ場はない。CGIの予算が足りないのか?。

女王グモはビルを登ってます。
ボートから伺ってるポールとペトラ。ビルとビルの間に巣を作るのでは?となってる。
何故かポールは女王グモを倒すと盛り上がる。アナベルに君のママの言うことを信じて倒すと宣言してます。

女王グモの方はマジでビルとビルの間に巣を作りつつあります。

ボートにて。
強化スウェットスーツにヘルメットマスクの完全装備をするポール。
1人で突撃します。

街にて。
クランドル少佐。これがタミーのパパで隊長のようです。
あのオッサンはバズーカを奪って勝手に突撃してます。

上陸したペトラとアナベルはケイトリンを運んでます。
上手い具合に救急車が来たのでケイトリンを収容してもらう。
アナベルは付添を希望したがダメでした。
ペトラとアナベルは軍用車に乗って移動してます。

ビル屋上にて。
チャーリーとジャスティンは見物専門キャラになってます。
バズーカのオッサンのことを南部男と言ってます。そのままだ。

ポールは女王グモを撃ってます。これは接近するためなのか。
軍隊も一緒に撃っていたりします。とにかくそうなってる。

ビル屋上にて。
軍用車で来たペトラとアナベルがチャーリーとジャスティンに合流してます。
あとはここで見ているしかないようです。

ポールと南部男は何となく合流してます。それでどうする。
バズーカ砲を撃つ南部男。当ったけどダメージはなさそう。これで女王グモの怒りを買ったのかクモの糸でさらわれてしまった。
ついでにポールも同じめにあってしまう。

クモの巣にて。
ポールと南部男。何とかしろとポールに言ってる南部男。
そんなことを言ってるうちに南部男はやられて退場となります。
ポールは女王グモに接近してどうする。どうやらわざと食われて体内に侵入する段取りのようです。とりあえず侵入した。

軍隊の方は攻撃はやってます。効果はない。

女王グモ体内のポールは浮袋を狙ってるようです。
浮袋に爆薬をセットして導火線をつないで脱出するポール。
点火するポール。大爆発の女王グモ。それでポールはどうなった?

マジで女王グモが死んだら他のクモたちは活動停止になってます。
軍隊はこれでよかったよかったとなってます。

ペトラはポールはどうなったと心配してます。
隊長は彼には最高位の勲章がともう死んだことが前提の話しになってる。
と思ったらビル間通路の上にポールが無事でいました。
隊長は救出しろと命じてます。

エピローグ
川に浮かんでる容器にクモが入ってます。
アナベルが捕まえたクモです。何故か破裂してる。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通のB級SFアクションのよい作品でした。


映画フェイス - にほんブログ村



« 『スタング 人喰い巨大蜂の襲来』 | トップページ | Hollywood Express番外 私の映画索引1996年◆2020.11.02(月) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『スタング 人喰い巨大蜂の襲来』 | トップページ | Hollywood Express番外 私の映画索引1996年◆2020.11.02(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。