映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Expressが休みなので自分の映画索引から◆2020.10.19(月) | トップページ | 『裸の町』(1948年) »

2020.10.24

『天使の顔』

この愛憎フィルム・ノワール映画の感想はネタバレ全開になっています。
オットー・プレミンジャー監督、ロバート・ミッチャム、ジーン・シモンズ主演の一目ぼれ愛憎フィルム・ノワールのようです。

1953年 Howard Hughes presents/RKO Radio Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Angel Face
プロット◆お嬢様に一目ぼれされて色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆ディミトリ・ティオムキン

キャスト
ロバート・ミッチャム→運転手のフランク
ジーン・シモンズ→富裕層の娘ダイアン

ハーバート・マーシャル→ダイアンの父親
バーバラ・オニール→継母のキャサリン

モナ・フリーマン→フランクのガールフレンド メアリー
ケネス・トビー→メアリーに気がある救命士ビル

レオン・エイムズ→凄腕のブレット弁護士
ジム・バッカス→地方検事
ラリー・J・ブレイク→エド刑事
ロバート・ギスト→クルマ関係のミラー氏

モーガン・ブラウン→カフェの主人ハリー
不明→病院の受付のジェニー
フランク・クマガイ→執事のイトウ
マックス・タカスギ→メイドのチヨ

オットー・プレミンジャー監督の演出はよいと思います。
全体的に愛憎ドラマになってます。フィルム・ノワールとは少し違う感じ。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクはある。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『天使の顔』
Angel Face
バックに音楽が流れてます。

タイトル
Howard Hughes presents

Robert Mitchum Frank Jessup
Jean Simmons Diane Tremayne Jessup
in

Angel Face

co-starring
Mona Freeman Mary Wilton
Herbert Marshall Mr. Charles Tremayne

with
Leon Ames Fred Barrett
Barbara O'Neil Mrs. Catherine Tremayne
Kenneth Tobey Bill Crompton
Raymond Greenleaf Arthur Vance
Griff Barnett The Judge
Robert Gist Miller
Morgan Farley Juror
Jim Backus District Attorney Judson
スタッフの紹介 1部にマスクがかかってます。

本編にて。
救急車が出動します。

山坂道を登ってます。
そうなるとロサンゼルスの高級住宅地となるわけです。

トレメイン家の屋敷にて。
ガス漏れ事故か?自殺か?といった感じです。医者と警察が来てます。
ここの奥様キャサリンがガス中毒でなっています。
ガスのコックが開けっぱなし。締める工具が見当たらないと旦那。
救急車の運転手フランクが暖炉に工具があると指摘する。

フランクはピアノを弾くのトレメイン家の娘ダイアンを見る。
いきなり泣くダイアンを顔を張って落ち着かせたのだと言ってるフランク。
そうなると負けずにフランクの顔を張るダイアン。
そんななれそめになってます。
ダイアンはキャサリンは継母なのよと言い始める。

引き上げてる救急車。
運転のフランク。相棒の救急隊員がビル。演じてるのがケネス・トビーです。
ダイアンはクルマですぐに救急車を尾行してます。

救急病院にて。
ここに戻る救急車。フランクはメアリーとデートだと言って帰ります。
クルマで張ってるダイアン。

カフェにて。
公衆電話でメアリーに電話をかけるが不在です。
ダイアンはフランクにコンタクトしてます。積極的だ。

公衆電話のベルが鳴ってます。出ないフランク。ダイアンは出ないの?と聞く。
そんなこんなで主人が出ています。やはりメアリーからフランクへの電話でした。

このへんで主人の名前がフランクとわかります。遅い。
カフェの主人のオッサンはハリー。
ダイアンの名前はまだ出てこない。

フランクはメアリーとのデートを断ってダイアンとデートになる。
このクルマはジャガーXKだねとフランク。クルマには詳しいようです。

クルマで移動中にて。
フランクは復員兵でレーシングドライバーとのこと。救急車の運転はアルバイトだ。

食事にて。
あと6000ドルあれば店が開けるとフランク。
ダイアンの父親は小説家。しかも最近は書けない小説家とのこと。
そんなわけで継母のキャサリンが一家を仕切ってます。

ダンスホールにて。
いい感じになってるフランクとダイアン。

屋敷にて。
帰宅するダイアン。ここで名前がダイアンだとわかります。
父親に呼ばれてキャサリンの事故について話し込むダイアン。
自殺ではないとなってま。
溶暗になります。

カフェにて。
ダイアンはメアリーを呼び出して食事にしてます。
わざわざ昨夜のことをメアリーに話すダイアン。どういうつもり?
フランクの開店資金に1000ドル出したいと言い出すダイアン。
理由は友達がいないからとダイアン。フランクには内緒でと主張する。
困惑のメアリーはダイアンに探りを入れる。
そんなこんなで私は自立してるのでカネはない。食事代は払ってねと帰るメアリー。

救急病院にて。
受付のメガネのジェニー。
メアリーは帰るところです。フランクが来たけどメアリーは不機嫌です。
昨夜は嘘をついたのねとフランクを責めています。
そんなところにメアリーに気があるビルが来てフランクとメアリーが口論してるのでやる気満々になってます。

カフェにて。
主人のハリーを相手にしてるフランク。そんなところにダイアンが来ます。
メアリーは食事をしたわは言い出すダイアン。
ダイアンはフランクにレースに出れば?と勧める。
その気になってるフランク。ダイアンはすぐに帰る。

屋敷にて。
旦那。継母。執事。そんなとこにダイアンが帰宅します。
執事の名前はイトウ。日系とういか日本人みたい。
ダイアンはキャサリンに運転手を雇えばは言い出す。フランクのことです。

海岸にて。
それぞれクルマでデートのフランクとダイアン。
屋敷のガレージ2階に住めばと言い出すダイアン。住み込みの運転手です。
そんなこんなでキスになっています。ダイアンからキスをしてます。
溶暗になります。

屋敷にて。
もう住み込み運転手のフランク。
メイドも日本人です。イトウ執事の夫人らしい。名前はわからん。
何しろ日本語を喋ってるので日本人です。
ダイアンは内線電話でフランクを呼び出してご満悦です。

フランクは継母に事業計画をプレゼンしてます。
スポーツカーのガレージのことです。
アーサー・バンスに電話してる継母。事業関係の相談相手のようです。

そんなとこに旦那が来ました。
回りくどい話しですが要するに小遣いが足りないです。
そうなるとこの屋敷は継母が仕切ってるとよくわかります。
キスして継母のご機嫌取りの旦那。小説家ですがスランプ中とのこと。

また海岸にて。
クルマで待ってるフランク。ダイアンが来ました。
ガレージの計画書はゴミ箱に行ったとしわくちゃの用紙を見せるダイアン。

それで継母がダイアンに意地悪してる自説を展開するダイアン。
フランクに注意した方がいいとアドバイスしてます。仕事をクビになる。
またキスになってます。

屋敷にて。
旦那とチェスをしてるダイアン。ダイアンが勝ってます。
まだクビになってないフランク。メアリーに電話する。
ピアノを弾くダイアン。

02:40AMの夜中にて。
フランクの部屋に来てるダイアン。
自分の部屋に誰かいたと主張するダイアン。それは継母だった。
それにガスが漏れる音がした。継母は消えた。

フランクは警察に通報しようとするとダイアンは止める。
俺はとばっちりはごめんだぜとハードボイルドなとこを見せるフランク。
そんなこんなでダイアンを追い返すフランク。

メアリーの自宅アパートにて。
呼び鈴が鳴って来たのはフランクです。
昨日いなかったのはビルとデートだったと話すメアリー。

屋敷にて。
フランクを犯罪に巻き込もうと口説いているダイアン。とにかくそうなってます。
そうなると荷物をまとめているフランク。出ていくつもりです。
ダイアンは一緒に連れてって。宝石もクルマを売ると主張する。
またキスになってます。フランクも流され過ぎ。
とりあえず元に戻ろうとなってます。大丈夫なのか。

ダイアンがいなくなると電話してるフランク。
そのダイアンは庭先に出て崖を見下ろす。ゴミを投げて転げ落ちるの見る。
溶暗になります。

庭先にて。
イトウ執事と夫人がお休みでクルマで出かけます。
クルマはちゃんと整備したよとフランク。そんなわけで快調に走り去るクルマ。

継母はメイドのチヨを呼んでます。これで執事夫人の名前がわかった。
それはともかくメイドはいない。手袋がないと継母。
ダイアンは自分の手袋を貸しますとマジで貸してる。どうやっても継母を外出させたいわけです。
継母を送り出して何やら考えてるダイアン。

継母は今度はフランクを探してます。ブリッジをやりに出かけるので慌てる。
ダイアンはフランクはいないと伝える。そんなわけで自分で運転するわとなる継母。

ピアノを弾いてるダイアン。

庭先にて。
クルマの乗り込む継母。そんなとこに旦那が来て便乗させてくれと言い出す。
継母だけのはずが旦那まで乗ってます。それでいいのか。

クルマを発進させる継母。
突然クルマはバック全開になって崖から転落する。これはビックリ。
崖を転がり落ちるクルマ。これは2人ともダメそう。

ピアノを弾いてるダイアン。
溶暗になります。

警察にて。
呼ばれているフランク。顔見知りのエド刑事から事情聴取になる。
雇い主が死んだとかそんな話しになってます。
フランクは雇われてから1ヶ月ほどとのこと。

ダイアンのことを聞かれるフランク。
ギアがバックに入ったままか?と聞かれてます。どうやら当時のクルマはギアがバックのままでもエンジンがかかるようです。
ダイアンのボーイフレンドについては知らないと答えるフランク。
いきなりお前と駆け落ちの計画があったと言い出すエド刑事。これはビックリのフランク。
ダイアンのスーツケースがフランクの部屋にあったのでそうなったわけです。現物が警察に押収されています。
エド刑事は俺ならまず弁護士を雇うと言ってます。これは大変。

オッサン2人が登場。
フレッド・バレット弁護士がダイアン・トレメインと面会です。
どうやら有名弁護士のバレット。連戦連勝らしい。
もう1人のオッサンが何だかわからん。

病床のダイアンは私が全部やりましたと言い出す。フランクではない。
検事は君とフランクの共犯の証拠を持っていると主張してるとバレット弁護士。
真実は陪審員が決めると豪語する。

留置所にて。
フランクと面会のバレット弁護士とルイス弁護士。ようやく名前がわかった。
バレット弁護士は2人を結婚させると言い出す。陪審員は恋愛話が大好きなんだ。
2人の愛に偽りはありませんと陪審員に訴えることが出来るわけです。
そんなわけでよろしくと弁護士2人は帰ります。

病室にて。
もうフランクとダイアンの結婚式になってます。早い。
他の患者さんたちからケーキの差し入れがあったりします。ムダに盛り上がってる。

相談する弁護士2人。
心身障害とかそれ関係の用語を連発して相談してます。

法廷にて。
検察側は事故った実物のエンジンとミッションを持ち込んでます。
リバースに入れてコッターピンを外せばギアをリバースのままに固定される。
スロットルスプリングを外せばスロットルを軽く踏むだけで全開に固定される。
スプリングがないと証言する。事情通のミラー氏。
検事の質問にそんな説明をしてます。自信満々の検事。

バレット弁護士のミラー氏への反対尋問になり色々と突っ込む質問を連発してます。
陪審員のオッサンがミラー氏に質問をする。細工は女性でも出来ますか?→出来る。
そんな感じ法廷ドラマが延々と続いてます。いいじゃん。

ダイアンとフランクは座って見てるだけです。
傍聴席にはビルとメアリーがいます。

検事が陪審員達を前に熱弁をふるってます。
交代して弁護士が熱弁で愛することが罪でしょうかと同情を誘ってます。

弁護士役のレオン・エイムズはここんとこよく見てます。
最初に印象に残ったのは『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(1946年)の地方検事役でした。

シーンが飛んで評決となります。
被告を無罪とします。盛り上がってる傍聴席とマスコミ。

屋敷にて。
クルマで帰宅するダイアンとフランク。
弁護士は屋敷に寄らずにそのまま帰ってます。
日本人執事夫婦はまだいます。態度は変わらない。

シャンパンが用意されていたりします。
フランクは不機嫌です。
10歳の時に空襲で母を失ったと身の上話を始めるダイアン。ロンドン空襲のことです。
継母のことは最初から嫌いだった。
そんなわけで継母が死んで父親が残るはずだったダイアン。

それなりにショックを受けてるダイアン。
そうなるとフランクに父親の役割を求めるわけです。

しかしフランクは君はもう自由だから俺は必要ないだろうと言い出す。
離婚するよとフランク。ここから出ていく。
メアリーは戻らないわよとダイアン。これはマジみたい。
私の方がメアリーよりあなたと愛してると思い込みが激しいダイアン。

私が負けたらクルマを上げると言い出すダイアン。何だかわからん。
要するにフランクがメアリーとよりを戻したらフランクの勝ち。ふられたら負けという賭けのようです。それでどうなる。
溶暗になります。

メアリーの自宅アパートにて。
フランクが来ました。メアリーと話し合おうとするがビルがいたりします。
何を考えているのか俺の前で話せと強気のビル。

ビルを演じるケネス・トビーですがショーン・ビーンに似ています。
そうなるとすぐに死ぬのかは思えるがこの作品ではそうでもない。

ダイアンとの結婚には意味はないと話すフランク。
会話から最初に救急車と出動した相棒はビルだとわかった。
メアリーはフランクが犯罪を犯したとは思っていない。しかしフランクには戻らない。
もうビルといい仲になってしまってる。
そんなわけでフラれたフランクは賭けに負けてしまった。

屋敷にて。
ダイアンは執事夫婦を解雇してます。再就職出来るまでは雇うとしてます。
そうなるとダイアンは何をするつもり?

ピアノの上に父親の写真が置いてあります。
ダイアンのファザコンも相当なものです。父親を演じるのはハーバート・マーシャルなのでファザコンも当然といった感じ。

屋敷内を歩き回るダイアン。
チェス盤を見たり庭先に出たりしてます。

ダイアンはガレージ上のフランクの部屋に来ています。
空っぽのトランクがあります。フランクの服を抱きしめるダイアン。
溶暗になります。

フランクの服を羽織ってイスで寝ていたダイアン。
クルマのエンジン音が聞こえてきます。反応するダイアン。

イトウ執事が就職活動にクルマで出かけるようです。
ダイアンはビバリーヒルズまで乗せてってとお願いして乗ってます。

バレット弁護士のオフィスにて。
ここに来たダイアン。秘書の名前はシェリー。
秘書はバレット弁護士といませんと言ったがちょうど戻って来たバレット弁護士。

陳述がしたいと言い出すダイアン。文書にしてくれ。
ジェサップ夫人が陳述をする。ダイアンのことです。

全ては私が1人でやったことですと話し出すダイアン。
バレット弁護士は止めていますがダイアンは止まらない。
フランクは無関係。オートマチックの仕組みはフランクから聞き出した。
私は聞き上手なので他のことも含めて聞いてフランクにはわからない。
罪悪感は消えないわとダイアン。どうやらフランクが去ったと思ってるようです。

バレット弁護士はそんなとこはないよと普通に説得してる。
それで1度無罪になると2度と同じ罪には問われない。ダブル・ジョパディーの話しをします。

ダブルジョパティの2本立て
『大悪党』(1968年)
『ダブル・ジョパディー』(1999年)
この2本ですが圧倒的に『大悪党』(1968年)の方が出来がいい。

そんなわけであとは病院に入ることぐらいしかないぞとバレット弁護士。
ダイアンは帰ります。
それでバレット弁護士はどうする?と思ったけど何もしないみたい。
ダイアンの陳述書を破り捨てる。

屋敷にて。
タクシーで帰宅するダイアン。

フランクの部屋にて。
ラジオがニュースを流してます。フランクは荷物をまとめている。
ダイアンが来ました。君の勝ちだとフランク。クルマのキーを返します。

メキシコに行くと言い出すフランク。
ダイアンはメキシコはいいところなのよ。私も一緒に行くと主張する。

あと40分でバスが出るとつれないフランク。
ダイアンはコートを来てクルマを出してます。バス停まで送るつもりらしい。
そんなわけでクルマにトランクを積んで助手席に座るフランク。
これはダイアンが途中で何かやらかすのとなるのか?大丈夫なのか。

フランクにまだ開けてなかったシャンパンを開けてと頼むダイアン。
シャンパンをグラスに注いでるフランク。
ここでダイアンはクルマをスタートさせます。前進でなく思い切りバック全開です。
庭先の崖に転落するクルマ。何回も転がっています。
伏線通りならそうなるのかといった感じ。

フランクを迎えに来たタクシーが到着します。
誰も出てこないのでクラクションを鳴らすタクシー運転手。誰も出てこない。
エンドとなります。


そんなわけで愛憎フィルム・ノワールのよい作品でした。
それにしてもフィルム・ノワールのロバート・ミッチャムはよく死ぬな。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Expressが休みなので自分の映画索引から◆2020.10.19(月) | トップページ | 『裸の町』(1948年) »

映画」カテゴリの記事

1950年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Expressが休みなので自分の映画索引から◆2020.10.19(月) | トップページ | 『裸の町』(1948年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。