映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『キューブ: ホワイト』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.07.13(月) »

2020.07.12

『A.I.ライジング』

このB級SF愛憎映画の感想はネタバレ全開になっています。
ラザル・ボドローザ監督、セバスチャン・カヴァーツァ、ストーヤ主演のB級SF愛憎ドラマのようです。

2018年 Mir Media Group production/balcanic/Film Center Serbia/Arclight films .worldwide sales セルビア作品
ランニング・タイム◆87分
原題◆A.I. Rising
プロット◆宇宙船でアンドロイドと色々とある話しのようです。
音楽◆Nemanja Mosurovic (original music by)

キャスト
セバスチャン・カヴァーツァ→パイロットのミルティン
ストーヤ→アンドロイドのニマーニ1345
マルーシャ・マイエル→会社の面接官
クリスティ・ベスターマン→コンピューターの音声

ラザル・ボドローザ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFになってます。
英語版です。そうしないと世界市場で売れないのでそうなる。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は驚きの5.1chです。セルビアなのに。

Arclight films .worldwide sales
balcanic presents
a Mir Media Group production
with the support of Film Center Serbia

前説字幕
時は2148年
世界は資本主義により搾取しつくされていた。
社会主義的な統制が人類維持のために導入されると
世界最大の企業は宇宙に目を向け始める。
エデルレジ社はケンタウルス座アルファ星への移住計画を実施・・・

バイコヌール宇宙基地にて。
オッサンのミルティンがエデルレジ社の面接を受けています。
面接官は女性です。アンドロイドみたいな感じ。
ジュチェ思想を広めるようにと言われてます。社会主義のこと?
単独任務ではなく仲間が必要だ。
異性の同行者が必要だ。そんなわけで女性アンドロイドが付く。
ミルティンはなんだいそれは?と警戒してます。
女性アンドロイドの名前はニマーニ。わが社のサイボーグだと言ってるけど・・・
500種類の性格。外観はカスタマイズ可能。自ら微調整も出来る。
ロボット3原則も厳守する。生身の女とは違い人を傷つけない。
そんなわけで好みのタイプを選択するのでなくこの面接でタイプが判明してるようです。

アンドロイドが製作される風景になります。
ミルティンはユーゴスラビア人とのこと。母親の声がいい。
ニマーニ1345です。このへんは『攻殻機動隊』(1995年)みたいになってます。

a Lazar Bodroza film

A.I. Rising

Sebastian Cavazza Milutin
Stoya Nimani 1345
Marusa Majer Social Engineer
Kirsty Besterman Computer
スタッフの紹介
タイトルバックは宇宙船からアンドロイド製作になってまた宇宙船になってます。
アンドロイド製作シーンからボカシはしっかりと入ってます。

本編です。バイコヌール宇宙基地にて。
私は本船のコンピューターですと会話になるミルティン。女性の声。
現状モード。
自由度が高いカスタムモード。
上級モード。初期設定を無効にして手動で操縦が出来る。これにはエデルレジ社の許可が必要です。

ミルティンはカスタムモードを選択する。
コンピューターから大丈夫ですかと突っ込まれてます。

とにかく宇宙船は発射となります。
あっという間に地球の大気圏外に出てます。
ミルティンから出た水滴を追うシーンが入ります。特に意味はなかった。
セリフのないシーンが多めになってます。

航行中の宇宙船。19日目。
まだ女性アンドロイド ニマーニ1345は起動していません。
で、起動となります。コンピューターがニマーニ1345は起動しますと言ってる。
OSソフトをインストールします。

航海日誌ビデオにて。
ニマーニを起動してしまったと録画してるミルティン。
言う通りなのでは物足りない。

そんなわけでニマーニを利口モードにします。
シュレーディンガーの猫の話しをするニマーニ。
ヘアスタイルはブルネットのボブヘアです。水野久美のX星人か攻殻機動隊の草薙隊長といった感じで素敵です。

セックスモードにします。
速攻でセックスになってるミルティンとニマーニ。
ニマーニ役の女優さんストーヤは現役ポルノ女優だそうです。それにしてはおっぱいが小さい。
セックスはいいけどボカシがひどい。こまったものです。
それでも48手セックスになってます。

変換モード。恋愛関係に設定します。
過去の女達にはひどい目にあったと愚痴が聞かせるミルティン。
人間の女達は君以上に型にハマった性格だったとこき下ろす。
ニマーニのことをアンドロイドと呼んでます。サイボーグだと元になった人間体があることになるのでアンドロイドが正解なのでしょう。

41日目。
ミルティンは船内で無重力状態になってます。
コンピューターのレポートがあります。セックスが多過ぎる。

ニマーニに家庭モードが選択された。それにエンターテイメントモードに追加される。
そんなわけで笑顔でダンスを披露するニマーニ。
キスがしたいとミルティン。
嫌がるニマーニ。これは初心な設定にしたからです。私達は友達よとなる。
イライラしたのかニマーニをバックスタイルでレイプするミルティン。

ソーラー充電モードのニマーニ。
素っ裸で立って充電するところのニマーニ。光の帯が上下に動き充電になってます。
当然ボカシがあります。

その後のミルティンとニマーニの関係は悪くはなっていない。
何しろニマーニは設定次第でどうにでもなる。

コンピューターレポートです。
予想より1週間遅れてレイプを実行。

地球のエデルレジ社との定時連絡交信です。
カウントダウンが入ってます。電波の届く時間差の誤差は修正というか省略されてる。
ニマーニについて聞かれるミルティン。いい関係だとなってる。

それからニマーニを業務モードに変えてと言われる。
これでミルティンの心理状況をニマーニにレポートさせる。
レポートが終わって通常モードに戻されるニマーニ。

土星でのスイングバイについて指示が出ています。
スイングバイとは惑星の引力を使って宇宙船を加速させる航法です。
次の定時連絡交信は6ヶ月後と言われてます。

ミルティンはコンピューターにニマーニについて色々と質問をする。
これまで経験値=キャッシュを消せるのか?→消せるのは上級ユーザーだけ。
自分に消せるのか?→会社の許可が必要です。

298日目。
宇宙食は錠剤です。NASAの宇宙食は高級品となってます。
まだミルティンとニマーニの関係は悪くはない。何しろ設定次第なんです。

ミルティンの仕事は宇宙船の保守点検になってます。宇宙遊泳もやる。
ニマーニから寂しいから早く戻ってなんて言われてる。
ベッドでミルティンの上に乗ってタブレットのゲームをやってるニマーニ。アンドロイドなので超高速でやってます。

ニマーニが無重力状態になってます。宙返りをやってます。いい感じ。

窓のシャッターを開けています。何をするんだ?
ハードウェアのチェックを実施。何だかわからん。

ニマーニの設定で口論を選択するミルティン。
そんなわけで口論になってます。ニマーニから非難されてる。
誘惑モードにするミルティン。またこれなのとニマーニ。
I hate youのセリフがあります。『汚名』(1946年)のセリフだ。

それでもセックスになってます。
ニマーニの充電のシーンも入る。
そんな感じでセリフのないシーンが長めに入ってます。

コンピューターに質問するミルティン。
ニマーニのOSを消すとどうなる?→いままで経験を元に動きます。機能は大幅に低下する。ロボット3原則も破る可能性もある。
そんな感じでカウンセリングを受けたら?と言われてるミルティン。

カウンセリングにて。ニマーニがカウンセリングモードになってる。
ミルティンは人間が作れると意気込んでます。大丈夫なのか。
ニマーニが自分の意志でミルティンを誘惑してほしい。これを望んでるミルティン。

ニマーニをセックスモードにするミルティン。
そんなわけでセックスになってます。

ハードウェアチェック。ニマーニの身体検査です。
自動から手動でチェックとは?→タブレットでニマーニを動かすチェックです。
突然エアロックが閉じてます。ニマーニが入ってる。慌てるミルティン。

一段落してエアロック内で倒れているニマーニ。許してくれとミルティン。
それでまたセックスになってます。とにかくセックスシーンも多い。ボカシも多い。
それから充電のシーンも入る。

コンピューターに質問のミルティン。
自分が上級ユーザーになれるか聞いてます。→会社の許可か緊急時になれる。

そんなわけで何かやらかそうとするミルティン。
コンピューターから無許可ですとアラートを受けるし会社に通報されてます。
ミルティンは船内で重要なケーブルを切って宇宙船の軌道を外させています。無理やり緊急事態にしてるわけです。
コンピューターはスイングバイの軌道を外れたとアラートを出してる。

手動操縦モードになってます。緊急モードです。
コンピューターに自分を上級ユーザーにしろと要求するミルティン。
そんなわけで上級ユーザーに昇格したミルティン。
とりあえずエンジンを作動させて軌道修正してます。コンピューターは正常な航路に復帰してスイングバイに成功しましたと報告する。

この隙に充電中のニマーニを初期化するミルティン。
OSのアンインストールを選択するとコンピューターが会社に戻らないとOSが元に戻せないと警告する。

それでもOS抜きでニマーニを再起動させるミルティン。
これまでの経験=キャッシュで動くと報告するコンピューター。

再起動したニマーニに色々と質問してチェックするミルティン。
何だか随分と違った返事になってるニマーニ。それはいいけど経験値も会社に著作権があると言ったりしてます。律義というかセコイというか。

ベッドに裸で寝てるニマーニのフラッシュするシーンが入ります。
それから原初的で抽象的なシーンが入ります。
この作品はこのようなセリフなしのシーンが多い。

そんなわけで君が好きだとミルティンが言っても全く受け付けないニマーニ。
あなたの感情が任務をダメにするとこき下ろされる。
私のプロセッサーの方が優秀なのよとも言われる。
セックス無しの関係なのよと駄目押しされる。
ミルティンが強引に迫ってもやらせてくれない。

暗いところで裸で佇むニマーニ。それから充電になってます。
充電するニマーニを見て涙を流すミルティン。

ニマーニのメインテナンス中となってます。
で、ニマーニはミルティンに運動不足なので運動しなさいと命じる。

君を解放したのは俺だ言い出すミルティン。
レイプへの対処は女性アンドロイドの基本なのよと言い出すニマーニ。
君を人間にしてやったと主張するミルティン。
そんな感じで噛み合わない口論になってます。

地球のエデルレジ社との定時連絡交信です。
航路逸脱はミスだと責められるミルティン。
それを見越してアンドロイドを送り込んだとまで言われてる。
ニマーニのOSをアンインストールしたと報告するミルティン。
これにはさすがに会社側もビックリ。任務どころかミルティンも危険だと警告する。
ミルティンは仕事は必ずやると主張する。愛はない全てはプログラムだ。

ミルティンを外してニマーニと会社との交信になってます。
起きたことをそのまま報告するニマーニ。
ガイドラインに従って任務は必ず実行しますとニマーニ。とくに変わった感じはない。

口論になるミルティンとニマーニ。
天井に張り付いて君のことなどどうでもいいと口走るミルティン。よくわからん。

コンピューターがパイロットが従わない場合は健康診断を行って下さいと警告する。
ニマーニが勝手に健康診断をやってミルティンはうつだと診断されてます。
重度のうつのために専門家の助けが必要となったミルティン。それでどうなる。
自殺願望があるなら直ちに対処する。

そうなると色仕掛けで治すような感じです。
何故かエアロックに入って裸になってるニマーニ。それから倒れる。

録画を再生になってます。
航海日誌ビデオのミルティン。かなりやつれています。
生命の創造など無理だと弱音を吐いてます。

床に倒れているミルティンとニマーニ。
仲直りしましょうと言い出すニマーニ。
最初はニマーニを過去の女達のようにして次はOSをアンインストールして創造しようとしたミルティン。

コンピューターとニマーニ。
オーディオを内部にしてとリクエストするニマーニ。要するに内緒の会話です。
この会話は記録され著作権は会社にありますと警告するコンピューター。
私を破壊すればいいと言い出すニマーニ。しかしアンドロイドに自己破壊モードはない。
そうなるとミルティンに殺させるのか?

宇宙船は土星を通過してるのか?

充電なのに服を着たままのニマーニ。
涙を流すニマーニを見て泣き真似も出来るのかとこき下ろすミルティン。
体を浮き上がるニマーニ。それから電力不足でおかしくなる。10秒後に停止ですとアラートが出ています。

さすがに慌てるミルティン。コンピューターに対処方を聞きます。
ニマーニはバッテリーを激しく損傷。
涙を流したデータはない。泣いたのはなんらかのエラーです。
ニマーニは自ら泣いたとコンピューター。そうなるとどうなる。

ミルティンはニマーニのバッテリーを直そうとする。
残り30分を過ぎるとニマーニの記録は消去されると警告するコンピューター。

バッテリーを船外の太陽電池に直接接続して充電するとミルティン。
まずはニマーニの背中を切り裂いてバッテリーを取り出す。

エアロックに入るミルティン。
コンピューターが警告します。放射線で危険です。
残り15分なのでやるしかないミルティン。

宇宙遊泳して太陽電池にニマーニのバッテリーを接続するミルティン。
充電完了まで8分。ニマーニの残り時間は10分。放射線は危険レベル。

それから色々なシーンが入ります。また原初的なシーンも入る。

ニマーニの残り時間は3分。ミルティンはまだ死んではいない。
バッテリーの充電は完了。それでどうなる。

バッテリーを回収して急いで戻るミルティン。
いますぐ再乗船をと警告が出ています。エアロックに入るミルティン。間に合った。

あと1分でバッテリーをニマーニに戻すミルティン。
残り30秒でバッテリーは接続されます。ここで倒れるミルティン。
ニマーニは再起動してます。
再起動したニマーニはミルティンを介抱する。キスもしてます。

このままカメラは引いていきます。
ずっと引いて宇宙船外までで作動してるロケットエンジンを見せる。
まだ引いて宇宙船全体を見せる。
そのままずっと引いていきます。宇宙の彼方の消える宇宙船。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールする
キャスト
スタッフ。


そんなわけで普通のB級SFのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『キューブ: ホワイト』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.07.13(月) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『キューブ: ホワイト』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.07.13(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。