映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Expressが休みなので自分の映画索引から◆2020.09.21(月) | トップページ | 『ガラスの鍵』 »

2020.09.26

『湖中の女』

このフィルム・ノワール映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロバート・モンゴメリー監督主演の主観ショットを使ったフィルム・ノワールのようです。

1946年 Metro-Goldwyn-Mayer (MGM) アメリカ作品
ランニング・タイム◆98分
原題◆Lady in the Lake
プロット◆社長夫人を探して色々とある話しのようです。
音楽◆David Snell
音楽◆Maurice Goldman (uncredited)

キャスト
ロバート・モンゴメリー→探偵のフィリップ・マーロウ
オードリー・トッター→出版社のアドリエンヌ・フロムセット

ロイド・ノーラン→デガーモ警部補
トム・テューリー→ケーン警部

レオン・エイムズ→出版社のデレイス・キングズビー
ジェーン・メドウズ→看護師のミルドレッド・ハビランド
ライラ・リーズ→やる気満々の秘書Receptionist

ディック・シモンズ→ロクデナシのクリス・レイバリー

ロバート・モンゴメリー監督の演出はよいと思います。
全体的に少し変わったフィルム・ノワールになってます。
主観ショットのみだとせっかくの主演スターであるロバート・モンゴメリーがあまり見えないということになってしまいます。こまったものです。

そうなるとアルフレッド・ヒッチコック監督が得意の主観ショットのみではなく切り返しで見ているキャラクターのリアクションをカットバックさせる『主観ショットカットバック』が究極な手法になるわけです。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。粒子が目立ってカクカクはある。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『湖中の女』
Lady in the Lake
タイトルバックには音楽、MGMなのでライオンの鳴き声、それから歌がが入ります。

タイトル
Metro-Goldwyn-Mayer (MGM) presents
これがクリスマスのポストカードになっていてカードがめくって進みます。
Robert Montgomery Phillip Marlowe
in

Lady in the Lake

with
Audrey Totter Adrienne Fromsett
Lloyd Nolan Lt. DeGarmot

Tom Tully Capt. Kane
Leon Ames Derace Kingsby
Jayne Meadows Mildred Havelend
Dick Simmons Chris Lavery
スタッフの紹介の一部にマスクがかかります。
何故かキャスト表が入ります。
タイトルバックはクリスマスカードです。
最後に小型オートマチックハンドガンが出てきます。

本編にて。
ロバート・モンゴメリー扮するフィリップ・マーロウがカメラ目線で登場。
ここはマーロウのオフィスです。
私はフィリップ・マーロウ。湖中の女事件があった。
小説を書いて原稿を出版社に送ったとマーロウ。A・フロムセット。
ビードソンビル、950号室。
こんな感じで長々とモノローグというか前口上で続きます。

私が見たままを体験すると主張するマーロウ。
キングズビー出版社。ミードソンビル。950号室とまた繰り返す。
A・フロムセットとまた名前が出てる。
カメラ目線ショットが終わり主観ショットが始まります。

オフィスビルにて。
キングズビー出版社。犯罪誌。殺人ミステリー。
秘書に取り次ぎを頼むマーロウ。何故かやる気満々の秘書。

コンタクトする相手ですが私がアドリエンヌ・フロムセットですと女性でした。
社長秘書というか編集長といった感じ。
原稿についてのはなしになります。
デレイス・キングズビーが社長の名前です。
忠誠な探偵が存在するのか?の話題になるがアッサリといないと否定するマーロウ。
そんな間抜けもいると言ってる。

アドリエンヌですが原稿ではなく探偵仕事の依頼の話しになってます。
社長に気付かれずに駆け落ちした社長夫人を探してくれ。

この依頼を断るマーロウ。
そんなとこにデリーという男が来ました。これがデレイス・キングズビー社長です。
マーロウが作家だと思ったら探偵なのでビックリの社長。
そんなこんなで原稿込みで300ドルの依頼になっています。

主観ショットのみではくな時々鏡にマーロウ本人が映ったりしてます。
黒味が入ります。

アドリエンヌの自宅アパートにて。
ここに来てるマーロウ。
電報があります。勝手に読んでるマーロウ。
デレイスへ、メキシコで離婚手続をしています。
クリス・レイバリーと結婚するわ。
クリスタル。社長夫人の名前です。

クリスタル社長夫人はクリス・レイバリーと逐電したといった感じ。
エルパソに行く話しになります。
アドリエンヌはクリスと会ってるが社長夫人とは会っていないと主張する。
何しろ社長夫人は行方不明。
アドリエンヌが言うところクリスはロクデナシだそうです。
クリス・レイバリーはベイシティにいるとアドリエンヌ。渓谷の端だ。
何だか激昂してるアドリエンヌ。
そんなこんなでレイバリーにコンタクトしに出かけるマーロウ。

676号室 クリス・レイバリーの自宅アパートにて。
レイバリーは探偵のご用聞きかと思って断ってます。そんな噛み合わない話しになる。

キングズビー夫人のことを聞くマーロウ。
長い間会ったことがないと主張するレイバリー。
レイバリーはタイトなボーダーの縞々Tシャツを着て体の線がよく見え御婦人向けのセクシーな感じになってます。
それはいいけど縞々だとカクカクが目立ってしょうがない。こまったものです。

唐突にマーロウに時間を聞くレイバリー。要するに古典的なアレは何だ?です。
そんなわけでレイバリーに殴打され昏倒するマーロウ。
黒味になります。

このへんで主観ショットでは会話シーンの切り返しが出来なくなることに気がついた。
そうなると受ける俳優の演技力がかかってきます。

警察にて。
目を覚ますマーロウは留置所に入ってる。
デガーモ警部補の名前が出ています。ロイド・ノーランが演じてます。
ケーン警部の名前が出てきます。マーロウに会いたがってる。

どうやらマーロウは飲酒運転で歩道に乗り上げていたとのこと。
レイバリーにはめられたわけです。そのように主張するマーロウ。
デガーモ警部補と口論になるマーロウ。
溶暗になります。

A・フロムセットのオフィスにて。
ここに来てるマーロウ。時々鏡に映るサービスシーンがあります。
リトルホーン湖。社長の別荘がある個人保有の湖。このあと彼女は消えた。

秘書がグリア氏が面会ですと伝える。
マーロウは湖には行かないと主張してアドリエンヌが激高する。
グリア氏は社長に会わせてくれとそればっかり。

ビル・チェス管理人に殺人容疑がかかると話し出すグリア氏。
彼の奥さんミュリエルが水死体で見つかった。
そんなわけでアドリエンヌはマーロウに湖に行ってくれと強要する。
ようやく湖に行くことにするマーロウ。
溶暗になります。

またカメラ目線のマーロウが登場。
私は湖に行ったと説明する。セリフのみなのでロケはせずコストダウンにはなる。
まずモルグでミュリエルの死体を見た。損傷して判別は出来なかった。
すぐにアドリエンヌのとこに行った。28号室。

アドリエンヌの自宅アパートにて。
ここに来たマーロウ。説明します。
ミュリエル・チェスは別名ミルドレッド・ハビランドだった。

レイバリーの自宅アパートにて。
ここに来てるマーロウ。
呼び鈴を押しても返事がない。ドアのカギはかかっていない。
そんなわけで入り込むマーロウ。

2階から女性が降りてきます。誰なんだ?
会話からここの大家のような感じです。フォールブルックと名乗る。
フォールブルックが警察に電話しようとするのを止めるマーロウ。
そんなこんなでフォールブルックを手なずけて買物に行かせるマーロウ。

マーロウは家捜しを始めます。
階段を登って2階に行って家捜ししてます。
残されたハンカチにはAFとイニシャルが入ってます。
風呂場に行くと洗面台の水が出しっぱなしです。
鏡には弾痕があります。ガラス戸にもある。風呂場に死体がありました。
死体ですがどうやらレイバリーのようです。
溶暗になります。

キングズビー出版社にて。パーティになってます。
社長が盛り上げてるとこでマーロウが来て盛り下がる。

そんなわけでアドリエンヌと別室に入るマーロウ。
社長に内緒にしないとダメじゃないと激昂してるアドリエンヌ。まあそう言う。
唐突に若い男が入ってきてアドリエンヌにキスして言い出す。とにかくそうなってる。
軽くキスをして若い男を追っ払うアドリエンヌ。

小型オートマチックハンドガンをアドリエンヌに見せるマーロウ。
奴は死んでいた。レイバリーのことです。AFのハンカチも見せます。

今度は社長が来ました。
レイバリーはこのハンドガンで死んだと説明するマーロウ。
社長ですが社長夫人を1人にしてやったといった感じです。
マーロウの仕事のことは初めて知った。
社長夫人はハンドガンを持っていたか?と聞くマーロウ。社長は知らない。

社長がいなくなるとアドリエンヌがマーロウに愚痴を言ってます。
そのうち二度と会いたくない依頼はなかったたことにしています。

部屋から出たとこで社長に呼ばれるマーロウ。
俺はクビになったとマーロウ。私と契約してくれと社長。
社長の夫人を探してくれ。人を殺すはずがない。

レイバリーの自宅アパートにて。
警察一行とマーロウ。さっそく警察に絡まれてるマーロウ。
これまでの経緯を警察に全部話すマーロウ。警察は興味津々。
2ヶ月前から社長夫人が行方不明。これを強調してるマーロウ。
湖のことはどうでもいいとしてる警察側。何故かそうなってる。
検死官のエドが来ました。

マーロウはデガーモ警部補と話し込む。
そのうちにもめてデガーモ警部補がマーロウを殴打する。
俺の問題にクビを突っ込むなとなってます。何だかわからん。
それにしても主観ショットの殴り合いというのも風変わりです。
主観ショットでデガーモ警部補を殴打するマーロウ。

そんなわけでケーン警部に手錠をかけられるマーロウ。
デガーモ警部補には冷静さを失ってるので帰れと命じるケーン警部。

警察の会見室=プレスルームにて。
夜打ち朝駆けの記者が寝ていたりする。
手錠は外されたマーロウが電話を借りに入ってます。
L.A.クロニクルにデューガンに電話してミルドレッド・ハビランドの情報を調べてくれと依頼してます。ベイシティの人間だ。

マーロウの自宅アパートにて。
鏡に向かってネクタイを締めてるマーロウのサービスシーンが入ります
そんなとこにアドリエンヌが来ます。ハンカチの件を弁解する。

電話です。
デューガンからミルドレッド・ハビランドの情報に関してです。
1年半前の自殺に関係ある・・・

唐突にアドリエンヌに帰ってくれと言い出すマーロウ。
帰るアドリエンヌ。謎の電話番号を伝えて帰ってます。

ミルドレッド・ハビランドはアルモア医師の看護師だった。
アルモア夫人の死体が上がりデガーモ警部補が捜査を担当した。
判決は自殺。看護師のミルドレッド・ハビランドは失踪した。

ベイシティ グレイソンの自宅にて。
ここを訪ねるマーロウ。どうやらミルドレッド・ハビランドの実家のようです。
警察には全て話したと無愛想なグレイソン。夫人の具合も悪いので帰ってくれとなる。
そんなわけで帰るマーロウ。

近くにとまってるクルマに注目のマーロウですが自分のクルマを発進させる。
すぐに先ほどのクルマが尾行してきます。それでどうなる。
尾行したクルマに並ばれたとこでクラッシュするマーロウのクルマ。

尾行のクルマにはデガーモ警部補がいます。
マーロウに酒をかけてまた酔っ払い運転にする小細工をやってます。
黒味になります。

またカメラ目線のマーロウが登場。
デガーモ警部補はいい奴だと逆のことを言い始める。
私に酒をかけて置き去りにして一般市民を騙って飲酒運転だと通報した。
しかし私は意外と早く気がついた・・・

現場です。
そんなわけで意外と早く気がついたマーロウは不意をついてデガーモ警部補を殴打してノックアウトさせる。
ようやくクルマから出たマーロウは奪われた身分証が入った財布を取り返す。
そんなところにパトカーが接近してます。財布をデガーモ警部補のポケットに入れる。
必死こいてそのへんに隠れるマーロウ。

パトカーが到着して警官2人が出てきます。
身分証を見てデガーモ警部補をマーロウだと勘違いして連行してます。
それから事故処理の依頼をして引き上げています。

それからマーロウは近くの公衆電話に匍匐前進をしています。立てないからそうなる。
ところどころで音楽が不気味なコーラスになってます。これは当時としては目新しい感じです。
何しろ主観ショットなので地面を這う主観ショットもあります。

ようやく公衆電話にたどり着いたマーロウ。
電話するとなるともうアドリエンヌしかいない。迎えに来てくれと救援を求める。
マーロウの意識が薄くなって溶暗になります。

アドリエンヌの自宅アパートにて。
意識を取り戻したマーロウは交通事故のラジオニュースを聞く。
ここはどこだ?といった感じ。
ようやく起き上がり鏡を見るとかなり顔がひどくやられています。
アドリエンヌが来てそのへんの船員やアパートのドアマンに頼んで運んだと話す。

アルモア夫人に会いに行ったことを何故デガーモ警部補が知ってた?とマーロウ。
何だかマーロウに好意的になっているアドリエンヌ。
キスになってます。これも主観ショットのキスです。
私達は似た者同士と言ってるアドリエンヌ。
クリスマスはどこにいるとお互いに聞いてます。バーとナイトクラブとなってます。
マーロウはまだ重傷なのでお休みなさいと別室に行くアドリエンヌ。
溶暗になります。

翌朝にて。
何故かあるガウンを着てるマーロウ。
カードが入ってます。デレイスへ、メリークリスマス。
要するに社長へのプレゼントとのガウンだったようです。

アドリエンヌはあなたの本を出版したら一緒に暮らせるわと言い出す。
メリークリスマスとなって溶暗になります。

シーンが飛んでラジオドラマを聞いてるマーロウとアドリエンヌ。
チャールズ・ディケンズ原作の『クリスマス・キャロル』をやってます。
スクルージと名前が出てくれば『クリスマス・キャロル』です。ど忘れしたけど。

アドリエンヌは身の上話を始める。16歳でウエイトレスをやっていた。
そんなところに呼び鈴が鳴ってますが無視するアドリエンヌ。

しつこい呼び鈴なのでしょうがないので出るアドリエンヌ。
私だ開けてくれと言ってる。どうやら社長らしい。
マーロウを探してる社長。そこにいるわとアドリエンヌ。捜したぞと社長。

警察は激怒してる。デガーモ警部補がマーロウになっていたし。
それはともかく社長夫人のクリスタルから連絡があったと言い出す社長。
カネがいるとの電話だ。クリスタルにカネ500ドルを届けてくれの依頼です。

アドリエンヌは危険よと反対する。マーロウも渋るふりをする。
そんなこんなで報酬5000ドルで引き受けるマーロウ。いい仕事だ。
ピーコックルームというバーの前で待ち合わせる。
社長は警察を引きつけるために先に出かけます。
相変わらずマーロウの心配をしてるアドリエンヌ。それでもマーロウは出動する。
溶暗になります。

バー ピーコックルームの前にて。
ブルネットにコートの後ろ姿の女性が待っています。
コンタクトするマーロウ。
さっそくカネをくれと話が早い女性。話すことなんてない。
とりあえず徒歩で移動になります。
前振りがあった米を落としながら移動するマーロウ。目印にしてるわけです。

243号室にて。
ここに来てる女性とマーロウ。
ふり返って顔を見せる女性。どうやら大家の女性みたい。
やはり大家のふりをしていた女性。誰なんだ?

レイバリーは前日に殺されていたと謎解きを始めるマーロウ。
カネを捜していたと女性。
で、君はミルドレッド・ハビランドだと喝破するマーロウ。
君は社長夫人のクリスタルではない。アルモア夫人も殺したなと迫る。
湖中の女はクリスタルだとマーロウ。クリスタルは誤ってボートから落ちて溺死した。

ハンドガンを出すミルドレッド。
ここは安全装置がかかってると気をそらしてハンドガンを奪うマーロウ。
25口径のオートマチックとのこと。威力はないが扱いやすい護身用です。

今度は泣き落としになるミルドレッド。
そんなところにノックの音がします。マーロウは目印で来たからアドリエンヌか警察だろうとなる。
しかしやって来たのたはマーロウの宿敵デガーモ警部補でした。
これには面食らうマーロウ。殴打される。

デガーモ警部補も長い間ミルドレッドを追っていたそうです。
どうやらミルドレッドとマーロウに死んでもらい同士打ちにする段取りです。
それで俺は自由になると主張するデガーモ警部補。ミルドレッドに惚れていたようです。

まずミルドレッドを撃つデガーモ警部補。
マーロウは自分の賭けが外れた。米粒を残してケーン警部が来たと思ったらデガーモ警部補だった。

デガーモ警部補は米粒を辿ってきた。その米粒は片づけたのでもう誰も来ない。
このことアドリエンヌから聞いたと主張するデガーモ警部補。そうなの?

そんなことを話し込んでるとこにケーン警部一行が接近してます。
マジで接近してデガーモ警部補が撃たれる。

ケーン警部から全貌が見えたかと聞かれて小説を書くよとマーロウ。
彼女はミルドレッド・ハビランドだ。2人の夫人とレイバリーを殺した。
溶暗になります。

エピローグ。
またカメラ目線のマーロウが登場。
色々と説明するマーロウ。米粒の件はデガーモ警部補が盗み聞きしていたと。
すっかり仲よくなってるアドリエンヌが来ます。
ニューヨーク行きの切符を出すアドリエンヌ。
キスになるマーロウとアドリエンヌ。
エンドとなります。これはcosmic picturesが入れてる。
キャスト表示はない。もう出ていました。


そんなわけで主観ショット・フィルム・ノワールのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


« Hollywood Expressが休みなので自分の映画索引から◆2020.09.21(月) | トップページ | 『ガラスの鍵』 »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Expressが休みなので自分の映画索引から◆2020.09.21(月) | トップページ | 『ガラスの鍵』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。