映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『エイリアン: ダーク・プロジェクト』 | トップページ | 『ブルックリンよ、再び!』 »

2020.11.16

Hollywood Express番外 私の映画索引1998年◆2020.11.16(月)

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が縮小しこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引から色々と思えてきます。

イマイチ印象が薄い1990年代。お気楽な1980年代の延長で特徴がない。
そんな謎の1990年代作品の感想です。

1998年の作品。
色々な作品を何でもとにかく大量に見ています。
何だか女優さんで見ていたような感じ。レイチェル・ワイズ。ブリジット・フォンダ。キャメロン・ディアス。リース・ウィザースプーン。ファムケ・ヤンセン。ジェニファー・コネリー。ジョーダナ・ブリュースター。ジーナ・ガーション。カーラ・グギーノ。マデリーン・ストー。セルマ・ブレア。アメリア・ハインル。ジョージナ・ケイツ。ミラ・ソルヴィノ。アリシア・ウィット。レベッカ・ゲイハート。ケイティ・ホームズ。

傑作。佳作。よい。普通。まあまあ。イマイチの6段階評価。
イマイチと思われる作品は最初から見ないので実質5段階。

『アイ ウォント ユー』(1998年)→マイケル・ウィンターボトム監督、アレッサンドロ・ニヴォラ、レイチェル・ワイズ、ルカ・ペトルシック主演のメロドラマ。出来はよいです。
『アウト・オブ・サイト』(1998年)→スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー、ジェニファー・ロペス、ヴィング・レイムス主演の泥棒サスペンス。佳作です。
『イン・ドリームス 殺意の森』(1998年)→ニール・ジョーダン監督、アネット・ベニング、エイダン・クイン、ロバート・ダウニー・Jr.主演の謎サスペンス。出来はよいです。
『ヴァンパイア 最期の聖戦』(1998年)→ジョン・カーペンター監督、ジェームズ・ウッズ、ダニエル・ボールドウィン、シェリル・リー主演の吸血鬼アクション。出来はよいです。
『カラー・オブ・ハート』(1998年)→ゲイリー・ロス監督、トビー・マグワイア、リース・ウィザースプーン、ジョーン・アレン主演の別世界ドラマ。出来はよいです。
『グレイスランド』(1998年)→デヴィッド・ウィンクラー監督、ジョナサン・シェック、ハーヴェイ・カイテル、ブリジット・フォンダ主演のプレスリードラマ。出来はよいです。
『恋のから騒ぎ』(1998年)→ジェイソン・ブルーム監督、ポール・ラッド、リース・ウィザースプーン、クリスティーン・テイラー主演のロードムービー・ロマンティックコメディ。隠れた傑作です。
『GODZILLA ゴジラ』(1998年)→ローランド・エメリッヒ監督、マシュー・ブロデリック、ジャン・レノ、ハンク・アザリア主演のやたらと速く走るゴジラの怪獣映画。出来は普通です。
『ザ・グリード』(1998年)→スティーヴン・ソマーズ監督、トリート・ウィリアムズ、ファムケ・ヤンセン、ケヴィン・J・オコナー主演の海が舞台の怪獣映画。傑作です。
『サブウェイ・パニック1:23PM』(1998年)→フェリックス・エンリケス・アルカラ監督、ヴィンセント・ドノフリオ、エドワード・ジェームズ・オルモス、ロレイン・ブラッコ主演のリメイク地下鉄サスペンス。佳作です。
『6デイズ7ナイツ』(1998年)→アイヴァン・ライトマン監督、ハリソン・フォード、アン・ヘッシュ、デヴィッド・シュワイマー主演の南海の孤島ロマンティック・コメディ。出来はよいです。
『シンプル・プラン』(1998年)→サム・ライミ監督、ビル・パクストン、ブリジット・フォンダ、ビリー・ボブ・ソーントン主演のネコババ・サスペンス。出来はよいです。
『スティル・クレイジー』(1998年)→ブライアン・ギブソン監督、スティーヴン・レイ、ジミー・ネイル、ティモシー・スポール主演のロックバンド・コメディ。出来はよいです。
『スネーク・アイズ』(1998年)→ブライアン・デ・パルマ監督、ニコラス・ケイジ、ゲイリー・シニーズ、ジョン・ハード、カーラ・グギーノ主演のドーム会場サスペンス。出来はよいです。
『絶対×絶命』(1998年)→バーベット・シュローダー監督、マイケル・キートン、アンディ・ガルシア、マーシャ・ゲイ・ハーデン主演の難病アクション。出来は普通です。
『洗脳』(1998年)→デヴィッド・ナッター監督、ケイティ・ホームズ、ジェームズ・マースデン、ニック・スタール主演の洗脳サスペンス。出来は普通です。
『ダイヤルM』(1998年)→アンドリュー・デイヴィス監督、マイケル・ダグラス、グウィネス・パルトロー、ヴィゴ・モーテンセン主演のリメイク・サスペンス。出来はイマイチ。キャストは豪華だけどリメイクではやってはいけないことを連発してこまったものです。
『ダークシティ』(1998年)→アレックス・プロヤス監督、ルーファス・シーウェル、キーファー・サザーランド、ジェニファー・コネリー主演の謎の空間SFサスペンス。どこかで見たような感じですが出来はよいです。
『ナイトウォッチ』(1998年)→オーレ・ボールネダル監督、ユアン・マクレガー、ニック・ノルティ、ジョシュ・ブローリン、パトリシア・アークエット主演の死体安置所サスペンス。出来はよいです。
『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』(1998年)→今敏監督、岩男潤子、松本梨香、辻親八VCのサイコサスペンス。傑作です。
『パラサイト』(1998年)→ロバート・ロドリゲス監督、イライジャ・ウッド、ジョシュ・ハートネット、ジョーダナ・ブリュースター主演のボディスナッチャー・サスペンス。傑作です。
『パルメット』(1998年)→フォルカー・シュレンドルフ監督、ウディ・ハレルソン、エリザベス・シュー、ジーナ・ガーション主演のフィルム・ノワール風の泥沼サスペンス。佳作です。
『ビッグ・ヒット』(1998年)→カーク・ウォン監督、マーク・ウォールバーグ、ルー・ダイアモンド・フィリップス、チャイナ・チャウ主演の殺し屋アクションコメディ。佳作です。
『ビッグ・リボウスキ』(1998年)→ジョエル・コーエン監督、ジェフ・ブリッジス、ジョン・グッドマン、ジュリアン・ムーア主演の巻き込まれコメディ。傑作です。
『ブラウンズ・レクイエム』(1998年)→ジェイソン・フリーランド監督、マイケル・ルーカー、ウィリアム・サッソー、セルマ・ブレア主演の探偵サスペンス。出来はよいです。
『ブラック&ホワイト』(1998年)→ユーリー・ゼルツァー監督、ジーナ・ガーション、ロリー・コクレイン、ロン・シルヴァー主演の連続殺人サスペンス。出来は普通です。
『ブラック・ラン』(1998年)→D・J・カルーソー監督、パトリック・マルドゥーン、ピーター・グリーン、ジェイク・ビューシイ、アメリア・ハインル主演の巻き込まれカーアクション。出来は普通です。
『ブレード・スクワッド』(1998年)→ラルフ・ヘメッカー監督、カーク・バルツ、ムションド・リー、ロリ・ヒューリング主演のB級アクション。出来は普通です。
『ペーパーバック・ヒーロー』(1998年)→アンソニー・J・ボウマン監督、ヒュー・ジャックマン、クラウディア・カルヴァン主演のロマンティック・コメディ。出来は普通です。ヒュー・ジャックマンのデビュー作らしい。
『ベリー・バッド・ウェディング』(1998年)→ピーター・バーグ監督、キャメロン・ディアス、クリスチャン・スレイター、ジョン・ファヴロー主演のバチュラーパーティ泥沼サスペンス。佳作です。
『ボストン 愛の炎』(1998年)→レスリー・リンカ・グラッター監督、ケネス・ブラナー、マデリーン・ストー、ロバート・ロジア主演のメロドラマ。出来はよいです。
『ポーリー』(1998年)→ジョン・ロバーツ監督、ハリー・ケイト・アイゼンバーグ、ジーナ・ローランズ、チーチ・マリン主演の喋るオウムのファンタジードラマ。出来はよいです。
『マーシャル・ロー』(1998年)→エドワード・ズウィック監督、デンゼル・ワシントン、アネット・ベニング、ブルース・ウィリス主演の戒厳令アクション。佳作です。
『ムーンライト・ドライブ』(1998年)→デヴィッド・ドブキン監督、ホアキン・フェニックス、ヴィンス・ヴォーン、ジョージナ・ケイツ主演の疑惑サスペンス。出来はよいです。
『メリーに首ったけ』(1998年)→ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー監督、キャメロン・ディアス、マット・ディロン、ベン・スティラー主演の少し変わったロマンティック・コメディ。佳作です。
『ラスベガスをやっつけろ』(1998年)→テリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ、ベニチオ・デル・トロ、ビー・マグワイア、キャメロン・ディアス、クリスティナ・リッチ主演のラリラリなドラマ。佳作です。
『ラブレター 時を越えた恋人』(1998年)→ダン・カーティス監督、キャンベル・スコット、ジェニファー・ジェイソン・リー主演のタイムトラベル・ラブロマンス。出来はよいです。
『リプレイスメント・キラー』(1998年)→アントワーン・フークア監督、チョウ・ユンファ、ミラ・ソルヴィノ、マイケル・ルーカー主演の殺し屋アクション。出来はよいです。
『ルール』(1998年)→ジェイミー・ブランクス監督、ジャレッド・レトー、アリシア・ウィット、レベッカ・ゲイハート主演の都市伝説ホラー。出来は普通です。
『RONIN』(1998年)→ジョン・フランケンハイマー監督、ロバート・デ・ニーロ、ジャン・レノ、ナターシャ・マケルホーン主演の謎のアイテムアクション。カーアクションが素晴らしい。佳作です。
『ワンダーランド駅で』(1998年)→ブラッド・アンダーソン監督、ホープ・デイヴィス、アラン・ゲルファント、ホセ・ズニーガ主演のすれ違いラブロマンス。佳作です。

Top Box Office (US)
Weekend of November 6 - 8, 2020
Title ◆Weekend ◆Gross ◆Weeks
Let Him Go ◆$4.0M ◆$4.0M ◆1
→Thomas Bezucha監督、Diane Lane, Kevin Costner, Lesley Manville主演のサスペンスドラマ。

Come Play ◆$1.8M ◆$5.7M ◆2
→Jacob Chase監督、Azhy Robertson, Gillian Jacobs, John Gallagher Jr.主演の家族ホラー。

The War with Grandpa ◆$1.5M ◆$13.4M ◆5
→Tim Hill監督、Robert De Niro, Uma Thurman主演のファミリーコメディ。

Honest Thief ◆$1.1M ◆$11.2M ◆5
→Mark Williams監督、Liam Neeson, Kate Walsh, Jai Courtney主演のアクション。

Tenet ◆$905K ◆$55.1M ◆10
→クリストファー・ノーラン監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティソン主演のSFアクション。女優さんはエリザベス・デビッキ。

『トイ・ストーリー』 Toy Story (1995) ◆$505K ◆$505K ◆1
→John Lasseter監督、 Tom Hanks, Tim Allen, Don Rickles VCのファミリーコメディアクションの再公開。

The Empty Man ◆$294K ◆$2.7M ◆3
→David Prior監督、 James Badge Dale, Stephen Root, Joel Courtney主演のホラー。

Spell ◆$135K ◆$391K ◆2
→ Mark Tonderai監督、Omari Hardwick, Loretta Devine, Lorraine Burroughs主演のホラー。

The Informer (2019) ◆$133K ◆$133K ◆1
→Andrea Di Stefano監督、Joel Kinnaman, Rosamund Pike, Common主演のサスペンスドラマ。

The New Mutants ◆$128K ◆$23.6M ◆11
→Josh Boone監督、 Maisie Williams, Anya Taylor-Joy, Charlie Heaton主演のSFホラー。
Reported by Box Office Mojo © 2020


私の好きなミュージックビデオ

この安くて悪趣味な感じがいい。

私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルの作品が多くなってます。
<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>


映画フェイス - にほんブログ村


« 『エイリアン: ダーク・プロジェクト』 | トップページ | 『ブルックリンよ、再び!』 »

映画」カテゴリの記事

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『エイリアン: ダーク・プロジェクト』 | トップページ | 『ブルックリンよ、再び!』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。